うずら さん プロフィール

  •  
うずらさん: always.
ハンドル名うずら さん
ブログタイトルalways.
ブログURLhttp://klavier.jp/blog
サイト紹介文ランニング、自転車、水泳、トライアスロン、DTM、犬、ガジェット、双極性障害、日常。
自由文生きることを実感するためにチャレンジする。
生きてきたことを確認するためにブログに残す。
自転車、ランニング、スイミングの話題が多い今日この頃ですが、基本的に雑食で何でも試します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供66回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2010/09/07 10:47

うずら さんのブログ記事

  • 損得勘定で動くと損しかしないという話
  • 損得勘定で動くと、損しかしない。 これ、感覚で理解している人も多いです。 でも、論理で動いてしまう人、つまり「頭の良い人」ほど、これが実践できてない傾向があることを、僕はいままでの経験から感じています。 そうした人のために、書いてみようと思 続きを読む 損得勘定で動くと損しかしないという話→ [続きを読む]
  • チャレンジする勇気が出せないとき
  • 何か新しいことに挑戦したい。でも勇気が出ない。そんなとき、どうしますか? まず何から手をつけたらいいかわからない やるべきことは分かってるけど、失敗するのが怖い そんなとき、まずお勧めするのが、仲間を探すことです。自分の考えを伝えよう!!伝 続きを読む チャレンジする勇気が出せないとき→ [続きを読む]
  • 箱根珍道中 〜飛んだフリーパス〜
  • 紅葉を見ようと突然母に誘われて、箱根まで一泊旅行に行ってきました。いつも母と出かけるときは100%僕が誘われる側なのですが、今回も。母と旅行するといつも何かが起きます。 話題が深掘りされていき、ケンカする 何かしら笑えるアクシデントがある 続きを読む 箱根珍道中 〜飛んだフリーパス〜→ [続きを読む]
  • 中庸の徳
  • 自由に生きてきた者は、不自由について語る言葉を持たない。 不自由に生きてきた者は、自由について語る言葉を持たない。 これが中庸への第一歩。 中庸とは、恐怖と平然に関しては勇敢、快楽と苦痛に関しては節制、財貨に関しては寛厚と豪気、名誉に関して 続きを読む 中庸の徳→ [続きを読む]
  • 富について
  • 貧富とはいったい何か? 超資本主義経済の真っただ中にある我が日本において、富は、安定の予約である。 未来に起こる不慮の事態になんでも対処できるのがお金だと信じ込んでいるのだ。 「お金さえあれば、なんとかなる」 ホントかな? お金がいくらあっ 続きを読む 富について→ [続きを読む]
  • 成功の定義
  • 成功って、いったいなんだろうか。世の中には「成功したい」と思う人が多いようだ。自分にとって成功って Successful のこと。何か目標を持って何かをしてて、それが成功(Success)するか失敗(Fail)するか。とても単純。 でもその 続きを読む 成功の定義→ [続きを読む]
  • 嫌いな人はいない
  • 僕はいま、感動してる。 というか、毎日を感動して生きている。 生きてることが、と 続きを読む 嫌いな人はいない→ [続きを読む]
  • 嫌いな人はいない
  • 僕はいま、感動してる。 というか、毎日を感動して生きている。 生きてることが、とても幸せだ。 何かいいことあったの?と聞かれることもあるけど、そうではなくて、もともと感じられなかった究極の幸せに気がついてしまったのだ。 続きを読む 嫌いな人はいない→ [続きを読む]
  • サークルのようなもの
  • 昨日は友人4人とあそんできた。 とても楽しかった。 爆盛りで有名な千葉県我孫子市の「リバーサイド」というお店に行って、みんなで炭水化物を大量に平らげてきた。 古い友人が「昔、林が『もう3日もメシにありつけてなくて、ようや 続きを読む サークルのようなもの→ [続きを読む]
  • 合理的選択理論の終焉
  • 「どうすれば売上・利益が上がるか」 「どうすれば儲かるか」 このように課題を立てることは珍しいことでもなんでもなく、むしろ当然のようでもあります。 しかしこの考え方には大きな思考の落とし穴があります。 利益の本質を知れば 続きを読む 合理的選択理論の終焉→ [続きを読む]
  • 社会的行動
  • かつて思っていた45歳のイメージと、実際になってみて感じる45歳の自分には、好ましい意味で、大きな開きがあった。 今の日本を、今の世界を覆う暗雲は解消可能だと強く感じる。ただそのためには、段階がある。全ての段階が重要であ 続きを読む 社会的行動→ [続きを読む]
  • 意識革命の起こし方
  • 忘れてはいけないのは、意識変革が起きたとき、行動の変革まで繋げないと未来の人生は今の状態とほとんど変わらないままということだ。そして行動を理由は要らない。行動に変化がない、思考パターンに変化がない場合、それは本物の意識変 続きを読む 意識革命の起こし方→ [続きを読む]