ミカリュス・ブルガリス さん プロフィール

  •  
ミカリュス・ブルガリスさん: ミカリュス・ブルガリスのパリ・ガイドブック
ハンドル名ミカリュス・ブルガリス さん
ブログタイトルミカリュス・ブルガリスのパリ・ガイドブック
ブログURLhttp://tulipe.seesaa.net/
サイト紹介文パリに住みたい女の子のためのガイドブック。おススメのカフェ、レストラン、観光スポットなど満載。
自由文パリで見つけたおいしいもの、可愛いもの、ビストロ、カフェ、美術館、公園などの情報、そしてフランスでの普通の暮らしをお伝えします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供169回 / 365日(平均3.2回/週) - 参加 2010/08/29 18:40

ミカリュス・ブルガリス さんのブログ記事

  • フランスでいくらを買う
  • こちらの記事でご紹介しましたが、パリ近郊のサンクルー競馬場(Hippodrome de Saint-Cloud)で開催されていたフランス全国物産展で、いくらを見つけたので買ってきました。〓 フランス全国物産展 - アルザス地方のおいしいものいくらですよね。これ。キャビアの専門店のスタンドがあって、宝石のような値段(大袈裟)のキャビアの中に、この可愛いいくらちゃんが並べてあったのです。お値段も8ユーロという可愛さで、キャビアは [続きを読む]
  • 英国ウェールズ地方の伝統菓子「ウェルシュケーキ」
  • パリ6区のサンジェルマンデプレのマーク&スペンサーで買ってきた英国ウェールズ地方の伝統菓子「ウェルシュケーキ」です。 毎日、一枚ずつ、クリスマス・スパイス入りのルイボスティーと一緒にいただいています。パッケージはこんな感じです。パリのあちこちにマーク&スペンサーの食品店はありますが、今回、私がお買い物をしたのは、マルシェ・サンジェルマンと呼ばれている全天候型の室内型マルシェです。アップルストアも入っ [続きを読む]
  • サンジェルマンデプレのカジュアルカフェ『Cosi』
  • パリ6区のセーヌ通りにあるカジュアルなカフェ『Cosi』。サンドイッチが美味しいと評判です。近くにある美術学校の生徒など、学生に人気で、皆、思い思いにノートパソコンやスマフォを見ながら寛いでいます。お昼時はサンドイッチを買うのに長い列を作らなければならないほど人気だそうです。私が行ったのは、午後遅い時間で、偶然2階のテーブルが空いていて座ることができました。セルフサービスなので、1階のカウンターで注文 [続きを読む]
  • フランス全国物産展 - アルザス地方のおいしいもの
  • パリ近郊のサンクルー競馬場(Hippodrome de Saint-Cloud)で開催されていたフランス全国物産展に行ってきました。サンタさんも来ていました。外は木枯らしが吹いていて寒かったのですが、室内のブースもあったので凍えるほどではありませんでした。(室内でも寒いです。)こちらはアルザス地方のスタンド。ブレッツェルがぶら下がっています。アルザスのクリスマスマーケットに行ったときのことが思い出されて、懐かしい気持ちに [続きを読む]
  • パリで台湾風サンドイッチ
  • パリで台湾風のサンドイッチが食べれるレストランがフランス人に大人気と聞いて、食べに行ってきました。プレートの上に台湾風サンドイッチが2つと、サツマイモのフリットと2種のソースがつきます。フランス語のメニューにはブリオッシュと書いてありましたが、肉まんの皮と同じ味でした。写真では、中の具がちゃんと見えなくて、美味しそうに見えませんが、ピーナッツがたっぷりで美味しかったです。いくつかあるサンドイッチか [続きを読む]
  • ジビエにぴったり、重くて濃いカオール
  • 先日、こちらでご紹介したワインフェアで見つけたカオールが気にいって6本入りのケースで再度購入したのですが、あっという間に飲み尽くしてしまったので、タンニンの滑らかな飲みやすいカオールはないかなと、いろいろ物色しています。カオールとボーフォールいろいろ買ってみたけれど、いまいちのものも多く、カオールって難しいのねと思い、近所のワインショップ『ニコラ』のスペシャリストのおじさんに選んでもらいました。し [続きを読む]
  • パリで一番美しいパサージュ『ヴィヴィエンヌ』
  • このところ、寒波が押し寄せ、とっても寒いパリなのですが、12月に入ってあちこちでノエルのイルミネーションが輝いていて、1年のうちで最もパリらしい風景の見られる季節になりました。パリで一番美しいパサージュ『ギャルリー・ヴィヴィエンヌ』。あまりの美しさに、みんなが写真を撮っているので、遠慮なくカメラを向けることができます。パサージュ内の本屋さん『la librairie Jousseaume』。趣のある雰囲気が素敵です。英 [続きを読む]
  • キャビアとウォッカで贅沢なひととき
  • こちらの記事のフランス産キャビア、近所のニコラで、キャビアに合うお勧めのウォッカを買ってきて、味見してみました。『フランスのキャビア』ミカリュス・ブルガリスのパリ・ガイドブ…|https://t.co/9ZHWUHcDlX— Miccalus Vulgaris (@Miccalus) 2017年11月30日 キャビアを買ったとき言われたのが、パンとかにつけて食べないこと。ピュアなウォッカを1時間ほど冷蔵庫で凍らせて、キャビアと一緒にいただくのが最高とい [続きを読む]
  • フランスのキャビア
  • 先日、食べた生牡蠣のお店にフランス産のキャビアが売っていたので、お試しで買ってみました。<参照>〓パリで生牡蠣を堪能〓?一番小さいので59ユーロでした。凍られせるくらいに冷やしたウォッカと一緒に食べるが王道だそうです。食べたら、また感想を書きますね。ランキングに参加中です。♪♪♪応援の をいただければ、うれしいです。ありがとうございます♪ Merci〓にほんブログ村地域情報(フランス) ブログランキ [続きを読む]
  • パリのパサージュのアンティークショップ
  • パリ2区のサン・ドニ通りに入り口があるパサージュ『グラン・セール』。ここには可愛い手芸ショップもあるのですが、今日は、世界中のアンティークを集めた『Rickshaw(リックショウ)』というお店をご紹介します。おばあちゃんの家の屋根裏やガレージに眠っていたみたいな古い家具を、シャビーな感じに塗り直してリノベーションしたものなどが売っています。刺繍糸を整理して入れたいような浅い引き出しのいっぱいついた家具。ア [続きを読む]
  • ビールが苦手な女子に - フランボワーズ味の赤いビール
  • ベルギービールの『ヒューガルデン』のロゼ を飲んでみました。小さいボトルもエチケットも可愛くて、アルコール分も3パーセントと低いので女子好みのビールです。ちなみに赤いビールを注いでいるグラスは、マスタードが入っていたガラスの瓶です。(笑)マスタードの瓶って、グラスとして使えるものがあって、丈夫でずっと使っていても全然、割れないんです。フランボワーズ(ラズベリー)のアロマがほんのりして、ジュースみた [続きを読む]
  • ワインはコルク?それともスクリューキャップ?
  • 近所のワインショップの『ニコラ』で見つけたオーストラリアの白ワイン。セパージュはセミヨンとシャルドネのミックス。日本に一時帰国したときに驚いたのですが、フランスワイン以外の世界のワインは、コルクではなくて手でぐるぐる回して開けるタイプのものがたくさんあるのですね。開けるのが楽でいいけれど、なんとなくコルクじゃないと不安になってしまうのは私だけでしょうか。と思って、調べてみたら、こんな記事に出会いま [続きを読む]
  • 不眠やストレス解消に - 茉莉花のつぼみのお茶
  • ジャスミン(茉莉花)のつぼみのお茶を買ってきました。私たちがジャスミンティーと呼んでいるお茶って、ジャスミンの花をお茶にしているのではなくて、ジャスミンの香りを移したお茶のことなのです。なので、ジャスミン(茉莉花)のつぼみで作るお茶はジャスミンティーではなくて、同じようにお花にお湯を注いで作るカモミールティーみたいな感じでいただきます。私は軽く煮だして作ってみました。日本茶みたいな黄色のお茶になり [続きを読む]
  • パリで苺ショートケーキ〓?
  • パリのオペラ座界隈で、一人でゆっくり休憩したいときにぴったりなカフェ『Aki café』。オペラのサンタンヌ通りにあります。日本と同じ味の苺ショートケーキが食べれます。ほうじ茶と一緒に。テーブルもゆったりした感覚で並べらえているので、落ち着いて過ごすことができます。もちろん注文も日本語でオーケーです。メロンパンやカツサンドなど懐かしい日本の菓子パンやおかずパンだけでなく、おにぎりも売っていました。ランチ [続きを読む]
  • エリック・カイザーのシュトレン
  • パリ郊外の素敵な街『サンジェルマンアンレー』。週末、ちょっとブラブラとウィンドウショッピングがしたいなと思うとき、でも、パリの喧騒を中を歩く元気がないとき、サンジェルマンアンレーを散策しています。サンジェルマンアンレーをのエリック・カイザー。クリスマスに欠かせないドイツのお菓子『シュトレン』が店頭に並んでいたので、バゲットを買いに入ったのに、誘惑に負けて買ってしまいました。エリック・カイザーのシュ [続きを読む]
  • エッフェル塔の光
  • ブローニュのトラペーズ地区のビルの屋上テラスから見たエッフェル塔です。日が短くなったので、エッフェル塔の光がよく見えます。空に見えるサーモンピングの影は、くるくる空を旋回するエッフェル塔の光の残像なのでしょうか。ただの夕焼けかもしれませんが、なんだか幻想的な感じです。ランキングに参加中です。♪♪♪応援の をいただければ、うれしいです。ありがとうございます♪ Merci〓にほんブログ村地域情報(フラ [続きを読む]
  • パリで生牡蠣を堪能〓?
  • 内陸部のパリで食べる魚介類は、フランスの海沿いの街で食べるものに比べて、輸送時間などの関係もあり、お値段、鮮度ともにイマイチだと感じることもあり、我が家ではブルターニュやラ・ロシェルなどの大西洋沿いの街で海の幸をいただくことにして、パリではお肉料理や火を通してお魚料理を選ぶことが多いのです。もちろん、パリでも大金を払えば美味しくて鮮度も高い海の幸が食べれるところもありますが、やっぱり、港からあがっ [続きを読む]
  • 手作り女子の幸せ空間「ラ・ドログリー(La Droguerie)」
  • パリ1区のレ・アール地区にある人気の手芸雑貨屋さん「ラ・ドログリー(La Droguerie)」。お店の棚には、瓶に詰められたボタンやビーズがずらりと並んでいて、手作り大好きな女子には宝の山です。奥行きのある店内には、女の子の夢がいっぱい詰まっています。ボタンもいっぱいあります。布地もたくさんです。アンティークな店内にかわいいビーズ、ボタン、毛糸、リボンなどが、綺麗に並べられており、透明の瓶に詰められた色とり [続きを読む]
  • パリで食べる本格握り寿司
  • パリで新鮮で美味しい握り寿しが食べれるということで、8区のメトロ『ヴィリエ』駅近くにある和泉(Bar à Sushi IZUMI)さんへ行ってきました。シンプルで清潔な店内です。ランチの握り寿しセットをいただきました。サラダとお味噌汁。握り寿し。8 sushi variés 3 California 18,50 ?8 sushi variés 6 maki thon 19, 50 ? この品質・鮮度、日本の美味しいお寿司屋さんに匹敵します。サーモンは、たいていどこで食べてる大き [続きを読む]
  • パリで飲む日本製のベルギービール
  • フランスでは、ヨーロッパのビールが手に入りやすいので、ワイン以外にも手軽にいろいろな国のいろいろな味わいのビールを楽しむことができます。日本のビールも、KIRIN、ASAHI、SAPPOROなど、オペラ地区の日本食品店まで行かなくても、近所のアジア系の食品店で購入できるので、家で和食を食べるときは、日本をビールをよく買って飲んでいます。この日は、モノプリで世界のビールフェアみたいなものがやっていたので、こちらのビ [続きを読む]
  • 素朴で懐かしい味わいの稲垣さんのパン - La Boulangerie du Nil
  • パリ右岸2区にある美味しいパン屋さん『La Boulangerie du Nil (ラ・ブーランジェリー・デュ・二ル)」。日本人の稲垣信也さんが焼いています。ニル通り(Rue de Nil)にあることからその名がついていますが、伝統的なフランスの製法で作られたパンが並んでいます。自然酵母とオーガニックの小麦粉を使った素材にこだわって焼いたパンは絶品です。この日は、古代小麦と呼ばれるスペルト小麦のパンとハーブの香り高いフォカッチ [続きを読む]
  • 軽くて薄い赤ワインは飲み過ぎ注意
  • フランスのスーパーマーケット「モノプリ」で買ったお手頃価格のボルドーワイン。とっても軽くてフルーティー。タンニンの効いた濃いワインが好きな飲兵衛の私には物足りない味わいでしたが、ジュースみたいにグイグイ飲んで、翌朝、なんだか二日酔いっぽい感じです。ディナーのときにグラスに1、2杯くらいだとだいじょうぶなのだけど、その後、サロンに移って飲み続けると飲み過ぎになっちゃうのですよね。高いワインなら、たく [続きを読む]