keiko さん プロフィール

  •  
keikoさん: あじさい通信・ブログ版
ハンドル名keiko さん
ブログタイトルあじさい通信・ブログ版
ブログURLhttps://kurakeiko.exblog.jp/
サイト紹介文倉敷在住の主婦のお出かけ&活動記録。日本全国の旅行レポートもあります。倉敷友の会の会員。
自由文花のいのちは結構長い、イキイキ咲きたい私の日常!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供260回 / 365日(平均5.0回/週) - 参加 2010/09/18 21:28

keiko さんのブログ記事

  • わが家のタイムカプセルから
  •  2階納戸の和ダンスの着物を3分の2くらい処分できました。査定は0円との事でしたが、業者さんによっていくらかでもそれなりに行方を決めてくれるものと思っています。まだ留袖、喪服、振袖、袋帯の一部が残ってはいますがそれは次回として。 和ダンスの上にはそれらをこの家に運び込んできたときに使った古い、今や骨とう品?の柳行李とブリキの衣装缶がそれぞれ1つあったのも市の環境センターに持って行くことにしました。 [続きを読む]
  • 子どもみこしの巡行、赤字だそうで
  •  例年収穫の頃に近所の氏神様のお祭りで子ども会がおみこしを巡行します。小学生が主体ですが、こちらでは町内会の役員たちも見守りということで、町内会長さんが御幣をはさんだ竹をささげて先導し、小学校高学年の子がリヤカーに乗った千歳楽に乗り込んで太鼓をたたいたりマイクでわっしょいと声を出したり大うちわであおぐ役、低学年の子らは鈴や鳴子をならしたり、沿道の子たちに風船やお菓子を配ったりする役、町内会の大人た [続きを読む]
  • 大浦天主堂の秘密 テレビから知る
  •  先日の「歴史秘話ヒストリア」に続いて、10月13日(土)午後10時からの「美の巨人たち」で、大浦天主堂のことについて取り上げられていたのを見ました。キリスト教が解禁されたのは1873年だそうですが、それ以前の1864年にフランス人神父プティジャンによって建てられたそうです。表向きは居留地にいるフランス人らのため、でしたが実は、大浦天主堂が建てられた場所というのは、グラバー邸の少し下で、ぎりぎり居留地から外れた [続きを読む]
  • 着物を手離す その2
  •  先日、ネットで見つけた着物買取業者さんに着物を送った話を書きました。業者さんの買取例としては、10年以内の着物なら値段がつく、とかありましたので、私のもう40数年前の着物では無理だろうと、思っていた通り、査定の結果は「ゼロ円でした」。。。 期待しただけバカだった。やっぱりなあ。そもそも、試しに、と思って、名古屋帯だとか羽織だとか男物のウールのアンサンブルだとか雨コートだとかから送ったせいもあるけれど [続きを読む]
  • 幼稚園の運動会
  • 2週連続で週末に台風が来た後、神様はこんなにもいい気持の週末を与えてくださいました。気温20度前後、快晴。孫の通う公立幼稚園の運動会でした。園児は年少は1学年1クラス17人。年長児はもう少し多いのかもしれませんが、小ぢんまりとした幼稚園。園庭は結構広いので、両親、祖父母たち観客にはありがたい。2年保育で2学年しかないので、かわるがわる出番、では忙しいかなと思ったけれど、プログラムをいろいろ工夫してあり、私 [続きを読む]
  • やっぱり人から受ける刺激はすごい
  •  この10月で5才になる孫娘。夕方上の孫を連れてお嫁さんが出るときに週2回ほど預かることがあるので、今一番私の身近にいる孫です。ちょうど洗濯物を取り込む時間帯にかかるので、私がたたんでいると以前から興味を持っていたので、タオルを4つにたたむのを教えています。以前は伸ばすことをしないで適当にたたんでいて、お世辞にも上手とは言えなかったのですが、そこをほめて、もっと手でなでるといいよ、とか、輪さの所を揃え [続きを読む]
  • ホームページも引っ越し準備
  •  パソコンを習い始めてからはや19年。訳も分からずホームページを作ったのは2000年9月14日。途中、息子の自作パソコンだったので組みなおし作業の結果作り直したのが↓こちら。今回は、Yahooジオシティーズの無料のホームページサービスが来年3月31日で終了するとの事で、引っ越し準備にとりかかっています。引っ越し先は見つけて準備したら、あらら、こちらのホームページソフト(ホームページビルダー)のバージョンが古くなり [続きを読む]
  • とうとう着物を手離す
  •  ずっと気になりつつ先送りにしてきた着物のことです。 嫁入りの時にたまたま祖父母と同居していたものだから、母の思いに祖母の意見も乗っかって、やれ雨コートがいるの雨下駄もいるの、普段に着物を着ていた世代が思うことと無精者の娘のする事とはその当時ですらかなりに隔たりがあったのに、どんどん数が増えて、和ダンスいっぱいの着物を持ってお嫁入したのです。 ろくに着付けも習っていなくて、そのうち着たものと言えば [続きを読む]
  • 投稿お礼が送られてきて
  • 先日、地元山陽新聞にメールで投稿はしたものの、その後掲載された様子もないので「没」になったかとあきらめていたら、なんと今日新聞社から封書が。開けてみるとお礼の図書券1000円分が同封されていたではありませんか。 大体掲載予定がある時には何日ごろ掲載されますとか予告があるのに、今回は突然だったので、訳が分からず、古新聞置き場をひっくり返して読者投稿のページを見直し、見当たらないのでさらにもう一度見直し、 [続きを読む]
  • 先行上映とは・・・「日日是好日」を見て
  •  三連休とはいえ庭仕事やら家事がいろいろあったので、ようやくほっと一息、いい映画があったら見に行きたいな、とMOVIX倉敷のサイトを見ると、故・樹木希林さん最後の出演作という「日日是好日」がありました。 友の会の同じ最寄でこの頃車で送迎しているSさんならきっと行きたいだろう、と、朝8時前にお誘いすると、ご主人様はお仕事で出かけるのでご自身だけ行きたいとの事。いつも夫と2人なので気遣いするかもしれないと思う [続きを読む]
  • お借りしたCDに感動
  • 今売られている婦人之友10月号に私の投稿が、読者の投稿のページに見開き2ページに渡って掲載していただいているのですがその冒頭に書いたのが、日曜朝の「音楽の泉」というラジオ番組の解説をなさっている皆川達夫先生のお話でした。長崎の生月島の隠れキリシタンの子孫たちがご先祖から口伝で伝わってきた「歌オラショ」を採譜されたところ、明らかにラテン語の部分があり、その原曲を探し回った結果、スペインの田舎の図書館で [続きを読む]
  • ゆるスクワット
  •  10月3日(水)のNHK「ガッテン」で取り上げられていたのは、簡単に血糖値が下がるというゆるやかなスクワットでした。いわゆるうんこ座りスタイルを超スローで10回、それを3セット繰り返すのを週2~3回。糖尿病の患者さんにそれを勧めた医師いわく、有酸素運動としてよいとされる散歩などは、外を歩くのは暑い時、寒い時敬遠されるし、時間がないという理由でなかなか実行されないことが多かったので、これなら室内でいつでも短 [続きを読む]
  • 恒例のポスターを掲示
  • 今年も、家事家計講習会のポスターを我が家のブロック塀に掲示しました。 直接貼り付けるわけにいかないので、はるか昔の、長男が小学校時代の画板をこれまでは利用していましたが、さすがに痛んできたので、今日はホームセンターでプラダンなるプラスチック製の段ボールを買ってきました。軽いけど頼りないので四方を透明なテープで補強してデビュー。台風で飛ばされるかもしれませんが、なに、「倒れたら起きよ」です。iPho [続きを読む]
  • タイル磨き
  • 台風一過の今朝、息子が「玄関のハチが」と言うので蜂が飛んでいるのかと思ったら、重い植木鉢が台風の風で横倒しになっていることでした。鉢を起こしながら、かねて気になっていたタイルの汚れを落としたいと、ネットで調べると、水を撒いた後にメラミンスポンジでこすり、雑巾で拭き取るのがよいとのこと。 うーん、だいぶ根気がいりそうな。でも時候はいいし、せっかく思いついたのだからと、せっかくなら内部から、ととり [続きを読む]
  • 孫のハッパでお片付け
  •  土日の夕食は二世帯住宅の長男一家がこちらへやってきて食べることになっています。で、9月29日(土)、いつものように夕食を食べ、お嫁さんが食器を洗い、私はデザートのぶどうを洗うなどしていて、いずれ二世帯をチェンジするのに片付けないといけないのになかなかできないね、という話をしていました。 お嫁さんは先日幼稚園で片付けの話を聞き、ちょうど友の会の井田典子さんがよくお話されている「だ・わ・へ・し」と同じ [続きを読む]
  • しその実の塩漬け
  • こぼれ種から庭に毎年青じそが生えます。 実のなるころには毎年天ぷらを楽しみ、佃煮にします。今年は生えているまましごいて取ると、400gあまり取れました。 佃煮ではなく塩漬けにしてみようかと、半日水にさらし、たっぷりの湯で1分茹で冷水にとり、塩大さじ2.昆布の粉小さじ2、鷹の爪の種を取って1本入れてみました。参考にしたレシピはしその実50gに対して塩大さじ2分の1だったから、こちらは塩分が少なすぎて味と保存性が [続きを読む]
  • 思い出2題 その2 新聞の同窓会写真に
  •  地元山陽新聞の、「つどい」という同窓会などの写真のページを見るのは、知った人がもしや出ていないかと毎度楽しみにしています。 9月27日付で私の目を引いたのは、「西大寺小学校金岡分校同窓会」でした。昭和35年4年修了、とあり、分校なので5年生になるとかなり遠い本校に行くことになっていたのです。 実は私はその小学校と運動場でつながった金岡幼稚園に遅れて1年だけ入り、小学校の入学式後まもなく父の就職の [続きを読む]
  • 思い出2題 その1 友達の婚家の義父からのはがき
  •  片付けのために昔の「主婦日記」を処分しようとしていたら、間から1枚のはがきが出てきました。 細かく書かれた筆文字で、よく読んでみると、それは小学校からの親しい友達の嫁入り先のお舅さんによって書かれたものでした。内容は、自分は彼女の義父に当たり、息子は離れた場所の独身寮で勤務中のため自分が替わって返事を書くこと、私の友達は新婚10日目から難病になって4年半の夫婦生活で30才の薄倖の人生であった、とのこと [続きを読む]
  • 思い出2題 その1 友達の婚家の義父からのはがき
  •  片付けのために昔の「主婦日記」を処分しようとしていたら、間から1枚のはがきが出てきました。 細かく書かれた筆文字で、よく読んでみると、それは小学校からの親しい友達の嫁入り先のお舅さんによって書かれたものでした。内容は、自分は彼女の義父に当たり、息子は離れた場所の独身寮で勤務中のため自分が替わって返事を書くこと、私の友達は新婚10日目から難病になって4年半の夫婦生活で30才の薄倖の人生であった、とのこと [続きを読む]
  • 思い出2題 その1 友達の婚家の義父からのはがき
  •  片付けのために昔の「主婦日記」を処分しようとしていたら、間から1枚のはがきが出てきました。 細かく書かれた筆文字で、よく読んでみると、それは小学校からの親しい友達の嫁入り先のお舅さんによって書かれたものでした。内容は、自分は彼女の義父に当たり、息子は離れた場所の独身寮で勤務中のため自分が替わって返事を書くこと、私の友達は新婚10日目から難病になって4年半の夫婦生活で30才の薄倖の人生であった、とのこと [続きを読む]
  • 思い出2題 その1 友達の婚家の義父からのはがき
  •  片付けのために昔の「主婦日記」を処分しようとしていたら、間から1枚のはがきが出てきました。 細かく書かれた筆文字で、よく読んでみると、それは小学校からの親しい友達の嫁入り先のお舅さんによって書かれたものでした。内容は、自分は彼女の義父に当たり、息子は離れた場所の独身寮で勤務中のため自分が替わって返事を書くこと、私の友達は新婚10日目から難病になって4年半の夫婦生活で30才の薄倖の人生であった、とのこと [続きを読む]
  • 思い出2題 その1 友達の婚家の義父からのはがき
  •  片付けのために昔の「主婦日記」を処分しようとしていたら、間から1枚のはがきが出てきました。 細かく書かれた筆文字で、よく読んでみると、それは小学校からの親しい友達の嫁入り先のお舅さんによって書かれたものでした。内容は、自分は彼女の義父に当たり、息子は離れた場所の独身寮で勤務中のため自分が替わって返事を書くこと、私の友達は新婚10日目から難病になって4年半の夫婦生活で30才の薄倖の人生であった、とのこと [続きを読む]
  • 満月の夜、合唱練習を終えて
  •  旅行のため合唱の練習を1週間お休みして、25日夜参加。2017年3月4日に合唱団ブログを開設してから、注目度が低かったので、この度日本ブログ村に加入しました。カテゴリーは、合唱・コーラス、倉敷市、(なつメロ、音楽療法にも)に登録。すると、ビギナーズラックとでもいうのでしょうか、いきなり倉敷市カテゴリーで堂々の?3位を獲得。 私のこちらのブログは大体10位以内をうろうろしているのに、いきなりの3位とは。 ブロ [続きを読む]
  • 家族新聞「あじさい通信」257号ができました
  •  今月号のトップ記事は孫4号♂が3日から幼稚園の3年保育に行き始めたことです。チビながら元気いっぱいの彼、スクールバスの乗り場までお母さんに送ってもらい、お友達と大規模幼稚園へ機嫌よく行っているらしいです。 15日(土)には運動会があり、幼稚園とはいうものの500人もの園児で鼓笛隊のドリル演奏などは曲目も多く動きもあって、息子が見ていてあんなにも覚えられるんだとびっくりしたそうです。 2番手は子ども会で防 [続きを読む]