京都古民家鑑定 さん プロフィール

  •  
京都古民家鑑定さん: 京都府古民家再生協会
ハンドル名京都古民家鑑定 さん
ブログタイトル京都府古民家再生協会
ブログURLhttps://ameblo.jp/kominka-okuda/
サイト紹介文日本人の美意識「もったいない」精神を尊重し大切に使い続ける意義を提案します。
自由文人と環境に優しい住まい方、伝統・文化を未来の子供達へ・・・グリーン建築に貢献しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供202回 / 365日(平均3.9回/週) - 参加 2010/09/20 10:14

京都古民家鑑定 さんのブログ記事

  • 【京都府】11月例会のご案内
  • 京都府11月度の例会は、11日右京ふれあい文化会館で開催いたします。 主な議題は「平成の大工棟梁検定」「地域型住宅グリーン化事業」「住教育」「古民家活用」など、今月も重要なご報告がございます。皆様ご多忙とは存じますがご出席いただきますようよろしくお願いいたします。 京都第一支部11月度例会■開催日:2017/11/11(土)■会場:右京ふれあい文化センター■時間:19:00〜21:00■問合せ先:京 [続きを読む]
  • 【北海道・静岡】平成の大工棟梁を育てる
  • 『平成の大工棟梁検定』北海道、静岡での開催を無事に終えています。 「地域に根ざした木造住宅施工技術体制整備事業(国土交通省)」の一環として開催されるこの検定では、技術だけでなくモラルや材木の目利きなど、様々な人間力も採点されるなど、地域の住文化に密着した大工の育成を目指しています。 北海道 静岡 多くの方々にご理解ご支援いただき、若手大工棟梁を育てます。9月大阪10月千葉・秋田・沖縄・北海道・静岡・新 [続きを読む]
  • 【京都府】古民家相談会 予約受付
  • 古民家なんでも相談会 予約受付中です。 京都府古民家再生協会では「古民家なんでも相談会」を設置し、古民家耐震・古民家リフォーム・古民家活用など、古民家に関するあらゆるご相談に当会所属専門家が無料でお答えしています。 予約制の相談会ですので、古民家の専門家と1対1でゆっくりとご相談いただけます。この機会にどうぞご利用下さい。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー開催日時:10月21日/1 [続きを読む]
  • 【京都府】受賞作品発表!!〜第6回古民家フォト甲子園
  • 「第6回古民家フォト甲子園」受賞者が発表されました!! この大会は、地域に残された古民家や町並みなどを通して、日本の伝統ある住文化を考える事が目的です。本大会では、中高生部門 36作品、小学生部門 21作品のご応募を頂きました。どの作品も力強いメッセージが込められており、甲乙付け難い作品です。京都府からは「未来賞」も選ばれています。受賞作品はこちら 見事 受賞されました全国のみなさまおめでとうございま [続きを読む]
  • 【全国】古民家マッチング〜古民家住まいるを活かす
  • 【古民家住まいる】は、全国各地の古民家に住みたい方と、売りたい方をマッチングする古民家情報サイトです。全国で古民家を残す活動を行っている一般社団法人全国古民家再生協会と連携しており、47都道府県の情報を提供することが可能です。 古民家信頼のブランド「古民家鑑定書」付。古民家に精通した全国古民家再生協会のサポート。古民家を大切にする人から託された、安心いただける古民家。 古民家活用、古民家住まいるにつ [続きを読む]
  • 【京都府】古民家に精通した資格者になる
  • 【古民家鑑定士】とは、一般財団法人職業技能振興会により古民家の評価をすることを目的に創設された資格者です。古民家のインスペクションを行い、古民家鑑定書を発行する業務を担います。 田舎暮らしや中古住宅が注目されている昨今。ますます活躍の場が広がる資格、それが古民家鑑定士です。 未来の子ども達に残すべき日本の住文化を守り、活かし、伝えていく。環境に配慮した『持続可能な循環型社会』の定着を目指します。 < [続きを読む]
  • 【全国】住まいを学び考える
  • 10月の住生活月間も折り返しです。住宅政策の指針を表す「住生活基本計画」が見直され、各都道府県でもその計画が決まっています。その中の重要なこととして『住教育』『古民家の活用』があります。京都でもその活動の推進が求められます。 ジャパトラ10月号の特集では、住教育セミナーでご登壇もいただいた、京都在籍の住教育インストラクターからも寄稿いただいています。これからは住教育の時代。住まいについて考えてみま [続きを読む]
  • 【京都府】古民家のことならなんでも〜相談会
  • 古民家なんでも相談会 予約受付中です。 京都府古民家再生協会では「古民家なんでも相談会」を設置し、古民家耐震・古民家リフォーム・古民家活用など、古民家に関するあらゆるご相談に当会所属専門家が無料でお答えしています。 予約制の相談会ですので、古民家の専門家と1対1でゆっくりとご相談いただけます。この機会にどうぞご利用下さい。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー開催日時:10月21日/1 [続きを読む]
  • 【京都府】10月例会を終えて
  • 先週末は10月例会を行っています。 今月は年2度の入会月、新しい会員も加わり新鮮な意見が交わされました。京都銀行様、京都中央信用金庫様、全支店への「ジャパトラ」設置が拡大するなど、古民家が京都府下を元気にしています。 また例会後の懇親会では、来年度の大工棟梁検定(若手大工育成)やインバウンドに備えた熱い意見も交わされていました。実直な会員活動に感謝です。 主な報告は、・平成の大工棟梁検定・・・開催進 [続きを読む]
  • 【沖縄県】すすむ平成の大工棟梁の育成
  • 『平成の大工棟梁検定』沖縄県でも開催を終えています。来週は北海道、さらに静岡・新潟・栃木です。 9月大阪10月千葉・秋田・沖縄・北海道・静岡・新潟・栃木11月島根・福岡・香川・宮城・滋賀平成の大工棟梁検定への問い合わせ、申し込みは[こちら] 「地域に根ざした木造住宅施工技術体制整備事業(国土交通省)」の一環として開催されるこの検定では、技術だけでなくモラルや材木の目利きなど、様々な人間力も採点される [続きを読む]
  • 【兵庫県】実際の古民家をインスペクションする
  • 心地よい古民家の季節。三重県松阪市 (10/8)につづき、兵庫県神戸市の古民家にて古民家鑑定士のための公式実技講習が実施されます。 築300年以上の茅葺き民家は、主屋の改造が少なく、当初の面影を良く残す貴重な建物です。実技講習では古民家鑑定士資格を取得された方々を対象に、実際の古民家にて行われるフォローアップ研修です。鑑定時のポイントやチェック項目を実践的に学習できます。古民家鑑定を学ぶ貴重な機会、是非ご [続きを読む]
  • 【全国】シルバー活躍の時代へ
  • 全国でシルバー人材センターと連携した「古民家簡易鑑定士」の人材育成が実施されています。 まもなく愛知県では、シルバー古民家簡易鑑定士のスキル向上に古民家を活用した実技講習会を開催。資格を取得されたシルバー人材センター会員の方が、自ら古民家の簡易鑑定が可能となるようスキルの向上を目指し、空き家古民家に対して地域のネットワークが拡大し、伝統的な家屋を解体廃棄することなく活用に向けた一助になることを願っ [続きを読む]
  • 【全国】循環型の建築社会への挑戦
  • 古民家鑑定士公式サイトにて「9月度古民家鑑定士 合格者発表」が行われています。 古民家鑑定士の講習では、日本の住宅に使われる伝統構法や在来工法を理解し、そこに使用される伝統資材に精通し、気候風土に合った持続可能な住環境を次世代に継承していく為の知識を学びます。未来の子どもたちへ何を残すのか・・・ 失われつつある伝統的な民家を快適な住空間に生まれ変わらせ、活用しながら残すことは今を活かされる私たちの責 [続きを読む]
  • 【全国】古民家の耐震工事を覗く〜古民家耐震パネル型面格子壁
  • 全国で初めて【長期優良リフォーム補助金】を活用した古民家。滋賀県長浜市で現在進む古民家再築を視察しました。古民家耐震パネル型面格子壁 により古民家本来の「復元力」を高めています。 伝統再築士により耐震診断を行い「古民家耐震」の基準数値も確保できています。古民家でも【リフォーム瑕疵保険】を掛けることができます。「古民家リフォームにおける安全と安心、日々進歩しています。 [一般社団法人全国古民家 [続きを読む]
  • 【秋田県】平成の大工棟梁を育てる
  • このごろ『平成の大工棟梁検定』の話題ばかりになってしまっていますが、秋田でも無事に開催を終えています。秋田では学生の参加もありました。連休明けからは沖縄県。 沖縄では「木造弱い、家はRC」。木造ではシロアリ、台風に耐えられないこう考えられているんだそうです。 実際には、コストや湿度など室内環境、メンテナンス面で木造が上。そんな誤解が木造大工の育成を難しくしている地域、沖縄。なんとしても平成の大工棟 [続きを読む]
  • 【千葉県】平成の大工棟梁を育てたい
  • 『平成の大工棟梁検定』千葉での開催を無事に終えています。 「地域に根ざした木造住宅施工技術体制整備事業(国土交通省)」の一環として開催されるこの検定では、技術だけでなくモラルや材木の目利きなど、様々な人間力も採点されるなど、地域の住文化に密着した大工の育成を目指しています。 多くの方々にご理解ご支援いただき、若手大工棟梁を育てます。9月大阪10月千葉・青森・沖縄・北海道・静岡・新潟・栃木11月島根 [続きを読む]
  • 【京都府】古民家鑑定士講習・試験のご案内
  • 【古民家鑑定士】とは、一般財団法人職業技能振興会により古民家の評価をすることを目的に創設された資格者です。古民家のインスペクションを行い、古民家鑑定書を発行する業務を担います。 田舎暮らしや中古住宅が注目されている昨今。ますます活躍の場が広がる資格、それが古民家鑑定士です。 未来の子ども達に残すべき日本の住文化を守り、活かし、伝えていく。環境に配慮した『持続可能な循環型社会』の定着を目指します。 < [続きを読む]
  • 【全国】古民家の耐震問題を軽減
  • 古民家に於ける耐震改修技術は、これまで確立されておらず現行法に対応させるには、構造用合板や土塗壁を用いる事が一般的であり、伝統的住宅の良さが損なわれてしまう中、「古民家耐震パネル型面格子壁」の技術確立によって地方に多く残る伝統的住宅を「安心」「安全」に耐震改修を施し、使用する木材は国産の間伐材を活用する事で燻る国内の木材自給率向上を目指しました。 伝統的建造物の住宅に対し耐震性能の向上に寄与し、伝 [続きを読む]
  • 【全国】古民家の安心サポート
  • 古民家を所有されている方、住まわれている方には様々なお悩みがあると思います。 【古民家見守り隊】は、セコム・ホームセキュリティによる防犯・火災監視、住環境維持。古民家鑑定評価額による火災保険・地震保険が付与できるサービスです。そんなお悩みを解決するための下記4つの安心サポートを提供いたします。 お近くの(一社)全国古民家再生協会各支部へお問い合わせください。 [一般社団法人全国古民家再生協会] [一 [続きを読む]
  • 【京都府】9月度古民家鑑定士講習・試験
  • 9月度「古民家鑑定士」認定講習、試験を行いました。 失われつつある日本の伝統的な家屋を、安心安全とともに後世につなぐコト。古民家鑑定士は、環境に配慮した『循環型の建築社会』の定着を目指します。 【総論】【伝統】【在来】3つの講義に中でも、大事は【総論】です。受講されました皆さまの今後の活躍をこころより楽しみにしております。 9月度古民家鑑定士合格発表は10月9日、古民家鑑定士公式サイトにて受験番号に [続きを読む]
  • 【全国】10月は入会受付月
  • 全国古民家再生協会では入会を受付ています。ご入会時期は4月・10月、古民家を残したい、古民家を活用したい、地域を元気にしたいなど活動に取り組みませんか?古民家に関わりたいと感じている方は、ぜひ入会をご検討ください。 全国古民家再生協会は全国各地に支部を設立しその窓口として活動しています。京都第一支部では毎月の例会を主に、全国大会・地区大会をはじめセミナーや講習会など様々な活動を通じ、古民家の安心安 [続きを読む]
  • 【全国】古民家に関する相談は
  • 古民家に関する相談が、全国古民家再生協会へ日々寄せられます。 管理がたいへん、空き家のままで困っている、解体かリフォームか、移築できるか、床下・シロアリはどうか、何からはじめれば良いか迷っている・・・全国各地に支部があり、第三者的立場でご相談をお受けいたします。 古民家は、そのほとんどがリフォーム・修理を必要とする建物ですが、対策次第で、長く住むつなぐことや活用してもらえるようになります。 古民家を [続きを読む]
  • 平成の大工棟梁検定〜ポリテクカレッジ千葉
  • 全国13か所で行われる『平成の大工棟梁検定』近畿職業能力開発大学(大阪)から、5日はポリテクカレッジ千葉 この検定では技術だけでなく、モラルや材木の目利きなど様々な人間力も採点されるなど、地域の住文化に密着した大工の育成を目指しています。多くの方々にご理解ご支援いただき、若手大工棟梁を育てていきます。 残すところ13会場。平成の大工棟梁検定への問い合わせ、申し込みは[こちら] [一般社団法人全国古 [続きを読む]
  • 【全国】伝統の良さを今に伝えて〜漆喰
  • 協会会員さんにはこの時期必ず配られる冊子「日本漆喰協会作品賞 」。第12回日本漆喰協会作品賞が発表されています。 過去3年以内の国内の漆喰やドロマイトプラスターを使用して制作された作品の中から、日本の伝統的な不燃建築仕上げ材である漆喰の普及、技術の向上を図り、安全で環境と人に優しい漆喰工法による建築文化を後世に継承していくための一助となること、併せて漆喰関係業界に寄与することを目的に、「特に優秀と認 [続きを読む]
  • 【京都府】10月は住生活月間
  • 毎年10月は【住生活月間】です。住意識の向上、豊かな住生活の実現は、住生活基本計画に定められています。その中で重要なコトとしてある『住教育』。 7月には、京都府下でも「住教育セミナー」を開催させていただきました。その他、新潟・神奈川・大阪・福岡でも一斉に開催され、そのときの報告書が続々あがってきています。 「住宅展示場」の時代から、「住教育」の時代へ。住生活月間に向け住教育とは何か?この機会に学ん [続きを読む]