CAMくん さん プロフィール

  •  
CAMくんさん: CAMくんのビデオ動画情報・デジカメ撮影日記
ハンドル名CAMくん さん
ブログタイトルCAMくんのビデオ動画情報・デジカメ撮影日記
ブログURLhttp://smileweb.seesaa.net/
サイト紹介文ビデオ動画情報・デジカメ画像紹介。観光・ブライダル・保育園情報など
自由文ビデオ撮影と同時にデジカメ撮影もしている。動画とデジカメ画像で全国に秋田県と各被災地の情報を発信していきたい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供145回 / 365日(平均2.8回/週) - 参加 2010/09/13 14:25

CAMくん さんのブログ記事

  • 箏曲「夕顔」の唄に心惹かれる
  • 箏曲「夕顔」は唄あっての古曲だと思う源氏物語の夕顔の巻で亡くなった女の情念か、何か物悲しく感じる今日は、この曲をより表現するための練習でした 唄は あたり 二重あたり を確実に唄えるようにと奏法では すぐ押し と ゆっくり後押し を指導していただきました箏曲は、ただ楽譜通り弾くのではなく、その曲の楽譜にもいろんな意味があることを改めて知ることが出来ました夕顔の唄に心が惹かれるますます箏曲に夢中になってい [続きを読む]
  • 百田尚樹氏の書いた「日本国紀」とは
  • 捏造報道、偏向報道が多い時代に、何が真実かを知りたい新聞は産経、尊敬するジャーナリストは櫻井よし子氏異常なまでに反日を繰り返す韓国あの太平洋戦争で日本は本当に悪だったのか今twitter で騒がれている百田尚樹氏の本を見ている日本の歴史が覆される本だ何故、この本が嫌がらせを受けているのか全くその意味がわからないこの本見ていると実に興味深い当たり前に私の地元の本屋さんでは売っています反対派もいる賛成派もいる [続きを読む]
  • 「千鳥の曲」を終了し「夕顔」に入ります
  • 新年箏曲稽古始めでしたやっと「千鳥の曲」は卒業です来週からは「夕顔」に入ります昭和59年7月20日終了と自分の楽譜に記載されていたすでに練習を終えた曲でした源氏物語の夕顔の巻を歌曲にしたもので、物静かな寂しい情緒的な旋律だ裏声で唄って下さいとの指導です6月に仙台市で開催される宮城宗家の支部講習会に向けての準備だそうです出雲先生のお稽古場です先生は凄い 唄もうまいし、筝曲の技法も素晴らしいまさに感動です [続きを読む]
  • 音楽は心を癒す(湯沢市月イチ♪コンサート)
  • この日は湯沢市・横手市出身の演奏家の皆さんの月イチ♪コンサートが湯沢市役所で行われました先に「春の海」のブログを投稿しましたが、今回はクラシックの各演奏曲を投稿します三曲目は「バラード」という曲でしたピアノとアルト・サックスのコラボでした4曲目は「悲愴三重奏曲 二短調クラリネット、ファンゴット、ピアノのための」でした5曲目は「アルルの女」第2組曲より「メヌエット」「ファランドール」でしたドラムを除 [続きを読む]
  • フルートとピアノ演奏「春の海」を聴く
  • この日午前中屋根の雪下ろしを〓春の海(フルートとピアノ) この日は午前中屋根の雪下ろしをして午後は湯沢市の”月イチ♪コンサート”へ行って来ました何とお正月の定番曲「春の海」の演奏でした本来ならば箏と尺八ですが、今回はフルートとピアノ演奏でした疲れ切った身体でしたが、心が癒されましたありがとうございました〓ニュー・イヤー・コンサート(バラード:アルトサックス・ピアノ)〓ニュー・イヤー・コンサート(悲 [続きを読む]
  • 先祖代々信仰していた白い狐伝説のあぐりこ神社に参拝
  • 小野家先祖の時代から信仰していた羽後町のあぐりこ神社に初詣「あぐりこ」につかえるたくさんの狐が田畑のなりものを食い荒らす野ネズミを捕まえ、多くの農民を助けたという伝説がある母が嫁いで来たとき小野家には莫大な借金がありましたその借金を完済出来たのはもちろん父の努力もあったでしょうが、母の枕元に尾の長い白い狐が現れたと言う生前母が語ってくれましたぼく達が結婚するときも子供が生まれたときも子供の成長を願 [続きを読む]
  • 総勢家族10名無事年を越せた事に感謝
  • 我が家の年越し、家族10名無事終える事が出来ました今年も一人一人との人間関係を大切にして、筝の技術力とドローン撮影と英会話の向上に努力していきたいと思っています今年もたくさんのお友達とこのブログを閲覧してくれる皆様のご多幸と良いお年をお迎え出来ます事を切に、ご祈念申し上げます近くの八幡神社に初詣 [続きを読む]
  • 母の最期の手記に涙
  • 享年100歳で亡くなった母の手記が見つかる決して字は上手い訳でもないが私たちに感謝の気持ち込めた97歳の時の手記がありましたそれはこんな内容でした「悟 裕子さん長い間身にあまるご親切ありがとうございました私もこんな年になる迄随分と長生きしたものだと今更ながらびっくり致して居ります悟と裕子さんが私を大切にしたおかげだと毎日心で感謝して居りました字を書く事の無い自分にペンを取る事も無く字も忘れ思い切っ [続きを読む]
  • 箏のいろんな奏法の難しさ
  • The Japanese koto is difficult for me.最後の後唄が完璧ではない今年の箏曲のお稽古は、もう一回で終了ですこの「千鳥の曲」は今年中に終わりそうもない先生に押しにもいろいろなタイミングもあるし、離す余韻の音を残さないことの注意を受けましたこんな素晴らしい先生に巡り会えた事に感謝です細かい事だが気を付けて練習しなければならない来週はいろんな裏連の弾き方を教えてくれるとの事です今まで当たり前に弾いていたこと [続きを読む]
  • 消えゆく我が家のライブルーム
  • It was a live room of my home.我が家のライブルームでしたかつては多くの仲間が集まり歌ったり楽器を持ち込み演奏したり毎日賑やかに過ごしていた部屋も来年は古い家と同時に解体されます写真撮影のバックにも使っていましたその後映像編集スタジオとなり各報道局の皆さんの憩い場でした残念ですが古い家に増設した部屋なので解体されます諦めるし下記は長男の小さい頃でした。 [続きを読む]
  • 胡弓演奏で胸が熱くなる思い
  • 野〇〇子先生へ「今日は野〇〇子先生の素晴らしい筝の音色をお聴きし、今後の箏曲練習のエネルギーにしたいと思います」とフラワーアレンジメントを持参そして、いよいよ「小夢の美」舞台が幕を開ける橘小夢の幼少の頃の写真と絵が写し出され、語り手が画家橘小夢のプロフを語り始める。ところどころに筝や三味線、尺八の演奏が入る踊りも入るしばらく語りだけが続けられた自分は心の中で「演出の構成が自分の想像と違う」でも最後 [続きを読む]
  • 語りと箏と踊りと「小夢の美」のチケットを梅屋楽器店で
  • 今日は仕事が休みだったので、秋田市の和楽器店「梅屋楽器店」さんで15日の「小夢の美」のチケット二枚を購入してきました箏曲恩師で生田流宮城会大師範「野口裕子」先生の筝の音色が、やっと仕事の休みがとれ聞けます画家「橘小夢」は秋田市に生まれ大正四年から昭和初期まで押し絵や版画家として活躍した60代で妖艶な美人画や遊女の鬼気迫る美しさを描いた最近になってこれらの貴重な作品が見つかったこれらの絵を背景に語りと筝 [続きを読む]
  • 箏曲「千鳥の曲」は難しいですか
  • 今、筝曲先生のお稽古場で「千鳥の曲」を練習しています昭和60年10月26日に完了つまり、この時に、その全ての練習を終えたことになるあれから30数年が経ち今年の八月から再び始めた筝曲でしたが年齢と共に指が言うことを聞いてくれません楽譜も何とか読めるようになりましたが基本が全くダメですたとえば、シャシャテン、コーロリンなど強弱が全くダメなんです後「千鳥の曲」には唄がありますその唄と弾きの音が同じではな [続きを読む]
  • おぉ リアル!本物の幼虫やクワガタみたい
  • ボクたち高校のときはアイスドリアンが流行っていましたここ横手市小松屋本店では幼虫お菓子やクワガタチョコなどが販売されています他にはちのこモゾモゾやかぶと虫ケーキなどもあります子供たちは喜ぶと思いますよ尚、ここでは普通のケーキやお菓子そして和菓子なども店頭で販売していますよクリスマスケーキやお誕生日ケーキなども予約承っていますよ小松屋本店FBをご覧ください〓超 リアル!(幼虫お菓子・クワガタチョコ) [続きを読む]
  • 社中の皆さんと筝曲合同演奏会でした
  • 先日、先生のお稽古教室で社中の皆さん15名で合同演奏会でした番外として私と先生と二人で「千鳥の曲」を演奏しました他の人たちで他2曲を演奏してくれましたしっかりとビデオは撮影出来ましたが自分と先生との合奏は手違いで撮影出来ませんでした終了後は場所を移して料亭「はせ川」で初顔合わせと懇親会をやりました志を同じくする者同士話は尽きない位あっという間に時間が過ぎてしまいましたまた参加したいですね先生お稽古場 [続きを読む]
  • 箏独奏で日本舞踊三人舞が
  • 平成13年の藤間流日本舞踊のステージ発表でした箏独奏音声をデジタル処理調整し横手市内の旧建造物、観光地、老舗旅館の画像を織り交ぜて一か月をかけて編集しました箏演奏者は不明です素晴らしい演奏と唄でした映像の乱れ等は、これらの画像によりカバーしています日本舞踊や箏愛好家の皆さんにご覧になっていただけたらと思いますFBよりhttps://www.facebook.com/profile.php?id=100014716779319下記写真は映像から抜粋しまし [続きを読む]
  • 横手市再発見(石坂洋次郎記念館)
  • 「山と川のある町」石坂洋次郎記念館を訪れて昭和29年「何処へ」(松竹:佐田啓二・岸恵子)舞台:横手中学校(現横手高等学校)旧横手高校図書館にて昭和32年「山と川のある町」(東宝:宝田明・幸村いずみ)舞台:横手女学校(現横手城南高等学校)懐かしい横手市の写真がたくさんありました館内は撮影禁止でした下記写真は私の母校卒業アルバム昭和46年卒と叔母の卒業記念アルバム昭和18年度と石坂洋次郎資料からでした [続きを読む]
  • 素晴らしい筝曲演奏を後世に伝えたい
  • 筝をいつもいる居間に持って来てからかなり練習量が増えた気がするいつも思う事だが地元に長年住んでいて箏曲演奏なんて今年になって湯沢市で生田流正派の皆さんの演奏を聴くまでは過去30年もの間一度も聴いたことがありませんでした地元の小中高でもどれだけ和楽器の普及に努めているか疑問だ私の先生も箏曲のステージ発表はしばらく行わないとの事ギターやピアノの弾き語りやバンド演奏や合唱なら数多く横手市ではイベント会場 [続きを読む]
  • 教育勅語は日本人としての道しるべ
  • 先日、大仙市角間川の旧本郷家に家内と子供と三人で行って来たこの家には1881年、9月19日 137年前に 明治天皇が座られた玉座があるボクは兼ねてから亡き父と親交のあったこの家について明治天皇はお泊りなった家とは、すでに父から聞いていたまずこの家の歴史は後から述べることにして明治天皇と言うとあの「教育勅語」が思い出されます教育勅語は明治天皇の名のもとに明治23年(1890)10月30日に発せられた今後に日本の [続きを読む]
  • 我が町の木戸五郎兵衛村の雪囲い
  • 江戸〜大正時代の茅葺き民家4棟(市指定有形文化財)が移築、復元されていますここでは、毎年かまくら撮影会が行われます各民家は各種行事、会議や総合学習等にご利用いただけますかつては、僕達中学校時代の同級会もここでやったこともあります大正・昭和の映画やTVドラマロケでも利用出来ます〓木戸五郎兵衛村雪囲い(秋田県横手市雄物川町) 〓木戸五郎兵衛村(横手市雄物川町) 〓木戸五郎兵衛稲荷神社と木戸五郎兵衛村〓Bushi [続きを読む]
  • 家内が作る川がにの味噌は
  • 正に母から嫁に引き継がれた味でも、地元に人たちでもその作り方または食べたことの少ないのには驚きます海のかにと違って身は少ないが出しが良く特に、この川がにの味噌が美味しい亡き父母も大好きだった料理の仕方は人それぞれだが家内の作った川がにの味噌は高級料亭に出しても決して恥ずかしくないほど味だ〓Bean paste of a river crab / 我が家の川かにみその作り方HD [続きを読む]
  • 豪雪に備えた庭の雪囲い
  • 毎年の事だが、今年も庭と家の周りの雪囲いをやる時期がやって来ました雪国ならではの冬支度今までは専門の知人に頼んでいましたが、今年は家内と親思いの優しい息子と3人で仕上げました仕事場での各家々の庭先の囲いを見て勉強し模範にしながらの囲いでしたかなり頑丈に囲いましたこれで何とか一冬は越せそうですこんな立派な庭果たして子供たちが受け継いでくれるでしょうか〓木戸五郎兵衛村雪囲い(秋田県横手市雄物川町) [続きを読む]
  • 田舎の風景のあぜ道
  • あぜ道(The country landscape of the Japanese autumn.)横手市街地から20km以上も離れている山間部です私の仕事場です何かこの風景ほっとしますでも、これから雪が降りますそれに一人暮らしの高齢者の方もいます寒くなると大変だろうね大きい昔造りの家に入るのってどんなにか寒いでしょうどうか足元に気を付けて下さい [続きを読む]
  • ある村(横手市雄物川町二井山)
  • 横手市雄物川町二井山部落には美しい自然の風景がある由来は明らかではないが、かつての源氏と平家との戦いで源氏の落ち武者が移り住んだという説もある冬は裸参りと夏は神楽という伝統行事があったが、神楽は後継者不足から平成22年から行われていない人間の情味に溢れた思いやりの心を持っている少子高齢化の波が確実に押し寄せている大正7年8月に横手〜沼館間を開業した横荘線鉄道でしたその後昭和3年11月に、この二井山 [続きを読む]