不動産鑑定士クリスタル さん プロフィール

  •  
不動産鑑定士クリスタルさん: そこのあなた、そんな不動産を選んではいけません!
ハンドル名不動産鑑定士クリスタル さん
ブログタイトルそこのあなた、そんな不動産を選んではいけません!
ブログURLhttps://ameblo.jp/appraisal01/
サイト紹介文不動産鑑定士の立場から、不動産について思ったことを書きます
自由文北海道のオホーツク出身、主婦不動産鑑定士です。不動産が大好きです。今までの経験を踏まえて不動産のことを書いていきたいと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供291回 / 365日(平均5.6回/週) - 参加 2010/09/17 19:57

不動産鑑定士クリスタル さんのブログ記事

  • 古いマンションの最終的な 出口は?
  • こんにちは!不動産鑑定士、不動産投資コンサルタントの浅井佐知子です。 『あなたは古いマンションの最終的な出口はどうなると思いますか?』■皆様からの質問「区分所有マンションを最後まで保有し続けた場合、最終的に手元には何か残るのでしょうか?」■回答2014年の法改正で、耐震性不足の認定を受けたマンションについては、区分所有者等の5分の4以上の賛成で決議をすれば、マンションと敷地を一括して売却できるようになり [続きを読む]
  • バランス、 取れていますか?
  • こんにちは!不動産鑑定士、不動産投資コンサルタントの浅井佐知子です。 『あなたは「理」と「情」のバランス、取れていますか?』ヤオコー会長、川野幸夫さんの記事を読みました。『経営とはつくづく「理」と「情」のバランスだと思う。うちの会社はどちらかといえば、「情」の部分が強いほうだと思うが、やはり理論的に進めなければ会社の発展は望めない。一方で「理」だけでも、会社は回らない。「理」があって、それを「情」 [続きを読む]
  • あなたは日比谷線新駅の 名称を知っていますか?
  • こんにちは!不動産鑑定士、不動産投資コンサルタントの浅井佐知子です。 『あなたは日比谷線新駅の名称を知っていますか?』「東京メトロは日比谷線の霞ケ関―神谷町間に建設中の新駅の名称を「虎ノ門ヒルズ」に決めたと発表した。」というニュースを読みました。『2020年東京五輪・パラリンピックの開幕前の利用開始を見込む。駅周辺では、14年に地上52階建ての「虎ノ門ヒルズ森タワー」が開業。ほかにも複数の高層ビルの建設が [続きを読む]
  • あなたはデッドクロスの回避方法を 知っていますか?
  • こんにちは!不動産鑑定士、不動産投資コンサルタントの浅井佐知子です。 『あなたはデッドクロスの回避方法を知っていますか?』◎皆様からの質問『不動産投資でいうところの「デッドクロス」はどういう状況になることを言うのですか?また対策はあるのでしょうか?』■回答デッドクロスは、一言でいうと、「キャッシュフローは赤字なのに、課税所得が黒字になる状態」のことです。「黒字倒産」状態とも言えます。元利均等返済の [続きを読む]
  • 地価上昇が 続いている
  • こんにちは!不動産鑑定士、不動産投資コンサルタントの浅井佐知子です。『あなたは主要都市の地価上昇が続いているのを知っていますか?』『国土交通省は、主要都市の先行的な地価動向を示す「地価LOOK(ルック)レポート」をまとめた。』というニュースを読みました。「100地区中、地価上昇は前回より1地区増の96地区。上昇地区の割合は96%と調査開始以来過去最高を更新した.6%以上の高い上昇を示した地区は8四半期連続でゼロ [続きを読む]
  • アナログの力の大切さ
  • こんにちは!不動産鑑定士、不動産投資コンサルタントの浅井佐知子です。 『あなたはアナログの力の大切さを感じていますか?』日本生命保険会長、筒井義信さんの記事を読みました。「生命保険もそうですが、インターネット技術が広がり大きな変化が訪れています。いろいろなことがAIでできるようになるとか、データこそ全てだとか言われてますが、デジタルだけで人は動きません。どんな将来になっても、人間力というアナログの力 [続きを読む]
  • 入居者に 立ち退いてもらえる?
  • こんにちは!不動産鑑定士、不動産投資コンサルタントの浅井佐知子です。 『あなたは契約が満了したら、入居者に立ち退いてもらえると思いますか?』◎皆様からの質問『貸主側に退去してもらいたい十分な理由があれば、契約を更新せずに終了できると聞きました。具体的にどのような事情が考えられるでしょうか。』●回答貸主側に「正当事由」があれば退去してもらえます。逆に言うと、正当事由がないと、期間が満了しても立ち退い [続きを読む]
  • 老衰で亡くなった物件
  • こんにちは!不動産鑑定士、不動産投資コンサルタントの浅井佐知子です。 『あなたは老衰で亡くなって、5時間後に発見された物件を購入するのは、気になりますか?』◎皆様からの質問「前の所有者が亡くなり、5時間後に発見された、という物件を購入しました。老衰だったようですが、なんとなく気になります。」■回答老衰で亡くなり、5時間後に発見された場合は、「心理的瑕疵」に当たらないので、本来告知義務はないです。「長生 [続きを読む]
  • 一人暮らしの 高齢者
  • こんにちは!不動産鑑定士、不動産投資コンサルタントの浅井佐知子です。 『あなたは大都市で、一人暮らしの高齢者が増えているのを知っていますか?』「単身高齢者、三大都市圏で1割超え 財政圧迫の懸念」というニュースを読みました。「一人暮らしの高齢者が大都市で急増している。三大都市圏(1都2府5県)は2000年以降の15年間で2.1倍の289万人に達し、15年に初めて世帯全体の1割を突破した。単身高齢者は介護や生活保護が必 [続きを読む]
  • 大阪万博の経済波及効果
  • こんにちは!不動産鑑定士、不動産投資コンサルタントの浅井佐知子です。 「あなたは大阪万博の経済波及効果が2兆円を見込むのを知っていますか?「2025年の万博が大阪に決定。」というニュースを読みました。「2025年大阪万博は5月3日〜11月3日の185日間、大阪湾の人工島・夢洲(ゆめしま)で開催する計画だ。150か国・地域を含む166機関の参加を想定。来場者約2800万人、経済波及効果は約2兆円を見込む。 [続きを読む]
  • 三現主義からイノベーション
  • こんにちは!不動産鑑定士、不動産投資コンサルタントの浅井佐知子です。 『あなたは足を運んで自分の目で確かめていますか?』IHI会長、斎藤保さんの記事を読みました。『その場に足を運んでこの目で確かめる大切さは仕事の中で何度も感じてきました。現場へ足を運び、現物を見て、現実を知る。三現主義です。最近は、三現主義からイノベーションを起こせるのではないかと思い始めています。我々の製品を顧客はどう使っているのか [続きを読む]
  • 築古、旗竿地、再建築不可の 戸建の活用法
  • こんにちは!不動産鑑定士、不動産投資コンサルタントの浅井佐知子です。 『あなたは築古、旗竿地、再建築不可の戸建の活用法は何だと思いますか?』◎皆様からの質問「旗竿地で再建築不可、築50年の戸建を所有しています。今はだれも住んでいないのですが、どんな利用方法がありますか?」■回答場所にもよりますが、少しリフォームして、投資用として売却してはいかがですか?利回りが高く望めれば、買い手はいると思います。今 [続きを読む]
  • 「イベント民泊」を知っていますか?
  • こんにちは!不動産鑑定士、不動産投資コンサルタントの浅井佐知子です。 『あなたは「イベント民泊」を知っていますか?』『「イベント民泊」企業動く』というニュースを読みました。「イベント民泊は宿が不足するイベントの開催期間に限り、自治体の要請などがあれば、食事を除く宿泊サービスを年数回、提供できる。16年に整備された国の指針では、祭りや花火大会、展示会のほか、スポーツやコンサートなどを例示。常設型民泊と [続きを読む]
  • しっかり利益を出していますか?
  • こんにちは!不動産鑑定士、不動産投資コンサルタントの浅井佐知子です。 『あなたはしっかり利益を出していますか?』東京エレクトロン相談役、東哲郎さんの記事を読みました。「利益こそが社会貢献を測る指標であるという根幹は全くぶれていません。何度も失敗してきた当社が、そのたびに復活できたのは、利益重視を貫いてきたからでしょう。新しい挑戦には失敗がつきものです。失敗を通じてしか分からない事実はたくさんありま [続きを読む]
  • 建物が古くなると、 利回りはどうなると思いますか?
  • こんにちは!不動産鑑定士、不動産投資コンサルタントの浅井佐知子です。 『あなたは建物が古くなると、利回りはどうなると思いますか?』◎皆様からの質問「建物が古くなるに従って、不動産の利回りは上がりますか?」■回答はい、利回りは上がります。利回りが上がると価格は下がり、利回りが下がると価格は上がる。なんとなく反対のように感じますが、計算すると分かります。私も最初は間違えました(笑)10年後の売却価格を想 [続きを読む]
  • 金利タイプは何を選びますか?
  • こんにちは!不動産鑑定士、不動産投資コンサルタントの浅井佐知子です。 『あなたは金利タイプは何を選びますか?』「民間ローン利用、変動金利型が6割」というニュースを読みました。「民間の住宅ローンを利用した場合の金利タイプは、「変動金利型」が増加し、59.3%(同15.7ポイント増)。次いで固定金利期間選択型が19.9%(同9.4ポイント減)、全期間固定型が9.7%(同4.8ポイント減)だった。変動金利型の選択理由として「 [続きを読む]
  • マンションを 売るか貸すか?
  • こんにちは!不動産鑑定士、不動産投資コンサルタントの浅井佐知子です。 『あなたは所有しているマンションを売るか貸すか迷っていますか?』◎皆様からの質問「築5年の3LDKのマンションの部屋を貸しています。今の入居者が退去した時に売ろうか貸し続けるか迷っています。 今売ると、購入時とあまり変わらない価格で売れそうです。」■回答築浅のファミリータイプ区分マンションは、投資用としては不適格です。利回りが低すぎる [続きを読む]
  • 思い切り働くために遊ぶ
  • こんにちは!不動産鑑定士、不動産投資コンサルタントの浅井佐知子です。 『あなたは思い切り働くために、遊んでいますか?』DMG森精機社長、森雅彦さんの記事を読みました。『「働く」ことに対して、後ろ向きな感情を抱いていたら、決して人生は豊かにならないと思います。かといって、働いてばかりいたら疲弊してしまう。遊んでばかりならボケてしまいますし、お金はなくなってしまいます。やはりバランスは大事です。』■雑感仕 [続きを読む]
  • スルガ銀行が赤字に 転落
  • こんにちは!不動産鑑定士、不動産投資コンサルタントの浅井佐知子です。 *LINE@始めました。登録すると、LINEだけに発信しているお得な情報を受け取ることができます。LINEだけに発信しているお得な情報を受け取ることができます。 『あなたはスルガ銀行が赤字に転落するのを知っていますか?』「スルガ銀行の2018年9月中間連結決算の最終利益が赤字に転落することがわかった。」というニュースを読みました。「審査書類 [続きを読む]
  • 立退き保証の交渉はできる?
  • こんにちは!不動産鑑定士、不動産投資コンサルタントの浅井佐知子です。 *LINE@始めました。登録すると、LINEだけに発信しているお得な情報を受け取ることができます。 『あなたは立退き保証の交渉をできると思いますか?』◎皆様からの質問「都市計画道路の立退き保証についてお聞きします。 周辺の宅地の価格を調べると、提示された査定価格の倍で売られています。このような場合、価格を上げる交渉は出来ますか?」■回答計 [続きを読む]
  • 「すまい給付金」を 知っていますか?
  • こんにちは!不動産鑑定士、不動産投資コンサルタントの浅井佐知子です。 『あなたは「すまい給付金」を知っていますか?』「国土交通省は来年10月の消費税税率引き上げに伴い、すまい給付金の拡充等の周知広報を開始した。」というニュースを読みました。「住宅分野では、注文住宅の請負契約等に関し経過措置が設けられており、駆け込み需要と反動減の発生が想定される。すまい給付金では、消費税10%時には最大50万円を給付し、 [続きを読む]
  • 購入予定のアパートは 検査済証がありますか?
  • こんにちは!不動産鑑定士、不動産投資コンサルタントの浅井佐知子です。 『あなたの購入予定のアパートは検査済証がありますか?』◎皆様からの質問「購入予定のアパートは検査済証がありません。何か不都合はありますか?」■回答建物を新築する場合は役所に「建築確認申請書」を提出し、建物が完成したら検査を受けて、問題なければ「検査済証」が発行されます。検査済証がないということは、・申請時と違う建物を建てたので、 [続きを読む]
  • あなたの住んでいる街は 元気がありますか?
  • こんにちは!不動産鑑定士、不動産投資コンサルタントの浅井佐知子です。 『あなたの住んでいる街は元気がありますか?』『大手不動産「街づくり」に触手』という記事を読みました。「大手デベロッパーがマンション開発にあわせ、周辺を巻き込んだ「街づくり」を急いでいる。首都圏にも住民とマンション双方の「老い」が迫り、中長期的なブランド力低下への懸念が高まっているからだ。具体的には共有施設を住民以外にも解放し料理 [続きを読む]