hosshi さん プロフィール

  •  
hosshiさん: あなたの中には素晴らしいものがある
ハンドル名hosshi さん
ブログタイトルあなたの中には素晴らしいものがある
ブログURLhttps://ameblo.jp/ik-hoshino/
サイト紹介文イエス・キリストを信じるクリスチャンです。
自由文私は私を強くしてくださる方によって何事でもすることができるのです。(ピリピ人への手紙4:13)
神とともに歩むビジネス、そして日々の歩みを綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供84回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2010/08/29 15:05

hosshi さんのブログ記事

  • 隠されたものは明らかにされる
  • その額には、意味の秘められた名が書かれていた。すなわち、「すべての淫婦と地の憎むべきものとの母、大バビロン」という名であった。黙示録17:5東十条バイブルスタディは、黙示録17章前半を学びました。王(国家)が女(この世の宗教)に酔いしれる。病気になると無病息災と宗教に頼り、空しさがあるとスピリチャルに心が奪われる。偽りの宗教の真っ只中に置かれる中で、私たちには、様々な誘惑が差し迫ってきます。アダムとエ [続きを読む]
  • 主は何をあなたに求めておられるのか
  • 主はあなたに告げられた。人よ。何が良いことなのか。主は何をあなたに求めておられるのか。それは、ただ公義を行い、誠実を愛し、へりくだってあなたの神とともに歩むことではないか。ミカ書6:8日曜礼拝はミカ書後半を学びました。主はあなたに何を求めておられるのか?このことにおいてしっかりと取り組んでいるだろうか。キリストをしっかりと見つめているだろうか。自分勝手な考えでずれてしまい、欲のままに動いていないか。 [続きを読む]
  • 力と、主の霊と、公義と、勇気とに満ちる
  • しかし、私は、力と、主の霊と、公義と、勇気とに満ち、ヤコブにはそのそむきの罪を、イスラエルにはその罪を告げよう。ミカ書3:8日曜礼拝、ミカ書のメッセージを感謝します。神様は、私たちが大事にしているものを取られる。崩されることによって、神様の形にされる。神様のところに戻って行く。主の霊を制限している。御霊による自由が与えられているのに、制限している。御霊と御力の働き、それを求めていく。『権力によらず、 [続きを読む]
  • 神の救いを受け取る
  • 「行って、シロアム(訳して言えば、遣わされた者)の池で洗いなさい。」そこで、彼は行って、洗った。すると、見えるようになって、帰って行った。ヨハネ9:7日曜礼拝はカルバリーチャペル府中からトキトさんが来てくださり、賛美とメッセージの奉仕をしていただきました。ヨハネの福音書9章から学びました。盲目の人が目が見えるようになります。イエス様はさばくためではなく、救われるために来られました。神が御子を世に遣わさ [続きを読む]
  • 恵みの御座に近づこう
  • 私のたましいが私のうちに衰え果てたとき、私は主を思い出しました。私の祈りはあなたに、あなたの聖なる宮に届きました。ヨナ書2:7日曜礼拝はヨナ書の学びでした。神様が行きなさい、と言われた反対の方向に行き、落ち込んでいるヨナ。ヨナの行動から深い真理が学べます。船は嵐に会い、ヨナは海に投げ出され、魚に飲み込まれます。絶体絶命、闇と死の恐れが全身を貫かれたでしょうか。そこでヨナは主に祈り、主は祈りを聞かれま [続きを読む]
  • 神の激しい怒りから救われる
  • また、私は、大きな声が聖所から出て、七人の御使いに言うのを聞いた。「行って、神の激しい怒りの七つの鉢を、地に向けてぶちまけよ。」黙示録16:1東十条バイブルスタディは黙示録16章を学びました。神は一人として滅びることを望まない。御子を信じるものを救われる。罪、死、神の激しい怒りから救われる。神はあわれみ深いお方、忍耐に忍耐をしておられています。しかし、すべてをさばく時が来ます。このさばきは恐るべきもの [続きを読む]
  • 神の愛とあわれみを受け入れる
  • あなたの心の高慢は自分自身を欺いた。あなたは岩の裂け目に住み、高い所を住まいとし、「だれが私を地に引きずり降ろせようか」と心のうちに言っている。オバデヤ3日曜礼拝はオバデヤ書のメッセージでした。エドムの状況、神なしで生きられるという高ぶり、そして今の日本の状況は似ているかもしれません。日本は自分たちだけでやっていける、神は必要ないという国です。それゆえ、人々は、神なしで「自分の何か」を追い求め、そ [続きを読む]
  • わたしの民イスラエルに預言せよ
  • アモスはアマツヤに答えて言った。「私は預言者ではなかった。預言者の仲間でもなかった。私は牧者であり、いちじく桑の木を栽培していた。ところが、主は群れを追っていた私をとり、主は私に仰せられた。『行って、わたしの民イスラエルに預言せよ』と。アモス7:14.15日曜礼拝はアモス書のメッセージでした。アモスは、羊飼いという最下層に属する人でありながら、主から呼ばれ神に仕えた人でした。神は、知恵ある者をはずかしめ [続きを読む]
  • 善を求めよ
  • あなたはあなたの神に会う備えをせよ。アモス4:12日曜礼拝はアモス書4章から6章を学びました。災いの中に神の意図がある。気づきを与えられる主。イスラエルは、裕福な暮らしの中で「弱い者たちをしいたげ、貧しい者たちを迫害し」ていました。彼らは、神にそむき、神に立ち返りませんでした。主はあなたの神に会う備えをせよ。と言われます。主よ。あなたは私を探り、私を知っておられます。あなたこそは私のすわるのも、立つ [続きを読む]
  • 神の激しい怒り
  • 神の激しい怒りはここに窮まるのである。黙示録15:1東十条バイブルスタディ、黙示録15章の学びを感謝します。神の激しい怒り、神が完了してくださる。神は、キリスト・イエスを、その血による、また信仰による、なだめの供え物として、公にお示しになりました。それは、ご自身の義を現すためです。というのは、今までに犯されて来た罪を神の忍耐をもって見のがして来られたからです。ローマ3:25遅すぎるほどの忍耐。なだめの供え [続きを読む]
  • あなたがただけを選び出した
  • わたしは地上のすべての部族の中から、あなたがただけを選び出した。それゆえ、わたしはあなたがたのすべての咎をあなたがたに報いる。アモス3:2日曜礼拝はアモス書に入りました。選び出した。と神様は言われます。出エジプト記では、次のように書かれています。今、もしあなたがたが、まことにわたしの声に聞き従い、わたしの契約を守るなら、あなたがたはすべての国々の民の中にあって、わたしの宝となる。全世界はわたしのもの [続きを読む]
  • あなたがたの神、主に立ち返れ
  • 主は情け深く、あわれみ深く、怒るのにおそく、恵み豊かで、わざわいを思い直してくださるからだ。ヨエル2:13LCF日曜礼拝、田端に移り最初の礼拝でした。ヨエル書のメッセージを感謝します。主はあわれみ深い、と言われます。私たちはさばかれなければいけないのに、そのさばきを受けなくてよい。ゆるされる。そして、怒るのに遅い、わざわいを思い直してくださる。私たちは反省は慣れているが、悔い改めはできない。自分でなんと [続きを読む]
  • わたしは彼らの背信をいやす
  • わたしは彼らの背信をいやし、喜んでこれを愛する。ホセア14:4日曜礼拝、DBCでの最後の礼拝となりました。ここに来たのは、4年前の6月だったと思います。それから、使わせていただきました。本当に感謝です。賛美とホセア書のメッセージ、そして、引越し、来週の段取り等、守られ祝福されました。ヤコブ、かかとをつかむものという意味ですが、ずる賢いヤコブでさえ、神は愛し、祝福された。神様はきよいお方、偶像・汚れの [続きを読む]
  • 神を求める
  • また、私は見た。もう一匹の獣が地から上って来た。それには小羊のような二本の角があり、竜のようにものを言った。黙示録13:11東十条バイブルスタディは黙示録13章後半の学びでした。サタンがあらゆる悪の欺きを行います。人は、完全な方に仕えなければいけないのに、少し劣ったものに行く。真理にとどまるべきなのに、偽りに行ってしまう。分かち合いの中で言われていましたが、世のことに関わっているとそのことを中心になり、 [続きを読む]
  • 正義の種を蒔く
  • あなたがたは正義の種を蒔き、誠実の実を刈り入れよ。ホセア10:12日曜礼拝、賛美とホセア書のメッセージ、交わり、分かち合いを感謝します。神様との正しい関わり、ここに目をとどめたいですね。神様の愛にとどまる命令にとどまること、神様の言葉を生活にあてはめていくこと、実を結んでいくこと。自分の力ではできない。ささげる、とは頑張ることではなく、あきらめる。イエス様の中に入ることです。彼らの心は二心だ。ホセア10 [続きを読む]
  • 神が私たちのために戦ってくださる
  • 私たちの神が私たちのために戦ってくださるのだ。ネヘミヤ4:20昨日はメシアニックの集会に参加、今日は日曜礼拝と祈り会、明日のバプテスマの準備と祝福された二日間でした。メッセージは、ネヘミヤ記4章から学びました。キリスト者としての歩み、働きをしていく中で、敵は様々な方法で邪魔をしてきます。あざける、無理だという、恐怖を植え付ける。選ばれたキリスト者は、人と違う立ち位置にいるので、私は大丈夫なのかという [続きを読む]
  • 偶像を警戒しなさい
  • 地に住む者で、ほふられた小羊のいのちの書に、世の初めからその名の書きしるされていない者はみな、彼を拝むようになる。黙示録13:8東十条バイブルスタディは黙示録13章前半の学びでした。神でないものを拝む。人は本物の愛を受け入れない。敵は偽物のキリストによってあざむいていく。キリスト無しで正義を唱える。人間主権である。人間中心、個人主義である。ばらばらになっている。キリスト者は自由だ。主権に身をゆだねてい [続きを読む]
  • 神を知ること
  • わたしは誠実を喜ぶが、いけにえは喜ばない。全焼のいけにえより、むしろ神を知ることを喜ぶ。ホセア6:6日曜礼拝、ホセア書4章〜7章のメッセージ、交わり、分かち合いを感謝します。神様は私たちを知っている、愛している。それなのに人は神様に背を向けている、神様の愛に応答しない。「自分でできます。」これが高慢。人は自分でやろうとしてしまいます。アダムとエバが自分たちが裸だとわかった時に、いちじくの葉で腰をおお [続きを読む]
  • 偶像を捨てる
  • それゆえ、わたしは、その時になって、わたしの穀物を、その季節になって、わたしの新しいぶどう酒を取り戻し、また、彼女の裸をおおうためのわたしの羊毛と麻とをはぎ取ろう。ホセア2:9日曜礼拝、賛美とホセア書のメッセージ、交わり、分かち合いを感謝します。神様を礼拝できること、兄弟姉妹と会えることは喜びです。彼らの歩み、教会の歩みを見ていく中で、励まされ、癒され、祈らされます。神様は、わたしのところに戻ってき [続きを読む]
  • 愛する御子のご支配に移された
  • こうして、この巨大な竜、すなわち、悪魔とか、サタンとか呼ばれて、全世界を惑わす、あの古い蛇は投げ落とされた。彼は地上に投げ落とされ、彼の使いどもも彼とともに投げ落とされた。黙示録12:9神は、私たちを暗やみの圧制から救い出して、愛する御子のご支配の中に移してくださいました。コロサイ1:13東十条バイブルスタディは、黙示録12章の学びでした。暗闇の支配者である悪魔、サタン、彼は神の御座の近くにいるが、地上に [続きを読む]
  • 水の上さえ歩く信頼
  • イエスは「来なさい」と言われた。そこで、ペテロは舟から出て、水の上を歩いてイエスのほうに行った。マタイ14:29日曜礼拝、今日はCC府中のマイケルさんが説教の奉仕をしてくださいました。イエス様は、私たちを敢えて風と波の中に送られます。群衆への対応と弟子への対応は違うものでした。群衆はイエス様を王にしようとしていました。弟子たちは、舟に乗せました。嵐の中に置かれた時、どうされるでしょうか?弟子たちが嵐で全 [続きを読む]
  • 愛による配慮
  • 平和に役立つことと、お互いの霊的成長に役立つこととを追い求めましょう。ローマ14:19成増バイブルスタディはローマ人への手紙14章後半を学びました。配慮ということを考えさせられました。それには、とても細やかな気配りが必要だと思うし、愛が伴うことでしょう。そこに自分を否み、御霊に満たされていることが必要です。それぞれが、主に聞き、主にある知恵を受けて、正しい、徳を高めるよう配慮していく。自分(肉)の思いが [続きを読む]
  • 大空の輝きのように輝く
  • 思慮深い人々は大空の輝きのように輝き、多くの者を義とした者は、世々限りなく、星のようになる。ダニエル12:3ダニエル書の学びを感謝します。恵みによって義とされたものが、主にあって変えられていき、義に生きていく時にそれを見た人にキリストの香りが放たれていく。このみことばはとても美しいです。ダニエルの環境はいかばかりであったでしょうか。とても良いとはいえないでしょう。私たちも、それぞれの環境が芳しくない [続きを読む]
  • 神の聖所
  • あなたは、もう一度、もろもろの民族、国民、国語、王たちについて預言しなければならない。黙示録10:11東十条バイブルスタディで黙示録11章を学びました。とても深いですね。預言の内容は苦い。初めに聖所についての預言します。神をあがめてない人たちを打ち捨てていなさい。聖所の外の庭は、異邦人に与えられているゆえ、そのままに差し置きなさい。福音は広く開かれているが、だからと言って何をしてもいいわけではない。罪を [続きを読む]
  • あなたがたは神から出た者です
  • 彼に代わって、ひとりの卑劣な者が起こる。彼には国の尊厳は与えられないが、彼は不意にやって来て、巧言を使って国を堅く握る。ダニエル11:21礼拝、ダニエル書11章の学び、交わりと教会での一日を感謝します。ダニエル書で預言されていることが、歴史の中でその通りに起こり、その詳細を見てきました。その一部始終を見ていくとき、それぞれの勝手な振る舞いに驚かされます。アンティオコス・エピファネスがいかに悪しき人物であ [続きを読む]