斎藤浩昭 さん プロフィール

  •  
斎藤浩昭さん: 三陸の真の復興をめざす
ハンドル名斎藤浩昭 さん
ブログタイトル三陸の真の復興をめざす
ブログURLhttp://saitohiroaki.com
サイト紹介文牡蠣を通して三陸の真の復興を目指す社長ブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供14回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2010/08/27 08:02

斎藤浩昭 さんのブログ記事

  • かき蔵 KAKIGURA まもなく始動!
  • 店内改装と会社内部の準備も整い、ようやく今週24日、「かき蔵」がオープンします。   当店「かき蔵」の特徴は次のとおりです。   1)国内外の厳選した殻付き生牡蠣をご用意しています 日本全国40産地、海外産の牡蠣の取り扱 ...続きを読む [続きを読む]
  • 中小企業の生存率
  • 企業が創業されてから10年もつのは、100社のうち6〜7社程度とは、よく言われていましたが、今朝の日経を読む限り、そういうことでもなさそうです。 <創業20年で半数近い中小企業が淘汰される> 確かに、この情報の出所となる ...続きを読む [続きを読む]
  • 若いときに知っていたら…
  • 確かに、年齢を言い訳にしたくはない。 しかし、ときに、若さも圧倒的成長には必要なことだ。 僕は28歳に起業した。 幾つかのFCをやっていたこともあって、30そこそこで、年商5億くらいの会社だった。 宮城県南の柴田に本社を ...続きを読む [続きを読む]
  • Boldly Go!(果敢な挑戦)
  • 業界の人は、このプロジェクトは無謀と言うかも知れない。 どうして、いつまでも三陸牡蠣の真の復興にこだわっているの? とも言われています。 確かに、もう震災から5年も経ち、震災前の規模に戻った牡蠣生産者も多いし、他の養殖も ...続きを読む [続きを読む]
  • あれから5年の三陸牡蠣
  • 三陸牡蠣の業界は、生産者一人あたりの牡蠣の生産高はだいぶ回復したものの、そもそも牡蠣生産者数が半数近く激減したため、全体の生産高は震災前の半分もいかない状況です。 震災前の宮城県の牡蠣生産量(むき身換算)は、4,000ト ...続きを読む [続きを読む]
  • 事業経営と社会貢献
  • 僕は大なり小なり、企業というものは、社会性が必要だと考えてきました。コンビニエンスストア事業や自動販売機オペレータ事業を行っているときは、地域の顧客に便利性、快適性を提供しようと思って取り組んでいましたが、1996年終わりに環境問題を気付きはじめ、そのままの事業を一生行っていくのは嫌だと思うようになりました。地方の零細ながらも、当時年商5億の事業であり、利益率は低くても多少なりとも安定した生活でしたが [続きを読む]