マホチン さん プロフィール

  •  
マホチンさん: 沖縄好きな広島演劇人の西オーストラリア日記
ハンドル名マホチン さん
ブログタイトル沖縄好きな広島演劇人の西オーストラリア日記
ブログURLhttp://vektor2007.ti-da.net/
サイト紹介文西オーストラリアで出稼ぎする妙齢女子。準備は個人手配、語学学校&ラウンド行かない、そんなワーホリ生活
自由文西オーストラリアで出稼ぎするギリホリ日記。準備はすべて個人手配、ジェットスター使わない(エアアジア利用)、語学学校行かない(フィリピンで行った)、ラウンドしない(変わりにアジア&中東に行く予定)、そんな人と変わったワーホリ生活。現在、インド洋に囲まれた小さな街に生息中(2010年9月現在)。生まれて初めて福祉の仕事をしながら、日本人ひとり奮闘しております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供32回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2010/09/19 16:01

マホチン さんのブログ記事

  • 香港弾丸36時間の旅*出発編*
  • あらあら、気が付けば2018年。どうもおめでとうございます。さて、今年も1月の3連休を狙って行ってきましたよ、香港!1月の3連休って結構穴場なのよね。正月明けで旅費も安いし、3連休+有給でゆっくりできるし、この時期の香港は乾季で気温も日本の3月くらいで暖かいし。かくして昨年の春頃から香港エクスプレスのメガセールのたびにチケットをちまちま買い、今回はナント往路980円、復路32HKドル(約450円)で座席を確 [続きを読む]
  • 秋の三段峡へ
  • 広島人の広島観光、本日は秋の三段峡でございます。かれこれ20年以上広島に住んでるけど(ひー!)、秋の三段峡は初めて。前回初夏に訪れて楽しかったので、これは是非紅葉の時期に来ようと思ったのがきっかけ。(前回の旅はこちら「広島人の地元観光「三段峡編」)三段峡の紅葉も楽しみなのだけど、前回バスの運転手さんがおススメして気になっていたのが「深入山(しんにゅうざん)」1時間程度のトレッキングで登れるらしく、 [続きを読む]
  • 三倉岳で登山しちゃったい
  • 西ノ島ハーフマラソンから2週間後の11月某日、実家に帰ったついでに両親と登山をしてきました。場所は山口県と広島県の県境、大竹市にある三倉岳。って、全然知らんし。三倉岳朝日岳、中岳、夕日岳の鋭くとがった3つの峰を持つことから「三本槍」と呼ばれ、近年はロッククライミングの名所として知られています。標高702メートル。周辺は県立自然公園として、登山道、キャンプ場、駐車場等が整備され、山岳愛好家のみならず、多 [続きを読む]
  • 隠岐でマラソンしてきました④
  • そして迎えたマラソン当日の朝。昨夜の前夜祭で若干食べ過ぎ・飲み過ぎてしまい、胃の消化が間に合ってない私・・・。何も食べないのもまずいので、軽めに食べようと思いつつ向かった朝食会場。マラソン参加者が各宿泊施設に分散されるだけあり、片付けが追い付いていない模様。どこに座ればいいのかしらと立ち尽くしていると、もう1組ランナーと思しき方が。って、ドッシャーーーー!よく見たら今回ゲストランナーの谷川真理さん [続きを読む]
  • 隠岐でマラソンしてきました③
  • 鬼舞展望所から再び車に乗り込み、続いて向かったのは国賀海岸。再びスカイラインを走っていると、牛や馬の落とし物を片付けている人たちを発見。これ、明日のマラソン大会用だよね。本当に感謝。まずは「通天橋」と呼ばれる巨大な岩が浸食されて造られた自然の橋を拝みにちょこっとウォーキング。本当は「一生に一度は訪れたい『遊歩百選』」と言われる道を歩きたかったのだけど、雨風で断念。そしてたどり着いた通天橋、橋の造形 [続きを読む]
  • 隠岐でマラソンしてきました②
  • 西ノ島ハーフマラソン前日。松江で迎えた朝。”早く起きれたら松江城までランニングする!”と言っていたアタシ、もちろん起きられ〜ず。朝食、安ビジホにしてはおかずの種類が豊富で地元っぽいものもあって良かった。さて、小雨がパラつく中出発。そう、今回の旅も絶好調の雨マークでございます。安定の雨女〜。まずは船に乗るため松江駅から七類(しつるい)港へバスで移動。駅に着いたら、既にバスを待つ大勢の人たちが。フェリ [続きを読む]
  • 隠岐でマラソンしてきました①
  • タイトルの通りですが、隠岐諸島にある「西ノ島」という島でマラソンに参加してきました。「西ノ島」と言われてピンとこなかったものの、隠岐というと「あーあの、島流しの」的知識しかない私。広島のお隣、島根県なのにねー。意識高い系の元同僚に誘われエントリーしてみたものの、10キロ以上走るマラソンは2008年の伊平屋ムーンライトマラソン以来。って、10年近くぶりかよ。(当時の投稿はこちら「星の声援 月の伴走」 [続きを読む]
  • 釜山からの長門峡
  • さて、「SLやまぐち号」で長門峡駅に到着した私たち。ここでの目的は長門峡でのハイキング。今年の春に広島の三段峡に行って(「広島人の地元観光「三段峡編」)なかなか楽しかったので、SLと合わせて下関から広島に帰る道中の行程にねじ込む事に。が、しかし問題は新山口で預けられなかったスーツケース。韓国初日の登山による筋肉痛でコンディションも良くないので、もし道の駅で預けられなかったら、30分後の上り列車で引 [続きを読む]
  • 釜山→下関→長門峡
  • 朝7時。はいはいはい、帰国しましたよー、in 下関。長い夏休みなので、今回も新幹線ではなくゆっくり時間をかけて広島に帰ります。まずは昨年のリベンジのため、唐戸市場へ。去年は行った日が平日で、一般客向けの「活きいき馬関街」が空いておらず、涙を飲むことに。完全寿司の朝食を楽しみにしていたアタシ達。ところがギッチョン、オープンは9時半?!うーそーでーしょー(現在8時をまわったところです)。次の電車の時間も [続きを読む]
  • 釜山最終日は海のお寺へ
  • さて、あっと間に帰国日。さっさと旅行記も終わらせましょう。帰りのフェリーの乗船は夕方。スパにも入ったし、海雲台ビーチも堪能したし、登山もしたし、焼肉も食ったし、夜景も見たし、うーん。あとやり残した事は、地元スーパーに行くことしか思い当たらない。↑ 今日も東横メシをモリモリ食らう。ホント、ここのキムチ好き。とりあえず定番の観光スポットだけど、今まで行ったことがなかった「海東龍宮寺」へ行ってみる事に。 [続きを読む]
  • ホルモン、夜景
  • 夕食はフィリピン留学時代の友人、レイナが昔教えてくれたホルモン屋へ。彼女とはFacebookで連絡がとれなくなって何年も経つのだけど、昔書いてくれたメモを頼りにお店に行ってみた。ちょっとローカル向け過ぎてどうかなぁと思ったけど、この旅最大に言葉の壁にぶち当たったわ。壁に書いてあるメニューは勿論分からず、こういう時に限って活躍してくれないGoogle翻訳、最終的にお店のお兄さんが自分のスマホで見せてくれた写真を見 [続きを読む]
  • 釜山で海水浴
  • 釜山にある東横イン海雲台2に滞在中のアタシ達。歳のせいか、年々旅先での起床時間が早くなっている気がする。7時を過ぎたので東横インの無料朝食を食べに1階へ。クチコミを見ると、「朝食は期待しない方が」「韓国料理ばかりでイマイチ」とか見ますけど、いやいやいや、この価格帯の宿でどんだけ期待してんのよ。別に外で食べても良いのだけど、前回釜山駅側の東横インに泊まった時、思った以上のおかずの種類と特にキムチが気 [続きを読む]
  • またしても山登り
  • 朝8時に釜山港に到着し、海雲台のホテルにチェックイン、バスで金剛公園まで移動しケーブルカーに乗った後はいよいよ登山開始。と言っても今回は本格的なものではなく、既にケーブルカーで登ってきているので、ここからさらに景色が良いとネットで見た峰までチョロリと歩くことに。金井山城は昨年東門→北門→姑堂峰(頂上)→梵魚寺までを半日かけて歩いているのだけど、今回歩くのはその西側。↑ 例によってまったくまったく読 [続きを読む]
  • 釜山でケーブルカーに乗る
  • 早朝7時。フェリーは釜山港に到着。わりと揺れていたせいか、珍しく眠りが浅かったわ。アナウンスが流れるのを待って船内レストランへ。以前乗ったときは和定食と韓定食の2種類だったと思うけど、今回はビュッフェのよう。 「韓国式になりますが、宜しいですか」と流暢な韓国人クルーに説明されて着席。確かに日本人にはあまりテンションが上がらないようなラインナップで、東横インの無料朝食よりも少ない品ぞろえ。韓式、アタ [続きを読む]
  • 今年の夏タビも釜山
  • 2017年夏。今年は転職したこともあって、夏休みはどうなるかな〜と思っていたのですが、フタを開けてみたらまさかの10連休。え、聞いてないよー。10連休はありがたいけど、飛行機たけーし、人で溢れかえるところに行ってイライラしたくないのよ。というワケで今年の夏タビも去年と同じく韓国に決定。フェリーだと飛行機と違って、お盆であろうとハイシーズン料金は無いし、船泊も楽しい。そして現地はお盆など関係ナッシン [続きを読む]
  • 広島人の地元観光「三段峡編」
  • 以前「ヒルナンデス」で鈴木福くんが訪れていたのを見て、地元「三段峡」に行ってきました。三段峡とは広島県の東、冬になるとアホみたいに雪が降り積もる安芸太田町にある景勝地で、フランスの「ブルーガイド」で三ツ星を獲得し、近年は外国人にも人気なのだとか(ヒルナンデス情報)。残念ながら鈴木福くんは雨でトレッキング中止となったものの、晴れた日の三段峡の映像と、久しく食べていない「むさし」のむすびに魅せられた私 [続きを読む]
  • フィリピンの旅⑥マニラ→福岡→岩国
  • フィリピン旅立ちの朝。マニラから福岡までのフライトは15時。昨日の渋滞を考慮しても12時過ぎに出れば間に合うだろうと予想。海外のホテルって、12時まで居られるからいいよねー。こっちに慣れると日本の旅館はチェックインですぐに朝飯の時間を決めないといけないし、チェックアウトは10時だし忙しい。朝ごはんは予約時につけなかったのけど、ビュッフェが美味しそうだったので7階のレストランへ。宿泊代がひとり4,000 [続きを読む]
  • フィリピンの旅⑤遅延からのマニラ
  • ボラカイ島を旅立つ日。フライトは13時。送迎は10時と早めの出発。早めに朝食を済ませ、 最後にひと泳ぎ。出発まで少しだけ時間があったので、少しでも携帯を充電すべくセブンイレブンへ。↑ 携帯2台+充電器を10分間チャージ(少し%が増えただけ・・・)。「My boracay guide」の兄ちゃんが送迎にきて出発。再びホテル→港→フェリー→港→空港という短距離だけど個人には煩雑な移動で空港へ。さて、カティクラン空港、来 [続きを読む]
  • フィリピンの旅④充電器が壊れる
  • 早くもボラカイ島ラストナイト。とりあえず海に入るなら日が高くなる前が良いだろうと、朝食を食べてビーチへ。ボラカイ島は島の西側のビーチフロントがホテルやレストランが並ぶエリアになっており、北側がステーション1、中央がステーション2、南側がステーション3。一番賑やかで買い物にも便利なのがステーション2なのだけど、私たちが泊まるステーション3は海の透明度が高く、藻が無くてキレイな気がする。 砂がサラサラ [続きを読む]
  • フィリピンの旅③アイランドホッピング
  • ボラカイ島2日目。昨夜は物凄い雷が鳴っていたけど、今朝は若干の曇り空。↑ ホテル2階からの景色。 ボラカイ島滞在中、バケツを2つ抱えたオジサンが「タホー」と言って何かを売り歩いていたのだけど、気になりつつ食べるの忘れた。後で調べると豆腐にタピオカを加え黒蜜をかけたおやつのよう。食べれば良かった!さて、お楽しみの朝食ブッフェへ。 特にローカル飯コーナーのフィリピン料理が美味しくて、普段はパン党の自分が [続きを読む]
  • フィリピンの旅②やっとこさボラカイ島
  • 長い夜を終え、一睡もできぬままついに朝7時、カティクラン空港に到着!!実はここはまだボラカイ島ではなく、そのお隣の島。ボラカイ島の玄関口となる空港は2つあり、1つはカティクラン空港、もう一つはカリボ空港。それぞれメリット・デメリットがあり、カティクラン空港・・・ボラカイ島へのアクセスは良いけど、遅延・欠航が多くお値段も高め。カリボ空港・・・天候に左右されにくくお値段もリーズナブルだけど、ボラカイ島 [続きを読む]
  • フィリピン旅①岩国→福岡→マニラ→ボラカイ島
  • 旅の始まりはゴールデンウィークの後半。留守に備えて恒例の冷蔵庫整理を終えて広島から岩国の実家へ。↑ 残り物で作った皮から餃子&サラダ。今回は21時前のフライトなので、何だかすごい余裕。昔は会社にスーツケース持って行ってガッツで空港に直行とかしてたもんなぁ・・・。運賃がお得になる「こだま指定席きっぷ」は容易に入手できたものの、ひとつ気がかりなのが、新岩国駅前の駐車場が空いているかという点。いくら普段は [続きを読む]
  • 8年ぶりのフィリピン
  • もはや毎年恒例となりつつある、母親との海外旅行に行ってきました。今回は初の東南アジア、フィリピン。フィリピンは8年前に英語留学で3ヶ月過ごした思い出の場所でもあり、何より近くて物価も安い!!しかし親を連れていくとなると、何と言っても心配なのが治安ですわ(犯罪&テロ多し)。久々にマネーベルトをアマゾンで買っちゃうビビリぶりで入国したけど、ボラカイ島のビーチは砂サラッサラで透明度高いし、ビーチで呑むビ [続きを読む]
  • 3きょうだいで行く初沖縄旅2
  • 沖縄3日目。天気予報を見ると、午後になるほど天気が崩れるらしい。とはいえ風も波も穏やかなようなので、青の洞窟のある前栄田岬に行く事に。泳ぐなら午前中のうちに!と朝食も食べず8時に結家を出発。途中のコンビニで買ったスパムむすびを食べつつ、妹に自動車教習をしながら南へ南へ。沖縄、運転のリハビリにはちょうど良いからね〜。さて青の洞窟、これまで何度も行っているのだけど、人に連れてきてもらうばかりであれ?ど [続きを読む]
  • 3きょうだいで行く初沖縄旅
  • というワケで、両家初顔合わせの萩旅行から数日後、東京在住の妹と今度は沖縄で再会。元々昨年末に沖縄デビューを果たした妹の熱が冷めやらないうちにと、早めに計画していた沖縄旅行。ローシーズンで往復12,000マイルで飛べるから、という理由で4月に決定。東京での生活拠点が職場&ジムのみで寂しげな弟も誘い、このメンバーでは初となる今回の旅。仲良いね〜と言うか、普段は住むところバラバラだし、なかなかタイミング良く休 [続きを読む]