Pilot-K さん プロフィール

  •  
Pilot-Kさん: Pilot-Kの「前見て加速!」
ハンドル名Pilot-K さん
ブログタイトルPilot-Kの「前見て加速!」
ブログURLhttps://pilotkk.exblog.jp/
サイト紹介文パイロットアカデミー代表が綴る運転技能や免許取得に関するアドバイス・感想等。一般ドライバーも必見!
自由文自動車運転指導パイロットアカデミーは、運転免許を「早く!」「安く!」取りたい貴方を応援します。免許を失効してしまった方、2種免許取得希望者、ペーパードライバーも大歓迎です。ぜひ一度下記URLから弊社HPにお越しください。
http://www.pilotacademy.co.jp/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供176回 / 365日(平均3.4回/週) - 参加 2010/09/09 14:02

Pilot-K さんのブログ記事

  • 信号待ちではブレーキ踏みっぱなし
  • 信号待ちなどで停車している時は、必ずブレーキを踏んで待っていてください。車が自然に動き出してしまうのを防ぐとともに、もし後ろから追突されても玉突きで前の車にぶつからないように、という意味もあります。なお、赤信号が長くなりそうな場合は、サイドブレーキを引いて、ブレーキペダルから足を離しても構いません。しかし、これをやると、どうしても発進が遅れ気味になりがちなため、受験生にはお勧めしません。サイドブレ [続きを読む]
  • その教習所、技能試験免除になりますか?
  • 世間一般的には、「自動車教習所」と聞けば、公安委員会から指定を受けている、いわゆる「公認教習所」のことだと思うでしょう。しかし、「自動車教習所」を名乗っていても、公安委員会から指定を受けていない教習所(「非公認教習所」と呼ばれる)も多数存在するので、注意が必要です。非公認教習所では、試験場での技能試験に相当する「技能検定」が実施できません。そのため、そこに通っている教習生が免許を取得するには、学科 [続きを読む]
  • 「あの車が通過したら」と心の準備を
  • いつまでも発進できずに路端に停まったままでいる人がいます。そういう人から話を聞くと、どうも「車列が途切れたら発進しよう」と思っていることが多いようです。あながちそれも間違いとは言いきれませんが、それよりも、「あの車が通過したら発進しよう」と思うようにすると、発進のタイミングは、ぐっと計りやすくなりますよ。「車列が途切れたら」と「あの車が通過したら」とでは、似ているようで、異なります。「車列が途切れ [続きを読む]
  • ポンプのように踏むわけでない
  • ブレーキペダルを複数回に分けて踏むのを「ポンピングブレーキ」と呼び、教習でも試験でも、このブレーキを使って減速することになっています。かつては、急ブレーキでタイヤがロックするのを防ぐ意味がありました。しかし、近年はABS(アンチロックブレーキシステム)を装備している車が増えてきたため、その目的は薄れつつあります。とは言え、すべての車がABS装備車とは限りませんし、後続車の注意を促すためにブレーキラ [続きを読む]
  • 「澄みきり麦」って意味不明
  • 「ひゅうが晴」という焼酎が発売されているようです。甘党の小生はお酒のことはよく分からないのですが、今日は、その宣伝に使われているキャッチコピーの話です。電車内の広告に載っている商品の写真を見ると、「香りたからか/澄みきり麦」と書いてありました。「香りたからか」の方は、「香りたからか製法」というのが“売り”らしいので、(ケムに巻かれたような気分ではあるものの)文学的表現と理解するとして、「澄みきり麦 [続きを読む]
  • 舌打ちじゃないんです!
  • パイロットアカデミーの話ではない(と信じたい)ですが、教習の様子を綴っているブログに、「指導員が『チッ』と舌打ちをしやがった」なんて書かれることがあります。教習生は、出来ない事を出来るようになろうと頑張っているので、上手に出来なくたって、隣で見ている指導員が舌打ちをするなど、言語道断、とんでもないことです。でも、実は、それ、舌打ちじゃなかったりするケースがあるのですよ。というのは、教習生が試行して [続きを読む]
  • 信号が見えていなくてもウインカーを
  • カーブの先の交差点を右左折するように指示された場合、ウインカーはどこで出したら良いのでしょうか。右左折の合図は、曲がる所の30m手前で出すことになっていますが、その「曲がる所」がカーブの向こう側で見えていないため、「30m手前」だって、どこだか分からない、という疑問です。そういう場合は、カーブの手前でウインカーを出してください。試験官がわざわざ「カーブの先」と言ってくれたのは、「ここで合図を出しな [続きを読む]
  • ご報告
  • 9月30日、埼玉地方が台風に見舞われる少し前に、父の葬儀と初七日を滞りなく終わらせることができました。パイロットアカデミーは昨日から通常営業に戻っております。今後とも宜しくお引き立てのほどお願いいたします。 [続きを読む]
  • 訃報
  • パイロットアカデミー株式会社の取締役でもある小生の父が、平成30年9月24日午前2時49分、肺癌のため逝去いたしました。葬儀の詳細は小生の個人事務所のサイトに案内してありますので、ご存じの方はそちらをご覧ください。なお、このような事情ですので、しばらくブログ更新はお休みさせていただきます。ご了解願います。 [続きを読む]
  • 練習が足りているからこその最終調整
  • 東京(府中・鮫洲)の運転免許試験場では、技能試験は予約制となっているため、受験までのブランクが空いてしまうことがあります。こういう場合は、受験が近づいたら(前日よりも2〜3日前がお勧め)、最終調整のための教習を入れると、忘れかけていた事も思い出せて、良いですよ。ただ、これは、技能教習が一通り修了していることが前提の話。まれに、教習が進んでいないのに、「受験まで期間が空いて、忘れてしまうから」などと [続きを読む]
  • 交差点の先のセンターラインを見るとは限らない
  • 右折の前には右に寄って走ります。一般的には、センターラインに近づけて行けば良いところです。そして、このブログで何度も書いているように、「寄せた先の遠くを見る」のがコツですから、右に寄せたいなら、センターラインの先の方を見ると寄せやすくなります。ところが、この「センターラインの先の方」を、「交差点の先のセンターライン」と思い込んでいる人もいますね。細かいことを言うようですが、右折レーンの無い交差点な [続きを読む]
  • 「目視確認がおろそかでした」との指摘
  • 車の運転で一番大事なのは、何と言っても「安全確認」です。特に、サイドミラーの死角部分は、ドライバーが直接目視で確認しなければなりません。免許の試験を受けようという皆さんは、こんなことは解っていらっしゃるでしょうし、これを踏まえた練習も重ねてこられたはずです。ところが、試験場で受験してみると、試験官に「目視確認がおろそかでした」と指摘されて、「あれ?」と首をかしげる受験生も珍しくないですね。おそらく [続きを読む]
  • 磁石を載せたトラックが引っ張り合う?
  • ある玩具メーカーに勤務していた方から聞いた話です。40年くらい昔、手足の関節部分がマグネットで脱着できるロボット玩具がはやっていたころがありました。そのメーカーでは増産に継ぐ増産で、嬉しい悲鳴を上げていました。そんな中、工場に部材を運んでいるトラックが横転事故を起こして、生産ラインが止まってしまったことがありました。雨も風も無い日で、それほどスピードを出していたわけでもないらしいのに、不思議な事故 [続きを読む]
  • 「シフトダウンして減速」ではない
  • 「シフトダウン」は、「減速チェンジ」とも呼ばれるとおり、減速時に用いるものですが、シフトダウンしてから減速するわけではないので、注意してください。スピードが高いまま低いギアに入れようとしても、うまく入りませんし、ギアを傷める要因ともなります。減速する際は、まずブレーキでスピードを落としましょう。スピードが落ちてきたら、クラッチを切って、低いギアにつなぐのです。また、必ずしも「4速→3速→2速」の順 [続きを読む]
  • ペダルはkickしないで
  • 日本語では「ペダルを踏む」と表現するせいか、アクセルペダルやブレーキペダルを、必要以上の力を入れて“踏んづけて”しまう人がいますね。それだと、期待するアクセルやブレーキが得られないですし、危険な事態も生じる可能性があります。「踏んづける」は、英語に訳せば差し詰め「kick」といったところでしょうか。そうではなくて、「press」とか「push」とか、つまり「押す」という意識でペダルを操作するのが効率的かつ安全 [続きを読む]
  • 合格おめでとうございます!
  • 18089G様外国免許切替審査合格のご報告ありがとうございました。パイロットアカデミーで1回教習を受けただけで、すぐ受験し、見事、一発合格でした。当初は、試験場コースで練習してから受験することも考えておられましたが、元々運転はできるのですから、しっかり復習して臨めば、その必要は無いことを、ご自身で証明できましたね。おめでとうございました!※当ブログは「にほんブログ村」に参加しています。 ぜひ1日1クリッ [続きを読む]
  • 人身事故は“犯罪”です
  • 物損事故なら、民事の問題、言ってみれば、金銭で解決できる問題です。これが人身事故となると、損害賠償のほか、刑事的な責任も発生します。平たく言うと、刑事裁判により刑罰が下される可能性があるということです。昔々は、人身事故の加害者は、刑法第211条に定める「業務上過失致死傷等」が適用されていました。それが、「暴走行為でも飲酒運転でも“過失”なの?」との声から、第208条の2として「危険運転致死傷罪」が [続きを読む]
  • 方向変換コースに入ったら減速しましょう
  • 方向変換では、“車庫”の中の安全を確認するため、車庫前で停止または徐行します。でも、ここで言うのは、その話ではなくて、車庫前に到達する前に減速する、ということです。方向変換は、車庫側に(右バックなら右側に、左バックなら左側に)車体を寄せておくと、入りやすくなります。これを、車庫内の安全確認を終えた後で寄せていこうとするのは、できないこともないのですが、結構、苦労しますよ。逆に、車庫前に到達した時に [続きを読む]
  • 黄信号を通過する場合でも基本通りの右左折を
  • 黄色の灯火は、「止まれ。ただし安全に止まれない場合は進んでよい。」でしたよね。「黄信号を見たけれども停まりきれないので通過する」という場面も、特に路上では生じえます。さて、これが直進であればあまり問題にならないのですが、右左折の場合、減速しきれずに曲がってしまったり、ハンドルを回し始めるタイミングを間違えたり、という人が割と多くいます。減速しきれないのは、きっと「交差点を早く出なきゃ」という心理が [続きを読む]
  • このブログは運転中に読まないでください
  • って、運転しながら読む人もいないでしょうけど…気のおけない友人から、「このブログは絵が無いので読んでて眠くなるね」と、言われたことがあります。ちょっと失礼な言い方でしたが、事実なので、返す言葉がありませんでした。確かに、絵(画像)は無いですよね。皆無というわけではなく、極々たま〜に、画像の入った記事を書くこともあるのですけど、99%、画像なしの文字ばかりの記事です。これには、理由があります。まず、 [続きを読む]
  • 踏切では運転席側の窓を開けましょう
  • 踏切では、警報機が鳴っていようといまいと、必ず停止線で一時停止してください。そして、窓を少し開けて、左右の確認をしてください。「停まれ。見よ。聞け。」でしたね。ところで、踏切で開ける窓は、運転席側の窓です。パワーウインドーもリモコンも無い時代には、必然的に、運転席側の窓を手回しハンドルで開けるしかなかったわけですが、それは、今でも、“お作法”として残っています。音を聞くなら助手席側の窓を開けても良 [続きを読む]
  • 普通車はクランク内きっちり寄せてOK
  • クランク型(屈折型狭路)コースは、道幅いっぱい使ってよいことになっています。ところで、車には内輪差というものがあって、前輪よりも後輪の方が内側を通りますから、前輪はできるだけ外側を通らせた方が曲がりやすいですよね。なので、左に曲がるコーナーの手前では右側に、右に曲がるコーナーの手前では左側に、きっちり寄せておきましょう。これが、トラック等の大型車になると、ちょっと勝手が違います。トラックは、荷台部 [続きを読む]
  • 携帯発信の電話も受けてください!
  • ここのところ、事務所が無人になっている時間帯が多く、そういう時に限って、お問い合わせの電話をいただいています。ところで、事務所の留守番電話にメッセージを残していただくと、それが小生の携帯に通知されるようになっています。そして、留守電メッセージを聞いたら、できるだけ速やかに、ご返事の電話を入れるようにしています。この電話は、事務所の外からですので、携帯から発信することになります。これが不審な電話だと [続きを読む]
  • 戻るためのウインカーだって必要です
  • 障害物を回避する時など車線をはみ出す場合は、進路変更の合図(右ウインカー)を出さなければなりません。さて、ここまでは理解できている方が大多数ですが、障害物の横を通過して元の車線に戻る時にも合図(今度は左ウインカー)が必要なのを忘れてしまう人が多いですね。ひどいのは、「戻る時には合図は要らないでしょ」と言ってのける人までいます。いいえ。元の車線に戻るのだって進路変更ですから、合図は出さなければなりま [続きを読む]
  • せっかく徐行したのだから
  • 左折では、左後輪が縁石の近くを通るように、小さく曲がってください。そのため、左折のハンドルはたくさん回さなければなりません。左折の時は徐行しているはずですから、ハンドルをたくさん回すには好都合なはずです。ところが、車の速度を落とすと、ドライバーの動きまで遅くなってしまう人がいますね。それだと、せっかく車がゆっくり動いてくれているのにハンドルが間に合わない、なんてことになります。では、そんな人は、「 [続きを読む]