サントーシー さん プロフィール

  •  
サントーシーさん: カレーなる日々
ハンドル名サントーシー さん
ブログタイトルカレーなる日々
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/suntosi2005/
サイト紹介文2009年7月よりインド・ニューデリー在住。インドでの日々を中心に語りながら、日常を記していきます。
自由文前世は南インドのタミルナードゥ州、コインバトール生まれです。
そして・・来世はカニャークマリに転生します。(アガスティアの予言)
インドで人生を全うするために、今を生きています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供367回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2010/09/03 01:17

サントーシー さんのブログ記事

  • ゲディー・カー・ミュージアム
  • コインバトゥールの数少ない名所である。どこに行こうか調べていたところ、偶然ヒットしたのがここ。サーキットの狼世代の私は行ってみる事にした。場所はアビナッシュ・ロードと言うコインバトゥールの中心にある道路沿いなのだが、あまり知られていないのと目立たないので、タクシーに乗りながらキョロキョロして見つけた。コインバトゥールの実業家G・D・ナイドゥは、自動車に対して情熱を持っていたそうで、特にドイツの技術 [続きを読む]
  • 【インドの人々】 〜 クヌール② 〜
  • クヌールの市場、魚屋の隣は肉屋だった。日本でこんな解体現場を見る事はないだろう。グロテスクな画像もあるので、心臓が弱い人は見ない方がいいかも。まずは鶏から・・・・。店頭に丸ごとぶら下がっている、こりゃ何だろ?鶏にしちゃちょっとデカい。山羊?ヒツジ?それにしては色が白いなぁ。ガチョウとかかなぁ・・・。 その裏側に招かれたのだが・・・そこは解体工場の様で、けっこう広かった。次は山羊の頭。そしてこれっ。 [続きを読む]
  • 【インドの人々】 〜 クヌール① 〜
  • クヌールのマーケットも解りにくかった。駅を偵察するためだけに行ったのだが、トイトレインの到着までに時間があったので、暇つぶしにブラブラしていたところ偶然行きついた。まさかこんな所がマーケットになっているなんて思わなかった。この雰囲気・・・・好きだな。買い物をする物を探しやすいとか、買いやすいとか、歩きやすいとかは全くない。なんだか探検しているみたいな感じと言えば解りやすいかな。日本にあるド○・キホ [続きを読む]
  • トマトのような・・・。
  • クーヌールのバススタンドから駅に向かって歩いていたら、橋の上に何か売ってるおばちゃんがいた。見ると・・・見た事もない物が・・・。一見フルーツに見えるけど何だろう?名前を聞いてみたのだがタミル語だと解らない。何とかトマトと言ったように聞こえた。形はナスみたいだけど、トマトの色ではある。上から見ると確かにトマトのようだ。でも下から見ると尖ってるし・・・。 切ってみた!うむむ・・・・トマトのようにも見え [続きを読む]
  • ガバメント・スーパー・マーケット。
  • 私はスーパー・マーケットが好きだ。まぁ嫌いな人は少ないかもしれないが・・・。いっぺんに何でも買えるし、ちょっと安かったり、特売があったりするのも良いところだ。インドにおいても定価であったり、やっぱりちょっと安かったりする事もある。ウーティにもあった。しかも政府のスーパー・マーケットは、インドで初めて見たなぁ。(たぶん)場所はコマーシャル・ロードを真っすぐ行って、クリンジ・カフェの先の左側である。品 [続きを読む]
  • 在外投票に行って来た。
  • 日本では10月22日に行われる、第48回衆議院議員選挙の在外投票に行って来た。 これは海外在住者のための制度で、海外に居ながらにして選挙の投票ができるのだ。昨年末から苦労して3カ月以上も面倒な手続きをして、やっと手に入れた「在外選挙人証」。その苦労の様子はこちら  海外で日本の選挙に投票する。日本での投票日の前、公示日10月10日の翌日から5日間、(10月11日〜15日)9:30〜17時の間、デリ [続きを読む]
  • どうなってるんだブッキング.コム。
  • コインバトゥールのホテルはブッキング.コムで予約して行った。インドのホテルを予約する場合、メジャーな都市であればアゴーダで予約するのが一番安いのだが、マイナーな都市や小さい観光地の場合は、メイク・マイ・トリップやブッキング.コムの方が、圧倒的にホテルの件数が多いからと言う理由である。予約したのは「チャンマ・インターナショナル」と言うホテルだ。コインバトゥールの駅からもそう遠くない立地だった。ウーテ [続きを読む]
  • 【インド映画】 〜 ジュドワー2 〜
  • 「ジュドゥワー」は1997年にサルマン・カーンが主演した映画。そのリメイクなのか、続編なのか?と思っていたがあまり関係なかったようだ。ちなみにタイトルは、そのまんまだけど双子と言う意味。<ストーリー>ムンバイの病院で双子の男の赤ちゃんが生まれる。双子は腕の部分で一つにつながっていたが、手術により分離されていた。その影響か双子は一方の動きと同じ反応をもう一方もするようになっていた。一人は虚弱だった。 [続きを読む]
  • インドでゴルフ、91回目。
  • 干支会のボルフはゴールデン・グリーンと決まっているのだが、たまにはストレスのない綺麗なコースでやろうと言う事になり、ノイダにあるコースへ集合。 このコースでのスコアは安定しており、ゴールデン・グリーンより良い。この日はインドでは珍しい3連休と言う理由で、キャディが少なかった。で、出だしのホールはキャディなしで回った。選挙とかお祭りの日と重なるとこのような状況になるのがインド。コースを横切ってアヒル [続きを読む]
  • ウーティのヒンドゥー教寺院。
  • ウーティのメインバザールを進んで行った右手にある、ヒンドゥー教寺院。南インドのヒンドゥー教寺院らしい、ゴープラムが見える。残念ながら・・・寺院の名前はタミル語表記だったので不明。実は・・・・ヒンドゥー教寺院が、もっとたくさんあるのかと思っていたのだが、町中にはここ一軒だけで全く見かけなかった。やはりキリスト教徒とムスリムが多いのかな。にほんブログ村 [続きを読む]
  • ウーティのジャイナ教寺院。
  • バススタンドを出て真っすぐ進んだ道にあった寺院。残念ながら寺院の名前の表記はなかったが、標準的なジャイナ寺院の形をしている。この寺院の前の辺りに人だかりがあり、何事かと思ったらバスが止まったので、ここからも乗車できるようだ。メインバザールの裏通りにあった寺院。(位置的には一本上の道路)シュリ・バスプジャスワミ寺院。こちらは標準的な建築様式ではなく、色使いとデザインから子供関係の施設のような、寺院じ [続きを読む]
  • ウーティのモスク。
  • ウーティの町中には魚屋も肉屋もあったし、ノンベジのレストランも普通にあった。しかし、ムスリムの帽子を被った男性やブルカの女性は多くは見かけなかったし、祈りの時刻を告げるアザーンも聞こえなかった。大きなモスクはなかったが、小さなモスクはいくつもあったのでまとめて紹介しておく。名前の記載がなかったり、表記があっても・・・タミル語で読めなかった(苦笑)ものは記載していない。まずはバススタンドの近くで、メ [続きを読む]
  • 【インドの教会】 〜 セント・トーマス教会 〜(ウーティ)
  • 最初「サクリード・ハート・カテドラル」の写真が、この「セント・トーマス教会」となっていたため、白い教会だろうと思って行ったところ・・・・この門を通って坂を登って行った先にあったのは・・・全く違った外見の教会だった。名前を確認すると「セント・トーマス教会」だったので、あの写真で見た白い教会は何という名前で、どこにあるのか?全く解らなくなってしまった。教会の裏手は墓地になっているのだが、(知らない人だ [続きを読む]
  • 【インドの教会】 〜 サクリード・ハート・カテドラル 〜(ウーティ)
  • どこにあるのか・・・全く解らなかった教会。(笑)と言うのもガイドブックでこの教会の名前が、別の教会の名前(セント・トーマス教会)になっていたからである。なので最初、名前を手掛かりに行った場所には、同じ名前の写真とは形が全く違う別の教会があった。最終日まで正しい名前が解らなかったので、町をウロウロして入った事のない道を入って行った事により、偶然行きついたのであった。だから写真で見た白い教会が見えた時 [続きを読む]
  • ウーティーの酒屋とビール
  • 最初は気づかなかったのだが、宿泊したホテルの隣にも酒屋があった。そしてバススタンドの近くと・・・見つけただけで計4軒ほど酒屋があった。基本的に酒は持参していくのだが(笑)、地ビールがあれば飲んでみる事にしている。しかし・・・入りにくい雰囲気。鉄格子と金網である・・・。今までインドの各地の酒屋やBARに行っている私でも、躊躇してしまう・・・。どうしたものか・・・と思っていたら、バススタンドの近くの酒 [続きを読む]
  • マニシパル・マーケット
  • ウーティのメインマーケットである。メインバザール道路とコマーシャル・ロードが交わる辺りにある。メインバザールから行くと外側からはその存在が全く解らない。ウーティの西側からコマーシャル・ロードを行くとこの看板がある。しかしやっぱり外側からは内側は見えないのであった。たまたま足を踏み込んで驚いた。中は細かい路地が入り組んでおり小さな店が連なっていた。インドなので・・・整理されていない。野菜、果物、肉屋 [続きを読む]
  • 【インドの人々】 〜 ウーティ 〜
  • ニルギリ鉄道は人気路線ゆえに、コインバトールからウーティまでは、チケットが取れなかったのでバスに乗った。(ウーティからの復路は取れたのだが。)ホテルはバススタンドや鉄道駅から近いと思われる所を予約サイトで予約した。初めての町は町がどうなっているのか解らないし、ガイドブックの地図では距離感がつかめない。また予約サイトのホテルの位置が間違っている場合もあるし。やみくもに歩き出すより安全を取ってオートリ [続きを読む]
  • インドでゴルフ、90回目。
  • 本来ならコンペだったのだが参加人数が3人となったので、プライベートゴルフになった。1番ホールでまさかのパー。243ヤードのパー4。全長5923ヤードと長いこのコースで、唯一のサービスホールである。ここのところドライバーは安定しており、全部ティアップしてドライバーで打ちたい私。しかしフェアウェイウッドが全く当たらん・・・・。私達の前の組で1983年のクリケットのワールドカップで、インドが初めて世界一 [続きを読む]
  • ストーン・ハウス・ミュージアム。
  • ここもウーティの名所ひとつとして挙げられているのだが、入場料と展示内容から判断して・・・どうしてもという場所ではなかった。街中から徒歩で向かったのだが、あまり知られていなかった。コマーシャル・ロードを進んで左手の丘を登り、アートカレッジの先にあった。何人もの町人に聞き込みながらなんとか到着。グラウンドの右側の下の道路から行けたが、迷ったので学校のグラウンドを突っ切って・・・外国人100Rs(約17 [続きを読む]
  • ボート・ハウス。
  • 名前からして・・・ただのボート乗り場かと思っていたのだが、そこそこの物だった。駅を右手に見てバスステンドを左手に見て中央の道を進んで行く。バスで行くと5Rs(約8円)ですぐだが、歩くと結構あった。 入場するだけなら13Rs(約23円)だけど、ボートやペダルで漕ぐスワンに乗るのは別途料金。なので奥にあったフードコートでクルフィを食べた。 有料エリアの外側に土産物屋が並んでいる。と言ってもチョコレート [続きを読む]
  • ローズ・ガーデン。
  • ウーティのバススタンドからは右手に行く。このようなゲートをくぐり進んで行くと、この看板がある。近道らしいが・・・登りかよ!ここから登って行くと辿り着く。入場料は50Rs(約86円)だったが・・・。まぁシーズンであればバラが満開・・・なのかもしれないが、この時期(8月上旬)は入場料を払って見るだけの価値はないと判断して、柵の隙間から覗いて帰った。にほんブログ村 [続きを読む]