Rio さん プロフィール

  •  
Rioさん: ヴァイオリンとフルート by Rio
ハンドル名Rio さん
ブログタイトルヴァイオリンとフルート by Rio
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/kbes8401
サイト紹介文趣味のヴァイオリンとフルートについて、練習、楽器、関連事項などを綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供169回 / 365日(平均3.2回/週) - 参加 2010/08/27 13:55

Rio さんのブログ記事

  • アマチュア自主発表会
  •  大人になってヴァイオリンを始めた人は人前で弾いてはならないと言うpochi先生のご宣託がありますので、発表会は例外としても一応従っています。 フルートの方は自己流とは言え50年以上吹いていて、最近では専門家のご指導を仰いでいますから、金をとらない限り人前で吹いてもよいのではと思っています。 年末に行なわれるアマチュアどうしの自主的な発表会のご案内を頂きました。前回初めて参加しましたが、なかなか居 [続きを読む]
  • 青い歌
  •  交通信号なら赤の反対は青。そこで青い歌としては童謡「青い目の人形」。 戦争前、日米間の民間交流はいろいろ有ったようで、父親の話では関東大震災の際に米国からお見舞いとして人形が贈られ、贈呈の儀式に参加した事があったらしい。この人形達は人形使節と呼ばれ、東京を始めとして各地の学校に配られました。「青い目の人形」はこのような事情と関連付けて取り上げられます。 その後、日米関係が悪化したため、学校によっ [続きを読む]
  • 赤い歌
  •  「赤思想」と言う言葉が有りました。たぶん赤旗からの連想で共産主義思想を意味します。英語のRed ChinaやRed PurgeのRedも同じ発想。赤は左と思っていると、イヤホンの赤のマークは左ではなく右を指します。世の中には矛盾があります。 なんて話はどうでもよくて、少し前に珍しく横浜に赴きました。埼玉県に住んでいると東京をはさんで反対側に位置する横浜まで出掛ける機会はそう多くはありません。祖父 [続きを読む]
  • フルートの改造?
  •  練習で身に着けるべき点は頑張りますが、楽器の側で解決できるものはそれに頼ろうとつい思います。FisやGisの出やすい頭部管を探したのもその一つ。ヴァイオリンだとこう言う発想は生じません。楽器は何百年と変わらないし、弓をカーボンで、松脂を合成樹脂で、なんて言う事は異端視されています。 頭部管については大手楽器店に恥をしのんで電話したら、頭部管変更の二次的効果でそのような事が起こる場合が有ると聞いた [続きを読む]
  • グラウンのコンチェルト
  •  リストでご紹介した一連の曲の一つでただ今練習中。 J.G.GraunのFlute(or Recorder)Concerto in F major。 楽譜としてはIMSLPの古いパート譜面以外に市販のピアノ伴奏版の楽譜もあるようなので問い合わせ中。あいにく現地(英国)担当者は夏休みを取っている模様。早くて10日から一週間、遅ければ一か月後。こう言うのってカントリーリスク? 第2楽章がおすすめで、い [続きを読む]
  • フルート探しのご参考
  •  参加しているアンサンブルのメンバーの楽器を拝見すると、意外にもリングキーが多く、H管はごくまれ、ゴールドをお持ちの方も何人か居ます。買い替えた、買い替えたいと言う話もあります。 かく言う私、色々なフルートを比較した事は無く、メインの楽器購入の際に同クラスの楽器を比較しただけ。ゴールドに関しては先生の楽器を吹かせて頂いた程度。どのメーカーの何と言う楽器が良いなどと言える知見はありません。 うわさで [続きを読む]
  • 曲探し途中経過
  •  「フルート協奏曲」や「flute concerto」をキーワードとする検索を一通り行ない、その後は他のキーワードで試みました。類義語については自動的に検索されていると思いますが、その範囲は明らかではありません。 これ以外に時代、作曲家名、出版社などで検索する方法が考えられますけれども、どこをどう検索してよいのか見当がつかず、中断しています。 YouTube中心に探した中で良さそうな12曲を列挙し [続きを読む]
  • 恒例の終戦記念日
  •  昭和20年8月15日(水)正午にいわゆる玉音放送が行なわれました。玉音放送とは昭和天皇が録音して行われた終戦の詔勅の放送を指し、これにより一般国民に終戦が周知されました。玉音の「玉」(ぎょく)は天皇を意味します。 明治以降、日本は清国、ロシアに連勝しましたけれど、日支事変を経て引き起こした三度目の大東亜戦争で連合国に敗れました。 大東亜戦争に兵隊として出征した人、家を守った人、徴用されて軍務に協 [続きを読む]
  • 政治家の最期
  •  翁長雄司沖縄県知事がすい臓がんで亡くなられました。亡くなる直前はだいぶ痩せられた上に、読み上げる声も小さくなり、テレビでよく見かける方だけに、素人目にもかなり悪化していることがうかがわれました。 一般人なら家族や医師のすすめにより休養なり辞職も考えられるところ、保守政治家でありながら中央政府に対抗する姿勢が県民に支持され、自ら退く事が出来なかった事は大変お気の毒に思います。ご冥福をお祈りしたいと [続きを読む]
  • オリンピック諸問題その2
  •  先日投稿した「オリンピック諸問題」、単にオリンピック騒ぎを皮肉って書いた想像上の文章に過ぎませんが、お役所が本当にこのような事を考えていれば大問題。 オリンピックを成功させたい人は、期間中および前後も含めて、円滑な運営のために人や物の動きを減らす事に目を付けるものと思います。けれどもそれは経済活動の支障を生じさせます。 行き過ぎて国民や各企業が不便どころか犠牲を払う事になれば、オリンピック開催に [続きを読む]
  • 空調服の個人的感想
  •  今年の夏に買った空調服を外出時に着用して見ました。 効果は確かに有ります。外気が服の内部を通り抜ける際に汗の蒸発を促しますから、体の表面の温度上昇を防ぐことが出来ます。 実感としては涼しいと言うより暑くはないと言った方が正確。しかしこのような表現は贅沢な話であって、高温環境下の業務に従事されている方には空調服は福音と思います。 空調服には半袖のものもあります。ファンを回さないときの暑さ、周囲の人 [続きを読む]
  • 猛暑日とエアコン
  •  猛暑で熱中症により亡くなられた方でエアコンが無い、有っても使用していない、電気が止められていた、などの例が有ります。 気になったのは生活保護とエアコンの関係で、生活保護を受ける際には金になる物はすべて売り払い、贅沢品を持っている事が分かると手放すよう求められると以前に聞いた事が有ります。かなり昔です。 最近は生活保護を受けていてもエアコンを使用する事は差し支えないと基準が緩和されているそうです。 [続きを読む]
  • 甲子園その昔
  •  「夏の甲子園」で知られる高校野球の祭典、当初は「全国中等学校優勝野球大会」と言う名称で行なわれていました。 当家の遠縁になる家からも大正年間の大会に出た者が居ます。今年で95歳の母親が子供の頃に大学生だったと言う人で、その家を継いだ人が80歳を超えています。 それくらい甲子園の歴史は古い。《コメントを下さる方々へのお願い》 コメントを下さる方は、恐れ入りますがご自身のブログのURLをご記入下さい [続きを読む]
  • オリンピック諸問題
  •  2年後の夏のオリンピックで日本国内が混乱する恐れが有るとか無いとか。傾向と対策をまとめて見ました。 海外からの観光客と夏休みの国内在住者が多数移動するため大規模な交通マヒが起きると予想され、またそれによって物流が阻害される事態が懸念されるらしい。まるで自然災害。 オリンピックを中止すればよいと言うような話は未来永劫出る筈が有りません。オリンピックは東京都の一大事業で、国もバックアップしなければな [続きを読む]
  • 東京医科大学はほんの一例
  •  話題の東京医科大学では、入試の不正加点だけではなく、女性の入学比率を抑制していたと報道されました。 ニュースでは「男女別の募集人数を募集要項に書いてないから問題」と言っていましたから、仮に募集要項に明示すれば、女性の入学比率が低くても構わなかったと言う事。女性が医師になる事を禁じれば憲法14条によってアウトでも、医大入試の男女比率を定める事自体はアウトではないのが公的な見解らしい。 しかし、いま [続きを読む]
  • カンパニョーリの楽譜入手
  •  7月9日にご紹介しましたカンパニョーリのフルート協奏曲ニ長調の楽譜、販売店に在庫が無く出版元からの取り寄せになり、約1月後に手許に届きました。 販売店ではハインリッヒ社となっていましたけれど、ハインリヒスホーフェンと言うドイツの出版社。楽譜の裏表紙を見ると、なかなか珍しそうなフルートの曲のリストが記されています。 ネット情報によればこのカンパニョーリ、ヴァイオリンの名手だったそうで、Youtub [続きを読む]
  • 西向き台風にどう注意する
  •  普段のお天気は西から東に移ります。 普通の台風の進路は、西南から北東に向かう、あるいは南から北に向かうなどがよくあると思います。 今回の台風は北上した後に西向きに進路を変えていると報道されていますから、進行方向が従来とはかなり違います。 最近の倉敷市真備町の広範囲な浸水の際には、川の本流の水位が上がって支流の流れが阻害され、極端な場合は支流への逆流も有ったと聞きます。 今回、雨は東側から西側に向 [続きを読む]
  • もう一つフルート協奏曲
  •  もう一曲見付けました。 Youtube上にあり、CDも販売されたものなので新発見では有りません。特許で言う「公知」の状態、知っている人が実在するかどうかは関係無い。ペルシャ語で書かれたものなら誰も読めないので公知と言えないのではと言うイランに失礼な議論が有りましたが、現代なら自動翻訳もできますから、通用しないのでは。 たわごとはそれくらいにして、ご紹介するのはPiacentino(ピアチェンティ [続きを読む]
  • 空調服購入
  • 連日暑くて困ります。暑さが原因で亡くなる方も出ています。生命の危険がある場合、他の事象であれば避難勧告や避難命令が出ますが、暑さに関しては天気予報で「なるべく外出は控えましょう」くらいの事しか言いません。 避暑、避暑地などの言葉がありますから、それを取り入れて避暑勧告、避暑命令なんて無いのかな。ついでに学校のクラブ活動や夏の高校野球もやめさせなければなりません。 暑いとだけ言っても何も変わらないので [続きを読む]
  • 外国の弁護士資格
  •  「上つ方」の婚約者が米国弁護士資格を取得するために渡米すると報道されています。今なぜと思いますね。しかも宮内庁は彼は婚約者ではないと言う余計なコメントまで出しています。高円宮絢子女王が婚約内定、今秋には結婚されるスピード感とあまりにも違います。つまりはそう言う事なのでしょう。 米国の弁護士資格はロースクールを出て試験に受かれば得られるもので、知人が取得しました。勉強は日本で行なったように理解して [続きを読む]
  • Google当選?
  •  勝手に先方で当選だって言って来ました。 ポリシーとしてそう言うお話はすべて受けません。無職で年金暮らし。裕福ではありませんが他人様から施しを受ける事はイタシマセン。 「さもしい」と言う概念に無縁な人は応じればよいと思います。《コメントを下さる方々へのお願い》 コメントを下さる方は、恐れ入りますがご自身のブログのURLをご記入下さい。 お考えとあまりに違うご返事を差し上げるのは失礼になると思います [続きを読む]
  • 暑さ対策
  •  最近はあまり見かけない麦わら帽子。実は換気性が有り、軽量で断熱性と言う優れもの。敢えて言うなら耐久性が乏しいのが欠点。 現代の布製の帽子は蒸れる上に内部温度の上昇が避けられませんから、暑さ対策上はときどき脱ぐ必要があります。ランニング用のキャップでアルミ蒸着糸を用いたものは熱線反射性が優れています。金ならさらに熱線反射性が高まると思いますが見当たりません。 日傘は女性専用のイメージがあるものの、 [続きを読む]
  • 教室の発表会
  •  長丁場の教室の発表会が終了。女性と子供で溢れていました。私が関係する他の発表会でも男性の生徒が占める割合が低く、この傾向は子供でも大人でも同じ。 伝統的なお稽古事を習うのは女性が多かった時代が有り、洋楽に関心が移った現代においても、昔の女性のお稽古事の延長上でとらえられているものと思います。 最近参加した発表会における大人の男性はピアノが1名、ヴァイオリンはかく言う私だけ。内容の大半はピアノで、 [続きを読む]
  • ヴァイオリン合奏リハーサル
  •  教室の発表会があるため、ヴァイオリンアンサンブルに出演するメンバーを集めて練習が行なわれました。 大人は私を含めて二人、大半はごく小さなお子さん達で、とは言えこの教室では新米の生徒である私にとっては兄弟子もしくは姉弟子に当たります。分数サイズのヴァイオリンを持ってきょろきょろしています。中には丸や線状のシールが棹や弓に貼ってあるものも有ります。 教室の雰囲気がとてもフレンドリーなので、ヴァイオリ [続きを読む]
  • フルート協奏曲、他にも
  •  YouTubeで見つけたJ.P.ヴァンハルのフルート協奏曲第2番変ロ長調、とても気に入ったので、出演者が曲を選べる発表会に持ち込んで吹いて見ました。 フルート協奏曲は有名なモーツァルトの二曲などを除くとあまり見当たりませんので、このヴァンハルの曲はアマチュアに丁度よいのではと思います。シュターミッツのフルート協奏曲より易しいと思います。 ヴァイオリン用ならザイツなどの初心者向きの小協奏曲がかなり [続きを読む]