ことなりままっち さん プロフィール

  •  
ことなりままっちさん: ぴあのすく〜るSan’s 教室ぶろぐ
ハンドル名ことなりままっち さん
ブログタイトルぴあのすく〜るSan’s 教室ぶろぐ
ブログURLhttps://ameblo.jp/pianoschool-sans/
サイト紹介文愛知県あま市甚目寺のピアノ教室、「ぴあのすく〜るSan's」の教室ブログです。
自由文レッスンの記録や「ピアノレッスン」に関するトピック、教材研究やセミナー、行事などについて書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供226回 / 365日(平均4.3回/週) - 参加 2010/09/15 15:33

ことなりままっち さんのブログ記事

  • 「音大に行くの?」と言われるけれど
  •  次女が中学に入ってもピアノを続けており、吹奏楽部でユーフォニアムを吹いている話をした時に、「nちゃん(次女)音大に行くの?」と質問されたことがあります。私は、「いやぁ〜、それはどうかなあ。本人そんなこと考えてないと思うよぉ」と軽く返したのですが、その質問をした方は「だって、中塚さんも音大卒だし、nちゃんちょっとは考えてるんじゃ?」と更に食い下がってきました。「まだ中学生だしね〜」と、”その話はお [続きを読む]
  • アンジェラ・ヒューイットのバッハ
  •  バッハはずっと苦手意識を強く感じる作曲家でした。はじめて弾いたのは、現在「ペッツォルトのメヌエット」と言われている、BWV Anh.114のト長調。その時は、苦手意識をまだ感じませんでした。 ただ、小学生だった私は、バッハの曲が面白いか面白くないかと聞かれたら「別に」という答えを返すほど、そんなに興味はなかったのです。自分の生きている時代からは、おそろしくかけはなれた時代の音楽だから、実感がなかったんで [続きを読む]
  • 風邪にご用心
  •  小学生の生徒さんと、付き添いのお母様がマスク姿でレッスンにいらっしゃいました。聞けば、風邪を引いてしまったとのこと。 レッスン中も、生徒さんは鼻水がマスクの中でたれたままになってしまうのが気になり、集中してレッスンを受けることができませんでした。 つらそうな様子、見ていてこちらも気の毒に感じました。 ・・・と、思ったら、今朝から私も喉がちょっと痛いです。「しまったなぁ」と思いました。   朝晩と [続きを読む]
  • 隠れた名曲がたくさん!「ピアノ・スプラッシュ!」
  •  「わかーるピアノ」や「アルフレッドピアノライブラリー」を活用しはじめて、アルフレッドの訳者である田村智子先生とFacebookを通じた交流が生まれました。田村先生はとても勉強熱心でキャラが面白いので大好きなのですが、田村先生の訳されたこんな曲集も持っています。 「ピアノ・スプラッシュ!」という2冊のシリーズ。 私がカワイを退職して、実家でほそぼそと教えながら予備校の職員をやっていた頃から10年ほど教えた [続きを読む]
  • 伴奏お疲れさま!
  •    「劇の伴奏をすることになった」2人の生徒さん。同じ小学校、同学年、クラスは別です。発表が終わり、レッスンに来た時にお母様方より、当日の動画を見せていただきました。 長めの伴奏を暗譜で弾ききった生徒さん、堂々と伴奏していた生徒さん。ほかに、指揮をした生徒さんもいました。 みんな頑張ったね?? 「ぴあのすく〜るSan's」のLINE@ページご利用ください。 LINE@から最新情報などお送りします。 教室と [続きを読む]
  • 「伴奏に必死になっちゃうんです」弾き歌い、あるある
  •    幼児教育専攻、大学1年生の生徒さんの、レッスンでのお悩み相談です。 大学では、「童謡の弾きうたい」を授業でやっていますが、歌だけ、ピアノだけ、なら、なんとかできるようになってきたものの、弾きながら歌うと伴奏に必死になってしまうのだそう。 「あるある」ですね。この生徒さんは、ピアノを習い始めて1年近くになる初心者の方ですが、ピアノ経験があっても弾き歌いの経験をしてから幼児教育系の学校に入学する学 [続きを読む]
  • 夏休み おけいこ表2018 がんばりました!!
  • 今年も、夏休み中の練習モチベーションを下げないために「おけいこ表 2018」バージョンを配布しました 配布は、7月のクラスコンサート。今回はこどもクラスの小学生たちばかりでなく、保育教職コースのおねえさんも参加してくれました。ありがとう! みんなが提出してくれたおけいこ表は、現在ラミネート加工されて教室に掲示されています。いつも付き添いをされない保護者様もぜひ、ご覧になってください。(掲示は11月末ま [続きを読む]
  • 「1からがっつりレッスンはしない、伴奏指導」〜生徒の自立を考えて〜
  •  今年度は、伴奏オーディションについて、話を聞いているだけで3名の生徒さんが合格して頑張っています。 振り返ってみたら、私の場合は伴奏のオーディションでも、「全然わからない〜」という子を手とり足取り、一から指導した経験はないな、ということに最近気づきました。これは、伴奏をするということを生徒たちが「誇りを持てる、素晴らしいこと」と捉えており、だからこそ自分の現在の力を冷静に見て、「頑張ったらできる [続きを読む]
  • ピアノは「教養」〜こどもはどんな方に転ぶかわからないから
  •  「保育教職コース」を開講してからは、1回のみのレッスンの方を含め、30名ほどの学生・現職の方や資格を目指す方のレッスンをしてきましたが、比率で言うとピアノ経験者よりも、初心者の方が多いんです。学校に通って授業を受けた分はレッスンとして含んでいませんので、大体、8割以上の方が未経験者の方ということになります。 自信を持てるようになった子もいますが、最後のレッスンまであまりピアノが好きになれないままお [続きを読む]
  • 「伴奏オーディション合格したよ!」の生徒さん続出!
  • 我が教室の新・「看板娘」、ステージ大好き生徒さんから、先日レッスンの時に相談されました。「オーディションがあるので、聴いてほしい」 他の子が合唱伴奏などのオーディションに受かった、という話を聞いて、「いいなぁ〜」と言っていた彼女。なかなか学校で募集がなく、今回は初めての挑戦で合格という報告をいただきました。総合学習発表会の本番は来月。新たに間奏が付け加えられたと、楽譜を持って来ました。頑張ってい [続きを読む]
  • 「この曲、気に入った!」おもしろ男子くんの感性に訴えかけた曲
  • 教室移動で入ってきた、「おもしろ男子くん」高学年です。ちなみに彼の名誉のために申し上げておきますが、いつもおもしろおかしいわけではありません。 彼のどんなところが「おもしろ男子」なのかというと・・・というのが、今回の記事です。移動してきたときは、「バイエル下巻」1冊をやっていました。お母様から、自分の意思でピアノを習いたいといったので始めましたと伺っていたにも拘わらず、全く楽しそうに見えなくて「や [続きを読む]
  • 【教室イベントご紹介】ハロウィンガチャガチャイベントやってます
  •  2013年から「ハロウィンイベント」を教室で行っています。 今まで教室にハロウィンのかぼちゃバッグをおいて、その中にあるお菓子をとってもらっていましたが、今年は写真のとおりのお楽しみイベントを行っています。KALDIで見つけたボックスです。 「ぴあのすく〜るSan's」のLINE@ページご利用ください。 LINE@から最新情報などお送りします。 教室とやり取りするまでお名前はわからないのでご安心を。 お問い合わせ・ア [続きを読む]
  • 小4スタートさんたち2年目、こんなことができるようになりました!
  •  小学生になってからピアノを始めても本当に大丈夫ですか?というご質問を、時々いただくことがあります。今回の記事は、昨年入会の小4スタート(現在小5)生徒さんたちがどんな感じで進んだか、という記事です。<小4春スタート、Pさん>面談のときのレッスン体験で使った「オルガン・ピアノの本」の反応がとてもよかったので、「オルガン・ピアノの本1」からスタートしました。入会前にお母様から、楽器購入のご相談を受け [続きを読む]
  • 「笑顔の練習」をしていた頃、笑えなかった私
  •  今年の春、専門学校を卒業して社会人になった長女。中学生の次女。2人の娘の、母です。 20代後半まで私は「結婚しないだろう」と思っていました。 出会いらしい出会いは、ほぼゼロ。ナンパしてくる男性には、「は?」と睨みつける。そんな女子でした。 結婚できる相手がいるならしたいな、でもいないだろうなと思いながら、親に言われてしぶしぶ、今で言うところの「婚活」をしていた時に出会ったのが夫です。 結婚とほぼ [続きを読む]
  • 「これからよろしくね!」久しぶりに幼児ちゃんの初レッスンです
  • ここ3年くらい、小学生スタートの生徒さんの入会が多かったのですが、久しぶりに幼児の導入レッスンを始めようと考えました。 そのため、「ぴあのすく〜るSan's」が賛助会員をしているNPO法人「ママ・ぷらす」さまのご協力により、5年くらい前に実施していた「レッスンモニター生」を幼児対象にて今季は募集しています。 今回入会してくださった年少さんの生徒さん。ピアノは初めて、ママは経験者です。 何を使おうかな?どんな [続きを読む]
  • ピアノを習うことに、男女の違いはありますが・・・
  •  とある相談掲示板に、なかなか興味深いと思える内容の質問が載っていました。 <現在幼児の息子がピアノをやりたがっているが、自分がためらっている。   男の子にピアノを習わせる心得のようなものはあるのでしょうか> お母様からのご相談です。ピアノの先生をしていると、たまに相談を受ける内容と言えるので、今回ちょっと取り上げてみようかなと思います。 まず、ピアノを習うことについて、男女での違いは、ないわ [続きを読む]