bookwarm さん プロフィール

  •  
bookwarmさん: 読書感想文 3行で斬ります
ハンドル名bookwarm さん
ブログタイトル読書感想文 3行で斬ります
ブログURLhttps://book-reading-3lines.blogspot.com/
サイト紹介文最近、読んだ本の感想を3行だけで書きます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供54回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2010/09/02 16:41

bookwarm さんのブログ記事

  • めったに見られない瞬間!
  • ナショナル ジオグラフィック (著):めったに見られない瞬間!,二見書房 (2017/4/26)ナショナル ジオグラフィックのカメラマンの選りすぐりの写真.怪奇現象,生命の神秘,ふしぎな空間,奇妙なお宝,その一瞬!,という項目に分かれていますが,どれもこれも迫力満点!これはすごい!すごすぎる! 詳細はこちらから [続きを読む]
  • 1分間英語(イングリッシュ) リスニング編
  • 岩村 圭南 (著):1分間英語(イングリッシュ) リスニング編,アルク (2016/7/22)リスニング力を鍛えることを目的に,100場面の会話や独り言,そしてリスニングテスト,解説から構成されています.音声はネットからダウンロードして聴くことになります.一場面に対して1分間の音声を聴くことができます.掲載されている言い回しはごく普通のもの.もうちょっといろいろな言い回しがあってもよかったかな? 詳細はこちらから [続きを読む]
  • 「幸せ」について知っておきたい5つのこと NHK「幸福学」白熱教室
  • NHK「幸福学」白熱教室制作班 (著):「幸せ」について知っておきたい5つのこと NHK「幸福学」白熱教室,KADOKAWA / 中経出版 (2014/12/24)今年読んだ本の中では一番良かったと思います.「幸せは心の持ちようではなく,行動で決まる」というのはとてもインパクトのある言葉.そして,その行動とは,...・人との交流・つながり,・親切と感謝,そして,・雑念を断ち切り,目の前のことに集中すること. 詳細はこちら [続きを読む]
  • 独学プログラマー Python言語の基本から仕事のやり方まで
  • コーリー・アルソフ (著), 清水川 貴之 監訳 :独学プログラマー Python言語の基本から仕事のやり方まで,日経BP社 (2018/2/24)Pythonのプログラミングの解説から始まって,バージョン管理,アルゴリズムなど,さらにはIT分野での働き方まで,内容は多義にわたっています.この点で,他のプログラミング入門書にはないユニークさがあって,面白いと思います.ただ,プログラミングがまったく初めての読者には,話についていくのが [続きを読む]
  • 友だち幻想 (ちくまプリマー新書)
  • 菅野 仁 (著):友だち幻想 (ちくまプリマー新書) , 筑摩書房 (2008/3/6)中高生や教育に関わる人が主な対象だと思います.つながりを求め,異様なほどつながる.そのつながりに息苦しさを覚え,悩み,傷つく...それが今のSNS社会だと思います.それに対して,本書は人とのつながりに適度な距離感覚が必要と説いています.書いてあることは当たり前のことかもしれませんが,今の時代が必要としていることなのでしょう.それが, [続きを読む]
  • 英単語の語源図鑑
  • 清水 建二 (著), すずき ひろし (著), 本間 昭文 (イラスト):英単語の語源図鑑,かんき出版 (2018/5/25)英単語を構成する「語根」「接頭辞」「接尾辞」が何を意味するか,そして,それをもとに英単語の本来の意味を図を使って解説する本.なかなか面白い!英単語の見方がこれまでと違ってくる.初めて見る英単語でも,語源から何となく意味を推測できるかもしれないという気になります. 詳細はこちらから [続きを読む]
  • かぴばら (IWAGO'S BOOK 5)
  • 岩合 光昭 (著):かぴばら (IWAGO'S BOOK 5),クレヴィス (2018/8/5)岩合さんの撮った野生のかぴばら。動物園で見るかぴばらもカワイイが,野生のかぴばらもカワイイです.頭の上に鳥が乗っても我関せず.ワニが目の前にいても我関せず.ある意味,すごい生き物だなと思います. 詳細はこちらから [続きを読む]
  • 60分でわかる! IoTビジネス最前線 (60分でわかる! IT知識)
  • IoTビジネス研究会 (著):60分でわかる! IoTビジネス最前線 (60分でわかる! IT知識),技術評論社 (2016/10/22)IoTでどんなことができるかや,IoTビジネスに参入するにはどうすればよいか,IoTでどのような技術が使われているか,などについて解説した本.技術的な話は概要だけです.見開きの2ページで一つの項目を解説していて,左ページが文章による解説,右ページは図・写真になっています.すらすら読めますが,60分で理解 [続きを読む]
  • ネコロジー アドラーと猫の心理テスト
  • 清田 予紀 (著), 南幅 俊輔 (著):ネコロジー アドラーと猫の心理テスト,主婦と生活社 (2016/8/5)なかなかユニークな本.猫の写真を見て,猫が何をしよとしているかや何を考えているかを答えて,それをもとに回答者の心理を分析するという本.猫の写真をじっくり見て回答すると,その猫がほんとうに何をしようとしているかを推測することになってしまい,心理テストにならなくなってしまうと思います.写真をぱっとみて,自分の心 [続きを読む]
  • 大学4年間のデータサイエンスが10時間でざっと学べる
  • 久野 遼平 (著), 木脇 太一 (著):大学4年間のデータサイエンスが10時間でざっと学べる,KADOKAWA (2018/3/29)プログラミングやアルゴリズムから機械学習まで,本書で取り扱う範囲はかなり広い.それを200ページ余りの本で扱う訳ですから,とうぜん一つ一つの項目の解説は薄くなってしまっています.まさに,本書のタイトルにあるように「ざっと学べる」という感じ.巻末には参考文献がたくさん挙げられているので,「しっかり [続きを読む]
  • ターシャとコーギ
  • ターシャ・テューダー (著),食野 雅子 (翻訳):ターシャとコーギ,KADOKAWA (2008/2/29)短足で真ん丸お尻が可愛いコーギー犬,私は大好きです.思わず本書を手に取ってしまいました.ターシャの名前は知っていましたが,どういう人なのか,正直,よく知りませんでした.「ターシャの庭」は知っていたので田舎で暮らすnaturalistかと思っていましたが,ウィキペディアによると,「絵本画家・挿絵画家・園芸家・人形作家」なんで [続きを読む]
  • 1分間英語(イングリッシュ) スピーキング編 (アルク・ライブラリーシリーズ)
  • 岩村 圭南 (著):1分間英語(イングリッシュ) スピーキング編 (アルク・ライブラリーシリーズ) ,アルク (2016/7/22)1つのレッスンを1分間で練習します.音声データはネットからダウンロードできるので,これを使えばリスニングとスピーキングの両方を練習できます.100レッスンあって,1レッスンあたり3つのフレーズがあるので,合計300フレーズ.もうちょっと欲しいところ.第2弾をぜひ出していただきたい!著者の岩村 [続きを読む]
  • 人は「感情」から老化する―前頭葉の若さを保つ習慣術 (祥伝社新書)
  • 和田 秀樹 (著):人は「感情」から老化する―前頭葉の若さを保つ習慣術 (祥伝社新書),祥伝社 (2006/10/1)意欲,気力,自発性がない,怒りなどの感情がいつまでも持続してしまう,すぐにかっとなる,一つのことに固執して柔軟性がなくなる,などが感情の老化.この感情の老化を防ぐことが重要で,そのための様々な方法が本書で解説されています.高齢になってもお金の心配はないとか,1年に一回は100万円の買い物をするとか, [続きを読む]
  • ミライの授業
  • 瀧本 哲史 (著):ミライの授業,講談社 (2016/7/1)ミライを変革するための5つの法則を挙げ,世界を変えた19人の偉人たちを例に,各法則を説明しています.そして,この法則をもとに,20人目の変革を起こすのはあなただと説いています.読者に14歳の中学生を想定しているので,とても平易に書かれています.もちろん,大人が読んでも十分楽しめます.良書だと思います. 詳細はこちらから [続きを読む]
  • あなたに出会えたこと―一行から始まる物語
  • あなたに出会えたこと―一行から始まる物語,ホノカ社 (2004/04)俳句や短歌でもなく,詩でもなく,語尾をそろえた短いフレーズが並ぶ.統一したテーマがあるわけではなく(あるのかもしれないが,私にはよく分からなかった),ひたすら短文が街路樹のように続く.ところどころで心に響いてくる.一文一文,噛みしめればもっと響く.既定の分野にとらわれないこんな世界もあるのか. 詳細はこちらから [続きを読む]
  • 地中海の猫
  • 岩合 光昭:地中海の猫,新潮社 (2000/11/1)地中海6ヶ国の猫の写真集.スペインの猫はフラメンコのダンサーのようにスタイルがいいし,トルコのワン湖の猫はなんとなくイスラム風だし,国によって猫も違っていて面白い.他の写真家も猫の写真集を出していますが,猫があまり綺麗でなかったり,表情がなかったりします.それに比べて,岩合さんの写真では,野良猫でも綺麗な顔をしていたり,愛嬌があったりします.この違いは何な [続きを読む]
  • 人生を変えるスティーブ・ジョブズ スピーチ
  • 国際文化研究室 (編集):人生を変えるスティーブ・ジョブズ スピーチ,ゴマブックス (2015/1/30)アップル社の創業者の一人,スティーブ・ジョブズの名言とその背景にあるストリーを紹介した本.最後にはスタンフォード大学で行ったジョブズの有名なスピーチが全文載っています.なかなか良い本だと思いましたが,難しい英単語などの解説があるともっと良かったかな?和訳はかなり意訳で,大胆な和訳の省略もあります.アポストロフ [続きを読む]
  • みんなでつくるAI時代 これからの教養としての「STEAM」
  • 伊藤 恵理 (著):みんなでつくるAI時代 これからの教養としての「STEAM」,CCCメディアハウス (2018/3/1) 本書のサブタイトルにあるSTEAMという言葉はscience(科学)、Technology(技術)、Engineerring(工学)、ART(芸術),Mathmatics(数学)の頭文字を取ったもので,欧米では,科学的教養を身に付けるため,このSTEAM教育に力を入れているそうだ.本書は,著者の専門の航空管制のAI(かなり広い意味でのAIです.AIの専門家は違和感を [続きを読む]