ZONO さん プロフィール

  •  
ZONOさん: adajio
ハンドル名ZONO さん
ブログタイトルadajio
ブログURLhttp://bondofjan0530.blog64.fc2.com/
サイト紹介文子連れ海外旅行、国内旅行、キャンプなどを中心に2011年9月生まれの息子との日々の記録。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供42回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2010/09/01 06:50

ZONO さんのブログ記事

  • 秋に会いましょう
  • 去年の秋から資格取得のために学校に通い始めて早約1年。まだ3ヶ月の「実習」が残っているけれど、この9月で「授業」は終わりとなった。 先は長いなーなんて思っていたのに、いざ走り出したらやっぱりあっという間。とにかく出席が大事なので、子育てしながらの通学、本当に大丈夫かな。そんな不安も抱えつつのスタートだったけれど、幼稚園の行事などでどうしても授業に出られない時は週末の授業に振り替えさせてもらったりもし [続きを読む]
  • 夏の思ひ出と6歳
  • 幼稚園最後の夏休み。セガレは7月の終わりから2週間弱を関西で過ごし、関西から東京に戻ってすぐに一週間旅行に行ったので、東京で過ごしたのは夏休みのはじめと終わりだけだった。わたしが授業の日は(不本意ながら?)幼稚園の預かり保育に行き、わたしが休みの日は二人で図書館に行ったり、虫捕りカゴとあみをもって公園に行ったりと、近所をぶらぶらして過ごした。去年にも増して虫捕りがブームなセガレは虫がいればどこでもわ [続きを読む]
  • 34の夏
  • 気がつけば、明日から9月だ。ここのところ口癖のようになっている“あっという間”だけれど、やっぱりこの夏もあっという間だった。セガレを一週間預けるために行ったり来たりした(ちょっぴり大変だった)帰省の最後には、大学の友人たちとの旅行にも行くことができた。卒業して10年ちょい、出産やら引越しやら、実行できない年もあったけど、なんだかんだで続いているこのメンバーでの旅行。わたしにとってはありのままの自分 [続きを読む]
  • 世界toつながる
  • 今通っている学校にとても大好きな先生がいた。わかりやすくて面白くて、授業は大変なりにも楽しかった。しかし主要な勤め先(大学)の春からのカリキュラムの都合で、今年の3月いっぱいで辞めてしまって4月から別の先生が教えてくれることになった。いろいろある科目の中でも、とても重要なものだったので、(まぁどれもそれなりに大切なのだけれど、特に重要な科目だった。)もう本当にショックだった。ところで、その先生は本 [続きを読む]
  • サーイナムライ
  • 去年の春セガレと二人でタイとラオスを訪れたとき→(※)帰ってきて本当にすぐにラオスが恋しくなった。タイのチェンマイも大好きでとても楽しかったはずなのに、この旅のメインはわたしの中で確実にラオスのルアンパバーンだった。帰国後間もなくラオスと日本の国交樹立60周年を記念して、ラオスとの映画がつくられていることを知って、そのことはぽっかり空いたわたしの心の穴をほんの少し埋めてくれたような気がした。その年の [続きを読む]
  • 紫陽花
  • 家の周りに紫陽花がたくさん咲いている。あまり意識していなかったのかもしれないけれど、こんなにそこら中で見かけるもんだったっけ?前住んでいたところはそうでもなかった気がするのだけれど・・・、と思ってしまうくらいあちらこちらに本当にたくさん。今年は白の紫陽花にものすごく心惹かれる。うちにも紫陽花が咲いたらなぁなんてお庭もないのにそんなことを妄想しながら人様の家の紫陽花を眺めている。さて、今年ももう半年 [続きを読む]
  • bibliophile 4
  • セガレが年長になって間も無くハマっていた本。(あ、勿論彼は全然自分で読む気なしで相変わらず読み聞かせで。)1〜20まであるこの本、6月ごろにようやく読破。わたしとしては途中飽きてきたりもしたけれど、宝物とか、冒険とか、そういう響きは男子のロマンなんだろうな。とにもかくにもやっと次の本へ進むことができたのたった。我々親子の次のヒットは『またたびトラベル』。そしてその続編に『招福堂のまねきねこ』というのが [続きを読む]
  • ワールドキッチン
  • 市の国際交流協会でやっている子どもお料理教室。参加3回目となる今回は、イタリアからの留学生のお姉さんにパスタとヨーグルトケーキの作り方を教えてもらった。わりと小さい頃からセガレに料理を時々なんとなく手伝わせるようになり、・・と言っても最初は野菜を洗ったりちぎったりが主だったけれど、4歳の誕生日にわたしの友達が子供用のお料理セットをプレゼントしてくれて、my包丁やmy皮むき器、myフライ返しやmyおたまな [続きを読む]
  • 畑はじめました。
  • 今住んでいるところは近くに畑が沢山あって、引っ越してきたばかりのときにビックリしたのは畑前の道端にコインロッカーのようなものがあり、なんだろうと思っていたら、お金を入れて野菜を買えるようになっていたことだったり。畑は市民が区画ごとに借りられるところも結構沢山あって、その使用料がこりゃまたかなり良心的なのだ。畑を借りて野菜作り、興味はあるもののいかんせんわたしにはノウハウがない。広すぎるベランダで何 [続きを読む]
  • ディズニー2DAYS
  • 5月の一大イベント!日曜日+運動会の代休(月曜)で1泊2日 ディズニー旅行へ。東京にいる間に一度は連れて行ってあげたいと思っていたディズニー。でもなー土日なー人多いやろなー並ばなあかんやろなーと思うとなかなか踏み切れなかった。しかしセガレの運動会をはるばる大阪から見に来てくれるという母が5月の連休過ぎてからの日曜日はマシちゃう?ということで提案してくれて、母とセガレと3人で1日目(日曜)ディズニー [続きを読む]
  • しがつのこと/201704
  • 引き続き春休み。4・1に名古屋にオープンしたレゴランドに行きたい!!と思いつつも、行けるはずもなく・・・。(しばらくは混雑するのかなぁ。)今回はお台場にあるレゴランドディスカバリーへ。おととしの春に行ったセガレとの二人旅。やっぱり今でもセガレの記憶に強く残っているのはマレーシアのレゴランドらしい。今でも「レゴランド行きたい。」と時々言うのだ。(わたしだって行きたいわっっっ)車を作って走らせるコーナー [続きを読む]
  • さんがつのこと【後編】/201703
  • 久しぶりにセガレが絵本の家で木工クラフトを作って持ち帰った作品。タイトルは「ほしをみるひと」とのことでなかなか個性的な作品・・・・。相変わらずものづくりが好きで、作業に没頭しだすとものすごい集中力だ。年中の終わり頃から幼稚園で流行り出したのがコマで、彼らはそれをなぜか「ベイゴマ」と呼ぶ。どのへんが「ベイ」なのかはいまいちわからないけれど、たぶん小学生がやっている「ベイブレード」なるものに誰かが触発 [続きを読む]
  • さんがつのこと【中編】高尾山へ/201703
  • 東京に引っ越してわりとすぐ、高尾山を訪れたのだけれど、よく知らずにいったわたしは、紅葉の季節+三連休の真ん中というとてつもなく人の多い時期に行ってしまい、そしてその人の多さは想像を絶するものだったので、山歩きをする気になれずに観光がてら駅付近を散歩し、そばを食べてミュージアムをのぞいて退散したわけだけれどまた近いうちに訪れてみようと思ったのだった。思いながらも1年以上たってしまったわけだけれど、今 [続きを読む]
  • さんがつのこと【前編】/2017013
  • 素敵なお土産を持って会いに来てくれた一家。なんとなんとトトロのシュークリーム。こんなのあるんだね。ぜんぜん知らなかった!なんとか3月。大雑把な記録ながらももうすぐリアルタイムに追いつけそうな予感。会って早速おやつタイムをしたあとはこちらへ!母が来たとき、義父母が来たとき、そして今回、と3回目になるジブリ美術館だけれど、去年の夏にリニューアルされて以降行っていなかったのでとても楽しみにしていた。定期 [続きを読む]
  • いちがつのこと/201701
  • まさかこの季節にこんな写真をアップするなんて・・・!前回書いたとおり、年明け以降の記録を遡ってポツポツと。そんなに沢山撮っていたわけではないのでさらっと残しておこうとおもう。お正月のおせち。夫の実家にて。ここ数年は年末に自分の実家、年明けは夫の実家で、と決めている。義母のおせちがとにかくおいしいからだ。(母ひとみちゃん、スマン・・・。)わたしは昔からおせち好きではなかったし、我が実家は3日ぐらいだ [続きを読む]
  • にがつのこと/201702
  • 幼稚園の帰り道、『あーでっかいオムライスやぁ!』と言って突然ねころびだしたセガレ。これがまためっちゃ服に付く草で。。。節分。私の歳の数分を出して並べてくれるセガレ。試写会→(※)帰り、昼食のお店を探してさまよう神楽坂。路地裏散歩好きにはたまらないところだけれど雨が降ってきてさっさと天丼食べて退散。。1月に続き2度目の上野。留学生→(※)とご一緒した東京国立博物館。ほとんど大人の趣味に付き合わせた感じ [続きを読む]
  • 大変な春
  • ここ数週間にいろいろなことがあった。学校でとても仲良くなった友達が関西に引っ越すことになってお別れをした。もともとお互い関西出身というところで出会った日からすぐ打ち解けて、それからやっぱり同じ夢を抱いているということも大きいのだろうけれど、彼女とはあっという間に仲良くなった。だからご主人の転勤で引越しが決まったと聞いたときは本当にショックだったし、お別れの日、もうひとりの友達と3人でベトナム料理を [続きを読む]
  • 世界のともだち
  • 今住んでいるマンションはエレベーターをおりていちばん奥にある。1年半前に引っ越してきたときは隣には誰も住んでおらず、右隣は壁、左隣は無人、建物の最上階なので上もいない。という、子持ち世帯としてはかなり気楽な状態だった。挨拶の品物はなんとなく3つ用意していたので、左隣の隣、下(←これ重要)、そして斜め下に挨拶に行くことにした。何度か引越しはしているけれど、やっぱりこの引越してきました〜の挨拶はなんと [続きを読む]
  • そんな春休み
  • 気が付けばまた少し間が空いてしまったけれど、年が明けてからもやっぱりものすごいスピードで日々が過ぎてゆき、3学期は一体なんだったんだ!と思うほどあっという間に終わり、セガレの幼稚園は春休みに突入。わたしの学校も1科目をのぞいてはまとめテストが終わり、新学期までの約2週間は週1の通学となり予習復習課題テスト勉強・・・という日々から束の間ながら解放されて、ひと段落といったところだ。とは言えまだ1科目の [続きを読む]
  • おもてなしのこころ
  • 旅先で親切にしてもらったことはおそらく数え切れないほど。それは海外だけでなく国内でも。数々の親切や笑顔やおもてなしに出会ったはずなのに、旅のブログやphotobackで作っている本に記録できていないものに関しては特に、そのひとつひとつを思い出すことは、残念ながらできない。けれどもとても印象に残っているのはヨルダンでのこと。→(※)一人ではじめてヨルダンにおりたった日。出発前、母から『夜は出歩かないように。』 [続きを読む]
  • 映画記念日
  • このブログではちょくちょく観た映画のことなんかも書いてきたけれど、・・・とか言ってみたいなぁと思ったら過去3回しか映画のこと書いてなかった。めっちゃ貴重やん。その3記事。→映画TRIP→ベトナムの風に吹かれて→青空そんなわけで久しぶりの映画の話。子供の頃、アニメではなく且つ、洋画というものをはじめて観たときのことをなぜかよく覚えている。わたしの実家の隣にはあきちゃんという10個か、それ以上か、とにかく [続きを読む]
  • 二股か三股か
  • 料理ブロガーの山本ゆりさんのsyunkonカフェごはんが好きだ。岸和田に住んでいた頃、よく書店でこの本を見かけた。「カフェごはん」ってよくありそうな類の本だし、目を凝らすほどでもないと思い、syunkonに至ってはなんて書いてあるかも気に留めなかったほどこの本をスルーしていた。しかしそんなある日、母から突然郵便が届いた。母から何か届くときというのは大抵事前連絡がある。それなのにこの時は本当に予告なしだったので、 [続きを読む]
  • 2017年 ご挨拶と報告となんやかんや
  • 雪の日があったり、青い日があったり、残しておきたい2016年の記録もまだぜんぶ記せていないけれど、とりあえず先に新年の挨拶をさせてください。遅ればせながら、あけましておめでとうございます。さてさて、家族や大好きな友達に会えて、楽しくて幸せな時間を過ごすことができた年末年始の帰省はあっという間に終わって、気が付けばもう1月も終わり。。本当に、本当に毎日があっという間だ。2017年を漢字一文字で表すと [続きを読む]
  • 夜の美術館
  • デトロイト美術館展in上野の森 へ。12月ということもあってクリスマス仕様。とりあえず普通にシャッターきったあと、やっぱり普通に撮るだけじゃつまらない!ってなるのがカメラ女子たち。そう、このデトロイト美術館展は(日によりけりだったそうなのだけれど、)この日は写真撮影OKの日だったのだ。ピカソ、モネ、ゴッホ、マティスなどなどめちゃ有名な画家の作品が並んでおります。美術館で作品撮ってもいいなんてなかなか無 [続きを読む]
  • それなりに七五三
  • 8月の終わり、幼稚園のママさんたちとの会話で七五三どうするー!?という話になってようやく「あ、七五三・・・。」ということに気がついたわたし。いや、それ以前に何度か脳裏をよぎったことはあったけれど、考えるのを後回しにしていた。近辺に詳しいお友達のママさんにいくつか神社を教えてもらったものの、祈祷とか予約要りそうやし、もう普通にお参りだけしに行こうとおもっていた。(いや、予約しろよ。笑)しかし10月頃 [続きを読む]