札幌 教会 チャーチ・オン・ザ・ロック COR さん プロフィール

  •  
札幌 教会 チャーチ・オン・ザ・ロック CORさん: Church On The Rock (札幌の教会)のブログ
ハンドル名札幌 教会 チャーチ・オン・ザ・ロック COR さん
ブログタイトルChurch On The Rock (札幌の教会)のブログ
ブログURLhttp://cor1618.blogspot.com/
サイト紹介文札幌の教会「チャーチオンザロック(Church On The Rock )」のブログです。
自由文ホームページは
http://www.cor-web.org/
です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供92回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2010/09/14 17:18

札幌 教会 チャーチ・オン・ザ・ロック COR さんのブログ記事

  • マナドに見る希望
  • インドネシアは、世界最多のイスラム人口を誇る国です。しかし、その国に人口の70%がクリスチャンであるマナドがあります。これは、異教の国である日本にも、大きな希望をもたらせてくれます。神は、マナドを愛しています。神は、インドネシアを愛しています。神は、全ての国々を愛しています。ヨハネの福音書16章33節 [続きを読む]
  • 警告・悔い改め・救い 
  • 11月21日、アメリカは北朝鮮をテロ支援国に再指定しました。北朝鮮はブッシュ政権時、2008年に核施設凍結(冷却塔の爆破)を条件にテロ支援国指定が解除されました。もちろん、アメリカをだましただけですが、それがトランプ政権で約9年ぶりの再指定となりました。どれ位の効果があるか、また、指定した理由全てが正しいかは、誰にも分かりません。しかし、北朝鮮が日本人を拉致したままであること、兄弟をマレーシアで暗 [続きを読む]
  • 土から土へ
  • 札幌ラーメンといえば、ラードがこってり、味が濃厚というイメージがあります。僕が好んでいくラーメン屋は、無添加や無加調や油が微量のところです。十年以上前になりますが、ドイツに、ある社会問題が起こりました。添加物を取る現代人の遺体が土にかえらないのです。聖書は、罪のゆえに肉体が、土からとられ土に帰るという、誰もが避けられない原則を教えてくれます。しかし、福音には、永遠のいのちという希望があります。創世 [続きを読む]
  • キリストにつくバプテスマ
  • それは、ほんの一瞬のことです。新しい命が、母の胎から生まれる瞬間と同じように。古い自分に死に、主キリストにつく洗礼。その場所は、喜びと祝福に溢れ、人々は主をほめたたえます。それは、新しいいのちは永遠だからです。ローマ人への手紙6章3〜4節 [続きを読む]
  • 賛美する〜Here as in Heaven
  • 教会は、建物のことではありません。イエス様は、わたしの名によって集まる所にいると語りました。それは、この地上に天が触れ、現される場所となります。1)この場所が変わる 主の霊により 今  しるしが現れ 主の御霊がここに*あふれ流れ 心満たし 愛が包むあなたに会うために ここに 愛が包む御霊が我が上に 臨在求めみこころ 天と地でなされるように奇跡が起こる 主の霊により 今しるしが現れ 主の御霊がここに [続きを読む]
  • 香港にある日本人幼稚園
  • こひつじ幼稚園に行きました。園長夫婦は、神からのミッションとして、この幼稚園を立ち上げました。賛美を歌い、みことばの暗唱、運動会のBGMもワーシップでした。こんな幼稚園、日本にもほしい!と強く思わされました。伝道者の書12章1節 [続きを読む]
  • 主の恵みはとこしえまで
  • 今回、香港に母親が一緒に行きました。元々旅行好きでしたが、17年間父親の自宅看護をしていたのでどこにも行けませんでした。82歳にして新しくパスポートを所得し、僕のマイルで、人生初のビジネスクラスを体験しました。そして、海外での宣教にも初めての同行でした。主は、いつも良い御方です。詩篇106篇1節 [続きを読む]
  • 召しにふさわしく
  • 香港にあるインドネシア人教会です。(YHSCHURCH)牧師は、わずかな中国語と英語しか話せません。また、香港在住のインドネシア人は限られています。しかし、困難な中でも働くことこそが本当のミッションです。エペソ人への手紙4章1節 [続きを読む]
  • 食料自給率
  • 70年前砂漠だったイスラエルの食糧自給率が90%超と驚くべき数字です。日本は39%と、とても低い数字です。(以前は80%台の時もありました)日本人の関心は、富と商売に向く傾向があります。(欧米からエコノミック・アニマルと呼ばれた時代がありました)ここから、見えることは、日本は食べる為に働かなければならない国であるということです。つまり、国も物質面でも豊かになったように思えますが、国民の意識は、戦後 [続きを読む]
  • 悪霊から解放する
  • 聖書学校の学生から質問(以下Q)に、返答(以下A)しました。Qなぜ、それ程までに悪霊と戦う必要があるのですか?A戦いではありませんが、追い出して人を解放するためです。Q恐れはありませんか?A悪霊の方が、イエス様の権威を恐れている側です。Q日本の全てのクリスチャンが、その権威を受け取っていますか?A個人的には、僅かな人しか受け取っていないと思います。Qいつでも、どこにでも悪霊がいる所に行くのですか?A [続きを読む]
  • 誘惑に勝利する
  • 誘惑は、耳に甘くて、正当化しやすい内容からやってきます。しかし、気付いた時には、自分の欲を満たした後で、どうにもならない状態になっています。自分の耳には、甘い言葉(あるいは考え)でも、これが、神の栄光を現すか?あるいは、人がイエス様を信じることにつながるかを祈ってみましょう。ある牧師から質問(以下Q)を受け、返答(以下A)した会話です。Q誘惑を受けることはありますか?Aはい、あります。Qその時はど [続きを読む]
  • Sing, sing, sing 主を賛美する
  • コラの子たちは、声を上げ神に叫びました。今日の教会も、イエス様の御名を叫びます。*Sing, sing, sing 天の賛美奏でる  Sing, sing, sing  あなたは聞かれる  叫べ イエスの御名を天と地が今 礼拝捧げ皆ひれ伏す 神の御子イエス あなたに解放与え 導く光燃える炎 神の御子イエスあなたのため生きる*Sing, sing, sing 天の賛美奏でる  Sing, sing, sing  あなたは聞かれる  叫べ イエスの御名を詩篇47篇1〜2 [続きを読む]
  • 東京に住み一年
  • 僕が住んでいる東京です。一年前に来ましたが、大きな変化がありました。メインの空港が、羽田になりました。ベースの教会は、広尾にあります。自宅には、蚊張と浄水器を用意しました。主とともに住むなら、どこでも喜びが溢れています。詩篇27篇4節 [続きを読む]
  • 三つで一つ
  • イエスがキリスト(油そそがれた救い主)であるとあかしするものが三つあります。それは、聖霊と水と血です。成人の体は60%が水で構成されています。そして、血は命そのものです。また、聖霊様は、まことのいのち(永遠のいのち)そのものです。御子キリストは、人間と同じ姿、性質でこの世界に遣わされました。ここに、神の愛があります。ヨハネの手紙第一5章6〜8節 [続きを読む]
  • 聖霊に満たされたなら
  • クリスチャンが、聖霊に満たされているなら、それは誰の目にも明らかにされます。自分は、聖霊に満たされていると説明する必要はありません。なぜなら、恐れることなく、力と愛と慎みに満ちるからです。テモテへの手紙第二1章7〜8節 [続きを読む]
  • なだめの供え物
  • インドと中国は、最多人口1位と2位、そして軍事力でも、世界3位と4位と競う関係です。また、印僑と華僑は世界中に拡がり、日本とはかけ離れた思想と文化を築いています。インドのヒンドゥー至上主義、中国の共産主義がクリスチャンの迫害と弾圧の元凶です。それにもかかわらず、インドの人を愛することができ、中国の人と友情を築くこともできるのは、なぜでしょう?それは、神が支払った代価が、全人類のためだったからです。 [続きを読む]
  • 信ずることを分かち合う
  • チャーチオンザロックで、キリストの弟子たちと分かち合っている内容です。「キリスト者であるがゆえに、受ける苦しみもある。この世界では、全く不思議ではない。神の前に、正しいなら自己弁護をする必要はないしかし、間違っている者たちに自身をゆだねてはならない。無駄死にはしない。イエス様も人間にまかせることはなかった殺そうとした連中の真ん中を歩いて離れた。しかし、死に至るまで忠実であること。神からのいのちの冠 [続きを読む]
  • 聖霊によって祈る
  • 北朝鮮が、核実験を成功させたと公言し、ミサイル発射もエスカレートさせる一方です。アメリカは、北朝鮮の20〜30倍と言われる攻撃能力を持っていますが、それでも開戦することは簡単ではありません。日本に防衛能力が無く、韓国は自国に被害が及ぶことを恐れ、日米両国と一致出来ません。このように両国が人質状態であることも理由の一つでしょう。アメリカの前オバマ政権を称賛し、現トランプ政権を憎み非難し続ける人たちは [続きを読む]
  • 埼玉にある家の教会
  • 8月14日に2回目の礼拝が捧げられました。1度目は体調不良から食事も水も取れなくなった女性がいやされ、2度目には、それを見た家族全員が参加。驚くべきことは、2か月前に祈った男性でした。彼は重度の糖尿病から、長年、車いす生活を強いられていました。しかし、一本の杖をつきながら歩いて来たのです。糖尿の数値も良くなったので、足の感覚が戻り、自転車にまで、乗れるようになりました。ペテロの手紙第一2章24節 [続きを読む]
  • 主を賛美する〜Great are You Lord
  • 神様が、人を創造された時、神の息(霊)によって生きるものになりました。そして、創造主は私たちに必要なものすべてを与えて下さいます。 いのち 光 愛を与える希望 いやし 壊れた心にGreat are You Lord*神の息が 私の中注がれあなただけに 心からの賛美を全地は叫ぶ 乾いた骨さえGreat are You Lord創世記2章7節 [続きを読む]
  • 生きるにも死ぬにも
  • 毎月、神戸の礼拝でお会いしていた林良三お父さんが天に召されました。朝にメールで知り、その日の前夜式に間に合うように向かいました。学校と会社の夏休みである、8月15日のため困難と思われましたが、スカイマークの一席だけが空いていました。前夜式と召天式ともに、3分の2以上が未信者の方々でした。お父さんが、洗礼の時に準備した手紙が朗読されました。そこには、自分の生い立ち、イエス様を信じた経緯、日本人の問題 [続きを読む]
  • 主イエスキリストのゆえに
  • 多くのクリスチャンが、自分の弱さや罪深さに悩みます。それは、聖書に登場する神の人たちも同じです。ローマ人への手紙は、その悩みに対する完全な答えを与えて下さっています。パウロも、7章で心の律法とからだの中にある罪の律法が戦っていると告白しています。そして、私ではなく、主イエスキリストのゆえに感謝しています。完全な答えとは、主イエス様が律法を成就し、信仰による救いを与えて下ることです。ローマ人への手紙 [続きを読む]
  • ビリー・グラハム・ライブラリー
  • シャーロットには、歴史に残る伝道者ビリー・グラハムの名前が着いた道路があります。また、空港に到着するとバゲッジクレームにあるモニターには、ビリー・グラハム・ライブラリーの案内が映し出されます。ライブラリーという名称ですが、実際には博物館でした。生まれ育った家も、天に召された妻の墓も敷地内にあります。神様は、一人の人を通して大きな御業を成し遂げられました。申命記32章30節 [続きを読む]
  • アメリカにあるインドネシア人教会
  • ロサンゼルスに移動し、土曜夜のユースミーティングと日曜は2か所の教会でメッセージをしました。アメリカには、インドネシア人教会が沢山あります。一つ一つの群れは小さいですが、ダニエル牧師は、毎週4カ所の教会を牧会しています。様々な面で困難なはずですが、信仰によってポジティブに、また、賛美の賜物に満ちた礼拝でした。幾つかの教会が、空いている時間に場所を提供してくれています。今回、アメリカの教会を見直すこ [続きを読む]