keiko さん プロフィール

  •  
keikoさん: あじさい通信・ブログ版
ハンドル名keiko さん
ブログタイトルあじさい通信・ブログ版
ブログURLhttps://kurakeiko.exblog.jp/
サイト紹介文倉敷在住の主婦のお出かけ&活動記録。日本全国の旅行レポートもあります。倉敷友の会の会員。
自由文花のいのちは結構長い、イキイキ咲きたい私の日常!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供248回 / 365日(平均4.8回/週) - 参加 2010/09/18 21:28

keiko さんのブログ記事

  • NHK「ぶらタモリ」で萩
  •  5月26日(土)放映の「ぶらタモリ」は山口県萩でした。萩の街は三角州の上にできていたとは知らなかった。かつて訪ねた城跡だとか豪商の家の風景やら武家屋敷、夏みかんの木はその武家屋敷の塀の区画にそのまま植えられていることなど。そして反射炉。未完成なのに世界遺産というのは、鉄を作るということにあこがれて設計図だけ見て作ってみたという文明開化への挑戦の過程を示す意味で貴重な遺産なのだとか。過去の私のブログ [続きを読む]
  • 苦手な縫い物に挑戦
  •  3月に月に一度の洋裁グループに参加し型紙をもらったり布を裁ったりと、時間の許す限り1回2時間程度縫い物に当ててきて、この25日の製作品の衣の勉強会を迎えました。前日までにウエストを絞らないスモックを縫い上げ、夜にボタンホールとボタン付けをしてようやく完成。 当日はエプロン類のテーブル、子ども・小物のテーブル、鍋帽子のテーブルと別れて席を取り、まずは全体で出来た作品を見合いました。ドキドキ。胸当てエプ [続きを読む]
  • 「夏は来ぬ」の歌詞、よく見ると
  •  そろそろその季節になります。「夏は来ぬ」という歌の歌詞の表現した昔の日本の初夏の風情を味わってみると、なかなか奥深いものがあります。 夏は来ぬ  佐々木信綱卯(う)の花の匂う垣根に ほととぎす早も来鳴きて忍び音もらす 夏は来ぬさみだれのそそぐ山田に 早乙女が裳裾ぬらして玉苗植うる 夏は来ぬ橘の薫る軒端(のきば)の 窓近く蛍とびかい怠りいさむる 夏は来ぬ楝(おうち)散る 川辺の宿の 門(かど)遠く [続きを読む]
  • 家族新聞「あじさい通信」253号ができました
  •  今月号は子供たちの一家がそれぞれに大型連休(NHKではなぜか「ゴールデンウイーク」とは近頃言わなくなっているようなので私もそれに習って)にお出かけし、LINEで写真を送ってきたのでそれを配置したら一杯になりました。子供たちにとっては周知の事実とはいえこうして並べてみるとそうか、みんなあちこち出かけたのね、とあらためて思います。平和で幸せな証拠でしょう。ありがたいことです。 今回の編集は土曜日の真夜中 [続きを読む]
  • 夫の手書き「おさらいノート」
  •  本棚の整理の続き。先日あらかた値の張りそうなハードカバーの本を古書店へ持参し、残りはアルバムやら子供の卒業アルバムやら同窓会名簿、日記の類になりました。それらの間にあった古いノートの束を取り出してみれば、それは夫が子供たち3人の小学校低学年時代に課していた漢字と算数の手書きの課題でした。それぞれに毎日2ページ分ずつ、よくまあ。私も少しだけは出題したことがありましたが、とても続かず、夫がずっと手書き [続きを読む]
  • 本を売って
  • 先日整理した本棚の中で、古書として売れそうな本を3山ほど 、以前にも持ち込んだ古書店へ持って行きました。この前には残していた卒論の資料だった岩波の古典文学大系、美術館の目録、3つほどの市史などなど。(なぜか夫が買った)店主は買い取りなどに出向くこともあり、電話して行くと入り口はシャッターが閉まっていて、電話すると中から女性が出てきて、夕方店主が帰ったら査定して電話してくれるとのこと。 夕方電話があり、 [続きを読む]
  • 雨のドライブ2時間、JAあしんへ
  • 13日(日)、前日に用事も終わったし、映画もいいのがないし、どこかへ出かけたくてたまらない夫の希望も入れて、いつか行ったJAあしんの食堂へ千屋牛を食べに行くことにしました。おりしも大雨の中、2時間がかりで新見へ。ちなみに前回高速道路岡山道から行ったら、そっちは大回りだったため高速道にもかかわらず時間的には一般道と大差なく、もったいなかったので今回は高梁川沿いの180号線をひたすら北へ行くルートで。11時20分 [続きを読む]
  • 片付けに伴うお宝発見!?
  •  居間の本棚を片付けて、思わぬものも出てきました。剣道の賞品メダル。低学年の部の3位と書いてありました。どうやら次男が何かの大会で珍しくいただいたもののようで、ケースがすっかり埃だらけになっていましたが、きれいに拭いて、次男に渡すことにしました。 それから、同じくほこりだらけになっていたメキシコみやげのアステカの模様の石板を模したもの。これは紛れもなく長男の卒業旅行のおみやげ。ところが、土曜日の会 [続きを読む]
  • 本棚の片付け
  •  居間の作り付け本棚には、入居以来ほとんど動かしていないものも含めかなり古い本があります。昨年は私の大学時代の資料本ともいえる岩波の古典文学大系の一部やら、母からもらっていた瀬戸内寂聴訳の源氏物語全10巻だったか、などを古書店に持って行き、1万円ちょっとになったのでした。 で、残っていた岩波の古典文学大系、これはいよいよというか私の卒論であった平家物語上下巻やら、平家関連の図録だの、第4版広辞苑だの [続きを読む]
  • 病院中庭
  • 医大病院の中庭。左手は山の斜面なのでもともとの松もあるようです。葉桜の若葉がこの季節らしいすがすがしさ。今朝は検査の受付がこれまでになく大行列で、夫の順番もなかなかきません。これから3科受診です。iPhoneから送信 [続きを読む]
  • こうしちゃおれん! 片付けなくちゃ
  •  我が家は2世帯住宅です。もともとは夫の両親とつかず離れずの生活がしたいと提案し、2年がかりで両夫婦話し合いながら建てた家です。私の実母が2時間くらいかけてバスで通いながら介護をしていたのを見ていて、どうせ介護をするなら近くで、と思ったことがきっかけでした。 夫の母は、それまで住んでいた家で最後まで暮らしたいと思っていたようですし、父も2階建てのそれまでの家を増築、改築しながら住んできていたのに、20坪 [続きを読む]
  • 縫い物は計画的に
  •  連休明けの5月7日(月)は大雨でした。かねてこの日なら買い物もしなくていいし外出予定もないので、「縫い物をしよう」と決めていて、9時過ぎから11時半過ぎまで、食卓に洋裁用のベニヤ板を置いてミシンを置き、前回裁っておいたスモックエプロン(簡単スモック)のための下糸を巻くところから開始しました。ポケット口を縫い、前身ごろにポケットを付け、身頃を合わせて肩を縫い合わせ、折り伏せ縫いにしました。そして首の見 [続きを読む]
  • 道後へドライブ
  •  夫が、連休中にどこへも遠出しないのは…と欲求不満気味になり、どうしても松山へ行きたいとの事。前夜は突風で我が家も揺れるほどの風が吹き、玄関の大きな鉢が倒れているほど。そんな中、瀬戸大橋は二輪車通行止め、四輪車も50?制限の横風が吹く中をなんとか通り抜け・・・ 松山道へ入っても、トンネル出口は横風注意の電光掲示板があちこちに表示されていました。 約2時間でようやく松山市街へ。私は若いころの父が松山に [続きを読む]
  • ハーバリウム
  • お嫁さんが、早いけど母の日のプレゼント、と言って孫の作品と、こちら、今流行りのハーバリウムと昨日遊びに行ったさきでのお土産を兼ねてのタオルハンカチ。 ハーバリウムというのが流行ってる?不明にして知らなかったのでググってみてわかりました。夏に向かって涼しげなものですね。 私にはもうプレゼントする母はなく、こうしてもらう立場になったなと月日の流れを思います。iPhoneから送信 [続きを読む]
  • 鞆の浦を歩いて
  •  私は家事と庭の木の剪定やら家庭菜園やらしたいことが山積みなのですが、夫は家にいるとなーんにもしてくれず、どこかへ出かけたい人なので、お付き合いして広島県福山市の鞆の浦へ出かけました。以前にボランティアガイドの主婦の方について回ったことがあり、気に入りの場所です。 鞆鉄のバスの売店の駐車場に残り1台分だけのスペースが開いていたので車を止めると、駐車料金は500円ですが、1000円支払わされ、売店で何か買う [続きを読む]
  • 包丁で爪を切って
  •  25日(水)は買い物に行って、エンドウ豆、を見つけ、今日は青豆ごはんにしましょうと思い、ついでにお汁はしじみにしましょう、と思って買ってきました。夕方に保険屋さんが住宅の保険の更新の話で来訪することがわかっていたので、少し早めにご飯を作っておこうと、サバの味噌煮と、冷蔵庫に忘れかけていたカボチャを使って甘煮にしようと包丁を使っていた所、なんということか、左手中指の爪にかかって少し爪を切ってしまいま [続きを読む]
  • 袖振り合うも他生の縁
  •  このところ6月22日(金)に開催する樋口恵子氏講演会のことをあちこちに宣伝しています。はがきも60通くらい個人的に出しました。たまたま今日は、そのうち昔子供たちが数学を習わせていただいていた先生からのお知り合いということで、その講演会に行ってみたいという人から電話をいただきました。 「お名前は何と言われますか?」と聞いたところ、Kという珍しい苗字でした。その苗字の人は亡くなった実父の同僚にもいらっし [続きを読む]
  • 縫い物 洋裁グループにて
  •  毎月第4月曜日は基本的に友の会の洋裁グループの日で、これまで十何年も出たい出たいと思っていたのに翌日の委員会の準備が忙しい役目だったのでなかなか時間的に無理だとあきらめていたのです。ようやく昨年あたり、「白いスモックエプロンを縫いましょう」という呼びかけに答えて、子どもが生活団に入って以来もう40年ぶりくらいに白のスモックエプロンを縫い上げました。続いて孫の子供用エプロンを縫い、そして今回は、うま [続きを読む]
  • 家族新聞「あじさい通信」252号が出来ました
  •   今月号のトップはなんといっても孫mioとkaoriの入園・入学です。kaoriにとっては生まれて初めての団体生活。これまでに未就園児の遊び体験などで慣らしてきたこともあり、割合すんなりと大喜びで幼稚園に行っているようです。よかったよかった。一方花の「JK」女子高生になったmioも、その母親の時よりは少し近い距離を自転車通学することになったようです。そして通学初日、こちらがまだ寝ている時刻に家族のLINEに何やら入っ [続きを読む]
  • 映画「ペンタゴン・ペーパーズ」を観て
  •  以前から見たかった「ペンタゴン・ペーパーズ」。MOVIX倉敷の上映スケジュールでは週末は夕方から夜にかけてしかやってなくてあきらめていたら、水曜・木曜は朝10時過ぎからのがあったので、喜んで出かけました。駐車場が混むかと早めに出かけたらなんと、店内に入れるのは9時半からとの掲示あり。週末だと8時には入れてもらえるのに。10分くらい待ってようやく自動ドアが開いて店内に。 さらにMOVIXのロビーで待ち、ようやくシ [続きを読む]
  • 高畑勲監督作品 「火垂るの墓」を見て
  •  金曜ロードショー、めったに見ないのですけれど、先日亡くなった岡山県ゆかりの高畑勲監督、スタジオジブリ作品の「火垂るの墓」を見ました。結末はわかっていて、悲しい悲しい物語なんで苦手ではあるのですけれども。 ちょうど4歳の孫娘が今日幼稚園の入園式を終えたばかり、主人公の妹の女の子も4歳。その子とだぶって、お兄ちゃんに甘えるしぐさだとか、お人形や折り紙、切り紙で遊ぶさま、かわいらしさがよく描けていて一層 [続きを読む]
  • 入園式に出席して
  •  13日(金)孫娘にとっては待ちに待った初めての経験。息子も半日休んで出席するらしく、9時過ぎ、夫婦とも盛装し、孫娘はピカピカの制服に身を包んでのお出かけ。私は少し遅れていくことになっていたので、門の前での記念撮影。 私はスマホで、息子は自慢の?デジタル一眼レフで写してくれ、と言うので慣れないカメラを構えてみたものの、重いしレンズの調整やらシャッターの位置が慣れないもので四苦八苦、構図が悪いのなんの [続きを読む]
  • 祝・入園・入学
  •  先日、用事で市内を運転していると、ピンクのスーツを着た女性と背広の男性、それに真新しいランドセルを背負った子供が歩いているのを見かけました。11日(水)の事です。(そうだった、今日は小学校の入学式だった)。ちょうど朝9時ごろでそういう時間帯だったのでしょう。 いくつかの小学校区を走り抜けたので、そういった親子連れを何組も見かけました。帰りには赤ちゃんを抱っこしたお母さんとお父さんと入学する子供とい [続きを読む]