kuuge さん プロフィール

  •  
kuugeさん: kuuge textile blog
ハンドル名kuuge さん
ブログタイトルkuuge textile blog
ブログURLhttps://kuuge.exblog.jp/
サイト紹介文羊毛を主な素材に、手紡ぎ・手織りのマフラーやショール、小物などを制作しています。植物染色や化学染め。
自由文沖縄で日々を過ごしながら、織物を制作しています。ビビッドな色彩、沖縄の織物、音楽や食事にインスピレーションをもらいながら作ります。植物で染めた優しい色合いのものから、サイケデリックな明るい色まで、様々な色合いの織物をご覧ください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供22回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2010/09/10 19:02

kuuge さんのブログ記事

  • 個展終了いたしました
  • 昨日をもちまして北白川ちせでの個展『新たな窓辺、そよぐ風』終了いたしました。たくさんの方にご来場いただき、久しぶりに会える友人ともゆっくり話をすることができて嬉しかったです。..次展は12月に京都二条yamneにて、刺繍作家のeri higuchi さんとの二人展を予定しております。こちらもどうぞよろしくおねがいいたします。..さて次の展示に向けてまた新たに構想を練っています。昨... [続きを読む]
  • 藍染を私のアトリエでも始めました。
  • 藍染を私のアトリエでも始めました。念願の、というより、ようやくという感じ。半分しか屋根のない中庭での作業、炎天下でも無理、雨でも無理、暑すぎても寒すぎても辛い、、作業環境的にやむを得ず期間限定この時期にしか頑張れません。この時期でも蚊と闘いダラダラ汗を拭きながら。庭の草むしりから始め、流し場の汚れも掃除、物干し竿を設置して、、藍染にかかるまでにどっこい... [続きを読む]
  • 藍染はやっぱり奥深く
  • 藍染藍色友人のおばあちゃんちでみんなで布の仕上げをする縁側から目に飛び込む夏の光がきれい良き夏の思い出ができました。家に帰ってから早速藍染をしてみようと注文書とにらめっこそういえば私は絹を染めたいんだけど藍液はアルカリだけど絹って染められたっけ?セリシン付きの糸なら痛まずに染めれるかな煮染めの方がいいかな大学の時は普通に藍甕で染めていたような、、... [続きを読む]
  • 甲府に行っていました。
  • 甲府に行っていました。甲府にある銀座通り商店街の企画で、藍染暖簾の制作に参加してきました。大学の頃の友人達と共におしゃべりしながら作業する時間はとても愛おしいものでした。みんな普段はそれぞれに活動をしていて、それぞれに悩みがあり、行き詰まったり悩んだりしながら作り続けているけど、そういう話を互いにしながら自分の思い込みを突破していく、有難い時間でした。みんな... [続きを読む]
  • 旬の食べ物
  • 自分の機嫌は自分でとろう。美味しいものたくさん食べる。今年は桃をしこたま食べた。これからはブドウとイチジクに移行。一年中旬の食べ物を追いかける。お皿の下のテーブルはジープランというイギリスのメーカーのもの。中古で買った物だけど、私はテーブルクロスって嫌いで、この机なら日々のお皿の傷跡も、使った年月を思い出す記録になると思えます。テーブルクロスの上にビニールをかけること... [続きを読む]
  • 昔の手仕事の美しさと面白さ
  • 古道具型紙御縁があって譲っていただいた、染めの型紙。他の物に書き残された文字やデザインから、おそらく手仕事の最晩年のもの、昭和の中頃から終わりにかけての時代のものではないかと思われます。私が譲っていただいたのは絣や花織の模様を模したデザインのものと、何かはわからないけど、もしかしたら金彩の仕上げ柄用の型紙かもしれないなと思っている、二枚。光に透かしてアトリエの窓辺に設置、彫... [続きを読む]
  • めんどい、めんどくない、めんどい、、
  • 糸の合撚糸。二本の糸を一本にまとめていく作業。これ自体は好きな作業で、永遠としていられる。どんどんできる。色合わせが難しく持て余していた糸も、二本をまとめると何故だかストンと収まる。糸を作りながら作品のイメージが広がる。合撚糸したら、カセという、写真のような糸束に糸をまとめ、鍋で蒸す。この蒸す作業が私の中ではどうにもめんどくさかった。めんどくさい、と... [続きを読む]
  • 夏日
  • 薄物のショールの機織りが終わって、今度は厚手のマフラーに取りかかりました。こんなに真っ白のまま織るのは初めてかもしれない。でも今はこの白を楽しみたい気分なんです。同じウールでも糸の太さによって全然触り心地が違う。この太番手のふわふわした触り心地は、やはり醍醐味だなと思います。真夏に暑苦しい画像ですが。。二階のアトリエはクーラーを入れていても織っているとじわっと汗が滲みます。... [続きを読む]
  • 色合わせ
  • 次の作品は耳が赤色です。細幅。緯糸は、手元にある糸と相談しながら、糸どうしを合わせて色合わせをします。学生の頃は課題で図案を書いてからその色に合わせて染めていたけれど、どうしてもそのやり方が合わなかった私。色鉛筆の色に合わせて染めるよりも、染めた色に合わせて色合わせする方がきれいな色にできた。ライブ感、大切に。ワンプレートご飯にはまり中〜鶏胸肉を甘酢で焼... [続きを読む]
  • 大雨の中
  • 雨、雨、雨ーーー心配ですね。。昼の一瞬の晴れ間のうちに用事を済ませ、あとはずっと引きこもって機織りしています。このあいだの地震も怖かったけど、台風もこわい。。天変地異に弱い私は極力の外出を避けて引きこもります。先日、避難グッズ用のリュックを買いました。何に備えるのかで全く持ち物が変わるけど、水と衛生用品一式、下着類、懐中電灯、常備薬などなど思い... [続きを読む]
  • お披露目中
  • 新作をお披露目中です。引っ越ししてから新たにできたショール5点を、私が普段から関わらせていただいているギャラリーマッツァラ一階のミニスペースにて展示販売させていただいています。7月13日金曜日まで、10時から17時オープン土日はお休みです。住所京都市東山区轆轤町110-7極細ウールとシルクを合わせ、今までのストールよりもさらに軽く、サイズも改良しました。ヨーロッパで... [続きを読む]
  • 散歩
  • 近所を少し歩くと紫陽花が綺麗に咲いていました。涼やかできれい。夏が始まるなーという日。みずみずしさ。ふさの輝きソラマメのふさのふかふかが羨ましい親子猫探してみてください [続きを読む]
  • 旅日記
  • 機織り中はそんなに変わり映えしない風景ばかりなので、旅行の写真でも載せようかな。トレビの泉。バチカン市国の入り口。お天気も良く、暑くも寒くもなく、日差しもそれほどないお天気で、それでも並ぶのを断念するくらい長蛇の列だったので、今世ではバチカンには入れないんだろうな。。と思い帰ってきました。この上にいる神さまたちが何人いるのかも数えられなかった。コロッセオの中。... [続きを読む]
  • 壁の色
  • 何度も何度も塗り重ねられた壁。面白くてたくさん撮った。日本とは塗装の概念がそもそも違くて、西洋の塗装はペンキが一般的で、ペンキで塗りこめることがきちんとしているという意識らしく、日本は無塗装の、白木が一番格が高いとされているそう。大学の授業で聞いたうろ覚えの知識だけど、、なんかそういう概念の違いは面白いなぁと思って覚えていた。沖縄はブロック塀... [続きを読む]
  • ローマの壁
  • ローマの壁。ローマの街並みは古く、長い時を経て何度も何度も塗り替えられてきた壁が印象的でした。同系色・・・でもなく、おもいきり違う色でとりあえず埋める・・。特別な塗料とかでもなく、ペンキなんだろうな。。というおおらかさにぐっと惹かれます。落書きされては消し、塗り重ね。しかも、手の届く高さまでで・・補修終わってる。なんか細かなことで悩むのがバカバカしくなる。でも色使いはとて... [続きを読む]
  • ひらひら
  • 織り始めました。やってみたいことはどんどんやってみよう。ところどころに、毛糸のひらひらを織り込んでみる。洗いをかけたらこの毛先がくしゅっとかわいくなるはず。たくさんひらひらさせてみる。通り過ぎてしまったところにはもう織込めないから、慎重にリズムをみながら。縫いつける、とは違う表現。織りの感触が気持ち良い。 [続きを読む]
  • 糸の感触
  • 明るいお日さんの入るアトリエ。糸がとっても見やすくなった。数ヶ月ぶりの綜絖通しの作業綾織にしようと思って1.2.3.4.12.4.3.2.1.4.3・・・・・・と繰り返し通していくところを所々間違えが多くどうにも修正がきかず1000本以上の糸全部、通し直す!!!涙リハビリ、必要ですね。いきなり難しいことをしようと思ってもダメ。今回はおとなしく平織で。できることをやりましょう。止まって... [続きを読む]
  • 新しい、日々。
  • 大変ご無沙汰しております。この半年、色々ありましてなかなか画面に向かうことができていませんでした。一度離れた習慣は戻るまでに時間がかかりますね。。この半年何をしていたかというと12月に東京浅草アミューズミュージアムで「あの手、この手展」という合同展示会の主催をしたり家とアトリエの引っ越しをしたりヨーロパに行ったりしていました。そして5月4日みどりの日結婚いたしました。人生がいい方... [続きを読む]
  • kuuge個展開催中です。
  • kuuge個展『ゆるやかに季節は進む』残り2日となりました。今回の展示では、カシミアの素材が新たに加わり、リネン、シルク、ウールと扱う素材の幅が広がってきました。写真の一番上の水色のチェックは、『さざなみ』というシリーズで沖縄の海の波打つ様子を表現しました。あぁ沖縄の風にあたりたい。沖縄の風に吹かれて海にぷかぷか浮かびたい!会期はラストスパート... [続きを読む]
  • 個展のご案内
  • 個展のご案内です。10月28日土曜日から11月5日日曜日まで、京都にあります北白川ちせにてkuuge exhibition 『ゆるやかに季節は進む』展を開催いたします。今回のDMのイメージは、経糸を織り機にかけている途中の糸の緩やかさ、規則正しい方向性の流れが美しいと思いこの写真にいたしました。作り手にしか見えない、一瞬で通り過ぎてしまう景色を集めていきたいと思っています。..桜で染めた... [続きを読む]