onlycarp30years さん プロフィール

  •  
onlycarp30yearsさん: カープ一筋30年の独り言
ハンドル名onlycarp30years さん
ブログタイトルカープ一筋30年の独り言
ブログURLhttp://www.plus-blog.sportsnavi.com/onlycarp30years/
サイト紹介文広島に産まれ、広島東洋カープをこよなく愛するカープ一筋30年の独り言を集めたページです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供190回 / 365日(平均3.6回/週) - 参加 2010/09/19 23:38

onlycarp30years さんのブログ記事

  • 術中
  • 今日も打てませんでした。それが敗因の第一です。ただ、気になったのはミスが多く出たことですね。度重なる石原のバント失敗やエンドランでの空振り、最後にはバスターでの併殺・・・やることなすことがうまくいかない感じでした。これだけ攻撃時でのミスが重なれば、なかなかホームが遠い展開を変えることはできません。朗報としては丸と松山、菊池に一本出たことでしょうか。ただ繋がらなければ何にも起こりません。投手陣は頑張 [続きを読む]
  • 完敗
  • 今日の敗因は濱口を打てなかったことに尽きますね。これまではチェンジアップに悩まされていたわけですが、今日はむしろ伸びのあるストレートを捉えきれませんでした。これは実戦から遠ざかっていたことと無関係ではないでしょう。昨日は相手のミスに付け込み、雨のおかげで逃げ切れましたが、今日はそうもいきません。濱口を打てなければ相手も打たせなければよかったわけですが、祐輔が粘り切れませんでした。決して配球が間違っ [続きを読む]
  • 薮田「完封」で先勝
  • マツダスタジアムに、濃いミストのような細かい雨が降り続いていました。天気予報では、時を重ねればさらに雨はひどくなるとのこと。短期決戦の上、このような天候での試合では先取点が絶対条件になってきます。その先取点は最後のワンチャンスで生まれました。横浜の先発石田は好調で、4回まで四球一個だけの完璧投球。カープ打線は手も足も出ないありさまでした。それが5回に突然おかしくなりました。恐らく降り続く雨を見て、 [続きを読む]
  • いよいよですね
  • いよいよ今夜からカープのポストシーズンが始まります。乗り込んでくるのは、泥中の戦いを制し勢いに乗る横浜になりました。レギュラーシーズンでも負け越している横浜は、恐らくは阪神以上の難敵です。何といってもその打線は驚異です。短期決戦の場合、しかもカープにアドバンテージがある今回の戦いにおいて、初戦の勝敗は大きく影響してくることになります。さらに言えば、初戦を優位に進めるためには先取点が大事になります。 [続きを読む]
  • 準備万端
  • 注目のドラフトですが、広陵の中村君に決まりましたね。本当にほっとしました。あの都市伝説もこれで終了でしょう(笑)恐らく何球団と競合してのくじ引きになるでしょうが、何とか指名権を獲得できるよう心から祈っています。さて、クライマックスシリーズに向けての準備ですが、社会人チーム相手の三連戦でしっかり結果を出して準備も整いつつあります。勝ち負けはともかく、内容的にも納得できる試合でした。薮田、祐輔、ジョンソ [続きを読む]
  • 一足先に日本一
  • 今日の宮?は快晴でした。野球日和の天気の下、カープの二軍は見事巨人を破り、初めての日本一に輝きました。その立役者は、何といっても高卒ルーキーバッテリーです。?橋昴也は、惚れ惚れするようなストレートを中心にスライダーを交えて6回2失点と好投しました。とにかくあのストレートは「調子が悪かった(坂倉談)」とはとても思えないものでした。ただ、2失点は両方ともカウントを悪くしてストライクを取りに行った球を打 [続きを読む]
  • 感謝
  • 衝撃ではありました。しかし、心の中のどこかで予感めいたものもありました。石井、河田両コーチ退団。二人とも単身赴任で頑張ってくれていましたから、少なくともこんな日が遠からず訪れることは分かっていました。もちろん大きな痛手です。ですが、二人が決断したのには、自分の仕事に一区切りついた思いがあるのではないでしょうか。2015年、得点力不足からCS進出を逃したチームを連覇に導いたのは、間違いなく二人の指導 [続きを読む]
  • それぞれの秋
  • 永川は現役続行だそうですね。ちょっとばかりほっとしました。今年は投球フォームも変えて、投球スタイルの変えたと聞いています。手術もして来季に備えている永川に、何とかもう一花咲かせてほしいと思います。さて、ついに戦力外通告がありました。やっぱり今井でしたか・・・今年久しぶりに見た今井は、大きく変貌を遂げていました。腕を下げてシュートで勝負するスタイルは、かつて「黒田二世」と言われた美しいフォームとはか [続きを読む]
  • 哀しい秋
  • レギュラーシーズンを終え、チームは休息を挟みながらポストシーズンを睨んでいます。今日も休日返上で練習を重ねる選手たちもいます。そんな今の時期ですが、ドラフト会議を前にチームを去る選手たちもいます。もちろんチームが抱える選手の数には上限があり、入ってくる選手の分だけチームは選手を手放さなければならないわけですが・・・わかってはいますが、本当につらい季節です。梵英心地元三次出身で、新人王を獲り、一時代 [続きを読む]
  • 88勝目〜新井と坂倉
  • 今日も横浜球場は満員でしたね。半分赤で半分青。カープは調整試合ですが、横浜にとってはCS出場権がかかっている大事な試合ですからね。数年前までカープも同じ立場でしたから、横浜ファンの気持ちはよくわかります。試合のほうですが、延長10回に飛び出した新井の一打と坂倉のプロ初安打で勝ちました。新井は甘い変化球をしっかり捉え、坂倉はファールで粘った上で食らい付いていきました。ヒーローインタビューを坂倉に譲っ [続きを読む]
  • 87勝目〜地元最終戦
  • 217万7554人・・・観客動員は新記録です。本当に毎試合毎試合、マツダスタジアムは真っ赤に染まり続けました。そして、その力をバックに選手たちは躍動し続けて連覇に結びつけました。今日の試合もまた・・・大瀬良は試行錯誤をし続けた一年だったように思います。故障してから、前のようなボールが行かないもどかしさの中、コントロール重視なのかリズムを上げるのか、はたまたしっかり腕を振るのか・・・結論は出ていない [続きを読む]
  • 二軍も優勝!
  • 二軍も勝ってしまいました!一軍同様圧倒的な打撃力での勝利です。何といっても、打撃ベスト10の1位から4位を、メヒア、坂倉、庄司、高橋大の四人で独占。すでに一軍で活躍しているバティスタはホームラン王ですからね。もちろん投手陣も頑張りました。厳しい競争の中で、中村祐太は一軍の戦力になりましたし、加藤も二軍でしっかり腕を磨きました。高橋樹也は二軍で結果を出して一軍に上がってきたわけですし、ここへ来て?橋 [続きを読む]
  • 86勝目
  • まあ今日は「良く勝てました」という試合でした。毎回毎回ランナーを許し、よく2点で済んだものです。薮田は、立ち上がりから制球がバラバラで、球も高く、ヒットは打たれるは四球は出すは・・・という状態でした。そんな薮田を何とか支えたのはバックの好守ですね。特に7回の菊池の守備は、まさに「世界の菊池」です。打線は畠の前にわずか3安打に抑えられましたが、その全てが得点に繋がる効率の良さ。まずは畠の天敵丸が一発 [続きを読む]
  • 85勝目
  • マイコラスなんですが、何故ここまで相性がいいのか正直わかりません。今日もマイコラスの調子自体はそんなに悪くなかったように感じたのですが、中盤はしっかりした攻撃で得点を積み重ねました。丸も松山も自分のスイングができていましたし、バティスタには驚かされました。二打席連続タイムリーは見事な右打ち。前に一軍にいたときは引っ張り専門だったのですが、再度上がってきてからは反対方向に良い打球を放っています。これ [続きを読む]
  • 負けてしまいましたが
  • 優勝を決めてからポストシーズンまでの試合は、結果も大事ですが、それ以上に大事なのが内容です。一つはポストシーズンでは誰が戦力になるのかの見極めであり、将来的な戦力お試しということになります。その点では、大瀬良には黄信号がついてしまいましたね。立ち上がりはまずまずでしたが無駄球が多く、5回で90球を要したために6回でガス欠となってしまいました。大瀬良はもっとコントロールが良いと思っていたのですが、そ [続きを読む]
  • 笑顔の連覇〜黄金時代へ
  • やりましたね!今日はしっかり中崎が締めての勝利で連覇を決めました。今日の試合も厳しい試合でした。祐輔は粘り強く投げるも、一岡が失投を捉えられて同点・・・ここまでは土曜日と同じ流れでした。しかし、8回バティスタの積極的打撃で道を開き、今日はジャクソンを挟んで中崎に繋ぎました。連覇への道は、決して楽な道ではありませんでした。確かに開幕直後に10連勝し、交流戦でも優勝を争い、常に一番上にいて戦い続けてい [続きを読む]
  • 一晩待つくらい大丈夫
  • 昨日は本当に貴重な体験をしました。昨日だけは巨人ファン。でもそれではだめなんですね。他力本願は本意じゃない。勝ってこそ栄冠は勝ちとれるもの、明日も明後日も台風かもしれないけれど、突き詰めるところ、勝ち取るのは自分だから、自分の力で勝ち取るべきものです。「主役」はいません。逆に言えば、全員が主役。すべての選手が主役だからこそ、ここまで来られた。誰が主役でもないもここまでこれたのは、全ての選手が「意思 [続きを読む]
  • 栄冠は自ら勝ち取るべきもの、ということですね
  • 厳しい試合でしたが何とか勝ちきりました。ポイントは8回表の横浜の攻撃ですね。制球も球威もない状況の今村が、無死満塁のピンチを背負った場面です。不思議なことに、絶体絶命のピンチに追い込まれてから(開き直ったのか)腕が振れ始め、フォークの落ちも鋭くなりました。あのピンチをしのいだことが、その裏のチャンスに繋がったのだと思います。中崎もそうでしたが、ピンチになる前に、回の初めからしっかり投げられるように [続きを読む]
  • 40度目の逆転劇
  • 12対4という点差ほど楽な試合ではありませんでした。先発中村は制球力がなく、横浜の中軸にしっかり捉えられていました。初回も3回もあと一本出ていたらどうなっていたかわかりません。逆に言えばそこはよく踏ん張ったともいえますが・・・いずれにせよ3回で見切ったのは当然だと思います。代わった九里も、不運な当たりの連続で追加点を許すなど、一時は2点差まで詰められたのですから楽に勝てたわけではありません。この試 [続きを読む]
  • ついに負けてしまいました
  • 今日は横浜先発のウィーランドを打てませんでしたね。今日の主審は内外角ともにかなり広かったのですが、ウィーランドの投球はそれを十分生かした幅のあるものでした。結果として見逃し三振が非常に多く、菊池などは全くバットが出ない状態・・・また、序盤はストレート中心だったのが中盤以降は変化球を交え、目先をうまくかわされた感じでもありました。いずれにせよ、打てなかったのが敗因ですね。祐輔については、リズムに乗る [続きを読む]
  • 松山竜平〜四番の矜持・・・9連勝
  • 物凄い当たりでした。確かに甘い球ではありましたが、一閃したバットから弾け飛んだ打球はものすごい勢いでライトスタンドの奥深くに飛び込みました。試合の流れを一気に変える同点ツーランホームラン。まさに四番の仕事です。キャンプ中から「四番奪取」を目標にやってきた松山ですが、開幕当初は極度の打撃不振で二軍落ち・・・チームでは誠也が四番に定着していました。復帰してからは好調を維持していましたが、出番は右投手相 [続きを読む]
  • 岩ちゃんの3年ぶり弾で8連勝!
  • 今日の試合ではいろいろありましたねえ。菊地不在で始まった試合では・・・いつも通り不安定な岡田タイムリーエラーの安部連続四球をもらいながら連続盗塁失敗これだけ負の要素があれば普通は負けるものなんですが、勝ってしまうのが今のカープの勢いです。中日先発三ッ間の大荒れ投球に対し、8四球をもらいながら3点しか取れませんでしたが、普通にストライクが来る投手に対しては打線がしっかり対応しました。特に谷元に対して [続きを読む]
  • 薮田完封でマジック7
  • 今夜は薮田に尽きますね。9回118球6安打無失点。初回こそバタバタしましたが、2回以降はリズム良く投げられていたように思います。いつもより球威は感じられませんでしたが、ストレートも変化球もしっかり制球で来ていて、打たせて取る投球がしっかりできました。中日打線の早打ちにも助けられましたが、球数少なく行けたので最後まで乗り切れました。7回と8回はピンチを迎えましたが、特に8回はペゲーロに対して力勝負で [続きを読む]
  • 6連勝でマジック8
  • 雨の中、いきなりジョンソンが3失点し、相手は今季好調の秋山。さすがに今日は苦戦するものと思われました。しかし、終わってみればしっかり逆転しての横綱相撲。強いです!秋山は良い投手でしたが、カープ打線は2回り目、3回り目と回が進むにつれてバットを合わせていきました。広輔のホームランで、とにかく点を早めに返したのも良かったと思います。そして5回。秋山の球数は90球を超え、球のキレが落ちてきたところでカー [続きを読む]
  • もう止まらない!
  • 本当にナインみんな凄すぎます!二試合連続サヨナラ勝ちは、Vロードをしっかり示す大きな試合となりました。立ち上がりから、阪神先発岩田の気合の投球になすすべもない打線。中村は失投を捉えられての2失点。ブレイシアもつか点を取られて、流れはあんまりよくない試合展開でした。しかし、カープナインは中村の涙を無駄にはしませんでした。阪神自慢の継投に入る中、マテオを捉えて一気に同点にするつながりは、まさにカープ打 [続きを読む]