taninaoki さん プロフィール

  •  
taninaokiさん: 弁護士谷直樹/医療事件のみを扱う法律事務所のブログ
ハンドル名taninaoki さん
ブログタイトル弁護士谷直樹/医療事件のみを扱う法律事務所のブログ
ブログURLhttps://medicallaw.exblog.jp/
サイト紹介文医療事件のみを扱う弁護士谷直樹の法律事務所の公式ブログです
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供333回 / 365日(平均6.4回/週) - 参加 2010/08/28 19:20

taninaoki さんのブログ記事

  • インフォームドコンセントの意味
  • インフォームドコンセントについて,未だに臨床医療の実践の中では正しく理解されていないことがあるように思います.医療行為の最終的判断主体は患者です.つまり,患者自身の価値判断により医療行為が行われるのです.インフォームドコンセントはそのために必要不可欠です.医療者は,患者に病態,診断についての情報,選択可能な検査,治療の情報,さらにその治療の見通しについての情報を提供します.患者は,... [続きを読む]
  • リスクマネジメントとクオリティマネジメント
  • 医療安全・医療の質に関連し,以前は「リスクマネージャー」「リスクマネジメント」という言葉を聞きましたが,最近は,「クオリティマネージャー」「クオリティマネジメント」という言葉を聞くことが多くなりました.表面的な(その場しのぎの)リスクマネジメントは,経済的損失を減らすことに目を奪われ,患者の安全を損ない,医療の質を低下させることがあります.今は,そのような目先のリスクマネジメント,医療裁... [続きを読む]
  • フェルメール展
  • ヨハネス・フェルメール氏は,1632年10月31日に生まれたとされています.今日が誕生日です.上野の森美術館のフェルメール展で,次の9点を見ることができます.1. 牛乳を注ぐ女2. マルタとマリアの家のキリスト3. 手紙を書く婦人と召使い4. ワイングラス 5. 手紙を書く女6. 赤い帽子の娘 ※10/5(金)〜12/20(木)7. リュートを調弦する女8. 真珠の... [続きを読む]
  • 「ホッと一息 本と一息」
  • 読書週間は、今日から2週間です.今年の標語は、「ホッと一息 本と一息」です.本屋さんでいろいろな本を見て回るのも楽しい時間です.谷直樹ブログランキングに参加しています. をお願いします!  ↓にほんブログ村 [続きを読む]
  • バルコニー喫煙と管理規約
  • バルコニー喫煙は,迷惑行為です.他者に危害を加える行為です.最近は,管理規約で,専有部分以外での喫煙が禁止されているころが多いと思います.ただ,古いマンションなどでは,管理規約に専有部分以外での喫煙禁止が規定されていないものもあります.そのような場合は,規約を改正したほうがよいと思います.4分の3の賛成で改正できます.たばこ産業の「2018年全国たばこ喫煙者率調査」によると、成人男... [続きを読む]
  • 同姓の患者に誤ってインスリンを3回投与(報道)
  • 北海道新聞「同姓患者にインスリン誤投与 函館の病院 一時意識不明」(2018年10月26日)は,次のとおり報じました. 【函館】函館市の共愛会病院(水島豊院長、378床)で8月末、足のむくみで入院した女性患者=当時(91)=が、糖尿病患者向けのインスリンを誤って3回投与され、低血糖で一時、意識不明になっていたことが25日、分かった。担当医が同姓の別の患者と勘違いしたミス。女性は回復したが... [続きを読む]
  • 遺族が山形済生病院を告訴(報道)
  • 時事通信「山形済生病院で輸血ミス、患者死亡=遺族が告訴」(2018年10月18日)は次のとおり報じました. 「山形済生病院(山形市)で昨年9月、手術を受けた50代女性への輸血時に担当医らが使用するフィルターを誤り、術後に女性が死亡していたことが18日、同病院への取材で分かった。遺族からの告訴状を受理した県警が詳しい経緯を調べている。 同病院によると、女性は手術で出た自分の血液を、術後... [続きを読む]
  • 市立札幌病院,誤嚥後の措置で提訴される(報道)
  • 北海道新聞「入院16歳、意識回復せず 市立札幌病院 両親が市提訴へ」(2018年10月5日)は次のとおり報じました. 「市立札幌病院(関利盛院長、747床)の看護師と医師が適切な処置を怠り、長男(16)に重度の低酸素脳症を負わせたとして、両親=札幌市=らが札幌市などに介護費用や慰謝料計約3億6千万円の賠償を求め、5日にも札幌地裁に提訴することが分かった。原告側によると、長男は現在も意識... [続きを読む]
  • 公立多良木病院,乳癌見落としで提訴される(報道)
  • 熊本日日新聞「「乳がん見落とし」多良木病院を提訴 球磨郡の女性損害賠償請求」(2018年10月4日)は,つぎのとおり報じました. 「公立多良木病院(熊本県多良木町)で乳がん検診を受けた球磨郡内の女性(50)が、病変の見落としで左胸の全摘出手術を余儀なくされたとして、同病院に約2200万円の損害賠償を求める訴訟を熊本地裁に起こした。提訴は2日付。 訴状によると、女性は2013年7月に乳... [続きを読む]
  • 「バルコニー等共有部分における喫煙について」
  • 帰宅時に,自宅マンションが見えると,安堵感があります.(見えてから5分くらい歩くのですが)隣・上下の音も聞こえず,快適に眠っています.このマンションの使用細則は,「専有部分以外の場所で喫煙すること」を禁止しています.最近のマンションの規約は,このようにバルコニーでの喫煙禁止を明示しています.ところが,バルコニー等で喫煙する人がいたとのことです.若い人が多く,喫煙者は少ないはずなのですが... [続きを読む]
  • 寝る前に読む本〜『京洛四季』
  • 寝る前に本を読む習慣があります.寝る前に読む本は,夢中になって読み進める本ではなく,心地よくどこで終えてもよい本が適しています.東山魁夷氏の『京洛四季』はそういう1冊です.《曙》《春静》《花明り》《行く春》《夏に入る》《年経る樹》《緑潤う》《緑の谷》《青い峡》《夕涼》《夏深む》《池澄む》《月篁》《初紅葉》《照紅葉》《秋寂び》《谿紅葉》《北山初雪》《雪の後》《年暮る》いずれも心落... [続きを読む]