優 さん プロフィール

  •  
優さん: 優の水彩画工房
ハンドル名優 さん
ブログタイトル優の水彩画工房
ブログURLhttp://yamadatarou2000.blog121.fc2.com/
サイト紹介文趣味で水彩画やクロスステッチをやってます。水彩画やクロスステッチの作品を公開していきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供50回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2010/08/28 22:23

優 さんのブログ記事

  • 少女と猫とコスモスを絵本風に描く
  • 何枚かスケッチしておいたコスモスと少女の絵を絵本風にまとめてみました。普段使っていない色を使って少しだけドッキリする感じの絵に…。〜〜 ♪ 〜〜赤城山に登山しようと張り切って出発した筈が途中で体調が悪くなり 断念する羽目になってしまいました。こんな事は初めてです。紅葉のこの時期のレストランの混雑を回避するには朝 3時起きで弁当を作ったり興奮してろくに睡眠が取れていなかったのが体調不良の原因かも知れませ [続きを読む]
  • リンドウと秋色の菊の花を描く
  • 久しぶりに沢山のお花を描きました。秋色をたくさん使って穏やかな秋の訪れに感謝の気持ちを込めて。〜〜 ♪ 〜〜浅間山の外輪山である 標高 (2404M) の黒斑山に登山しました。丸太やゴッツイ大きな石で出来た登山道は普段使わない筋肉を使うので悪戦苦闘しました。息子はいとも簡単そうに登るけれど…。私も丸太を跨いで ヒョイヒョイと登れたら良いのになぁ!(-。-;見上げると頂上付近の「トーミの頭」は見るからに 断崖絶壁を上 [続きを読む]
  • 安達太良山からの眺望
  • 日本100名山 の一つである1700メートルの安達太良山に登山しました。「あれが阿多多羅山 あの光るのが阿武隈川…。」智恵子が見た「本当の空」ってどんな空だったのかな…。〜〜 ♪ 〜〜安達太良山の頂上でお弁当を食べその後 沼平火口へ回りました。明治時代に爆発した火口が生々しい剥き出しの景観を目の当たりにして地球のエネルギーの凄まじさに仰天。帰りはロープウェイを使わずくろがね小屋経由で下山する事にしました。気が [続きを読む]
  • 雨上がりの屋久島空港
  • 帰りの飛行機が台風の為二時間遅れで鹿児島空港から到着しました。飛び立つのは 此のプロペラ機が一機だけ雨も上がり 空港内のハイビスカスが綺麗??サァ!出発の準備も整い家へ帰れそうです〜♪。〜〜 ♪ 〜〜 〜 ♪ 〜〜♪〜〜〜屋久島二日目は 念願の白谷雲水峡へのガイド付きのトレッキングでした。別行動の夫は ガイドさんとマンツーマンのカメラツアーを選択既に早朝ご機嫌で出かけて行き私達のツアーも私と娘夫婦だけなの [続きを読む]
  • 神の宿る滝 屋久島「大川の滝」
  • 屋久島に着いた翌日 娘の夫君が私たちを島一周のドライブに連れて行ってくれました。先ずは先人達が神と崇めた「大川の滝」を見学。この滝は「日本の滝100選」にも選ばれた見事な滝です。雨で水量が増えた滝は轟音を上げ辺りは水煙がもうもうと舞い上がり見物人はビショ濡れになってしまう。樹齢1000年以上の屋久杉を抱く山々から落下するのでマイナスイオンも半端じゃ無い。心の垢をスッキリとさせてくれるようで清々しい気分にな [続きを読む]
  • 森の精霊 屋久島
  • 屋久島の地質は硬い花崗岩で出来ていてその上をぶ厚い苔が覆っています。屋久島は一年を通して降雨量が多く雨で洗われた緑の苔は神秘的で美しい風景を作り出します。固い岩盤で根を張れない樹木は岩盤の苔に張り付くように根を張り周りの樹を抱き込みながら成長する姿には凄まじい生命力と凄みすら感じました。屋久島は長い年月の経過を経て神秘的な島に変貌し世界遺産として存在します。もののけ姫にそっくりな景観にも 「ナルホ [続きを読む]
  • 風のコスモス
  • 小貝川の辺りに咲き乱れるコスモス九月の風に揺れながら歌っています。今年の夏は耐え難い猛暑だった…。屈託無く笑いさざめきながら咲くコスモスたちはそんなことを忘れさせてくれるかのよう。今年もあなた達に出逢えましたね〜♪静かな秋の訪れに感謝しながら描きました。〜〜 ♪ 〜〜8月18日快晴の北八ヶ岳へトレッキングしました。車で長野へ向かう中央道から眺める八ヶ岳は「ニョッキ !ニョッキ!」とツノが生えた鬼の軍団み [続きを読む]
  • ワタスゲの咲く戦場ヶ原 栃木県日光市
  • 6月24日に行った奥日光ですが漸く 戦場ヶ原の絵が出来上がったのでアップさせて頂きます。今まで グズグズと描かなかったのは猛暑で描く気力が失せ涼しそうな中禅寺湖ばかりを描いてしまいました …(^^;;〜〜 ♪ 〜〜標高が高い(1400m?)とは言え この日(6月24日)の戦場ヶ原はヤッパリ暑かった (・_・;樹蔭のせせらぎと並行する木道は涼しいのだけれど遮る物が無い木道は下界並みに暑い!耳元で囀る「ウグイス」が賑やかに囃し立て [続きを読む]
  • 北アルプスを仰ぐニッコウキスゲ
  • 7月14日 快晴の白馬八方尾根へトレッキングしました。途中ニッコウキスゲの群落がとても綺麗だったのでスケッチした風景画の中に同化させてみました。〜〜 ♪ 〜〜昨年 白馬山麓の栂池高原へトレッキングしたのですが残雪の山肌を駆け下りるいく筋もの清冽な滝や短い夏を彩る 清らかな沢山の高山植物たちに出会えました。あの時の 瑞々しい感動が蘇り今年もワクワク感が募り出掛ける事になりました。当日 かなり遠くのパーキングに [続きを読む]
  • ヒマワリとセイヨウニンジンボクを描く
  • 知人から頂いたヒマワリと庭に咲くセイヨウニンジンボクを描きました。セイヨウニンジンボクは背丈が2メートル以上もあるのですがスミレ色の可愛い花を咲かせ風にそよぐ姿は涼しげです。猛暑にもめげず 生命力に溢れ咲く花たちは生きる指針を与えてくれる気がします。〜〜 ♪ 〜〜恒例の街の花火大会が有り 娘夫婦のマンションのベランダで見物しました。娘の夫君のご両親も今年も元気に顔を見せてくれてお互いの健康を祝福しまし [続きを読む]
  • ビオトープ的な睡蓮と金魚を描く
  • 最近 ビオトープに関心を持った息子が一抱えも有る大きな睡蓮鉢を庭に設えたのだ。睡蓮鉢は 庭の 花木の「ハクモクレン」と「ハナミズキ」の緑陰の下に置かれ炎暑の中 其処だけが別世界のように涼しげな佇まいに見える。鉢底に赤玉土を入れ 水草や睡蓮数個のタニシと小さなエビを数匹 そしてメダカを十匹放流しての本格的なビオトープ。日が経っても水が澄みきって綺麗なのはビオトープ効果なのだが此の猛暑だ!果たしてメダカは無 [続きを読む]
  • 中禅寺湖のカヌー遊び
  • 半月山から 九輪草の咲く中禅寺湖の浄土平へ行く道すがら子供達が カヌーを漕いでいるのを見かけました。大人に見守られ冒険家気分の子供達の輝く笑顔。彼等が大人になっても 懐かしくて思い出すだろうな。カヌーはコツを覚えれば 経験の無い私でも乗れそうだし洪水で避難の時にも活躍しそうに思える。ライフジャケットとカヌーさえあれば川が氾濫しても 命は辛うじて助かるかも知れない…。イエ!私の場合はライフジャケットを持 [続きを読む]
  • 桃と花瓶の花を描く
  • 暑中お見舞い申し上げます。西日本集中豪雨の目を疑うばかりの凄まじいニュースの映像にショックの余りブログを放り出してしまいました。三年前 私の住んでいる近隣の街を大洪水が襲いました。あの時 何時自分が被災者になってもおかしくないそんな状況が今回の災害とオーバラップして心の持ち用が不安定となってしまった様です。おまけに 今まで元気だけが取り柄だった私の身体の変調…そして思い掛けない転倒による医者通い…^^; [続きを読む]
  • 夏の男体山 と中禅寺湖 栃木県 日光市
  • 久しぶりに日光方面へドライブしました。先ずは お気に入りの半月山の頂上へ向かい穏やかな山容の男体山眼下に広がる中禅寺湖を望みながら 美味しく深呼吸〜♪湖畔に祀られている二荒山神社は 男体山の別称です。近寄りがたい感じの二荒山の呼び方に比べ男体山は 何となく親しみが湧きます。我が茨城県の筑波山は男体山と女体山が仲良く並んでいますが日光の男体山は ポツンと有るし独身なのかな?深田久弥の本によれば男体山の近 [続きを読む]
  • 窓辺に揺れる桔梗
  • 庭の桔梗が 此の猛暑にもめげず涼しげに咲いています。数本をガラス器に生けて 窓辺に飾りました。蕾がプックリと風船みたい。朝顔の開花は 少しづつほぐれながら咲き♪桔梗は?ポンと音がして咲くのかな?そうそう!最近 我が家の庭に蚊がいません。桔梗の根に有るサポニンは人間には薬でも虫には毒らしい!もしかして そのせいなのか?しかし 庭の草引きをせっせと やっている家族から「そればかりでは無いでしょ!」ってブーイ [続きを読む]
  • バラまつり
  • 5月18日 茨城県石岡市のフラワーパークで開催されている「バラまつり」へ行きました。フラワーパークは紫峰筑波山麓の広大な敷地にあり800品種 30000株の見事なバラの海が広がっていました。其々の株が 数年前に訪れた時よりも格段に成長して見応えがあります。薔薇の香りと輝く花姿 に誘われ 夢遊病者の様に園内を彷徨いました ??此の絵は その時のスケッチと写真をもとに描いたものです。手前のバラは娘夫婦宅からお嫁入りした [続きを読む]
  • 木漏れ日の紫陽花
  • モチーフに選んだ紫陽花の花びら(ガク)が貴婦人たちがドレスの裾をひるがえし舞っているような〜♪眺めているのは楽しいけれど 描くとなると…難しい。デッサンの段階では 花びらが迷子にならない様しっかりと描いたつもりしかし 着色を始めたらどこでどうなっているのやら?貴女何処から出て来た花びら?冷や汗をかきながら描きました 笑)整った紫陽花にすれば良かったかな (-。-;いずれにしても デッサン不足は否めませんね 笑)〜 [続きを読む]
  • 「牛の首」がれ場からの「茶臼岳」遠望
  • 「スッカンザワ」から 茶臼岳へと 向かいました。茶臼岳は 日本100名山の一つで 標高 1915メートル有り九合目まで 那須ロープウェイで行けます。ロープウェイを下りると直ぐ 目の前の茶臼岳が早くおいでよと手招きしているようで心がはやる。でも 帰りのロープウェイの時間は 大丈夫かしら?確認すると最終の時間まで 二時間半くらい。帰りを考えたら 行ける所まで行くしかないかな…。茶臼岳の山頂を目指し歩き始めました。スピー [続きを読む]
  • クレマチスとドクダミを描く
  • 朝 窓のカーテンを勢い良く開けると緋色のスカシユリ 深紅の薔薇 真っ赤なベゴニアが目に飛び込んで来ました。ガーデナーの夫は 情熱的な赤が好き最近 特にその傾向が強い気がします…(-。-;平凡な日常に心を奮い立たせ情熱的な写真を撮りたいのでしょうか ?でも 私のイメージする絵の画材ではなくて…。お隣の境界線のドクダミを失敬して??蔦のクレマチスをコラボさせガラスに挿して描いてみました (・・;)〜〜 ♪ 〜〜我が家は [続きを読む]
  • 那須塩原 「スッカンザワ」の渓流を描く
  • 「太古みたいな不思議な空間だなぁ!」なんて考えながら歩みました。渓流沿いのツツジ が滝から舞い上がる風に吹かれて疲れを癒してくれます〜♪此処で文章は終わりです…。しかし 娘から「チョット!今回は何だか短すぎるんじゃ無い?」なんて メールが来そうなので以下 宜しかったら読んで下さいね (-。-;〜〜 ♪ 〜〜「スッカンザワへ行こう!」普段から我が家の元気印だったのに年明けから急に体調を崩していた息子が言っていま [続きを読む]
  • ローズ
  • 深紅の「ハイブリッド ティーローズ」の薔薇を描きました。意志の強さを感じさせるような薔薇が描けたらいいなぁ!深紅色は好きな色ですが 着彩が難しく 悪戦苦闘 (-。-;背景に葉の影をランダムに置き遠近感を出しました。「ティーローズ」は 薔薇栽培の歴史を「オールドローズ」から 「モダンローズ」へと大きく変え四季咲きの薔薇を誕生させるきっかけとなりました。〜〜 ♪ 〜〜我が家の庭を 薔薇が彩っています。娘夫婦から 自 [続きを読む]
  • 白鳥の親子
  • 何時もの散歩コースを変え 隣街の水辺を散策しました。8000歩コースに設定して歩きましたが帰りはかなり疲れました。疲れた道すがら 偶然白鳥の雛を連れた親子に遭遇〜♪全部で七羽の子だくさん!でも その雛の親子を後ろの木陰に身を潜めたカラスが狙っています!無事に育ちますように!あれから ずっと気になっていましたが新聞に その白鳥の親子の写真が掲載されていて七羽の雛たちは元気に育っている様です。又 会いに行こうか [続きを読む]
  • 花瓶イッパイに庭の花を描く
  • 八重の芍薬の花弁は 数百枚もありそうで余り描きたいモチーフでは無かった。ここ数年 敬遠して来た芍薬への複雑な想い今年も ヤッパリ 考えあぐねてしまう。折しも テレビでは 夜半からの暴風雨の予報を報じていて雨に打たれるよりはマシだとばかり芍薬 シラン ミヤコワスレを 切り花に花瓶にドン!と挿してみました。思っていたよりも ずっと豪華なお花のモチーフが完成 !しかし 切ったからには 全部の花を描く責任が生じて来る [続きを読む]
  • あやめの花咲く代掻き風景
  • 川の水かさが増え取水口から勢いよく用水路に水が流れ出しました。いよいよ 田畑の胎動を感じる季節が到来。我が家は農家では無いのに この季節になるとワクワクします。田起こしの済んだ田んぼに水が入り 今度は代掻き機械が土を更に細かく砕きながら真っ平らにする作業をしています。カラフルな農業機械が 水田を自在に動き回りアヤメの花たちが 風に揺れながら そんな光景を眺めている〜♪ストレッチ教室の帰り道 そんな光景に [続きを読む]