ほほほの法 さん プロフィール

  •  
ほほほの法さん: ほほほの法
ハンドル名ほほほの法 さん
ブログタイトルほほほの法
ブログURLhttps://ameblo.jp/quemaloerestu/
サイト紹介文法律的な目線から新聞記事を読む。 恋愛等を法律に当てはめてみる。 基本、法律妄想です。
自由文行政書士補助者になって修行中。
資格は持ってます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供6回 / 34日(平均1.2回/週) - 参加 2010/09/05 00:49

ほほほの法 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 日韓合意に文氏「重大な欠陥」、早急な対応指示③
  • つづき・・・ やるべきことをやらない事、あえてその行為をしない事を『不作為』と言いますが、国の不作為について国家賠償を請求できるのかと言う話でしたがー 先に答えを言ってしまうと『できる』と言えるでしょう まず、その国(行政)の不作為が『立法の不作為』(法令等の作成するとか)の場合であれば、平成17年9月14日の判例を参考に考えてみる。 判例では、国会議員の立法不作為は、国民に憲法上保障されている権利 [続きを読む]
  • 日韓合意に文氏「重大な欠陥」、早急な対応指示②
  • つづき・・・ 『現在』であれば、憲法17条で『何人も、公務員の不法行為により、損害を受けたときは、法律(国家賠償法等)の定めるところにより、国又は公共団体に、その賠償を求めることができる。』ということで、もし現在であれば、軍(国)の強制や指示がなくとも、末端の兵士(自衛隊員)がやってしまった不法行為は、軍(国)に対して責任を負わせることができます。 たとえば『そんなの勤務外でやった行為だから国に責 [続きを読む]
  • 日韓合意に文氏「重大な欠陥」、早急な対応指示①
  • こんばんみ今年もあと少しですね。 と言うことで、読売新聞より 韓国の文在寅ムンジェイン大統領は28日、慰安婦問題の「最終的かつ不可逆的な解決」を確認した日韓合意に「重大な欠陥」があったとする声明を発表し、今後の対応を早急に検討するよう指示した。 声明は、外交省の作業部会が27日に慰安婦合意の検証結果をまとめたことを受けて発表された。文氏は、「手続き的にも内容的にも重大な欠陥があったことが確認された。 [続きを読む]
  • NHKの受信料制度「合憲」…最高裁ではNHK敗訴③
  • つづき さて他にも争点があり、放送法64条の合憲性についてですが、NHKが放送法64条1項で申し込めば契約が成立することを主張していましたので、反論として、NHKとの契約を拒否していた被告の男性としては『契約の自由』、『知る権利』及び『財産権の侵害』などから憲法13条、21条、29条に違反し、『一方的に契約を義務化するような放送法64条1項は憲法違反だ!』と主張したわけです。 ですので最高裁は、NHKとの契約を一方的に義 [続きを読む]
  • NHKの受信料制度「合憲」…最高裁ではNHK敗訴②
  • つづき NHKの勝訴のように報道されてたりしますが、なぜ上告審の判決はNHKの完全敗訴か。 それは、高裁(原審)での判断に不満がある部分があり、それを争いたいとして上告したわけです。 簡単に言いますとNHKは『NHKが契約を申し込めば放送受信契約が成立することを認めろ!』と上告したわけですが、ダメェ〜と最高裁に言われたわけです。 ですので、NHKの請求(上告)を棄却する、この裁判費用(上告の)費用は全額NHKの負担で [続きを読む]
  • NHKの受信料制度「合憲」…最高裁ではNHK敗訴①
  • お久しぶりです。 もう少しで今年も終わりですが、来年に向けてブログをチョイチョイ更新することと、本をもっと読むことというハードルの低い目標を立てましたので、とりあえずブログでも書こうかと思います。 で、お題はコレ。NHKの受信料制度『合憲』・・・最高裁が初判断読売新聞より NHKが受信契約の締結を拒んだ人に、受信料の支払いを求めた訴訟の上告審判決で、最高裁大法廷は、テレビを持つ人にNHKとの受信契約を [続きを読む]
  • 過去の記事 …