chihointokyo さん プロフィール

  •  
chihointokyoさん: chihointokyoの毒皿ブログ
ハンドル名chihointokyo さん
ブログタイトルchihointokyoの毒皿ブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/chihointokyo/
サイト紹介文ツイッターでの面白い情報、深川生活、英国留学での経験を交えて生活の知恵情報。って結局お笑いメイン鴨w
自由文ツイッターに参加した頃のオープンアーキテクチャー建築訪問などのテーマを綴る筈が、どんどんお笑い系へ進化(?)。
IT・Webや政治経済ネタでもまぢトークにハマる一方、関西・西日本系ツイトモさん達とのおバカトークや近い世代との昭和ネタで盛り上がったり。ブログにも私生活情報が滲み出るのが避けられなくなり、開き直って毒を食らわば皿までwと何でもアリの日記に。ツイッターでゲットしたお笑いネタは逃しません♪
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供16回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2010/09/19 02:16

chihointokyo さんのブログ記事

  • 金正日は小泉純一郎に拉致問題で公式に謝罪していた!
  • この国のマスゴミが為政者のために国民を騙したり沈黙するのは珍しくもなんともなくなりましたが、これでもかという内容がまた出てきました。これは月刊誌ではなく、NHKでスクープ報道すべきレベルの話です。(知らんぷりを決め込む御用メディアの頂点がそんなことするわけないけど本来の報道機関の役目をリマインダーとして書いてみました。) 石井一 約束を破ったのは北朝鮮ではない、日本だ https://t.co/NfP6ntFx8M ”この時 [続きを読む]
  • ”【湿布の副作用で「一生治りません」と診断される】”
  • これは重要な情報です。 湿布なんて根本治療ではないのでほとんど意味ないから気休め程度と思っていましたが、そうではなく貼ったらこんな恐ろしいことも起こる(のでますますやめたほうがいい)というお話。 ただし、この後遺症(副作用)が一生治らないというのは、現代医療の医師の判断なので、オールタナティヴなら治す方法はあるだろうと思いますが。 [続きを読む]
  • すべての人が知るべき”シリア問題の真実”
  • 国内マスゴミがまたしても、米軍産複合体の垂れ流しどおりに流し始めた化学兵器関連でのシリアのアサド政権犯人説。これまでの流れを知っていれば、誰でも簡単にわかるフェイクニュースなのに、子どもが苦しむ悲惨映像を見せられると、ニュース内容をすべて信じ込む(あの映像そのものが、やらせであることもバレてる→「ドゥーマ化学兵器使用がでっち上げである無数の証拠がある=ロシア国防省【動画】|スプートニク」)。「さ [続きを読む]
  • 人気の動画「Prizon Break」 - 原始反射?
  • Facebookで2017年8月に投稿されてから2300万回以上シェアされているかわいらしい動画。FBの検索機能では見たい時に見れないので、こっちにも貼り付けます。 「おむつ年齢でこの筋力とバランス感覚というのは、いったい何回ぐらいやったら身につくんだろう…。」とシェアコメントしてみたら、 6児の母から頂戴したコメントがこちら。「回数ではなくて生後2週間以内に訓練を受けたかどうか。http://www.okotono.net/entry/primitiv [続きを読む]
  • ”WiFiやスマホの電磁波が生物に与える影響が一目でわかる写真”
  • リブログです。う〜ん、これはちょっとコワイ。 目覚ましにはiPhoneが機能的に最適だとわかって使いはじめて数ヶ月。耳からは30cmぐらいは離れたところに置いてるので通話だったら十分な距離とは思うけど…。 ちなみに、すでに使い始めていたスマホがやっぱいいのかと思ったのは、このガッテンをみたときから。 あなたの朝が変わる! 「目覚め」解明SP2017年12月13日(水)午後7時30分 有料アプリを使わなくても、iPhoneのクロ [続きを読む]
  • ”選挙で世の中が変わらない理由(1)”
  • ただでさえ気が滅入るような2017年衆院選のあとで、こういう記事を読むと本当に無力感にさいなまれますが、それでも再認識することはとても重要だと思います。 ココヘッドさんが途中まで翻訳して下さっているアメリカの例を振り返れば、あの独裁者とさえ言われることもあったニクソン大統領の時代がこれまでで一番リベラルだったというのは納得できます。(翻訳で「保守」という言葉が出てきますが、本来の保守はリベラルとは対立 [続きを読む]
  • BAILA BAILA Vol.20 - じわじわと心にしみる曲たち
  • BAILA BAILAも始まって10年目の後半。Vol.20がリリースされてはや1ヶ月が経ちました。ロケ地はポルトガルの南海岸のアルブフェイラ。日本からは心斎橋DスタジオのYOSHIさんが初参加です。 Vol.19があまりにまとまりがよく、馴染みやすい曲ばかりだったので、Vol.20は最初のうちは曲も振付もなんとなくがっかりしました。当初は私と同様の印象の人が多かったみたいです。 まぁとにかく新しいパターン習得に励もう…と1曲ずつ振付 [続きを読む]
  • ”ニュースの表と裏★G20ハンブルグの市民戦争まがいの暴動”
  • このニュースは重要。日本では安倍政権以前程度の報道統制でも、サミットというものをすでに受け入れない市民らが多くいることをずっと隠してきてるけど、今回ほど大規模な反対運動があっても、情報を捻じ曲げ続けるわけですね。 しかも警察が騒がなければ大規模であっても平和的な群衆の意思表示マーチなのに、無政府主義者らの暴動ということにされている。いずれにしろ日本ではテレビでは全く見せないんじゃないでしょうか。民 [続きを読む]
  • Baila Baila 200曲記念Swing Out & Vol.19
  • (時事ネタで読者登録して下さった皆さん、今回はダンスネタです。すみません。 代わりといってはなんですが、次の投稿で三井環事件を取り上げていますのでこちらをご覧ください。) 3月25日にBaila Baila 200曲記念ということで発表されたシングルDVD、Swing Out同梱されたBaila Baila Vol.19のDVDがリリースされました。 つまり、2008年に始まり、半年に1枚(11曲)のアルバムも19枚め。今年2月12日には200曲を記念 [続きを読む]
  • フィリピンにミサイルをオファーして断られた安倍首相の違憲・違法行為
  • マスコミがすっかり大本営に成り下がったために、もうちょっとマシだった頃の日本であれば、首相の進退問題か、司法にかけるべきかの大騒ぎになったかもしれない事件を海外メディアにすっぱ抜かれたのですが、我々も感覚が麻痺してきているので、和訳にして拡散します。これは見出しだけ知ってればいい話ではありません。 武器輸出三原則を防衛装備移転三原則 という名前でごまかして勝手に閣議決定し、「国際共同開発 [続きを読む]
  • 「ロスチャイルド - 富と権力の物語」のススメ
  • 英国の歴史家、Derek Wilsonによる、ロスチャイルド家の伝記、「ロスチャイルド 富と権力の物語」(1994)を読み終わりました。寝付けない夜のお楽しみとして読んでいたので3ヶ月もかかりましたが、集中して読む人なら3〜4日かからないと思います。 世界史を学ぶなら、なぜこの一家を軸にした視点を与えてくれなかったのか、不思議になってくるほど、あらゆる分野の歴史的著名人らと直接交流がある人達でした。たとえばナ [続きを読む]
  • ”断層近くの原子力発電所は非常に危険/火山活動の活発化”
  • ここのところ、また地震情報がちょくちょく入っていて気になるところですが、裏側さんことココヘッドさんが、地球を横に縦に切り取ったわかりやすい画像をまとめて下さいました。 ホント、コメントとして書かれているように「本文中に「断層近くの原子力発電所は非常に危険」とありますが、これは科学者に警告されなくても、普通の市民でも理解できることですよね」…と思います。 ついでにこちらも貼っておきます。日 [続きを読む]
  • BAILA BAILA Vo.18 松波美保に注目!@心斎橋Dスタジオ
  • (時事ネタのためにこのブログに来てくださった方、ごめんなさい。今回はダンスネタです。) Baila Baila Vol.18が10月にリリースされてから3ヶ月も経った今頃になってのご紹介となりました。 今回のロケ地はマレーシアのチェラティンビーチ。マレー半島ですが、クアラ・ルンプールとは反対の東海岸のリゾート。メイン曲はアルバムのタイトルと同じ「En la distanciaですが、Vol.14のメイン曲Sweet Labyrinthと同じで、他 [続きを読む]