議長 さん プロフィール

  •  
議長さん: 統合作戦本部
ハンドル名議長 さん
ブログタイトル統合作戦本部
ブログURLhttp://0145930929.blog3.fc2.com/
サイト紹介文食料を求めて右往左往、牛と遊び、馬鈴薯や紅茶を作り、観光もしたりする壮絶な記録。
自由文岡山県高梁市の路地裏の某所に存在する謎の「統合作戦本部」。統合作戦本部会議議長(略して「議長)が毎日綴る壮絶な記録。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供367回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2010/09/18 12:11

議長 さんのブログ記事

  • 国選定!重要伝統的建造物群保存地区金沢市卯辰山麓
  •  まだ書いてなかった、金沢編。 今回は、またまた重伝建。 金沢市東山ひがしの茶屋界隈から少し山手に行ったところは寺が並ぶ。 で、東山ひがし界隈を取り囲むように別の重伝建がある。 山寄に寺か。 出城の構えかな? 金沢城と挟撃できる立地にも見えてくるけどどうかな・・・・ どの寺もきれいに整えてある。 観光地だからかもしれないけれど、これなら檀家も満足だろう。 いや、どこの寺が手入れができてないから興ざ [続きを読む]
  • 空海②
  •  まだ書いてなかった、金沢編。 今回は、空海の続き・・・ 石川と言えば、いしる。 いしる漬けの焼きサバである。 いしるとは魚汁。日本三大魚醤の一つだ。 冷酒がこのような容器でやってきた。 温度が変わる。変化を見るのか? 大人のポテサラ、らしい。 なるほど。マスタードが効いているな。 得体のしれない物にしか見えないが、「ホタルイカの黒作り」。 ホタルイカの沖漬けなのである。 生麩のゴルゴンゾーラころ [続きを読む]
  • 空海①
  •  まだ書いてなかった、金沢編。 今回は、重伝建内での晩餐の話。覚えてるのかどうかギリギリの話。 明るいうちは人通りもなかった主計町だけど、暗くなると活発化する夜行性の町だ。 さすがは茶屋だな。 潜入したのは空海。 昔の茶屋をリノベーションした、居酒屋という名の現代版茶屋である。 突き出しは、湯葉の揚げ物。 煮物かと思えば福神漬けだった。 加賀はレンコン押しでもあるようだ。 金時草の酢の物。 きんと [続きを読む]
  • 石川三昧
  •  まだ書いてなかった、金沢編。 今回は、石川の地の食べ物を食べた話だ。 とある集まりに潜入。 卓上には、色々な料理があるけれど・・・・ 加賀野菜だな。加賀太キュウリ。 高梁の青大と同じように見えるけど・・・ 生でも煮てもいけるらしい。 甘エビ。 ホッコクアカエビというのが和名。 新潟では南蛮エビとか言ってたな。唐辛子みたいだかららしい。 なにしろ北太平洋名物だ。ここらあたりでも重要な海産物らしい。 [続きを読む]
  • 国選定!重要伝統的建造物群保存地区金沢市主計町
  •  まだ書いてなかった、金沢編を書くことにしました。 今回は、金沢市の重伝建の話。何年前かな。 京都のような、と言ったら怒られるだろうか。 河畔に茶屋が並ぶのだ。 加賀藩主・富田主計の屋敷があったので、主計町。 読めんだろう。かずえまち。 ちなみに富田主計は「とみたかずえ」でなない。 読めんだろう。「とだかずえ」だそうな。 加賀藩では重臣であったらしく、石高は10,600石だったそうだ。備中松山藩では家老 [続きを読む]
  • 災害シフト2
  •  災害シフト中につき、基本的にはアザラシさんが調理担当です。 イガイの酒蒸しと、ホヤ飯を中心とした編成。 玉子豆腐を冷たい出し汁の中で泳がせるとはなかなかやるな。 飲み物はビールでなく、梅の砂糖漬けから抽出したクエン酸飲料。暑いからな。 餃子三昧。  豆腐と生ハムでタンパク質強化。 イノシシさんハムのチャーハンとトウモロコシとキャベツのコンソメスープ。 1kgあたり108円の肉を再編成したひき肉で [続きを読む]
  • アンチョビ作る。
  •  足掛け二か月。 いろいろな作ろ方はあるんだろうけど、キトキトのイワシの皮をむいて、塩を振った。 出てくる水分を切る。 塩分がj飽和するほど塩に漬ける。 ちと脂で焼けたかな? 二か月後にざっと塩を洗い落して、水分を切る。 今度はオイル漬けにする。 実は皮つきと皮なしを比べるものとする。 脂がなじむのは一か月くらい先。さて、何に使うかな?こっちが岡山県の地域情報ランキング・・・5位くらいこっちは田舎 [続きを読む]
  • そうだいづつ屋に行こう③
  •  大体のものが108円で食べられるいづつ屋。 アサリ汁も108円。 イカゲソも108円。 ショウガは要るのか、要らんのか・・・・ ハマチも108円だが、この時期のハマチは・・・まあ・・・無理に食わんでも・・・ マグロの赤身。  キハダマグロのようだ。 今回、こいつがなかなかいいと思った。 黒みる貝。冷凍ものだろうけど、貝はもともと冷凍と相性が良い。 ミル貝の代用品の白ミル貝よりこいつのほうが美味い [続きを読む]
  • そうだいづつ屋に行こう②
  •  108円税込みの回転ずしで、大手じゃない地元の店、いづつ屋。 チリ銀かな? サーモンネギなし。 北寄貝はなかなかいい食感。 安いけど、貝を食べてる気になる。 ビンナガマグロのタタキ。 淡白な味でも炙れば風味が増すという工夫か。 ネギサーモンにはマヨネーズ。 生魚にマヨネーズは市民権を得たのか。いまだに抵抗がある人もいるかもしれんが、小官としては旨ければなんでもよい。 炭火焼きまぐろ。 うーむ。血 [続きを読む]
  • そうだいづつ屋に行こう①
  •  アザラシさんは寿司が喰いたくなったらしい。 山陰に行こうとしたところ、遠いということになって、倉敷のいづつ屋にいった。 おいおい、寿司が喰いたいといったのに、アザラシさんの最初の一手はまさかのアラ炊き。 サーモンには玉ねぎがお約束だが、どこが始めた習慣なのだろう。喰いにくいと思うが。 108円なら縁側でも手が届く価格だ。 ヒラメとは言わないまでも、適当に独特の食感が楽しめる。 エビサラダ。 小官 [続きを読む]
  • 旬菜ふみ②
  •  行ったことがないというだけのことで、旬菜ふみに行った話のつづき。 ネブトとかイシモチとか岡山で言われるテンジクダイ。 小魚のくせに頭の耳石が固すぎて丸ごと食えない。 こいつのから揚げは瀬戸内のソウルフードだ。 ・・・アザラシさんは伊勢湾に生息していたらしいので、この魚の利用法を知らなった。 カンパチのカマ。 程よい脂で白飯が必要な気がする。 むむ。 若鳥と親鳥を選べるとはなかなか侮れんじゃあない [続きを読む]
  • 旬菜ふみ①
  •  なんだか急に「まだ行ってないから」というだけの理由で旬菜ふみに行った話。 備中高梁の駅前である。 まずは一献。 カウンターのネタケースの中のキンメダイの頭の隅間から、水晶体を通して光が漏れる。 写真ではわかりにくいけど、色々な色が混ざって幻想的だった。生き物スゲーとか思ったわけだ。 ポテサラ。突き出しだな。 メークインか・・・ 刺身盛り合わせ。 カンパチ、真鯛、イカ、マグロ赤身にアジ。 海から遠 [続きを読む]
  • さらば、茶蔵・・・2
  •  初訪問が最後の訪問になった茶蔵。 よくわからんが、来年には古民家のリノベーションが完了してそこで営業らしい。 イベントでは時々出店があるらしい。 備中牛の塩焼きプレート。 この値段で黒毛和種を出すのはちょっと自慢らしい。 焼き加減は好みの分かれるところだが、霜降りなので差が出にくいのもたしか。 小官霜降り肉苦手につき、これくらいの量なら対応可である。 しっとりショコラケーキ。 イベントでも見かけ [続きを読む]
  • さらば、茶蔵・・・1
  •  なんてこった。7月末で茶蔵が終了とは。 何も知らずに初めて入って気が付いた衝撃。 気を取り直してなにか頼むぞ。 付属のドリンクの選択肢にアクエリアスがある。こいつは分かっているやつだ。 今回のワンコインセットは肉みそ丼だ。 ひき肉の肉みそに、大型唐辛子(甘口)が鎮座。 茄子とピーマンというナス科コラボで肉にボリュームを出している。 飯は巷で話題のもち麦入りらしい。 カボチャのポタージュは店主自信 [続きを読む]
  • サンマルツァーノ
  •  貰い物の加工用トマト。有漢産。 アザラシさんは切っていた。 できたのは、白桃とトマトと生ハムの冷製パスタ。 うむ。やるな。 思いのほか生ハムの塩気が少ないが、普通の人は日中に山登りをしないから、塩分はこんなものかも。 続いてはピッツア。 トマトからソースを手作りしたらしい。 加工用品種は歩留まりが高いのでなかなか良いな。 それにしてもオーブンは石窯じゃないから250℃までしか上がらないし、輻射熱 [続きを読む]
  • 兵庫編:翁
  •  豊岡市の中心近く。 地元で人気のタコ焼きや、というか、粉ものやがあるというので威力偵察を敢行。 お好み焼きや、オムそばなんぞもうまいらしいが、タコ焼きを所望。 種類が多いな・・・ まずは、生地の味を楽しもうと、塩タコ焼き。 割って冷やさないとアツアツかつトロトロの生地でやけどは必至なのである。 外の皮はさっくりと歯触りがよく、生地のフワトロ感もよいな。 小官はネギ好きである。 特に、生の小口切り [続きを読む]
  • 兵庫編:城山ガーデン
  •  出石である。出石と言えば、そばだろう。 そばのセット。 こいつに・・・ 皿そば5枚がセットになる。 そば拡大。 お代わりは早めに申告してくれ、とのこと。 湯がきたてを出すそうだ。 この店は、団体客にも対応しているので、なかなか湯がきたてを同時に供給できまい。 ようするに、湯がきたてのそばを食うならお代わりからが本番なのだwwww とはいえ、皿そばを食べていたのではいつまでも腹は膨らまぬ。 財布の [続きを読む]
  • 兵庫編:ひょうたん
  •  ひょうたん。 ぎょうざの店ひょうたん。 ぎょうざ瓢たん。 いろいろ書いてある。 この店のメニューには、「ぎょうざ」と「アルコール飲料」しかない。 餃子にはルービーである。 まずはニンニク醤油と酢でいただきます。 うむ。スタンダードで安心な味。 続いて、赤味噌(名物らしい)。 味噌と餃子は合うな。 よしもう一軒いくぞ。 ? 閉店!? ラストオーダーが20:00とな・・・ はやーい。こっちが岡山県の地域 [続きを読む]
  • 兵庫編:麺・ヒキュウ
  •  兵庫編。少し前の話なので、お店情報とかは参考程度に。 六甲道である。麺・ヒキュウとな? 飛球? 秘宮? よくわからん。 鶏白湯魚介濃縮ラーメンにします。 つけ麺や、魚介もうまいらしけど。 丼着。 太いメンマだな。 もっちりした平打ちちじれ麺。自家製面らしい。 粘度のそこそこ高いスープによくなじむ。 なじむので摩擦が少ない。 一気に啜ったら、啜っただけ入ってくる。 儚くも、丼の中の麺は一瞬でなくな [続きを読む]
  • 兵庫編:唐子
  •  最近は災害で外出は出来ません。 小官は被災してないので物理的に外出できないのではなく、日中は山の災害調査で山登りしていて余裕がないのです。夜は調査結果をまとめたりして余裕がありません。 こんな38℃を超える気温のなか、山や谷を登るなどお勧めできませんが、人間何とかなるもので、もう二週間以上こんな生活をしていると、なんだか慣れたみたいです。 さて、ネタ切れのようなので、温存しておいた話を書きます。 [続きを読む]
  • コストコ
  •  そういえば、しばらく前にコストコに行ってみたのだった。 広島店は会員じゃなくても、併設の飲食店に侵入できる。 ソーダの付いたホットドッグがお代わり自由とな? ・・・ソーダだけか。 ホットドッグを受け取ったら、トッピングは自由にできる。 ザウアークラウトも盛り放題だ。 で、盛りすぎると閉じられなくなる、と。 こいつはプルコギベイク。 そこそこの大きさだが、たてて食べると内部の具材が下方にたまって、 [続きを読む]
  • 今行けば?
  •  吹屋のスープカレー屋。 席数も少ないし、休日のいい時間ともなれば競争率は高い。 今は大災害後。 人通り少なし。 やってるやってる。 今回は余裕で発注できた、骨付きチキンカレー(ご飯大盛り)。 無料でご飯は大盛りにできるのだ。 一度揚げてあるような、手羽元入り。 ご飯大盛りなうえに二杯喰ってしまう。 毎日山登りをしているからこれくらい食っても全然足りない。 いや、足りないのは現金か・・・ ちなみに [続きを読む]
  • 災害後に開店③
  •  冥府魔道を生きる小官に自粛はない。好きなように生き、やがて適当に死ぬだろう。 大災害直後の過酷な環境の中開店した、ピッツア澪MIOに威力偵察を仕掛けたのだ。 ついに高梁にもナポリ型の薪仕様のピッエリアが開店したのだが、平日の生パスタも気になるのである。 ジンジャーエールはウィルキンソンのものだが、辛さも二種類あった。 配布されたのは中クラスの辛さの物だったので、種類があるなら選べるようにするべき、 [続きを読む]