K2 さん プロフィール

  •  
K2さん: 青の傭兵
ハンドル名K2 さん
ブログタイトル青の傭兵
ブログURLhttp://k1968k.blog106.fc2.com/
サイト紹介文ヴァンフォーレ甲府愛してます。 週末/サッカー + 平日/書評+映画+写真
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2010/09/09 23:23

K2 さんのブログ記事

  • 2018 5月読んだ本
  • 「凶犬の眼」 柚月裕子(「BOOK」データベースより)所轄署から田舎の駐在所に異動となった日岡秀一は、穏やかな毎日に虚しさを感じていた。そんななか、懇意のヤクザから建設会社の社長だと紹介された男が、敵対する組長を暗殺して指名手配中の国光寛郎だと確信する。彼の身柄を拘束すれば、刑事として現場に戻れるかもしれない。日岡が目論むなか、国光は自分が手配犯であることを認め「もう少し時間がほしい」と直訴した。男気 [続きを読む]
  • 2018 4月読んだ本
  • 「陰謀の日本中世史」 呉座勇一(「BOOK」データベースより)史実とフィクションは明瞭に違う!◆本能寺の変に黒幕あり?→いない。光秀をバカにしすぎ◆関ヶ原は家康の陰謀? →違う。家康も追い詰められていた◆義経は陰謀の犠牲者? →誤り。義経の権力は砂上の楼閣だった「事実」はドラマや小説より面白い。陰謀論の誤りを最新学説で徹底論破!!トンデモ説やフェイクニュースが溢れる世の中で騙されないために。陰謀論の法則まで明 [続きを読む]
  • 2018 3月読んだ本
  • 3月は前半に大きい案件処理して、その残務整理に忙殺され挙句、色々トラブル有って平日に仕事バックレたんだよね。「主婦病」 森美樹(「BOOK」データベースより)「たとえ専業主婦でも、女はいざという時のために最低百万円は隠し持っているべきでしょう」。新聞の悩み相談で目にした回答をきっかけに、美津子はある仕事を始めた。八時三十分から三時まで、昼休憩を除いて六時間勤務。完全在宅勤務でノルマなし。欠かせないのは [続きを読む]
  • 2018 2月読んだ本
  • 「断片的なものの社会学」 岸政彦(「BOOK」データベースより)路上のギター弾き、夜の仕事、元ヤクザ…人の語りを聞くということは、ある人生のなかに入っていくということ。社会学者が実際に出会った「解釈できない出来事」をめぐるエッセイ。昨年、読んだ小説「ビニール傘」が衝撃で、この作家さん何者?と思ったらなんと立命館大教授で社会学者。ならばフィールドワークの代表作を、と読んだのがこの作品。ハッキリどうこうと説 [続きを読む]
  • 来る
  • 幸せな新婚生活を送る田原秀樹(妻夫木聡)は、勤務先に自分を訪ねて来客があったと聞かされる。取り次いだ後輩によると「チサさんの件で」と話していたというが、それはこれから生まれてくる娘の名前で、自分と妻の香奈(黒木華)しか知らないはずだった。そして訪問者と応対した後輩が亡くなってしまう。2年後、秀樹の周囲でミステリアスな出来事が起こり始め......。 物語は序盤の胸糞悪い人間関係だけの嫌な部分から次第にホラーが [続きを読む]
  • きっと線路は続くよどこまでも
  • 先週末は諏訪出張。余裕持って30分前に佐久平駅に到着したものの駐車場がどこもかしこも満車('◇')ゞ 小淵沢行小海線に乗れず、小諸〜しなの鉄道〜中央線ルートを選択する事に。翌日は上諏訪駅から小淵沢駅まで中央線、小淵沢駅から小海線。本を開いたものの、隣のボックス席の女性3人組の『ちょうどいいブス問題討論会』が面白すぎて聞き入ってしまった。       [続きを読む]
  • 2018 1月読んだ本
  • 時節柄、ボチボチ読んだ本のレビューをやろうかなと。本日は1月読んだ本なんですが、今年の1月2月は本業以外に所属している法人の仕事に忙殺されて夜が全く無かった。平日は読書時間がゼロでした。「殺生関白の蜘蛛」 日野真人 これはレビュー書いてた→記事「深爪流」 深爪「深爪式」に続いて笑わせてもらった。セカオザ(スピードワゴン)の帯コメントじゃないけれど、この本読んでる女性大好きです。「にわとり★すたー」 たな [続きを読む]
  • 斬、
  • 江戸時代末期の日本は、開国か否かで大きく揺れていた。困窮の末に藩を後にし、農村の手伝いをする浪人の杢之進(池松壮亮)は、近所に住む姉弟のゆう(蒼井優)と市助(前田隆成)と共に時代の変化を感じながらも静かに過ごしていた。そこへすご腕の剣士・澤村(塚本晋也)が現れ、杢之進の剣の腕を見込んで動乱の京都に彼を誘おうとする。 開国か攘夷かで荒れる江戸末期。脱藩浪人、都築杢之進は農村で手伝いの傍ら市助に剣術を教え、自 [続きを読む]
  • ヴェノム
  • ジャーナリストのエディ・ブロック(トム・ハーディ)は、ライフ財団が人体実験を行っており、死者が出ているという噂を聞きつける。正義感にかられ、真相を突き止めようと調査を始めた彼は被験者と接触したために、地球外生命体のシンビオートに寄生される。 フリージャーナリストのエディ・ブロックは、恋人アン・ウェイングのPCを盗み見て、新興企業ライフ財団の人体実験の情報を得た。それを財団CEOカールトン・ドレイクに直撃イ [続きを読む]
  • グンマー vs YSCC横浜
  • 前日のJ1最終節の興奮冷めやらぬ勢いでやって来た正田醬油スタジアムでJ3最終節 グンマーvsYSCC横浜。前半2−1のスコアのまま行くと思ったら、ロスタイムに三沢のFKが直接決まって2-2ドロー。グンマーは夏の大補強で躍進したものの、リーグ終盤になって貴重な勝ち点を落として順位は5位でフィニッシュ。今日の試合は今年を象徴する試合だったかな。甲府同様、今シーズンは前年度の80%分配金頂いたものの昇格出来なかった訳で [続きを読む]
  • アンダー・ザ・シルバーレイク
  • サム(アンドリュー・ガーフィールド)は、ビッグになりたいという漠然とした夢を抱えて、ロサンゼルスのシルバーレイクにやって来る。だが現実は厳しく、仕事がない彼は家賃すら払えなかった。やがてサムは、向かいに引っ越してきた美しいサラ(ライリー・キーオ)に恋をする。何度かデートするが、ある日彼女は姿を消してしまう。成功を夢見てシルバーレイクにやって来たサムだが、仕事にありつけず家賃も払えない状態。向いに暮らす [続きを読む]
  • 2018 N O V -Activity
  • football11/4  甲府0−2水戸11/11 群馬3−3鳥取11/17 甲府0−1横浜FCCastle清洲城 (愛知県清須市)book「ここは退屈迎えに来て」 山内マリコ「台湾人生」 酒井充子「犬も食わない」 尾崎世界観 千早茜「うつくしい人」 西加奈子「サヨナライツカ」 辻仁成「アンタッチャブル」 馳星周「遺体」 石井光太「生きてるだけで、愛。」 本谷有希子「裏関ケ原」 吉川永青「サカナとヤクザ」 鈴木智彦cinem [続きを読む]
  • ニート・ニート・ニート
  • 退屈を理由に仕事を辞めたタカシ(山本涼介)のもとに、高校時代の同級生のレンチ(安井謙太郎)がやってくる。レンチはワケアリの女性に手を出して、北海道に行こうとしていた。車を持っているキノブー(森田美勇人)を誘い、三人の逃避行がスタートする。レンチが出会い系サイトで知り合ったという月子(灯敦生)も加わるが、レンチがトラブルを起こしてしまう。 タカシの退職タイミングで現れたのが同級生レンチ ―― 女性トラブルで [続きを読む]
  • ギャングース
  • 親に虐待され、学校にも通えず青春期を少年院で過ごしたサイケ(高杉真宙)、カズキ(加藤諒)、タケオ(渡辺大知)は、生き抜くために犯罪者だけを標的に盗みを繰り返す「タタキ」稼業で生計を立てることにする。被害に遭っても表沙汰にできない裏稼業や、悪徳業種の収益金を狙って危ない橋を渡るうちに、いつしか三人は後戻りできないところに足を踏み入れていた。 様々な理由で入所した少年院で知り合ったサイケ・カズキ・タケオの三 [続きを読む]
  • きみの鳥はうたえる
  • 失業中の静雄(染谷将太)は、函館市の郊外にある書店に勤める僕(柄本佑)と同居していた。ある日僕は、ひょんなことから同僚の佐知子(石橋静河)と一夜を共にする。その日を境に佐知子は毎晩のように静雄たちのアパートを訪れるようになり、三人は酒を飲みながら楽しく過ごしていた。静雄は、キャンプに行こうと僕を誘うが断られてしまい、佐知子と二人で行くことになる。 "僕"と"静雄"は以前勤めていた会社の同僚でアパートで同居中 [続きを読む]
  • ヒトラーと戦った22日間
  • 連日ユダヤ人たちが大量に殺されているソビボル絶滅収容所では、ひそかに脱走を考えている人々がいるが、計画を主導するリーダーがいなかった。1943年9月、収容者としてソ連の軍人のアレクサンドル・ペチェルスキーがソビボルに移送されてくる。彼の統率力とカリスマ性により、収容者全員の脱出を目指す前代未聞の反乱計画が始動する。絶滅収容所の中で最東端に位置するソビボル絶滅収容所。連日列車で送り込まれるユダヤ人は、一 [続きを読む]
  • ボーダーライン・ソルジャーズ・デイ
  • アメリカで、メキシコを経由して不法入国したと思われる人物が、15人の死者を出す自爆テロを起こす。 アメリカ政府はさらなる犯行を防ぐため、CIAの特別捜査官のグレイヴァー(ジョシュ・ブローリン)に、国境地帯で密入国ビジネスを仕切る麻薬カルテルをかく乱させるよう命じる。 グレイヴァーは、家族を殺したカルテルに恨みを抱く暗殺者のアレハンドロ(ベニチオ・デル・トロ)と共に麻薬王の娘をさらい、カルテル同士の抗争を引 [続きを読む]
  • ハード・コア
  • 世間に溶け込めず、群馬の山奥で怪しい活動家の埋蔵金を探している権藤右近(山田孝之)は、唯一心を許せる心優しい同僚・牛山(荒川良々)と毎日を過ごしていた。ある日二人は廃工場で古びたロボットを発見し、右近の弟でエリート商社マンの左近(佐藤健)が調べると驚異的な性能を持つことが判明。やがて彼らは、ロボットの能力を使って埋蔵金を掘り当てるが......。弱小政治団体の構成員・権藤右近は日々埋蔵金探し。唯一の友は同僚の [続きを読む]
  • 大学生の西川トオル(村上虹郎)は、河原で偶然銃を手に入れる。ひそかに銃を持ち歩くと、緊張とスリルで心が満たされた。彼は同じ大学のヨシカワユウコ(広瀬アリス)に興味があったが、どんどん銃の魅力に取りつかれていく。ある日、刑事(リリー・フランキー)が突然訪ねてくる。 雨の降る夜の河川敷。そこで西川トオルが発見したのは死体と傍らに落ちていた銃だった。銃を持ち帰ったトオルは、その日から経験した事のない感情を味わ [続きを読む]
  • 大須観音
  • 下調べしてあった同僚に連れられて大須観音へ。1190年 中島郡長庄大須に中島観音が発祥1324年 美濃国大須郷に後醍醐天皇が北野天満宮創建1333年 僧能信が北野天満宮別当寺として真福寺創建。 これが大須観音の始まり。1612年 現在地に移転 骨董市が盛大に開催中。商店街はこの先から凄まじい混雑だった。飲食店の多国籍っぷり半端なかった。       [続きを読む]
  • 名古屋 night walk.
  • Twitter頼みの鹿島戦は0-1惜敗で、2018シーズン終了。甲府に関わる全ての皆様お疲れ様でした。3ヶ月冬眠して貯金しましょ。詳細レポートは にほんブログ村/サッカー/甲府 / にほんブログ村/サッカー/鹿島、それぞれご覧あれ。タクシーで栄へ。有名な"名古屋走り"にびっくり。結構な賑いだけれども、昔の1/3以下だそうです。       [続きを読む]