日本まらずもう協会 さん プロフィール

  •  
日本まらずもう協会さん: まらずもうブログ
ハンドル名日本まらずもう協会 さん
ブログタイトルまらずもうブログ
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/ohnomatsu/
サイト紹介文大相撲の開催期間にあわせて、朝まらの状態を競っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供276回 / 365日(平均5.3回/週) - 参加 2010/09/01 23:35

日本まらずもう協会 さんのブログ記事

  • 幕内の結果(九日目)
  • ○毛呂乃(8−1) みんなで玉を奪い合い、玉を蹴り合うというワールドカップが終わり、優勝を決めた瞬間、男同士が抱き合って喜ぶ毛呂乃興奮の場面に「フランスが優勝 5大会ぶり2回目」とのテロップがついたことに「相変わらず意味不明な字幕」とご立腹。 優勝したことではなく、優勝を理由に男同士で抱き合える状況をより詳しく説明すべき、ということらしい。画面では抱き合う男2人の上半身のみが大写しされ、密着した下半身 [続きを読む]
  • 幕内の結果(八日目)
  • ○毛呂乃(7−1)「今日はびっくりするほどの起ちっぷり」。どんなに勃っても驚かない毛呂乃が驚くほどの勃ちっぷりで、もはや想像を絶する状態。熱を持った柱が屹立したとあって、全国に熱を放散、今年最高の暑さを記録した。「薬物使用した記憶はないんですが」とあくまで自然の力だけでの勃起を主張。毛呂乃も驚く大勃起、これはもはや放送禁止、どんな状態なのか、とても伝えられない。○玉椿(3−5) 「あれ? 勝ってたよ [続きを読む]
  • 幕内の結果(七日目)
  • ○毛呂乃(6−1) きょうは東京でも36度、毛呂乃の摩擦熱の影響だが「36度?体温的には平熱ですね」と平然。本来精子は熱に弱く、そのために体外に玉袋が露出しているのだが、日頃から擦っている毛呂乃にとっては暑さなど問題ないようだ。猛威をふるう毛呂乃は1週間足らずで大相撲にも大惨事をもたらす。大相撲では3横綱全員が休場に追い込まれ、新大関の栃ノ心までも毛呂乃の「今朝はお休みです」の一言を受け、朝、休場を発表 [続きを読む]
  • 十両以下の結果(七日目)
  • ○蒼狼(5−2) 「いろいろめんどうくさいがたいへんになりました。仮想通貨も上がらないし、、さいあくです」と私生活では苦労しているようだが、それとは反比例するように、まらのほうは5連勝と絶好調。私生活とまらの調子が反比例するようなら、このままどんどん不幸になればよい。<三段目>●播潟(2−2) 東京は36度というとんでもない暑さで、播潟も「……暑いです」と相撲にならない。これで2勝2敗の五分。今月は暑い [続きを読む]
  • 毛呂乃、通算500勝を達成。
  •  まらずもう名古屋場所六日目、毛呂乃理事長が突き出しで5勝目を挙げ、史上2人目となる通算500勝を達成しました。__________・通算勝利数ランキング(本日正午報告分まで)1玉椿558勝2毛呂乃500勝3汚痔376勝4蒼狼305勝5摩羅の川290勝___________― 通算500勝、おめでとうございます。(毛呂乃)「なんでそんな記録しっかりかぞえてるんですか!」― ここまでの歩みを振り返って、感慨のようなものはござ [続きを読む]
  • 幕内の結果(六日目)
  • ○毛呂乃(5−1) 今日も勝って通算500勝を達成、節目となる大記録に記者団に囲まれたが、「なんでそんな記録しっかり数えてるんですか!」とご立腹。500勝なんて「そんな記録」に過ぎず、毛呂乃にとってはなんの価値もない。勝って騒がれるなど心外で、「そもそも勝ちが前提だって!」と怒りは収まらない。取り囲んだ記者たちを「なんですか!」と一喝、「勝ち確定にオナってるし!」といつも通り、勝利を決めて自慰にふけってい [続きを読む]
  • 幕内の結果(五日目)
  • ○毛呂乃 (4−1) 「今朝は撫ぜか・・・」とやさしくそっと撫ぜるだけだが、それでも「しっかり勃ってましたよ」と自慢げ。勃った後の予定は、「召すらしい」とお召し上がりの一人フェラ開始。記者団から「7月12日は国連が「すべてのこどもに教育を」というのを啓蒙するため制定した「マララ・デー」らしいです。毛呂乃関が考える理想の性教育についてお聞かせください」とたずねられ、「人命じゃないの!」と即答。人命優先 [続きを読む]
  • 幕内の結果(四日目)
  • ○毛呂乃(3-1) 「今日はすごく、磯野が自慰で・・・」磯野家の自慰姿を見て興奮。カツオかと思いきや、「好き、爺をよ」とのことで、やっていたのは波平。波平相手に欲情して見せる胆力はさすがとしか言いようがなく、まっすぐ、ガチガチにそそり立つ。その姿はまさに「無比!」波平の尻を貫くことしか考えていない、といわんばかりのまっすぐな勃起に、「曲がーりません!」と得意げ。今も、入れてからもまったく曲がることな [続きを読む]
  • 幕内の結果(三日目)
  • ○毛呂乃(2-1) 「今日は朝ね、棒シコったのでスッキリです」と晴れやかな表情。一億総フェラで満足したのか、「下半身はすっかり元通りです」。いつもの大きさに戻って堅実な勝利。序盤でハンデ1となったのは展開上ちょうどいいのかもしれない。はやくも尻を追いかける展開となった毛呂乃、ここから本領発揮。●玉椿(1-2) 昨夜は夜勤、職場の休憩室での取組となったが、そんな悪条件では勝てるわけがない。本人も「まあし [続きを読む]
  • 十両以下の結果(三日目)
  • ○萬海(1-1) きのうは世界遺産にもなっているスリランカの聖地・アヌラダプラを訪れた萬海。七夕のように願い事を短冊に書いて菩提樹に吊るすという習慣があるらしく、まらずもうの必勝祈願。願いが通じたのか、けさは爽快に勝利。●播潟(1-1) 「暑くて調子があがりません」とふがいない相撲であっさり黒星。夏はつらい。 [続きを読む]
  • 幕内の結果(二日目)
  • ●毛呂乃(1-1) 「けさのちんぽの状態はどのようになっておいでですか?」と聞かれ、「透明らしいですよ!見えませんよ?」と衝撃発言。確かに毛呂乃の股間に、あるべきモノが・・・見えない。体積が増えすぎると密度が薄くなって透明になる。たとえば水は体積が1244倍になったあたりで水蒸気になる。今朝の毛呂乃、体積が大きくなりすぎて透明になってしまったようだ。しかし、立っているのが見えないことには勝ちとは言え [続きを読む]
  • 幕内の結果(初日)
  • ○毛呂乃(1-0) 「昨日は推しの子としてたのであっという間に終わりました」。お気に入りの子相手とあって昇天もあっという間だったようだ。「今朝は目覚めも「ママ〜」って感じで赤ちゃんプレイですが、下半身はオトナ。叱ったですよ」。推しの子相手に赤ちゃんプレイをしようにも、下半身だけはオトナそのものでむくむくと起き上る。赤ちゃんらしからぬ姿でプレイを台無しにする下半身を叱りつけ折檻すると、その刺激でさらに [続きを読む]
  • 十両以下の結果(初日)
  • ●萬海(0-1) スリランカ情勢も落ち着いてきたようで、さいきんはスリランカ各地を忙しく動き回っている萬海。仕事に忙殺されてまらずもうの報告どころではないのでは……と心配もされたが、初日からきちんと報告。相撲そのものは負けてしまったが、今場所はひさびさに元気な萬海が見られるかもしれない。○播潟(1-0) 「おはようございます。今場所は奇数日に土俵にあがります」と播潟。西日本は記録的な大雨になっているい [続きを読む]
  • 平成三十年名古屋場所星取表
  • 幕内理事長毛呂乃○●○○○○○○○○9勝1敗東大関玉椿●○●●○●●○●●3勝7敗東関脇金精山○○●○○○●○○7勝2敗十両西13蒼狼●●○○○○○●5勝3敗幕下   該当力士なし   三段目東23萬海●や○1勝1敗西29播潟○や●や○や●やや●2勝3敗序二段西108明烏0勝0敗序ノ口   該当力士なし   __________・あいかわらず玉椿邸のネットの接続環境(WiMAX)が非常に悪 [続きを読む]
  • 初日協会御挨拶
  •  壇上に上がるなり「姿消していいですか」といきなり謎の発言をする毛呂乃理事長。観客は理事長の真意をつかめず「え? なに?」と不思議そうな表情。そこに理事長がやおら「透明!」と大きな掛け声をかける。すると理事長のまらが透明になってしまった。クリスタルのように涼しげに美しく透き通るまら。たんに美しいだけでなく、透明にすることで行為中に直腸の内部をじっくり観察できるなど、視覚的な刺激も強くなるという [続きを読む]
  • 名古屋場所の見どころ
  •  1年で最も過酷な名古屋場所が今年もやってくる。湿度と高温に悩まされ、常人であればとても勃っていられないこの季節、鍛え抜かれた力士たちにとってもこの場所を乗り切るのは至難の業。過去何人もの力士がこの季節に躓き、星を落としていった。 過去に開催された5月場所の総成績は606勝263敗、勝率.697。15日制に換算すると力士たちは平均10.5勝を挙げている。それがたった2か月後の7月場所では551勝325敗勝率.943、平均9.4勝 [続きを読む]
  • 玉椿理事の名古屋場所展望
  • ― きょうは玉椿理事に名古屋場所の見どころを伺いたいと思います。よろしくお願いいたします。(玉椿) 「あーどうも。それにしても暑いね」― この暑さ、相撲内容にも影響するのでしょうか?(玉椿) 「そりゃそうだよ。暑ければ日中も疲れがたまるし、夜も眠りが浅くなるし、まらずもうにとって厳しい季節だよ。みんな成績を落としがちだね」― 厳しい状況のなか、玉椿関の綱取りや、金精山関の大関とりがかかっていま [続きを読む]
  • 名古屋場所の抱負(金精山)
  • ― いよいよ大関とりに挑む、関脇・金精山関にお話をうかがいます。よろしくお願いします。(金精山) 「(いつものように全裸で登場)お願いします!」― 大関とりがかかる大事な場所です。本場所を迎えるにあたって、現在はどのようなお気持ちでしょうか?(金精山) 「大関とりとかあまり考えていないっすね。満足のイクまらずもうを取ることが自分の目標なんで」― 名古屋はさいきん名古屋城本丸御殿が再建され、非 [続きを読む]
  • 名古屋場所の抱負(玉椿)
  • ― きょうは玉椿関に話をききます。(玉椿) 「どーも」― いきなりですけど、今場所の場所前のあおり記事、ちょっと手抜きがひどくありません?(玉椿) 「まじすまん。夜勤で寝てなくて、頭まわらん。記事書くより睡眠時間を優先したい。寝たい」ー 例年、この時期は夜勤やってるでしょ。いつも以上にひどい気がするんですが。(玉椿) 「暑くて、熟睡できなくて、ぼーっとしとる。後頭部がぼんやり熱をもってるかん [続きを読む]
  • 名古屋場所の抱負(毛呂乃)
  •  きょうは、毛呂乃理事長のお話をうかがいます。__________― さいきん大阪の地震や九州の噴火など、天変地異が続いていますが、毛呂乃関のちんぽには異変は見られますか?(毛呂乃) 「最近朝立がひどくて」― 『ひどい』っていうのは勃起してない、ってことでしょうか?(毛呂乃) 「すべてを逆にとらえる 天邪鬼か!」― やはり勃起が激しいと。― 今場所は名古屋場所。名古屋といえば金のしゃちほこが有 [続きを読む]
  • 名古屋場所の抱負(播潟)
  • ― きょうは三段目・播潟さんにお話をうかがいます。よろしくお願いいたします。(播潟) 「よろしくお願いいたします」― それにしても暑いですね。暑さ対策などはどのようになさっていますか?(播潟) 「エアコンかけてます」― まらの調子のほうはいかがでしょう?(播潟) 「ふつうです」― 日常生活でかわってことなどはありますか?(播潟) 「ないです。いつもどおりです」ー いま、サッカーのワールド [続きを読む]
  • 大相撲力士とまらずもう力士の地位対照表
  •  まらずもう力士が大相撲の番付でいえば誰くらいに相当するのか、表にしてみました。地位まらずもう大相撲理事長毛呂乃(けろの)八角親方(はっかくおやかた)東大関玉椿(たまつばき)豪栄道(ごうえいどう)東関脇金精山(こんせいざん)逸ノ城(いちのじょう)西十両13蒼狼(そうろう)翔猿(とびざる)東三段目23萬海(まんかい)朝天舞(あさてんまい)西三段目29播潟(はりがた)漣(さざなみ)西序二段108明烏(あけがらす [続きを読む]
  • 名古屋場所に達成が期待される記録
  • <通算500勝(史上2人目)>・毛呂乃 現在495勝(あと5)<通算250勝(史上6人目)>・金精山 現在238勝(あと12)<通算250敗(史上3人目)>・明烏 現在249敗(あと1)<通算150敗(史上4人目)>・金精山 現在139敗(あと11)__________― 毛呂乃関の通算500勝まで、あと5勝に迫っていますね。(玉椿) 「これはもう達成はほぼ確実だね」― 歴代1位の記録は玉椿関の537勝だそうですが、これを追い越す [続きを読む]