前田泰章 さん プロフィール

  •  
前田泰章さん: 心理カウンセリングで「心の悩み」をストレッチ!
ハンドル名前田泰章 さん
ブログタイトル心理カウンセリングで「心の悩み」をストレッチ!
ブログURLhttp://www.kokoro-str.jp/
サイト紹介文埼玉県川越市の心理カウンセリングルーム。プロの心理カウンセラーがあなたの「心の悩み」をストレッチ!
自由文埼玉県川越市の心理カウンセリングルームです。
心理療法の技術を用いて、短期間で完了するセラピーを行ってるのが特長です。誰にも相談できずに悩んでいるあなた、お気軽にご相談ください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供69回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2010/09/16 14:55

前田泰章 さんのブログ記事

  • いい思い出を残し、イヤな思いでは忘れる
  • いい思い出をいつまでも大切に心の中にしまっておくことは、幸せに生きていくための一つのコツになります。成功した思い出、よき友との楽しい時間を過ごした思い出、現在のパートナーとの出会った時の思い出 など、そのようないい思い出は、これからの人生を歩んでいく励みになります。ですから、いつでも記憶にとどめておくほうがいいのです。ただし、人生は楽しいことばかりではありません。悔しいこと、心が傷つくこと、落ち込 [続きを読む]
  • ご予約状況2018年5月
  • 4月←【2018年5月】ご予約状況→6月■表の見方(基本的には毎日更新しております) 空白:ご予約可   ×:済み、受付終了    休:休日    2018/5日月火水木金土 1234510:30〜 ×× 休×休14:00〜 ×休 休18:00〜 休 休20:00〜 ××休 休 678910111210:30〜×× ××14:00〜× ×××18:00〜 ×&t [続きを読む]
  • 自分から相手に話しかける
  • 人間関係が苦手という人の中に、「こちらから話しかけるのが苦手」という人がいます。だからといって、話さなくてもいいやと、割り切っているわけではないようです。特に初対面の人と話すときは、緊張してしまいます。誰と話しても、相手を怒らせることなく、積極的で、なおかつ好感を持ってもらえるような話し方ができる人は、どこへ行っても通用する人材として重宝されます。飲料メーカーの営業をしているCさんは、人当たりがい [続きを読む]
  • 怒鳴る人は、無関係な人を苦しめる
  • 路線バスでのこと。ある学生がバスを降りる番になって、千円札を両替しようとしたとき、運転手の怒鳴り声がバス中に響き渡ったそうです。「どうしてバスに乗る前に小銭を用意しておかないんだ! オマエのせいでバスが遅れるんだぞ。人の迷惑を考えろ」と。バスに乗り合わせていた人は、自分が怒鳴られていたわけでもないのに、その日一日、嫌な気分だったそうです。「たしかに運転手さんの言う通りだけど、 どうしてあんなにどな [続きを読む]
  • 恩きせがましい言葉は相手の重荷になるだけ
  • お世話になった恩人に対して、「あのとき、○○さんが仕事を紹介してくださったおかげで、 今の私があります」という感謝の気持ちを伝えることは、相手を喜ばせます。しかし、自分がこの逆の立場で、相手をお世話してあげたときに、「君が、今の仕事で成功しているのは、 元はと言えば私のおかげだよね」というような恩きせがましい言葉を使ってはいけません。お礼は催促してもらうものではないからです。起業家のMさんは、二十 [続きを読む]
  • グチばかりの人は、「ウサ晴らしノート」が必要
  • 「たまにはみんなで飲んで歌って・・・」と無礼講で楽しんでいるときに、ひとりグチっている人は、場の空気が読めない人と「認定」されます。仕事への不満や職場の人間関係について、だれだって言いたいことは多かれ少なかれある。けれども、今は胸の中にしまいこんで、宴会を楽しむ。それがみんなの気持ちです。そういう空気を察することもなく、自分だけが仕事で苦労しているかのようなグチは、せっかくの場をシラケさせ、当然、 [続きを読む]
  • ほめ言葉のつもりでも女性を怒らせる言葉
  • 「何の悪気もなく言った言葉に対して、 なぜか女性が怒り出してしまうことがある」という悩みを持つ男性がいます。男性と女性では、考え方に大きな違いがあります。男性はほめ言葉のつもりで言っているのに、言われた女性のほうは気分が悪くなってしまう言葉もあるのです。ある会社で部長職にある男性の話です。この部長は、新入社員の女性たちをほめるつもりで、「今年の新入社員は美人で美しいなあ」「○○さんは足がキレイだか [続きを読む]
  • 自分の状態を知る
  • 感情をコントロールするときに最初にしなければいけないことは、自分の状態を「知る」ことです。ダニエル・ゴールマン氏の著書で有名になった「EQ」の考えの中でも、最初の項目は、「自分の感情を知る」というものです。そもそも自分の感情を知らなければ、コントロールすることはできません。まずは、自分の感情をモニターしてみます。「自分は今、かなり腹が立っていて冷静な状態じゃないな」「今、ひどく落ち込んでいて気分が沈 [続きを読む]
  • ご予約状況2018年4月
  • 3月←【2018年4月】ご予約状況→5月 ■表の見方(基本的には毎日更新しております) 空白:ご予約可   ×:済み、受付終了    休:休日    2018/4日月火水木金土 123456710:30〜 ×××××××14:00〜 ×××××××18:00〜 ×××××××20:00〜×××××&t [続きを読む]
  • なぜ相手の話を聞くのか?
  • 「人を動かす」などの著作で有名なアメリカの思想家、デール・カーネギーは、「人の話しを聞くことにより、人生の80%は成功する」と言っています。人は誰でも、「自分の話を真剣に聞いてほしい」という思いを持っています。話すのが苦手という人でも、気兼ねなく話せる相手の前でおしゃべりになるのは、そのような心理が働いているからです。相手が話しているときに、「うんうん、なるほど」と相づちを打ちながら、相手の好きなよ [続きを読む]
  • 「Aさんに比べてBさんは」という褒め方が、人間関係を悪くする
  • 「こんないいかげんな仕事をして、あなた、 ほんとうに大学出てるの?学校で何を勉強してきたの?」とののしったのでは、売り言葉に買い言葉、「じゃあ、会社、辞めます」ということにもなりかねません。とくに同僚たち「ギャラリー」のいる仕事場では、そういう展開になりやすいものです。注意しなければならないのは、「叱る、時と、場所」です。カッときてワァーと怒鳴りつけるのではなく、少しだけ考えてみてほしいのです。も [続きを読む]
  • 自慢話ばかりは楽しくない
  • いつも自分の話ばかりするタイプの人がいます。こういう人は、自分のしている話の内容によくよく注意を払わないと、相手を怒らせてしまうことがあります。「自分の失敗談をおもしろおかしく話したら、 周りの人が大笑いしてくれた」この場合は、聞いている相手を喜ばせているので、自分の話ばかりでも、さほど問題はありません。しかし、これが自慢話となると、途端に相手を不快な気持ちにさせてしまう可能性が高まります。「キャ [続きを読む]
  • ご予約状況2018年3月
  • 2月←【2018年3月】ご予約状況→4月 ■表の見方(基本的には毎日更新しております) 空白:ご予約可   ×:済み、受付終了    休:休日    2018/3日月火水木金土 12310:30〜 ×××14:00〜 ×××18:00〜 ×××20:00〜 ××× 4567891010:30〜×××××××14:00〜×&ti [続きを読む]
  • 親しい仲だからこそ大切に
  • 日本では、「親しい間柄の人には何を言ってもいい」と勘違いしている人が多く、家族や友人に、自分の感情をそのまま言葉にしてしまう人が少なくありません。しかし、それをしてしまうと、関係は崩れやすくなります。夫婦間で、言ってはいけないことを言ってしまって、結果的に離婚する人たちがけっこういます。「夫婦だからいいじゃないか」という油断が、そのような軽はずみな言動を起こさせているのでしょう。アメリカでは、夫婦 [続きを読む]
  • KY上司は部下にストレスをかける
  • 野球の監督というのは敏感に「ベンチの空気」を読んで、そのつど対応できなければ務まらないものだそうです。連敗が続いてベンチに湿った空気があるときは、明るい雰囲気を演出することも必要です。「試合の結果については、すべて私が責任をとる。 君たちは失敗を恐れずにやれ!」といってやる。これで選手にのしかかっている重圧は取り払われます。試合の展開によってもベンチの空気は刻々変わっていきます。その場、その場の空 [続きを読む]
  • 決めつけ口調で話す人は嫌われる
  • 人が他人から言われて怒りを感じる言葉の中に、「えっ、そんなことも知らないんですか? みんな知っていますよ」「どうせ、あなたは私より頭がいいですし、 上司の受けがいいに決まっている」という類のものがあります。「相手はきっとこうに違いない」と決めつけるような話し方は、相手に怒りの感情を起こさせてしまうのです。その人の言っていることが正しいかどうかは関係ありません。問題なのは、自分の意見や価値観で、勝手 [続きを読む]
  • ご予約状況2018年2月
  • 1月←【2018年2月】ご予約状況→3月 ■表の見方(基本的には毎日更新しております) 空白:ご予約可   ×:済み、受付終了    休:休日    2018/2日月火水木金土 12310:30〜 ×××14:00〜 ×××18:00〜 ×××20:00〜 ××× 4567891010:30〜×××××××14:00〜×× [続きを読む]
  • ハッタリ行動をしていると、いつか本物に
  • 素直で従順な人よりも、多少のハッタリをいえる人のほうが魅力的な場合があります。ハッタリとはいっても、だれかに迷惑をかけるというのでは困ります。偉そうなことばかり述べて、相手から腰を引かれてしまうのも困ります。セールスの場合、「商品を売るよりも、まずは自分を売り込め」といいますが、相手は、こちらの話の内容、提供する商品や企画よりも、じつは「人そのもの」を見ていることが多いのです。「この人が勧めるので [続きを読む]
  • 身勝手な人は相手を不快にさせる
  • 建設事務所に勤めるAさんは、周りの人たちをしょっちゅう怒らせていました。なぜなら、Aさんには、他人にしつこく話しかけるクセがあったからです。たとえば、自分が担当した設計図のチェックを上司に頼んだとしましょう。初めは、「課長、設計図が完成しましたので、チェックをお願いします」というだけなのですが、問題はその先です。翌日になると、また、「課長、昨日の資料は確認していただけましたか?」と話しかけるのです。 [続きを読む]
  • ここぞという時の交渉術
  • 人との交渉では、「情に訴える」のではなく、客観的な資料や数字などかを示しながら実証的に、論理的に、話を進めていくのが正しいといわれています。もちろん客観的な資料や数字も大切ですが、それだけが正しい方法ならば、わざわざ相手と会う必要などありません。書類をまとめて郵送すればいいだけです。しかし私たちは、直接相手に会うことを望みます。それはある意味で、相手と「情を交わす」ため、心のつながりをもつための行 [続きを読む]
  • 会話をスムーズにする方法
  • 喜んでいる相手に対して、「よかったね」と言うのではなく、「いいことは続かないから、油断しないほうがいいよ」と水を差す人。悲しんでいる人に向かって、「大変だったね」と慰めるのではなく、「あなたにも責任があるから反省しなくちゃ」と無責任な励まし方をする人。このような人は、会話の相手を怒らせることが多くなります。なぜなら、相手の気持ちに沿ってあげるという、人づきあいの基本ができていないからです。相手が楽 [続きを読む]
  • 完璧を目指さない
  • 世の中には完璧主義の人が多いように感じます。完璧主義が悪いわけではありませんが、あまりにも完璧を求めすぎると行き詰まってしまいます。完璧主義の人は満点主義者。そして減点主義者でもありますから、物事の悪い面を見すぎてしまう傾向があります。その分、落ち込んだり、感情のコントロールができなくなたりすることも多いようです。そういうときには、視点を変えてみることも大切です。たとえば、女性で料理があまり上手で [続きを読む]
  • 会話のキャッチボールが終わる理由
  • 会話はよくキャッチボールにたとえられます。相手が投げたボール(言葉)をうまくキャッチしたら、次はこちらが相手になってキャッチしやすいボール(言葉)を投げ返すことで、キャッチボールは長く続いていきます。言葉のキャッチボールを続けるときに大切なのは、発言の内容だけではありません。相手を怒らせるようなことを言ったり、その場にふさわしくないことを言ったりして、キャッチボールが終わることがあります。それ以外 [続きを読む]
  • たかが話し方、されど話し方
  • 過去に自分の話し方について人から指摘されたことがある人も、そう簡単には自分の話し方を変えようとはしないものです。「たかが話し方くらいで怒る相手なんて放っておけばいい」というのが、その理由の代表でしょう。ある男性は、自分の話し方が原因で、会社を辞める状況に追い込まれました。営業マンだった彼は、学歴が高く営業成績もよかたので、社内でも一目おかれる存在でした。しかし、あるとき、同僚に冗談ぽくお得意先の [続きを読む]
  • ご予約状況2018年1月
  • 12月←【2018年1月】ご予約状況→2月 ■表の見方(基本的には毎日更新しております) 空白:ご予約可   ×:済み、受付終了    休:休日    2018/1日月火水木金土 12345610:30〜 休休休×××14:00〜 休休休×××18:00〜 休休休×××20:00〜 休休休××× 7891011121310:30〜×××××××14 [続きを読む]