ぺこ さん プロフィール

  •  
ぺこさん: ぺこさんち
ハンドル名ぺこ さん
ブログタイトルぺこさんち
ブログURLhttps://ameblo.jp/peco3118/
サイト紹介文超〜稀な小児がん「膵芽腫」の娘(3歳)の、はちゃめちゃ闘病記♪
自由文2009年6月から、抗がん剤12クール、オペを経て、入院1年で無事に退院♪只今、家族そろってハチャメチャに生きてま〜す!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供133回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2010/09/17 00:11

ぺこ さんのブログ記事

  • 仲良しに遊んでいます
  • 予定していた豊橋まつりも中止になり、そんな今日はうちでゆっくり……でっきませーーんっっ!!私がだるま制作やら選挙やらやっとる間に、なにやら2人で運動会ごっこしとる…すべての競技、ちゃんとタイムはかって反復横飛び会場やら、大ブリッジ大会やら、もはや私には理解不能な遊びをしているらしい。騎馬戦、相手いないのにエアーでよくできるな、オイ。まだ午前の風のない中、まさかのカッパ着てのシャボン玉大会まで開催さ [続きを読む]
  • ええじゃないかっっ
  • 「あーん、踊りたかったのになぁー」ため息が止まらない杏菜氏。ふてくされながらもそれを笑いに変えながら、ひたすらさけるチーズを裂きまくっている。本当なら今、本当に今、豊橋まつりで踊りを踊っていた。ええじゃないか音頭を踊り狂っていただろう。しかし大型台風が迫っている今、雨がヤバい。こんな雨の中踊ったら、体調に響くであろう。そう判断したチームが、中止を決めた。毎年豊橋まつりにはフェイスペイントで参加して [続きを読む]
  • 新しいものにワクワクする
  • 去年まで使っていたリビングのカーペットが、信じられないくらいペチャンコになってしまった。家族全員が、リビングのカーペット(こたつ)で寝てしまう率100%でね、このままでは床の冷たさで凍える!と悟り、新調することにした。画伯は「なんでもいいよ」というので、こどもらを連れて、ニトリへ。我が家の御用達だ。カーペット売り場で、あーでもないこーでもないと討論。「寝ちゃうから、去年より厚めにいこーよ」「あっ、いーね [続きを読む]
  • オレ、いいものを持ち帰るの巻
  • こどもらが下校している時間に、小学校から電話がかかってきた。まさか、こどもが発熱か?それか怪我?なんだ?と思い、おそるおそる電話に出ると、オレの担任の先生だった。「れんとくん、今日、すごいもの持ち帰りますよ(笑)」という担任の先生。えっ!?私「えっ!?それって、いいことです?悪いことです?」先生「いい事ですよ〜!!」えっ電話、それ!?(笑)(笑)(笑)まぁ他にも連絡事項はあったのだが、まさかの先生 [続きを読む]
  • 自然史博物館自由研究展
  • 今年の夏休みこどもたち、そして私が、いつになく必死になった、夏休みの自由研究!私が毎年毎回、ひとりでせっせと抜いていた庭の草。それをどうにかしてほしくて、こどもらに「お願いだから、自由研究にして、雑草を撲滅してくれ。母のために」と言ったら、本当にやってくれた。 ↓自由研究2017準備編図書館に入り浸る編夏休み最終日に出来上がる編そしてその自由研究「加藤家、庭の雑草全滅大作戦2017夏」がなんと「自然史博物 [続きを読む]
  • がんになったことを家族に伝えるか
  • 夕方、ふいにテレビの電源をつけたら、「がんになったことを子どもに話すか」という内容の番組がやっていた。ちょうど杏菜もいたので、2人で見ていたのだが、杏菜がとても不思議そうな顔をしている。なに?なんか引っかかるの?と聞くと、「いやぁ、『家族に話さない』っていう選択肢があることに驚いたわ」だそう。杏菜の中に、「家族に話さない」ということはない。というよりも、存在すらしていなかった。「だってバレるじゃん [続きを読む]
  • 姉の旅立ち
  • 姉が、野外活動へと旅立っていった。大きな荷物を持って、弟に「私の抱き枕、ぜっっったい抱いちゃいかんに!」と、ある意味ヤバめな発言を残し、旅立った。姉の野外活動、旅立ち。ということはオレの独壇場イェスッ!オレ「お姉ちゃんおらんでさぁ、アソコいこーよ?」母「アソコってどこだよ」オレ「アソコはアソコだよ?」母「気色悪いな、アソコでわかるかっ」オレ「ラーメン屋に決まっとるじゃん?なんでわからんよ」母「知る [続きを読む]
  • 浜名湖ガーデンパーク
  • 年がら年中、山か草原か公園にいる我が家。そんな我が家でも、やっぱり「公園に行きやすい季節」というものはある。それが、今!なう!今日も元気に、公園よ。何度行ったかわからんが、本当によく行く、浜名湖ガーデンパークへ。さて、杏菜と漣人は、どこにいるでしょうか。今はコスモスの季節。季節の花をその時に感じられるのは、心に効く。左に見える展望台。今日は体育の日ということで、歩いて登るらしい。まじかよ。まじだっ [続きを読む]
  • 脅されました
  • ばあば様「おいお前、いつブログを書くだ」私「いやぁ、前にWi-Fiの調子が悪くなってさぁ」ばあば様「いつまで悪いだ、はよ書けよ」私「どんだけ私のブログファンなの(笑)」ばあば様「毎日チェックしとるわ」私「(あのアクセス数はババアだったのか)」ということで、Wi-Fiの調子が1週間以上、悪かったのは事実ですが、良くなってからも放置していてね。ババア、いや、ばあば様にいつものように脅されて、ブログを書いてます。ひ [続きを読む]
  • ぺこさんちのInstagramできたーよ
  • 今まで、私のInstagramはありましたが(主に私の制作したものがアップされるやつ)(だから最近はほぼだるま(笑))この度、健忘録用にぺこさんちInstagramできました。といっても、闘病中の写真をアップし、記録を起こしていくやつです。アナログでとってある記録が、毎回引っ張り出すから、もうボロボロで。こりゃヤベェ、と、おそらく残るであろうInstagramにアップ。(アップするの簡単だし、私にはラクチン)暇ができたらアップし [続きを読む]
  • のんほいパークへ
  • 「なんか歩きたいね」「じゃあ動物園でもいくか」なんの予定もなく、なんの準備もしてないが、動物園へ行く。同じ市内にあるからなのか、なかなか行かないが、地元小学生のこどもらは無料だし、割と広さがある動物園だ。なんとなく、動物園へ行こうとみんな思い立った。こんなクソ暑い中、きっとお客も少ないだろう、と思いきや、さすが日曜日。恐ろしい人の数よ。誰にも信じてもらえないが、こう見えて人混みが苦手な我が家なので [続きを読む]
  • 万年筆(もどき)
  • 物心ついた頃から、「文房具」が好きだ。あの、文具屋のペンコーナーとか、いろんな紙がひたすら置いてあるところとか、匂いとか、本当に好き。買わないけど(買えないけど)好きだった。上手くはないが、字を書くのも好きで、ひたすら好きな文字を羅列して書いたりした。中学生の時は、ひたすら「ビジュアル系バンド」の名前とメンバーを、ただひたすら書きまくって紙を埋めたし(怖い)高校生の時は、付箋にひたすら「今日のぼやき」 [続きを読む]
  • オレの内分泌外来へ行ってきたよ
  • 毎月おなじみの、オレの内分泌外来通称・オレのホルモン外来へと行ってきた。いつもは、身長体重を測る→主治医にコントを披露→満足して帰るというのがルーティンなのだが夏休みが終わり、学校が始まったばかりからだろうか。主治医にコントする時には、親子そろってすっかり疲れきってしまっていて、いつものコントは影を潜めてしまった。残念だ。(何がだ)大量の汗なのか、汁なのかはわからないが、背中がビチャビチャな状態での [続きを読む]
  • 大人の読書感想文をいただきました
  • 私が「笑顔のちから」を出版した日、そりゃもう、ドキドキしながら、本屋に行ったわ。「我が家の本が!本屋に並ぶ!フヘヘ」と、ニヤニヤしながら、地元の本屋さんへと偵察に向かったのよ。さっそく本を発見し、いやぁ、まじであるわ!いや、ほんとにあるか?……あるわ!ウホッと、何度か確認したりして(笑)「我が家の想いがみんなに伝わったらいーな」と、心底熱くなったあの日。その時、笑顔のちからの隣に置いてあった本。赤 [続きを読む]
  • 衰え
  • 夏休みも終わり、新学期がはじまり、私絶賛全身筋肉痛ッ!!毎年恒例校区の運動会で、年齢別リレーに出たババア33歳。学生時代、50m走を10秒台でしか走ったことのない私が、まさか20年後、リレーの選手になっとるとか、自分どころか誰も想像できないだろう。ハハハ「誰もやる人いなかったら、やりますよ」と言ってしまう性格が憎らしい。しかし、そう言ってしまう人が我が家にはもう1人いる。画伯もだ(笑)画伯も年齢別リレーに [続きを読む]
  • 宿題の本番は31日夜からですよ
  • 題名のとおり宿題の本番は、今だ。フハハハ(ちなみに私が小学生のころなんか、むしろまだやってない)(なんなら、新学期になってもやらない)(やらないのに強気に登校)(普段の宿題すら出さない)(今思えば、なんちゅー小学生や)我が家の子たちも、私(もちろん画伯も)に似て、31日が迫っていても、焦らない。なぜなら親がまったく焦ってない(笑)(笑)やるのは子供らだしのぅ今さっき、自由研究が終わった。今年はふたりの合作なのだ [続きを読む]
  • おばちゃんとの夏旅2017
  • 毎夏恒例、おばちゃんとの旅。今年はどうしようか?とのおばちゃんの問に、子供ら「なんか動きたい」とザックリすぎる答え。でもおばちゃんは、決めた。「よし、島に行こう」年々姉(私)に似てきてるおばちゃんと、向かうは「佐久島」同じ県内なので、割と近い。こどもらは、はじめての船。小さい船だが、そんなの関係ない。とても楽しそうだ。ここからは、写真でダイジェストよ。楽しすぎて、歩きすぎて、暑すぎて、もうババアはヘ [続きを読む]
  • 愛は誰を救うの
  • 毎年言っている気がするが、今年も想いは変わってなかったので、記録のために書いておこう。愛は地球を救うかどうかはわからんが、私の愛は、家族を笑顔には出来ている。今の我が家は、それでいい。我が家には小児がん患者も、ホルモン不全もいるけど抗がん剤晩期障害で毎日必死こいてる人いるけど、毎日注射しとるオレもいるけどそれでも我が家は笑顔で生きている。時に泣きながら、叫びながら。それでもぺこさんちは、「笑顔のち [続きを読む]
  • 音楽のある生活
  • 母「今日の晩御飯、何にしよう」オレ「ぼく『マーボーはるさめっ♪』が食べたい気分」杏菜「あーいいね、『マーボーはるさめっ♪』もいーね」オレ「『ぎょぎょっぎょぎょーざ♪でもいいし』」杏菜「いや、それなら『マーボーはるさめっ♪』のほうがいい」オレ「あーどうしよう、『マーボーはるさめっ♪』にしようか、『ぎょぎょっぎょぎょーざ♪』にしようか」杏菜「いいら、『マックスバリュー♪』に行って決めれば」オレ「だね、 [続きを読む]
  • 長い髪の毛の理由
  • 自慢にもならないが、私は杏菜の髪の毛を、縛らない。正確にいえば、縛れない。自分自身、人生の大半がショートカット、もしくはベリーショートもはやオールバック(笑)(笑)「自分で縛れなきゃ切っちまえ」という母親に対し、「じゃー切る」と、めんどくさいが勝つ超O型な幼少期の私。だから、というのもあるし、私が縛れないというのも手伝い、小学生になってから私も杏菜に「自分で縛れなきゃ切っちまえ」 と。しかし杏菜は幼 [続きを読む]
  • 33歳になりました
  • 中・高校生の頃から、33歳(の見た目)だった私が、33歳になった。33という数字はなんともリアルで、さっささささ……さんじゅうさんと、何度も反芻してみては、「いやぁこれが33歳か」と妙に納得している今。子供の頃、30代のイメージは「母ちゃん」もしくは「おばさん」しかし時代は変わり、何歳なのかよくわからん、アンチエイジングの時代へ。まわりのみんなが若返り、化粧をし、綺麗な服を着て、インスタ映えだかなんだかよくわ [続きを読む]
  • おかざき世界子ども美術博物館
  • 私の製作心が、夏休みにより、皆無になっている。しかしそれでは困る。納品しなければならないだるまさんたちが、たくさんいる。ということで、そんな時にはここでしょう!「おかざき世界子ども美術博物館」ここでは、いろんな作品が安価で作れる、モノつくりが好きな我が家にとったら、ワンダホーそしてユートピアとにかく作って作って、休憩して作って、そして遊んだ1日。杏菜は下敷きと、陶器のストラップを3人でウレタン工作 [続きを読む]
  • 盆休み
  • 盆休み、満喫中!遠出はまったくしていないけど、近場で、いつものような遊び方をしています。本当に今は夏か?夏休みか?と勘違いするほどに、いつもと同じような過ごし方の今年。まぁ、みんなで楽しめりゃいっか!※最後、杏菜渾身の動画あり(笑) [続きを読む]
  • ペットを飼うことになったらしい
  • バイト先の店長のご主人が、カブトムシを捕まえてきてくれた。しかし私、ムシと名のつくものは本当にほんとーーーーーーにっっほんとうに ッッ嫌いでね。嫌いってか、苦手っていうか触るのも見るのも苦手でね(´;Д;`)(´;Д;`)(´;Д;`)れんと 「うちもってかえろ」母「ごめん、ぜっっったいヤメて」れんと「じゃあ見るだけにするわ」という会話を、何回もした。れんともビビりなので、見ただけでピャーピャー言っている [続きを読む]