toshi さん プロフィール

  •  
toshiさん: 円山Blue cafe ☆We love 北海道
ハンドル名toshi さん
ブログタイトル円山Blue cafe ☆We love 北海道
ブログURLhttps://ameblo.jp/bluecafe/
サイト紹介文冒険旅行に憧れるアラフォー独身男の旅日記
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供57回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2010/09/03 22:00

toshi さんのブログ記事

  • 天空の城・その4
  • マイペースな更新にお付き合い下さりありがとうございますさて天空の城探訪を続けますヨ 城跡からの眺め。。緑の木々の中です 天守跡近くまで登って振り返ると!? ワーオ! 小さいけれど、私はマチュピチュの遺跡を思い起こしました。 もうお分りでしょうか?ここは岐阜県中津川市の『苗木城跡』です。中津川といえばリニアの駅もできるとか? やはり、ここ岐阜、そして愛知は1/1歴史テーマパークと言えるナ [続きを読む]
  • 2017.9.11
  • 日本時間ではありますが、9.11に現在の自分が今思うことを記します。 偶然ですが今日はOFF. 起床後いつもの休日のように玄関に新聞をとりに行くと今日は休刊日だった。ザッとシャワーを浴びて、TVをつけるとBSで「ヒトラー最後の12日間」をやっていた。朝、トーストかじりながら見るには重い題材だ。 見た事はあるのだが、ひきこまれるように最後まで見てしまい、まるで出演者の体臭や当時のベルリンの空気感まで感じられるほど [続きを読む]
  • 天空の城・その3
  • あいも変わらずマイペースな更新でございます。 このブログの読者さんって、北海道ファンの方が多いのかなって思ってますが。。なにぶん筆者が現在、岐阜県在住なもので岐阜を中心とした東海地方の話題がメインになります。 私は子供のころから全国各地を親の転勤について歩いておりました。。東に西に北に。。 そして社会人となった自分も同じく転勤族となり、今にして思えば、本当に古里が全国にいくつもあるような錯覚に陥りま [続きを読む]
  • 『夏休み!』
  • 『天空の城』の途中ですが。 『夏休み!』という言葉の響きに無垢な少年(少女)時代の楽しい思い出を想起する人も多いのではないでしょうか? もちろん私も、そんな一人です。 社会人になってからも会社の夏休みには愛車にキャンプ道具を積んで北海道をぐるぐるとドライブしていました。 1993年の映画『ジュラシックパーク』 この一作がそれまでの恐竜のイメージを一新したと言って良いでしょう。当時最新の恐竜温血説に基づき [続きを読む]
  • 天空の城・その2
  • 天空の城と言っても十分に納得できる城(跡) 下から見上げる天守跡。 天守を目指して歩みを進めると早速、石垣が。 すごい!こんなの見た事無い! 巨岩の上に構築された石垣! 石垣の間に天然の巨岩が鎮座しています。 もともとあった巨大な岩をうまく築城に生かしているんですね。 本当に興味深いです。自宅からクルマで1時間足らずの場所にこのような歴史遺構が散在するところが岐阜・愛知を含む東海地方のすごいところで [続きを読む]
  • ウルトラセブンの撮影地を訪ねた♪
  • 数あるウルトラシリーズの中でも個人的に最も評価の高いウルトラセブンの撮影地(の一つ)を訪ねた。 愛知県のお隣、岐阜からすぐの所なので以前から訪ねたいと思っていました。上の画像は最近放映されていたCSのTV画面だけど、名鉄さんの協力って書いてますね。 子供の頃はビデオなんて無かったし、画面の中の漢字の羅列なんて気にもしないし読んでもいなかった。 劇中、ダンとアンヌがポインターでやって来ます。 現在のこの [続きを読む]
  • 真田の足跡を訪ねて・完結?
  • 私も日本男児の端くれですので、血湧き肉躍る戦国時代の武将達の逸話は大好きです! テレビドラマや映画でドラマチックに描かれる、戦国武将達の活躍に胸を熱くする事もしばしば。 やはり最初はこのドラマでしたね。 天下人秀吉の前に真っ白な死装束で現れるなんて、しかも史実だと言うから事実は小説よりも奇なりだ。 それまで戦国武将の兜と言えば五月人形のそれしか知らなかったが、こんなにもバリエーションに富んでいたの [続きを読む]
  • 真田の足跡を訪ねて・その16♪
  • 最初はこんな風になだらかな登り坂。 積もり積もった枯葉を踏みながら更に先へと進みます。天気は相変わらずの快晴だ! おーっと。。。ふいに眼前に現れた果てし無く続く階段。。。 ひたすら、ひたすら、登る、登る、登る。 駐車場正面にあった、「なめんなよ!」の意味を噛み締めつつ一歩一歩登る。 [続きを読む]
  • 真田の足跡を訪ねて・その12
  • 上田城跡の石垣にある「真田石」 真田信之が松代転封の際、持って行こうとしたが動かすことが出来なかったと伝わるが、後世になっての創作との説と聞いたことがあります。 私が訪問したのは2016年の年末でしたので、某国営放送のドラマの展示会が開催されていました。(本当に思い出の内容ブログです。。) 幸村様の甲冑!かっこええ! [続きを読む]