管理栄養おたぬき さん プロフィール

  •  
管理栄養おたぬきさん: 言い訳しながら報告します
ハンドル名管理栄養おたぬき さん
ブログタイトル言い訳しながら報告します
ブログURLhttp://sinsyu004.blog112.fc2.com/
サイト紹介文現役の学校栄養士の日記です。
自由文懐かしいだけじゃもったいない!今の給食ってどうなってるの?を写真&イラストを中心に、日々の報告を言い訳たっぷりに綴っていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供75回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2010/08/30 21:06

管理栄養おたぬき さんのブログ記事

  • 帯状で退場
  • ということで、ちょっとお久しぶりでございます。帯状疱疹と風邪のダブルパンチ、おたぬき悲劇の2週間。風邪はともかく、帯状疱疹は言葉は知っててもかかったことはなく、今回はたまたま友人に帯状疱疹でどえりゃあ苦しんでる人がいたので、もしや?で医者に行ったのがよかったようだ。ご参考になれば、の話で。帯状疱疹はかかってから抗ウイルス薬を飲むまでの時間が勝負。これは間違い無いようで、私の場合は本当に初期だったの [続きを読む]
  • 開店休業
  • 先週、なんだかケツから太ももにかけて痛かゆい。その前からなんとなーく痒みはあって、正直、ズボラーで不潔感が漂うおたぬきハウス。デカい声じゃ言えないけどダニでもいるのか?って思い、トホホだなあで済ましてた。ところが、痛さがピリッとくる感じは、帯状疱疹に1年以上悩まされている友人の症状に似てるような似てないような・・・思い切って皮膚科にかかり、医者に見せたら「帯状疱疹ね」のひと言。やっぱそうすか。ただ [続きを読む]
  • 月ウサギ
  • 今年の十五夜は10月4日。ここ数年、9月だったので久しぶりに10月の気がしてるのだけど、気がしてるだけなのか・・・、どちらにしても十五夜の献立はいつもと変わらず「さつま芋ご飯」「さんま」「月見ゼリー」の三種の神器。さしあたって目新しいこともなく淡々と準備は進んでおりますが、ここで1つ質問。「月で兎が餅をついてる」、となぜ言われてるのか?勿体ぶることもないので、とっとと答えでございます。********* [続きを読む]
  • 打ち出の小槌
  • 久しぶりに献立でポテトサモサを作ろうと思った。サモサはインド料理の1つで、ジャガイモやキーマカレーの具などを小麦粉の皮に包み揚げたもので、具にはインド料理ならではの香辛料も加わる。給食ではキョーレツな香辛料は使えないので、ごくシンプルな味付けとなる。「包む」となると春巻きの皮か餃子の皮か・・・机の上に地層となってる不要な紙をゴソゴソと取り出し、正方形に切り取り、まずは春巻きバージョンで試す。うーむ [続きを読む]
  • Coupe
  • 昭和の給食では、食パンとコッペパンが交代で出てきた。今のように米飯中心ではない、来る日も来る日もパンであり、全部食べられない時はわら半紙に包んでランドセルにイン!もしくは机の中にこっそり隠した。そのパンを忘れてしまうと、どうしたのかと思うくらいパッサパサ。それを考えると種類も増え、味も格段にアップした今のパンは比べ物にならないが、どっこい、平成29年であっても食パンとコッペパンは給食パンとして君臨 [続きを読む]
  • 自己防衛
  • O157による食中毒で幼いお子さんが亡くなった。同じ系列店のお惣菜を食べて複数の方も発症しており、今日現在、未だに感染ルートが確定されてないことで不安感はまだまだ拭えない。今回のO157の食中毒があって思うのは、もし、故意に食中毒菌をばらまく輩がいたら?と考えたらゾッとしてしまう。例えばセルフ形式で取り分ける方式・・・レストランのバイキング、パン、コンビニおでん・・・そこでやられたら、細菌もウィル [続きを読む]
  • 類似品
  • 近視と乱視のコンビに老眼が加わって久しい。数年前まではコンタクトをしてメガネはとりあえずのものだった。それが老眼の出現とともにメガネオンリーの生活になった。時計やパソコン同様、メガネも価格帯が異常に幅広い。当然、ピンにはカンケーないおたぬきは、キリの激安メガネのお世話になる。確かにレンズの性能やフレームを考えるとピンがよろしいだろうけど、メガネは消耗品。そう考えてるので、とりあえず間に合えばよく、 [続きを読む]
  • もち米を食う
  • 10月の献立作りも大詰めの今日この頃。常に先を考える給食献立は、季節の旬をまず頭に浮かべてから。今年はサンマはどうだろか、栗ご飯はどうだろか、などなど食材や価格を確認することからスタートする。しかし、ごく普通に使う食材をしばらく忘れててハッ!とすることがある。その「ハッ!」の気づき食材の1つは、ワタクシ、本年4月以降、もち米を使った「おこわ」をほとんどしてないのに気づいてしまった。赤飯でうるち米とも [続きを読む]
  • 去年の伝票
  • 9月9日は重陽の節句。他の節句に比べるととてもお地味というと怒られてしまうだろうか。そう感じるのは、チビッコがほとんど関係してないからかもしれない。そんな重陽の節句は菊の節句と言われるように、菊の花を使う献立が登場する。今年もすまし汁の食材として使用することになっている。そして1年に1回しか使わない食材が出てくるたびに悩む。去年の記事にもまったく同じことを書いているけど、発注量はいかに?花の色は指定 [続きを読む]
  • 防災の日
  • 多くの学校とともに、ワタクシの勤務する学校も9月1日から新学期を迎える。昔と違って、始業式をしてすぐその後に授業をすることが多い。昭和の学校は夏休み後、1週間くらいは短縮授業となり、ただひたすらいつも以上に薄ぼんやりしててよかったが、今はそんな甘い時代ではないのだ。しかし、9月1日は授業後にさらに「防災の日」の避難訓練が待っている。避難訓練は毎月行っているが、防災の日は父兄も交えた大掛かりなものになる [続きを読む]
  • 目撃情報
  • 今年は信州ざんまいで、2回に分けて長野を旅した夏だった。1回目は前回記事に書いた白駒池と南牧村、2回目は小谷(おたり)村と渋温泉。小谷村は江戸時代に日本海から松本まで塩を運んだ「塩の道」が残っており、若狭の鯖街道とともに前々から行ってみたかった。深い山に囲まれた山間の村、ほど近いところには白馬(はくば)、栂池(つがいけ)高原を控えていても、小谷村は全く違う様相。ウィキには、『大網地区は65歳以上が7 [続きを読む]
  • 不正なコメント
  • いつもおたぬきブログにご訪問いただき、ありがとうございます。また、楽しいコメントもたくさん残していただき、重ねて御礼申し上げます。FC2ブログを始めたのが2010年9月、なんやかやでもうすぐ7年。最初の頃はほぼ毎日記事のアップという、今では考えられないペースでかっ飛ばし、それが2日、3日と間が空き、今では超不定期というのはご愛嬌・・・かな、とほっ記事アップは別にして、時折訪れるのはFC2の不具合。過去にワタク [続きを読む]
  • 食害
  • 今年の天候の悪さは特筆もの。ニュースでも日照時間の話とともに、農作物の話も出てきている。これだけ天気が悪ければ当然だろう。しかし農作物の出来高ということでは、動物による食害も深刻と聞いている。今日の写真は、前回記事から話を引っ張るナンモクムラで出くわした鹿のチビッコ。実はこの前にも1頭がひょっこり道路にいて超コーフン、しかしサヨナラも言わず速攻で山中に消えた。この写真では4頭のファミリーだったのが [続きを読む]
  • ナンモクムラ
  • ナンモクムラ。漢字で書くと「南牧村」は、群馬県と長野県の県境にあり、川を挟んで小さな集落が点在している。前回の記事の白駒池に行く前に、南牧村を訪ねていた。あえてカタカナにした訳は、ここ群馬県ナンモクムラから車で約1時間30分、長野県側に「南牧村」と書いてミナミマキムラがあるから、両方ご存知の方がいたら、「ハテ、どちらの話だろか?」余計なお世話だろうけど、まずワタクシがネットで南牧村と検索するとどっ [続きを読む]
  • 苔の森
  • 以前から「いつか」と思っていた長野県の白駒池に行ってきた。ここは今だとJR東日本のCM(吉永小百合の「大人の休日倶楽部」)の森、といえば「ああ、あの!」と思い出される方もいるかもしれない。白駒池の入り口から入るとすぐに苔の森が広がり、そのまま進むと池の周りを一周する形になる。横岳、赤岳などの北八ヶ岳の登山ルートの入り口になるこの森は、お気軽に池の周りを散策するワタクシの横を、3倍くらいの歩幅とスピード [続きを読む]
  • 自主カチカチ山
  • ふと気づけば首筋がコリコリで首が左右に回らない。借金はとりあえずないつもりだけど、職場の方の勧めで整形外科に行きレントゲンを撮ってもらった結果、首の骨そのものは「経年劣化」程度。要は猫背というか、肩が前に出てる姿勢が続いてしまい、姿勢が悪くなってるのも大きな原因の1つと指摘され、これには思わず納得。解消法としては肩甲骨周りもそうだけど、鎖骨付近の緊張を和らげる必要もあると言われ、押してみるとヒーッ [続きを読む]
  • みどりの窓口
  • 先日、上野の国立科学博物館に行ってきた。屋内の涼しいところならばよかろうという考えでチョイスしたのだけど、親子連れで賑わってたし、チビッコの阿鼻叫喚が聞こえてくると汗がどっと吹き出し・・・いや、泣くのも叫ぶのも子供の特権、何も言うまい。そんなこんなの国立科学博物館、もちろん初めてじゃないけど頻繁に行くところでもなし、前回行ったのは5〜6年前?展示内容も雰囲気も変わってて、へーっと思うこともしばしば [続きを読む]
  • 今週の願い事
  • なんやかんやで今日は海の日。東京は朝方にザーッと久々の雨が降ったけど、あっという間に止んじまった。日本全国、どこでも酷暑と言われ、昭和の学校も頭の上から湯気出してます。4階建てのコンクリート製のくせして、屋上部分は相当病んでるらしく、雨が降れば廊下で雨漏りがひどくてバケツが総動員だし、何より4階の教室が暑いこと!ここで勉強せい、と言われたら「無理!」と即答しちまう。給食室も高温だけでなく、吸気と排 [続きを読む]
  • たなばた
  • 7月7日は七夕(たなばた)チビッコの頃、なんとなく乙女チックな雰囲気の漂うこの日が、一年の中でもスペシャルな1日の雰囲気がバリバリなことだけは分かってた気がする。なぜか竹に飾り付けをする日。なぜか「笹の葉サラサラ〜」と歌う日。なぜか素麺を食べた日。今は7月7日、素麺を出す立場になってしまった。そして中学生からは「素麺かよー!」の眼差しを向けられる。そんなこんなで、主食の素麺はいつからか「素麺汁」と [続きを読む]
  • 画鋲
  • 家庭で使わなくなったものの1つに画鋲があると思う。少なくともワタクシのゴージャスな生活の中では画鋲の存在は無い。あっても頭がプラスチックの画鋲・・・これも画鋲なんだろうけど・・・ここで言うのは金属製のアレ、昭和生まれの方ならピン!ときていただけるはずの、アレ。先日、壁に貼ってある古い写真を外そうと思ったら、画鋲がそりゃもう根性でひっついてて、うんともすんとも動かない。と言うか、壁にめり込んじまって [続きを読む]
  • カチカチ
  • 最近は給食現場でもガスコンロに変わってIHが多くなっている。ガスコンロはアレルギー食を作るときには必要。いわゆるフツーのガスコンロを使っている。しかしこれがIHだと、使わないときはしまう、という離れ業が使えるので作業台も有効活用できる可能性が高い。昭和の歴史ある給食室。最近このガスコンロが火が点かなくってね。点火用のダイヤル?を回しても、カチッ!カチッ!と音がするだけで、チャッカマンを持ち出してボッ [続きを読む]
  • 関東の実力
  • 地産地消の言葉を聞いて久しい。で、地産地消の範囲はどこまでなんだろか?目の前の畑と言いたいけれど、東京都区内であればそれは無理。そこで広範囲に関東と考えると、これがまあ、びっくりするくらいの実力県揃い。農業だけでなく、漁業、畜産、林業でも頑張ってくれている。特に茨城県と千葉県の実力は大したもので、東京はこの2県に食べさせてもらってるようなもん、そう言い切っても過言じゃないと思う。この表は農林水産省 [続きを読む]
  • 西の国から
  • 給食で初物を口にする。いやらしい話だけど、実際にある話でして、今時期だとスイカがまさにそう。不思議なものでちょっと暑いな、暑くなったなと肌が感じるとスイカが美味しそう!食べたい!となるのだから人体の不思議、脳みそのミステリーだろか。スイカは英語ではWaterMelon漢字では西瓜なんでも日本語変換しちまえば、「水メロン」となる英語は笑っちゃうけど、西瓜?西ってどこだよ!なんでもいちゃもんつけたいおたぬきは、 [続きを読む]
  • そっと戻す
  • 替え時、はどんなものでもあるもの。料理関係であれば、鍋、フライパン、皿、そして箸などなど。給食の箸は木製を使っていて、時期が来ると取り替える。先日、倉庫をガサガサしてたら新しい箸が少しだけ在庫としてあった。そして驚くおたぬき。なぜって、今使っている箸とあまりにも色が違うこと。使って洗って乾燥させる。この繰り返しだから使用感満載になるのは当然といえば当然。しかし、並べてみたら、あーらごめんあそばせ、 [続きを読む]
  • 0.1%
  • おたぬき父ちゃんのルーツは、四国のど田舎の小さな農家。毎年、夏休みはおたぬき爺ちゃん婆ちゃんを訪ねて行ったのを覚えてる。典型的な農家の家の作りは楽しく、田んぼの中に入れば思った以上に水が冷たく、畑では形の悪いナスやアンタ誰?と聞くくらいでかくなったキュウリなど、発見が日々あった。田んぼの畔(あぜ)には紫蘇とともになんだか訳のわからない草がいくつかあった。その草の1つがゴマだった。畔に植えるというか [続きを読む]