優 さん プロフィール

  •  
優さん: 優の水彩画工房
ハンドル名優 さん
ブログタイトル優の水彩画工房
ブログURLhttp://yamadatarou2000.blog121.fc2.com/
サイト紹介文趣味で水彩画やクロスステッチをやってます。水彩画やクロスステッチの作品を公開していきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供64回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2010/08/28 22:23

優 さんのブログ記事

  • 晩秋の中央アルプス 長野県 入笠山にて
  • 6F. の小さな画用紙の中に 雄大な自然を描く難しさを痛感しました。〜〜♪〜〜1 1 月3 日長野県 富士見町の「花の宝庫」と言われる入笠山にトレッキングをしました。入笠山の春の訪れは遅くて5月の5万本ものカタクリの開花を合図に6月は100万本のスズラン 夏はヤナギランなど150種類もの山野草が咲き乱れます。私が行った時期は大体の山野草は眠りに就き紅葉は 未だ少しだけ残っていました。八ヶ岳の伸びやかな裾野が深い紅葉のグ [続きを読む]
  • 12月の静物画 我が家の収穫祭
  • ランプライト F 6. 300g. 中目庭で収穫した柚子を描きました。3年前に植えた柚子は早くも鈴生りでいそいそと捥いでは ご近所に分けてさし上げたり娘には赤カブの酢漬けに柚子を入れて瓶詰めにそして我が家のお味噌汁の薬味にと 毎朝重宝しています。さて!折角の木なりの柚子だから 豪快に枝ごと描きたいけど棘は刺さるし 枝ぶりが良くありません。こんな可愛い果実に 棘があるとは知らなかったわ (・・;)もっとモチーフを賑やかにし [続きを読む]
  • 大菩薩峠の茶屋
  • 今回の絵も岩に挑戦しました。岩を描くのは 好きでは無いし出来たら避けたいのですが逃げるのも嫌なのです。岩をひと塊りに描かずに数個の岩をピックアップして其れ等に詳細なデッサンと陰影を付ければもっと岩らしくなったのかも知れません。岩を観察する目が足りないと思いました。〜〜??〜〜10月27日 晴れ 大菩薩嶺に登山しました。大菩薩嶺は 山梨県甲州市と北都留郡丹波山村を跨ぐ山で標高が2057メートル有ります。中里介山 [続きを読む]
  • 11月の静物画
  • 初冬の庭を彩る姫りんごの赤い実が可愛いらしい。キャンディーポットに生けて描こうとするけれど枝葉がポットの中で安定せず描き辛い…。お茶を習っている友人から蓋をずらして活けたら…。とても素敵なアドバイスです〜♪縁日の屋台で見かけるりんご飴はこの姫りんごが使用されていると検索に出ました。そうだったんだ!姫りんごって食べられるんだ〜(・・;)このキャンディーポットは娘が大学生の頃札幌の妹宅でほぼ1ヶ月の夏休みを [続きを読む]
  • 魔女の瞳 一切経山 福島県 福島市
  • 10月9日 晴れ標高 1948:8メートルの一切経山へ登山しました。一切経山は 吾妻連峰の東の端に位置し今も活動を続ける活火山です。朝3時に起きてお弁当を作り車の中ではウツラウツラの仮眠、そう!私の特技は何処でも寝れる事 笑)磐梯吾妻スカイラインの浄土平の駐車場に7時半頃 余裕でパーキング出来ました。過去に苦い経験があるので休日の行楽日和は先んずれば人を制すです。見上げると微かに噴煙が上がっているのが見え活火山だ [続きを読む]
  • 白い蕎麦の花畑と筑波山 茨城県下妻市
  • 10月2日 晴れ蕎麦の花畑の撮影に赴く夫にスケッチブックを携えて同行しました。下妻方面へ 蕎麦畑は何処?〜目を凝らしながら車を走らせますと既に稲が刈り取られた 田んぼには 蘖が新たに芽を出してさながら青田のような風景。大好きな青田を再び見れるなんて幸せ〜♪下妻の道の駅に立ち寄り 栗ご飯にする栗や野菜を買い求め鴨南蛮を食べたお店の人に蕎麦畑の場所を訪ねようやくたどり着きました。背景には紫紺の筑波山 しかも邪 [続きを読む]
  • 千畳敷カール 長野県駒ヶ根市
  • 9月29日 快晴中央アルプスの千畳敷カールへ登山しました。ロープウェイで一気に千畳敷カールへ到着〜♪目の前に広がる絶景に 思わず緊張感が走ります。看板にはこのカールは 二万年前の氷河時代の遺跡で上部の岩肌の氷で削り取られその岩石が氷河によって運ばれ下方でモレーンとなって出来たものです。と書いてあります( ̄∇ ̄)千畳敷カールは 安全な周遊コースも有るのですが乗越浄土への登山を選択しました。草紅葉の白い岩肌と [続きを読む]
  • 十月の静物画
  • 静物画のモチーフ選びは 苦手です。7年以上もブログをやっているので 殆ど家の中のものは描いてしまった感じですし…(・・;)今回は 唐津焼の花瓶と素焼きの器に挿した庭の小菊裁縫箱として重宝している ブリキの缶を描きました。裁縫箱の中にあった小ぶりでレトロなハサミや 花模様の生地のコロンとした針刺し可愛いピンクの巻尺も アレもコレも描こう!笑)しかし収拾がつかなくなり…構図的に整理したら今度は構図が単調気味にな [続きを読む]
  • 眼鏡橋 長崎にて
  • 気が遠くなる様な石ころの数で (-。-;これを描かないと周りの雰囲気が伝わらないと思い頑張ってひたすら描き入れました。石が同じ形にならない様にと ただひたすらに…途中で 放り出したくなりました (・・;)〜♪〜〜五島列島を出港して長崎港へ着きました。レンタカーは 長崎港の直ぐ側のパーキングに一泊したのですが船の乗船券を提示したら料金が安くなったそうです。その後 長崎カステラを売っている松翁軒へ。此のお店のカステ [続きを読む]
  • 魚釣りの少年たち 五島列島にて
  • 五島列島のお土産屋さんで塩ソフトクリームを堪能したり娘はお土産用に特産の塩をたくさん買い込み夫も身体に優しい塩や綺麗な夕日の絵葉書を買いました。車に乗ると夫は絵葉書を穴の開くほど見つめ此の撮影場所をどうしても知りたいらしい!せっかく五島列島迄来たんだし…。そんな切ない気持ちに応えるべく私たちも 絵葉書の場所を探して コッチか?イヤ!アッチかも? 笑)半ば躍起になりながら車を進めて行くと何やら其れらし [続きを読む]
  • 祈りの島頭ケ島天主堂 五島列島
  • 山間の人目につかない場所にひっそりと建っている教会です。信仰の拠り所である手造りの教会をインパクトのある絵に描きたかった…。格闘したのですが 空回りな感じですね …(-_-;)〜〜♪〜〜長崎港からジェットフォイルで五島列島の奈良尾港に到着後レンタカーで ホテルへと向かいました。入り組んだ入り江 静かな漁村 そしてこの小さな島にしては 29もの教会が有ります!夕刻ホテルに着くや 夫は夕陽を撮りに行くと言い出して [続きを読む]
  • 花瓶の花とこけし
  • 素材の異なるモチーフで陶器 ガラス 木 布 を描き分けてみました。静物画の構図がバラバラにならず一体感を持たせる様に工夫しましたが 少し窮屈そう?二十五日の夕刻に国際宇宙ステーション「きぼう」が私の街の頭上を通過するらしいと事務所から帰宅した息子が教えてくれました。楽しいニュースなので カメラが趣味の夫に教えて上げたらカメラの機材を車に積むや 何処かへ居なくなってしまいました。私は 夕餉の下ごしらえ [続きを読む]
  • ある晴れた日 のグラバー邸
  • 園内で素敵なマダムに出会いました。歳と共に円熟味を増した 女性らしい雰囲気が素敵!こう言う風に歳を重ねられたら…その 女性をこの風景画のモデルにしたいと思いました。今度は 息子に老女と言わせないぞ〜笑)もともと有った建物の欄干と 後付けの手摺りを描くのが一番難しいと思いました。省略すれば違和感が出ますしこう言う場合はどう描けば良いのか?悩みどころです。グラバー園を見学後夜は稲佐山の100万ドルの夜景を見に [続きを読む]
  • 潮の香りのグラバー園 長崎市
  • 今年の夏の休暇は 娘夫婦と一緒に九州方面へ旅行しました。昨年は壱岐へ旅行したので 再びの九州です。昼前に福岡空港に着きレンタカーで長崎へ。お目当のランチは 老舗の長崎ちゃんぽんを頂きました。魚貝から出る 濃厚なスープがゆっくりと喉越しを通ると長旅の疲れが癒えました。お腹も満たされ お店の看板爺ちやんに見送られお目当のグラバー園へ道すがら 憧れのオランダ坂をそぞろ歩き〜♪脚がパンパンに疲れた辺りで グラバ [続きを読む]
  • コヒマワリの咲く小径 栃木県日光市
  • 八月に行った日光市「上三依水生植物園 」の絵を九月の今頃になって描いています (・_・;園内は色んなエリアに分かれていて花期のタイミングが合うと珍しい植物が満載で普段は見られない 高山植物にも会えます。クリンソウは既に終わっていましたが池の睡蓮が見頃を迎えていました。残念ながら「ヒマラヤの青いケシ」には会え無かったけれど憧れの妖精「コマクサ」を初めて目の前にして有頂天 〜♪なんとも 可愛らしい花姿 ?? [続きを読む]
  • 晩夏の踊り子 埼玉県南越谷市日本三大阿波踊りにて
  • ホワイトワトソン 300g (F4)カメラマニアの夫は 日本三大阿波踊りと言われる南越谷阿波踊りを毎年の様に訪れています。今年の阿波踊りは 夫が所属するカメラ教室の撮影会となりました。初日は 着いて間も無く生憎の豪雨に見舞われずぶ濡れで帰宅したのです。良い写真が撮れなかったらしく 翌日 又 一人出かけて行ったのですからそのガッツには 脱帽します。現地で夫の隣に居たカメラマンから 小耳に挟んだ情報によるとこの祭 [続きを読む]
  • 山合いの白百合 那須塩原 竜化の滝
  • 七月の半ば 家族で那須塩原方面へドライブしました。目的地の「上三依水生植物園」へ行く前に予定に無かった「竜化の滝」へ息子が案内してくれました。「湯滝 」「竜頭ノ滝 」「華厳の滝」は過去に何度か行っていますが此の「竜化の滝」は未体験ゾーンなので ワクワクしました。標高は700メートル滝は最長130メートル、3段に分かれて流れ落ち白い龍が天に向かって昇る姿に似ているので名付けられました。眼を凝らすと 遥かな滝 [続きを読む]
  • 八月の朝
  • 庭に大輪の白いお花が咲きました。ダリア?のような…。ダイナミックさと清楚な感じで魅力が有ります。お花ばかりだと寂しげなので猫のメイをモチーフに入れインスピレーションを膨らませて描いてみました。息子に、メイを狸みたいに描かないで!って請願されてしまった…笑)マスキングを使わず 白抜きに挑戦したのですが猫の髭と手前の小花は 今回もギブアップでした 笑)〜♪〜〜先日私の街の花火大会が有り 今年は娘夫婦の家で [続きを読む]
  • 蓮の花咲く
  • お盆なので蓮の花を描いてみました。「念ずれば花開く」坂村真民の此の詩のフレーズが好きです。睡蓮や蓮を毎年のように描いていますが会心の絵は未だ描けていません。一途に咲き終え 散り逝く花をいつかは描きたい??〜♪〜7月28日〜8月3日迄 夫が所属する カメラ教室の写真展が富士フォトギャラリー銀座で開催されました。開催初日 娘と三越前のホームで待ち合わせ 先ずは夫と娘と三人で食事をしました。何時もは 地味目の [続きを読む]
  • 初夏の栂池 長野県北安曇郡小谷村
  • 白馬の山々を眺めながら トレッキングしよう!今頃 たくさんの高山植物が咲いているだろうなぁ〜♪七月上旬 家族に誘われ中部山岳国立公園にある初夏の栂池へと向かいました。ゴンドラやロープウェイを乗り継ぎ一気に標高1900 mの高層湿原へ。自然園の中には 木道が整備されているので気軽に周遊出来ます。色々な散策コースがあって私達は 園内一周コース (5.5キロm)を選択しました。木道を縫う様に雪解け水が勢い良く流れ [続きを読む]
  • ピラミッド紫陽花の咲く朝
  • 夏になると なんとな〜く見た目が暑苦しい我が家の庭それが!今年は 涼しげなお庭に変身中です ♪夫が仕事の合間を縫ってせっせと庭のお手入れをしてくれているのです。朝 窓を開けたら、目に飛び込んで来た「ピラミッド紫陽花」大きな三角錐の花姿がユニークで薄いグリーンからクリーム色、そして白い色へと色彩の移ろいがミステリアス。ピラミッド紫陽花…?マァ!三角おにぎりの親分みたいよね…。昨年夫に貴婦人みたいな白 [続きを読む]
  • タチアオイの咲く海辺
  • 蒸し暑い梅雨がようやく明け いよいよ夏本番となりました。暑さに負けず元気に日々を過ごしましょうね!茨城県天心記念五浦美術館で開催されている展覧会を観に行く事になりました。ネットで検索したら、途中に有る大洗のさかな市場の回転寿司が美味しいらしい〜♪じゃぁ其処で早めのランチを取ろうか?でも、日曜日なので遅い朝食を済ませたばかり…。市場を見学後、お腹を空かせてからが良いよね??市場の活気のある光景に、呆 [続きを読む]
  • 暑中お見舞い申し上げます。
  • 梅雨とは言え厳しい暑さが続いておりますが皆さまにはお元気でお過ごしでしょうか。こまめな水分補給と、冷房を上手に使って 此の酷暑を乗り切りましょうね!我が家の小さな庭には、夫が植えてくれたハーブのお花が数種類咲き始めています。微かな風を察知して「サワサワ」と揺れるお花を眺めていると、一昨年訪れた「風のガーデン」が懐かしく思い出されます。そんな昼下がり、タライの中を必死で犬掻きをする亀。おいら 名前を亀 [続きを読む]
  • ノウゼンカズラの咲く季節
  • 今頃の季節 ご近所の家の前を通ると緋色の塊が風に揺れています。容赦なく照り付ける陽射しを物ともせず鬱陶しい雨の日には 心の中がパッと明るくなる様な。エネルギーに満ち溢れた若い頃は緋色系のお花が苦手だったのに最近は好きなお花になりました。年々失せていく心身のエネルギーと潤い、お花から恩恵を頂いています。昨年の今頃 飼い犬の「バロン」は未だ元気にお散歩していました。「このリードの先には 俺が居るんだよね [続きを読む]
  • 雨あがりのお散歩
  • 雨が上がったので小貝川へお散歩に行きました。小動物を飼っているコーナーが広いグランドの隅っこに有って、つい寄り道をしてしまいます。優しく涼し気な目元のポニーの顔を覗き込んだり、リタイアした競走馬の前では往年の面影を探してみたりと。一心不乱に下ばかり見て草を食むヤギさん!首、大丈夫かな? ポニーも馬も見るからにお年寄りだけれど、子供たちを背中に乗っけてお散歩する時は 、たてがみを風になびかせ堂々と行 [続きを読む]