ケジボン さん プロフィール

  •  
ケジボンさん: 徳床公太郎の夢日記
ハンドル名ケジボン さん
ブログタイトル徳床公太郎の夢日記
ブログURLhttp://thecrystalskull.blog135.fc2.com/
サイト紹介文日記、書籍、マンガ、映画、音楽、食、自然、生き物、性、ウイルス、ドライブ、ネコ、魚、缶詰、etc.
自由文ジャンルを問わず、思いついたことを殴り書き。

ウソも混ぜての行き当たりばったりなブログです。

気軽に遊びに来て下さいです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供91回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2010/09/12 10:32

ケジボン さんのブログ記事

  • グルグル回るグーグルカー
  • 鶴岡市内で派手なカラーリングの車とすれ違う。一瞬「アレ?何だろ、どこかで見たような…」すぐにグーグルカーだと気付きました。※画像はネットからの拾い物、以下同。グーグルカーというのは俗称で、正式な名前はストリートビューカー。グーグルマップでお馴染みのストリートビュー撮影に特化した車です。車種は色々あるのですが、アジア中心に使用されてるのは、スバルインプレッサとトヨタプリウスだそうです。グーグル本社前 [続きを読む]
  • れおんくんフォーエバー
  • 当ブログに幾度か登場した、黒いうさぎのれおんくん。先日、月に旅立ったとの報告がれおんくんのブログ上でありました。享年12歳は、兎の世界では大往生だそうです。そんなれおんくんの足跡をたどってみたいと思います。これは本人の代わりに、ぬいぐるみを旅行させるという記事のもので、ウナギのぬいぐるみを被ったれおんくんです。ウナギとウサギを掛けたダジャレ。これもダジャレで、うさぎのダンスと兎の箪笥を掛けてます。(^ [続きを読む]
  • 秋の最上峡その他
  • 金山町や肘折温泉へ赴く道中、あちこちで紅葉の風景を目にしました。そんな最上地方の秋景色、まずは本合海の紅葉から。次に白糸の滝ドライブインからの最上峡の眺め。肘折に向かう途中で見た崖。岩肌をクローズアップ。棚田があるようなんで、寄り道してきます。「まほろば」と呼びたくなる晩秋の棚田です。肘折にほど近い湯の台高原。ロマンチックな紅葉のトンネル。写真とってたら、ロードバイクのお兄さんが手を上げて通り過ぎ [続きを読む]
  • 秋の肘折温泉
  • 雪の多い山形県でも、ダントツで積雪量が多い肘折(ひじおり)。雪が積もらない今の内にと、行ってきました。前行った時には無かった、赤いループ橋。橋を下ると肘折温泉郷に入ります。数年前の土砂崩れ災害の後に出来た様です。横から見ると、ジェットコースターみたい。肘折温泉は肘折カルデラ、つまり噴火口にありまして、そこは火山のマグマ溜りの上なんだそうです。(恐わ)狭いクランク状の小路の両脇に、旅館が立ち並んでます [続きを読む]
  • 秋の金山町
  • 雨が続く今年の秋の貴重な晴れ日に、久しぶりに訪れた金山町(かねやままち)。金山は伝統的な金山住宅で有名な町です。黒褐色の金山杉と白い壁のコントラストが特徴の金山住宅。上の写真では玄関が左で、こちらが右。他は大体同じ。倉敷とか著名な観光地を除くと、こういう統一された建築の町って、日本じゃ少ないんだよね。2階に玄関があるお家の実質3階建て。下が物置とガレージかな。渡り廊下みたいなテラス?ちょっと変わった [続きを読む]
  • 秋の羽黒山参拝
  • リハビリに連れて行った帰りに、母が突然「今年はまだ羽黒山お参りしてねの〜」 と言い出したんで、行ってきました羽黒山。おみやげ屋とHAHA。厚さ2mの茅葺屋根を誇る合祭殿。総ひのき造り&漆塗りの豪奢な建物です。今の建物にはない急な階段で、お年寄りは上がるの大変!でもまあ、祭殿わきに緩やかなスロープ設置されてるのでご安心を。柱がとにかくぶっとい。合祭殿の巫女さん。そういや鶴岡出身の演歌歌手'羽山みずき'の前 [続きを読む]
  • どんしゃん祭と、ゆるキャラ
  • 先日、初めて酒田のどんしゃん祭りに行ってきました。どんなお祭りか全く知らなかったんだけど、やたらゆるキャラがいるな〜遊佐町って書いてある、このマスコット。コメの形してるから「コメオ君」かな?これは酒田のシンボル獅子頭を被ってるから、「シシリアン」で決まりだね。さっきの「コメオ君」の色変わりがいた。コレは女の子バージョンの「オ○コ」ちゃん!?女の子同士、仲良くしようね〜「○メコちゃん」どアップ。これ [続きを読む]
  • 余目の宿題店
  • 人口あたりのラーメン店舗数が日本一の山形県。その中でもダントツで多いのが庄内町の余目(あまるめ)地区。今回その余目で、気になる1軒に行ってきました。定休日が不明で、開店時間も不明。伝説めいた噂が飛び交い、おいらにとって謎の店でありました。のれんに一幸食堂支店とありますが、そこで修行した方が開いた店なのでしょうか。こちらが余目駅前の一幸食堂。基本中の基本、超スタンダードな中華そばが人気です。田村食堂店 [続きを読む]
  • 郡山在住Bさん御用達
  • 去年の10月に開店した、はなまるうどん鶴岡ミ〜ナ店。その隣りに今年の7月に出来たのが、定食の半田屋。全国チェーンですが、今回日本海側で初の出店です。はなまるうどんには何回か行きましたが、実は讃岐うどんなら「丸亀製麺の方が良かったのに〜」って思ってました。半田屋さんの出店は大歓迎ですわ。ブロともブッキ〜ちゃんの話しを聞いてたから、すぐにも行きたかったけど、開店早々の混雑を予想して、3ヶ月遅れの訪問とな [続きを読む]
  • ドローン始めました
  • ネットで家電とか見てたら、ドローンがヒット。高価くて手が出ない商品だと思ってましたが、中国製のおもちゃドローンは手頃な価格なんですね。アマゾンのタイムセールで、新渡戸稲造もとい樋口さん一枚と少々で売り出されてました。思わずポチっちゃった。。(^_^;)届いたのがこちらのMJX-X400W。説明書の書体が、モロ中国製っぽい。ミニドローンってあるけど、差し渡し30センチ超で、けっこう大きい。スイッチ入れると、お腹のLED [続きを読む]
  • 琴平荘 第16期始動
  • 10月1日は琴平荘のシーズン幕開け日。開店前に出来る長蛇の列が秋の風物詩となってます。2時間半前で、すでに20名以上並んでました。(*_*)誰かドローン飛ばしてますね〜花屋さんの車が到着。開店日にお祝いの花が届くのも、毎年の恒例行事になってます。琴平荘で修行した「琴の」からの花でした。「琴の」もメッチャ旨い中華そば屋さんです。開店前の仕込みに忙しい掛神社長。もう駐車場が満杯なのに、次々と車がやって来ます。寒 [続きを読む]
  • マウスゲートタウン
  • ネズミの国は浦安だけじゃないのです。そんな鼠ヶ関の町歩き。まあ早く着きすぎて、サワラ祭りが始まるまで時間つぶしてただけなんですけどね。ポップな絵柄のシャッター、目立ちます。『秋の陽に照り返す祭りのポスターかな』これ全部、貯金箱なんかな〜マルイ旅館。駅のそばじゃないマルイ。旅館の裏側から表に回ります。こちらが正面玄関。昔はよく見かけた建築様式の、下に石をはめ込んだ塀。鼠ヶ関の観光スポットといったら、 [続きを読む]
  • サワラぬ歌手にタタミイワシ
  • 去年から始まった、鼠ヶ関の庄内おばこ鰆祭り。開催の時刻直前に到着した列車からは、大勢のお客さんが降りてきました。実行委員長のあいさつ。せ〜の、で樽酒の鏡割り。振る舞い酒でかんぱ〜い。車で来たおいらは飲めません。その分、食べました。まずは生サワラ丼。次にエビ玉。見た目はたこ焼きと同じなのですが、中にはタコではなくエビが入ってます。キャベツやタマネギも入ってて、エビ(グラタン)コロッケみたいな味。そして [続きを読む]
  • 遊佐で名車・番外編
  • まだやんのかよ、このシリーズ。という声が聞こえてきそうですが、これで最後です。実は、会場内の参加車だけでなく、駐車場のクルマにも、名車が結構ありました。まずは三菱ギャランGTO。セリカと同じようなファストバックスタイルで、後端が少し上がったダックテールが特徴です。ちなみにGTOとは、グレートティーチャー鬼塚ではなく、Gran Turismo Omologato の略だそうです。お次は3代目スカイライン 通称「ハコスカ」コレの派 [続きを読む]
  • ミシュラン☆カップ麺
  • 最近のカップ麺は侮れない。セブンイレブンで売ってるコレなんかそうです。元になった"蔦"は、初めてミシュランで星を獲得したラーメン店として話題になりました。さて、その味は再現されているのでしょうか。(お店で食べてないおいらは判断できませんが)ふたを開けると、乾燥具材、メンマ、液体スープ、調味油が入ってます。乾燥具材だけ入れて、お湯を注ぎます。5分経ってふたを開けたところ。液体スープと調味油を入れてかき [続きを読む]
  • アリエッティの世界に迷い込む
  • 致道博物館で開催中のドールハウス展。※画像は で拡大、以下同。一応の期待を持って行ったのですが、想像以上の精緻さにビックリでした。この素晴らしさは拡大しないとわかり辛いんで、ぜひ画像を してご覧ください。どれも差し渡しが数十センチとは思えないリアリティー。ちなみに今回の展覧会は、写真撮影OKとのことで存分に撮らせてもらいました。これ見ると、本当にパブで一杯やってる気分になります。ハイジが [続きを読む]
  • 酒田ラーメンEXPO2017
  • 今でこそ、鶴岡のラーメン事情も盛り上がってますが、昔からラーメンのレベルは、酒田の方がずっと上でした。そんな酒田で開かれたラーメンEXPO、行ってきました。会場の東北公益文化大学。緑豊かな文教地区にあります。近くに広大な駐車場があるんだけど、間に合わないんだろうね。吉本住みます芸人の三浦友加(鶴岡)と、うっほ菅原(千葉)。後で勝俣州和が来るとのこと。(おいらはその前に帰宅)会場についてすぐ、この列に並びま [続きを読む]
  • 土門拳記念館☆☆
  • いつ訪れても、その構造美に感心する土門拳記念館。ミシュラン・グリーンガイド・ジャポンで星2つなのも納得です。展示室へ向かう通路で、前をゆくマイマザー。開催中の企画展示は、第36回土門拳賞の受賞作でした。・小銭をくわえたカラス 梁丞佑(ヤン・スンウー)※館のHPより転載。「新宿迷い子」と銘された写真集での受賞で、ドキュメントタッチのモノクロ写真が迫力ありました。こちらがメインの展示室で「鬼の目 土門拳の仕 [続きを読む]
  • 遊佐で名車・外国車編その2
  • 山口百恵のヒット曲プレイバックPart2。このブログ記事も外国車編のPart2になります。さて、歌詞の内容に真っ赤なポルシェとありますが、ポルシェって、赤より白が似合うと思うのです。グラマラスなオシリ。安産型ですな〜もひとつオイラのこだわりを述べるとすれば、ポルシェは横から見た姿が一番美しい。ポルシェのライバル、フェラーリはなんといっても鮮やかな赤のイメージ。エンジン(ヘッドカバー)だって真っ赤っ赤。あ、で [続きを読む]
  • 名画とHAHA
  • 酒田市美術館において開催中の特別展が面白そうなんで、行ってきました。※画像は で拡大、以下同。なんと!展示物の写真撮影がOK。(フラッシュ、ストロボはNG)ネットで拡散もOK。なんとブログネタ向きなことよ♪目に覚えがある名画が勢揃いの、この展覧会。名画を見逃すまいと、マイマザーも一緒です。ミレーの チョコボ広井 落ち穂拾い。クロード・モネと母。岐阜に、コレにそっくりなモネの池ってのがあるそうです [続きを読む]
  • 遊佐で名車・外国車編その1
  • 前回の国産車編に続き、今度は外国車の特集です。いかにもクラシックといった佇まいのオープンカー昔アメリカに、デューセンバーグという超高級車がありました。クラーク・ゲーブルやゲイリー・クーパー、グレタ・ガルボ、ウィンザー公等が顧客だったそうです。そんな時代を思い起こします。70年代以降のアメ車は、どれもマッチョなイメージ。今にもレイザーラモンHGが「セイ、セイ」言いながら、運転席から降りてきそうです。(^ [続きを読む]
  • 遊佐で名車・国産車編
  • 6年ぶりに訪れた、遊佐町クラシックカーミーティング。鳥海温泉「湯楽里」前の広場に、国内外の名車が秋の陽光を浴びて勢揃い。おいらは旧車のスタイリングが好きなんです。全体的に今の車より可愛らしい気がするんですわ。 いすゞベレット。若い人は、いすゞが自家用車を作ってたの、知らないかもね〜 日産ローレル。お〜お〜ローレル〜♪ってなCMソングがありましたな。( ´_ゝ`) 8のゾロ目は八の字が末広がりで、縁起が良 [続きを読む]
  • 蔵屋敷LUNA
  • 5月の連休時ですから、もうだいぶ前になります。兄が帰郷していた最後の晩、会食に訪れたのがこちら。昭和通りにある、蔵屋敷LUNAです。↑門をくぐる、マイ マザー。↓庭園を通り、店へ向かう、マイ マザー。江戸時代に建てられた酒蔵を改造した、和食のお店です。ゆっくり寛げそうな待合室。2階の客室席。右上に兄がちょこっと写ってます。まずは前菜。お品書き見ると、よもぎ薄衣揚げ にぎり寿司 蚕豆博多揚げ 鶏松風 よも [続きを読む]
  • 鶴岡市の新しい文化会館がヤバイ!?
  • NHK NEWS WEB 山形版、8月30日付から。どういう事か、かいつまんで申し上げますと、市民1:「完成まぢかの新しい文化会館、なんか壁面がデコボコじゃね?」市民2:「だよな〜莫大な市民税注ぎ込んでアレじゃあね。クレーム付けたろ」市民グループ:「手抜き工事だ!市は説明せよ」…ってな感じになったらしいのです。百聞は一見に如かず、どういう具合か見ないことには始まらないんで、さっそく確かめに行ってきました。場所は市 [続きを読む]
  • クラゲとキノコ
  • 生物には、まったく種が違うのに不思議とソックリなものがあります。クラゲとキノコなんてのもそうじゃないでしょうか。まず両者とも傘があり、体の構造が似ています。 ライフサイクルも似てる気がします。 特にクラゲは動物の生態っぽくない、キノコ寄りの生活してるようですね〜(^_^;)そして、両者とも毒があることで有名です。 そうだ、両者とも暗がりで光るってのも共通。※オワンクラゲ※シイノトモシビタケ食材の面からみて [続きを読む]