YMD さん プロフィール

  •  
YMDさん: 風とともだち
ハンドル名YMD さん
ブログタイトル風とともだち
ブログURLhttp://tanoshikuhashiru.blogspot.com/
サイト紹介文小さな庭に花を咲かせたり フルートを練習したり ネコと戯れる日々 爽やかな朝は自転車で出掛けたい
自由文伊藤礼氏の「こぐこぐ自転車」に触発され、60歳を目前にロードバイクに乗り始める
いま熱中しているのはフルート
四季折々の花も楽しんでいます
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供93回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2010/09/17 21:49

YMD さんのブログ記事

  • 梅雨の晴れ間にちょっと剪定
  • 朝から明るい日差し。むしろ明るすぎると言ったほうが良いくらい。今日も5時頃に目を覚ましてしまったが、そんなに急いでやる予定は何もないので、いつも通り6:30まで何度も寝返りを打ちながら我慢する。起きたら庭仕事用の白装束に着替え。古くなって襟のところが擦れてきたワイシャツにチノパンの裾を絞ったやつ。肩から背中にかけて、◯の中に「庭」と書いて、普通のワイシャツと区別しようと思いながら、それも面倒なのでその [続きを読む]
  • 仕切り直し
  • 先週のフルートレッスンは東京行きのため欠席。今週は練習時間があったはずなのだが、そうはいかず今日のレッスンを迎えた。いつもは午後からのレッスンなのだが、今日は先生の都合で午前9:45から。いつものように一夜漬けならぬ午前中に浅漬け(朝漬け)がほとんどできなくなってしまった。先生に指摘されて初めて分かることがたくさんある。課題曲も自由曲も、来週はレベルアップして○にしてもらいたい。手話サークルも先週は [続きを読む]
  • 千葉に足を伸ばす
  • 娘夫婦がホテルまで迎えに来てくれて、たまたま都合のついた長男も一緒に、千葉の君津市へ。今回の目的は「海ほたる」と君津市にある「村のピザ屋ーカンパーニャ」ビアンカハーブ〜地元産ベビーリーフと無菌豚の自家製ベーコンのPizza〜トマトソースを使用しないチーズだけのピザに、地元産ベビーリーフと自家製スモークベーコンをトッピングした、サラダ感覚のピザです。自家製スモークベーコンは、SPF無菌豚を使用し、一週間 [続きを読む]
  • 東京スカイツリー
  • 久しぶりの東京。幸いなことに、曇り勝ちながら雨の心配はなさそう。品川駅から東京スカイツリーのある押上駅までは25分程度。せっかく東京まで来たからには話の種にぜひとも登ってみたい。4階で並んで15分程度でチケットカウンターに到達。チケット購入後はそれほど待たされることもなくエレベーターに乗り込む。分速600mという高速エレベーターで地上350mまで一気に上る。水平線まで街並みが広がり、緑の公園が点在する。隅田川 [続きを読む]
  • 今日の手話講座
  • 第10回の手話講座実技は「第11講座 話してみましょう−1ヶ月のことを話してみましょう」先週の「1日のことを話してみましょう」が全員発表できていなかったので、今回当てられるだろうと思って準備していったのは、次の内容。皆さん、こんばんは。私の1日を紹介します。朝6時半 起床午前7時半 出勤午後7時 帰宅して夕食午後7時45分からフルート練習夜9時 ウィスキーを飲みながらテレビでニュースを見ます夜10時 パソコンでブ [続きを読む]
  • 晴れたり降ったり
  • 季節ごとに庭の花も入れ替わって咲いてくるのは良いが、雨に当たると重さで花がうつむいてしまったり傷んだりする。ホタルブクロはもともと下向き大きくしなだれたユリは切り花にして玄関に 紫陽花はどれも元気今一番の見頃はナツツバキ(別名シャラノキ)というのも、この純白の可憐な花は咲いてから1日で落ちてしまう。今のうちによーく見ておかないと。YAMAHA TMPTRトランペット用練習用マウスピースルックロさんからトランペッ [続きを読む]
  • ラテルネコンサート
  • フルートカルテット Laterne(ラテルネ)のコンサートHifumin君と待ち合わせて、クララザール じゅうろく音楽堂へ聴きに行ってきた。このホールは、お医者さん個人が所有していたものを、その死後、十六銀行関連の十六地域振興財団が引き継いで運営しているという瀟洒な建物で、クララはロベルト・シューマン夫人の名前にあやかって命名されたのだとか。今回はメンバーの一人が欠場で、代わりに名古屋笛の会の大西さんが参加されて [続きを読む]
  • 人は悔しい時、爪を噛むのか
  • フルート教室は予定通り、KOEHLERの8番。自由曲は新版フルート100曲集から「青い影」と「ある愛の詩」もちろん完璧という訳にはいかないが、それなりに練習をしたので、すんなりと○を貰えると思っていた。ところが、KOEHLERの8番はやはり音符が読みづらく、ブレスをしたあと一気に駆け上がっていくところで音を見失う。練習のときにはできていたのに、しまったと思っているうちに2段目の少し変化するところでまたわからなくなる。 [続きを読む]
  • 平常に戻り始めた
  • 数ヶ月間フルートフェスティバルを中心に回っていた時間もやっと落ち着いて、普段の生活が戻ってきた。今日は久しぶりな感じでフルートレッスン。KOEHLERは第8番。比較的音が連続しているので、なんとかなりそうだと思ったがやってみると簡単ではない。何しろ楽譜そのものが、コピーしたもののように滲んでいて、目を相当近づけないと何の音か判別できない。楽譜を覚えてしまうほどは練習もできていないし、かといって楽譜にあまり [続きを読む]
  • 薔薇と紫陽花
  • 水曜日の手話講座で、趣味の話のときに、「3つ目はガーデニング」と言ったあと、「今はバラとアジサイが咲いています」と言おうとしたけれど、ちょっと長ったらしくなるし、指文字で表現してもきっとイメージが湧かないだろうから省略してしまった。そこで、庭に咲いた薔薇と紫陽花の写真を掲載。クイーンエリザベスとピエール・ド・ロンサール昨日の雨で倒れかかった薔薇は切り花に。鉢植えの紫陽花紫陽花はこれからが活躍の時期 [続きを読む]
  • 自己紹介
  • 毎週水曜日の手話講座は8回目。実技は第1・2講座:伝えあってみましょう第3講座:自己紹介をしましょう−名前を紹介しましょう第4講座:自己紹介をしましょう−家族を紹介しましょう第5講座:自己紹介をしましょう−数字を使って話しましょう第6講座:自己紹介をしましょう−趣味について話しましょう第7講座:自己紹介をしましょう−仕事について話しましょう第8講座:自己紹介をしましょう−住所を紹介しましょうと来て、 [続きを読む]
  • アマチュアバンドコンサート
  • 知人が出演するというので温故知新コンサートなるものに行ってきた。会場は一宮市木曽川文化会館ホール。副題は「〜その想い出は歌とともに〜」アマチュアバンド5組が出演。ほとんどが昭和歌謡のうち、誰もが知っているような曲。知人はTAMEというグループのVocal 春さん そしてPianoは、小学校からの友達という、まゆさん中学時代から歌い続けているという、カーペンターズの曲が中心。他には映画音楽、ボディーガードのオール [続きを読む]
  • フルートフェスティバル打上げ
  • 第40回 フルートフェスティバル in 名古屋打上げ会場は 栄アパホテル1階 ハンバーグレストラン 匠参加したのは約半数の70~80人位だろうか。今回のフェスティバルで知り合って意気投合した人たち乾杯の音頭は29回の参加を誇るK岡氏。指揮者の塚田・寺本両氏の挨拶。今回の特別ゲスト、マクサンス・ラリュー氏や重鎮からも言葉が送られる。ラリュー氏の話の要約は、「良い先生に師事しなさい」プロフィールを見ると、ラリュー氏自身 [続きを読む]
  • 初めてのステージ
  • 愛好家ステージのパート4,3,2,1の順に舞台の袖で出番を待つ。パート4から奥(上手側)に位置を決めていく。バスフルートやアルトフルートを吹く先生たちは先に登壇していたのかもしれない。係の人の指示に従って、出来るだけ静かに進んでいく。それぞれの位置が決まって、譜面とフルートの向きを確認して待つうち指揮者が登場。指揮棒が振られ、ホフマンの舟歌の湖面に立つさざなみのような音が聞こえてくるのを待って、フルー [続きを読む]
  • 日本フルートフェスティバル当日
  • いよいよこの日がやってきた。前夜は練習で指摘されたことが頭をよぎったり、2ヶ月間にわたる自分なりに頑張った時間を思い起こしたり、やるだけのことをやって開き直っていたつもりでも、やはり本番のことが気になって寝付けない。羊が1匹、羊が2匹・・・と数えていても10匹も数えないうちにやはりフルートのことが気になって羊は飛んでしまう。何度も何度も起きては、まだこんな時間かとため息。長い夜が終わって、外が明るくな [続きを読む]
  • フルートフェスティバル練習日-6
  • 午前中のフルート教室は、愛好家(オッヘン)と大合奏(フレンチ)を通して先生に聴いてもらう。どうしても細かいミスはあるものの、この期に及んでは先生も細かいミスは指摘しない。「よく吹けてますよ。明日の本番は自身を持って吹いてきてください」フェスティバルの練習もいよいよ最終日。中村区役所講堂14:15〜  ペア決め14:40〜16:00 大合奏(フレンチ)16:40〜17:35 愛好家(オッヘン)いつもより少し早めの集合は [続きを読む]
  • フルートフェスティバル練習日-5
  • 5月13日(日)雨西区役所講堂15:15〜17:00 大合奏(フレンチ)17:10〜18:00 愛好家(オッヘン)名鉄電車と上小田井からは地下鉄に乗り換えて浄心駅へ。徒歩で5分ほどで西区役所に到着。日曜で閉庁のため外階段を登ると、いきなり講堂前に出た。出席確認の受付や、当日の記録DVD申込み、打上げの申込み受付などが並んで、参加者もたむろしている。ちょっと奥の様子も見たが、こちらも休憩場所は満席。講堂の中は他の出番の人 [続きを読む]
  • GWの話題
  • 今週の手話講座は第6回。自己紹介「趣味について話し合いましょう」テキストに従って山本さん一家のイラストを見ながら、家族の趣味を手話で表現していく。5人ずつのグループに分かれて、それぞれの趣味を聴いたり、料理やパソコンができるか、得意なスポーツや反対に苦手なスポーツを聞いたり、答えたり。ついつい声を出してしまうのだが、本来は手話と口の形をつくるだけ。声を出してはいけない。質問と答えを繰り返すうち、カメ [続きを読む]
  • GW最終日
  • フルート練習は毎日続けているが、カミさんにとってはけっこう迷惑な話らしい。今日は午前中に買い物を兼ねた散歩らしいので、鬼のいぬ間に窓を締め切って、CDをかけながらフルート練習。微妙に音の長さが狂っているが、指がついていかないからしょうがない。それに頑張って吹いていると正確な長さが分からなくなってしまう。(聴いているだけのときはちゃんと分かるんだけどね)お昼近くになって玄関の鍵を開ける音。フルートを掃 [続きを読む]
  • 5月は薔薇の季節
  • 昨夜の雨で、ツツジはかなり花を落とした。早咲きのモッコウバラやナニワノイバラも散りはじめ。代わって主役に躍り出たのは、つるバラの「スパニッシュビューティー」鮮やかなピンクの花弁がゆるやかに波打つ、優雅な薔薇。ほぼ満開となり、芳香を放っている。このあと「クイーンエリザベス」や「ピエール・ド・ロンサール」が蕾を付けて出番を待っている。河津桜は若葉の季節。ここに鳩が巣を作ったらしく、親鳩がなんども行き来 [続きを読む]
  • 久しぶりにロードバイクで「探訪」に参加
  • このところフルートフェスティバルや手話講座で、なにかと気ぜわしい毎日だったが、GW中は手話教室も手話講座も、フェスティバルの練習もない。30日の振替休日はACAの「探訪」が「東海の藤名所巡り」となっている。行き先は「津島天王山公園」と「竹鼻別院」、それに「曼荼羅寺公園」の藤の名所を巡るというもの。津島天王山公園は「津島天王川公園」のタイプミスと思われる。「竹鼻別院」は岐阜羽島にある「真宗大谷派竹鼻別院」 [続きを読む]
  • ゴールデンウィークの始まり
  • 4月28日(土)手話サークル今週も先週に引き続き「星」の表現。太陽系の星の表現を憶える。一通り憶えたところで、どれか一つ以上の単語を使って文章を作る。私も当てられて「冥王星は太陽から一番遠い天体」と言いたかったのだが、そういえば「太陽」の表現も知らないし、「天体」も分からないので、「冥王星は一番遠いところにある」とやってみて、いちおう納得してもらえたようだ。学習は早々に切り上げて、「ともの日」に移行 [続きを読む]
  • 本番まで1ヶ月を切った
  • 4月22日(日)13:15全員揃っての合同練習は昭和区役所講堂で。「魅惑のフレンチポップス」の練習は全員来ていたとすると150人くらいか。パートごとに扇型に並んで、私は「3の上」なので真ん中あたり。各パートに先生たちも2人くらいずつ混じっている。ちょうど私の左に若い男性の先生が来てくれたので心強い。私にとっては曲のつなぎのあとや、休んだ後の入りが難しい。左隣の先生が明確な音を出してくれるので助けられた。15:10 [続きを読む]
  • 夏のような一日
  • 朝からよく晴れて、気温もどんどん上がっている。今日の庭 フェンス越しの矮性ライラック ツルニチニチソウシラン ツツジ(ピンク) ツツジ(白)ツツジ(赤)白いハナミズキとナニワノイバラハナミズキ(ピンク) ブルーベリーマルメロ          卯の花          コデマリブーゲンビレアと、花には関心のないココちゃんフルート教室から帰って、先生に指摘さてたところを復習しようとドアや窓を全部締め切っ [続きを読む]