studiokarma さん プロフィール

  •  
studiokarmaさん: ここから歩いてみよう
ハンドル名studiokarma さん
ブログタイトルここから歩いてみよう
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/kojiishikawa/
サイト紹介文日本とフィリピンで活躍する唯一のミュージシャン・石川晃次のブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供159回 / 365日(平均3.0回/週) - 参加 2010/09/08 13:37

studiokarma さんのブログ記事

  • CDの音を聴きくらべ
  • これを説明するのにいい素材があった。1984を取って考えてみたい。これはmp3ではあるが、大凡CDになる前の自分が出がけてきた音。http://ishikawakoji.com/discography/1980.htmlで、これがCDに焼かれてた音https://www.youtube.com/watch?v=ygUJyljo-M8こういう音に... [続きを読む]
  • CDの音
  • 80年代や90年代のまだデジタル技術が乏しかった頃の自分が好きだったアルバムを2010年代にリマスターされ、なおかつSHM-CDとかでリリースされると必ず買う。という背景もあって、実は今年リリースした9枚目のアルバム1980はSHM-CDでのリリースを大いに検討した。しかし、こ... [続きを読む]
  • レコーディングにかける時間
  • 自分は作詞、作曲、アレンジ、レコーディング、ミックスまで行って100曲以上発表してきて、自分なりに自分流のやり方を学んで来てる。中でも、絶対に忘れてはいけないことの一つを上げるとすれば「音楽は時間を費やせば良いものが出来る訳では無い」という事実。僕の楽曲... [続きを読む]
  • 認知される文化
  • 日本では数百万枚とかCDが軽々と売れていた90年代、フィリピンでは人気映画の主題歌になり、国民の誰もが知るメガヒットの曲のCDの総売り上げは2万枚とかが限度だった。2万枚売れてプラティナディスク授与っていう具合だった。「へえー、日本ってやっぱ凄いなー、フィリピ... [続きを読む]
  • インターバル
  • 生涯二枚のアルバム(図南の翼とSPIRAL)を出せれば後はどうでもいいと思っていた自分の音楽活動ですが、気がつくと今年で8年目を向かえ9枚のオリジナルアルバムと102曲を発表しておりました。こんな状況になるだなんて8年前は夢にも思っていませんでした。しかし、色々とい... [続きを読む]
  • カバー
  • よく知人のライブに誘われて連れてゆかれてゆく。内容はアコギ一本とピアノ一台で自作曲と往年のヒット曲を交えたライブ。ギター一本、ピアノ一台でライブをしてしまうと、バンドのライブとは違って、楽曲のコンストラクションが丸裸になります。ましてや、無名の弾き... [続きを読む]
  • 相性
  • 今の時代ネットで何でも気軽に買えるようになっても、絶対にネットで買えないものがある。それは楽器である。ドラマー達は同じモデルのシンバルでも一枚一枚音が違うから、自分で楽器屋で叩いて自分が求めるサウンドの物を厳選する。ヴィンテージの楽器も同じモデル、... [続きを読む]
  • 1位 1980
  • 誤解を恐れず言うならば今作1980が9枚中最も疑心暗鬼で発表された作品でした。かなりダメ出しを食らう作品になるのを覚悟しました。今年の3月の5曲分出来た頃は、どうやったら途中で打ち切る理由が出来るかすら考えていました。これまで色んな角度やテーマを持って作品作りを... [続きを読む]
  • Forest Hills
  • 曲の断片でもいいから、新規でプロジェクトファイルを作って、それをセーブするときに必ずファイル名をつけます。まだ断片しか見えていないし、どう言う内容の曲になるかも分からない初期の段階からタイトル名称をつけなければならないので、適当に思いついた言葉をファイ... [続きを読む]
  • 2位 11(2011)
  • 2位 11(2011)意外な作品が2位に入ってびっくりしました。この作品とは全く因果関係はありませんが、この作品を作っている最中に震災が起きたわけですね。ライフラインは電気と水道は早いうちに復旧しました。で、電気が3月12日に復旧し、3月13日からはいつも通り、アル... [続きを読む]
  • 3位 情(2015)
  • 3位 情(2015)アルバム作品のクオリティという意味では、今のところこの作品が1番じゃないかと思う。アルバムの制作は足掛2ヶ月くらいなんだけれども、制作は非常に断続的で、制作の渦中は模索も迷走もしたし、2014年10月に3曲、2015年3月に2曲と、最初の頃は決して順調... [続きを読む]
  • 3位 SPIRAL(2009)
  • 3位 SPIRAL(2009)アマチュア時代の時点でこの2枚のアルバムは完成されておりました。順番は1枚目が図南の翼、そしてSPIRALは2枚目でした。 というか、自分はこの2枚を出せれば、もういい、という心構えで、まさか9枚も作品を発表するなんて想像もしていませんでした。図南の... [続きを読む]
  • 4位 fantasy(2013)
  • 4位 fantasy(2013)自分で言うのもなんですが、個人的にはfantasyとsenseの区別が曖昧です。ビートルズのアルバムで言うRubber SoulとRevolverみたいなポジションです。2013年12月25日にfantasyがリリースしたと同時に既に新曲が4曲出来上がっていました。9ヶ月後にはsen... [続きを読む]
  • 5位 Nature(2016)
  • 初期の頃から現在に至るまで、この8年間で9作品を発表し、応援してくださっているファンの皆さんに作品ランキング評価に参加していただきました。「好きなアルバムは?」の質問に1位から9位まで過去リリースした9枚のランク付けしてもらいました。結果は5位以上から一枚... [続きを読む]
  • 11月の空
  • 11月の空気がつけば思い過ごしてた振り向けば何時でも見てるはずの公園を守る草木も、そう、年を重ね色づくんだね季節の途中の眺め事は変わって行くんだ何気ない物事でも円を築いてる景色は何時でも途中変わり続ける、動けるそして僕はいつもの顔で新... [続きを読む]
  • 物価
  • 最近吉祥寺の地価がものすごく上がっているらしい。え?って感じである。僕の中では吉祥寺といえば、電車も止まってくれない不便な街っていうイメージしかないからだ。誰がどう口コミのウワサをしたのかは知らないけれども、東京では住みたい街ランキング1位らしい。僕が... [続きを読む]
  • やっぱり配信は難しい
  • 「CDは無くなる」と言われて早いことに20年が経ちます。僕は2009年にデビューしてから今日までずーーっと配信について毎作出す度に塾考に塾考を繰り返して来ました。なぜなら自分も早く配信に出たかったからです。がしかし、結果としてこの8年間の活動の中でオリジナルアルバ... [続きを読む]
  • アイデンティティ
  • 僕は商業スタジオの壁と壁の間でコミュニケーションするレコーディングがどうしても苦手です。僕はそういう現場を極力避けて来ました。僕の場合は窓から陽が入る時間感覚の判る空間で、ミュージシャンらと近い距離で、ああでもない、こうでもない、あとは雑談をしたり、食... [続きを読む]
  • 多様化
  • 自分のiPhoneは。一人との連絡用にLINE、一人との連絡用にViver、二人との連絡用にWhatsApp、数人との連絡用にSkype、数名の連絡にFacebook、数名との連絡はメール、と使い分けされています。いくら多様化とは言えども、ちょっと目が眩みそうです。音楽視聴も10人いれば1... [続きを読む]
  • 言語環境
  • 大体構想が見えて来ました。来年から、なのか、来年だけか分かりませんが、来年10枚目のアルバムを出します。これまでの9枚と種類が違って、ネット展開の強みを前提とした、いつかはこういった作品を持っておかないと行けないだろう、っていうのを作ります。まずはいつも... [続きを読む]
  • ミニアルバム
  • アルバムを作る時、10-12曲くらい作品数で作品の世界観を表現する。起承転結を4ブロックに分けて曲作り、曲順を展開している。自分はミニアルバムはあんまり好きじゃない。実際にミニアルバムで好きになった作品もあまりない。何故なら6曲で作品の起承転結するのは中途半端... [続きを読む]
  • 教育システム
  • この間フィンランド人が泊まりに来た。英語力はその辺のアメリカ人よりもあると思った。ちなみにフィンランド語はヨーロッパ言語に属さない極めて特殊な言語らしい。ドイツ人やオランダ人が英語を勉強するのと、遠く離れた日本語話者が英語を習得するのでは、全然訳が違う... [続きを読む]