のりしお さん プロフィール

  •  
のりしおさん: ダンゴムシイズム(仮)
ハンドル名のりしお さん
ブログタイトルダンゴムシイズム(仮)
ブログURLhttps://ameblo.jp/spells/
サイト紹介文イラストとファイプロワールドとWRESTLE-1(プロレス)の観戦日記を載せています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供37回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2010/09/20 09:50

のりしお さんのブログ記事

  • ヘッダー画像を変更
  • 勤め先が繁忙期で忙しい。ああ仕事量が多いと毎日ヘトヘトになります。この時期はしょうがないんですけどね。イラストの仕事もまだ残っているので、今年いっぱいは寝て起きて仕事の繰り返しの日々になりますわ。かといって、年が明けてものんびり出来ない。今住んでるアパートを取り壊すらしく、数ヶ月中に部屋を片付けて出なければいけなくなりました。 超めんどくせぇ。 しばらくぶりにヘッダー画像を作ってみました。描きかけの [続きを読む]
  • 激突!Enfants Terribles vs #STRONG HEARTS!!
  • 11.23 WRESTLE-1後楽園大会を観に行ってきました。 異様な盛り上がりを見せた、メインのEnfants Terriblesvs#STRONGHEARTSの一戦。試合前からSNS等で挑発合戦が繰り広げられていた事もあり、ファンのボルテージも高くなってた感じがします。「芦野ならWRESTLE-1の牙城を守ってくれる」そんな期待の現れなんでしょう。ヒールユニットであるEnfants Terriblesが、この試合に限ってはベビーフェイス的な扱いなのも面白い現象 [続きを読む]
  • 後楽園が黒に染まる。
  • 明日に迫ったWRESTLE-1後楽園ホール大会。もち、観に行きます。祝日で良かった。(`;ω;´)oアリガトウ 11.23後楽園が近づくにつれ、対決への機運が高まってきたEnfants Terriblesvs#STRONGHEARTSの一戦。 ここへ来て挑発合戦がヒートアップしてます。 双方に憎たらしいキャラがいるのでなかなか面白い。(笑 ああ、今時の選手はこうやってSNSを使うんだなぁと。 いよいよ潰し合いに発展しそうな予感が。(●`∀´人) 対抗戦で観たい [続きを読む]
  • 見逃せない!WRESTLE-1 11.23後楽園大会
  • WRESTLE-1のリングが新たなステージに突入! いよいよWRESTLE-1現チャンピオンの芦野祥太郎(Enfants Terribles)が、CIMA率いる#STRONG HEARTS迎撃に動く。#STRONG HEARTSがWRESTLE-1のリングに上がり込んで以来、あまり興味を示してこなかった芦野選手でしたが、ようやく重い腰を上げてくれました。 【Enfants Terribles vs #STRONG HEARTS】は11.23後楽園大会の目玉カード。非常に楽しみです。 芦野と#STRONG HEARTSの面々は、 [続きを読む]
  • 独り善がりなのかね
  • 「プロレスは、試合をする前に勝ち負けや試合展開が決まっている」先日、Yahoo!ニュースでそんなショッキングな記事を目にしました。以前、新日本プロレスのレフェリーやマッチメイカーをしていたミスター高橋氏の暴露だそうで。プロレスとは、鍛え抜いた体と技をぶつけ合う"魂の闘い"であり、そこにイデオロギーや人間臭さが重なりあって、筋書きのない極上のドラマが生まれる。そういったものが日本のプロレスであると思っていま [続きを読む]
  • ファイプロワールド【鈴木秀樹】
  • 拷問同然の月〜金が終わり、週末はニヤニヤしながらファイプロワールドで遊ぶ。これが極上の癒し。こういうのんびりとした時間も必要ですよ、やっぱり。 土日はイラストの仕事を一気に仕上げないといけないので、のんきに遊んでる場合ではないんですが。???(????? ??) タイムラグやらバグが多くて酷評されてるファイプロワールド。たしかにネット対戦がほとんど機能してないのは残念です。でも、エディットメインで遊ぶ [続きを読む]
  • 明日への糧
  • 『平和主義は貧困への道』の単行本をいただきました。v(。・ω・。)ィェィ♪ 本を貰えるのって素直に嬉しいですね。(笑カバーを描いた(人物のみ)記念にもなりますので。何かしら自分が携わったものだと、手に取ったときの喜びもひとしおです。 こちらが裏面のカバーです。色鮮やかな背景は、写真を加工したんでしょうか?上手いこと人物が溶け込んでますね。 DIR EN GREYのニューアルバム『The Insulated World』が発売されました。 [続きを読む]
  • ファイプロワールド【火野裕士】
  • ファイプロの目玉はなんといっても自由にレスラーを作れるエディット機能。上手く作れると不思議と愛着が湧くんですよね。今回、エディットで火野裕士選手を作ってみました。火野選手はWRESTLE-1のリングで何度か観てますが、実物はというと、ふてぶてしいキャラクターと、分厚い体から繰り出されるパワー殺法が魅力の選手です。パワーは、現在の日本のプロレス界で1、2を争う選手ではないですかね。とても強い選手で、強烈な逆 [続きを読む]
  • プロの仕事の重圧を楽しむ
  • 『平和主義は貧困への道』。 この度、こちらの本のカバーのイラストを描かせていただきました(人物のみ)。裏カバーにもタイプの違う女性のイラストがあります。 編集のかたにも聞いたのですが、著者のかたはかなり有名な人のようです。(゚Ω゚;)最初にお話をいただいたときは「自分で大丈夫かな?」といった心境でした。こういったジャンルの本の大事な表紙の部分に携われるというのはちょっとビックリですね。 完成した表紙を見 [続きを読む]
  • ファイプロワールド【黒潮"イケメン"二郎】
  • ファイプロワールドのエディットで現在、黒潮"イケメン"二郎選手を作っています。ちまちまと、ですけど。 陽気なキャラクターで大人気のイケメン選手。運動神経が飛び抜けて良くて空中殺法が得意。あ、でも、ゲームではあまり強くならないようにしてます。実際、強さの部分は疑問符がつく選手でもあるので。(苦笑)スター選手にはなってますけどね。イケメン選手、9月2日文体での試合中に大怪我をしてしまったんですよね。売れっ [続きを読む]
  • キューテンニ
  • WRESTLE-1年間最大のビッグマッチ、9.2横浜文化体育館大会を観に行ってきました。東京に住んでますが、それでも文体はちょっと遠いです。観戦と移動の時間を合わせると結構な時間になっちゃいますね。帰ってくるともうヘトヘト。ええ、それでも観に行くのがプロレスファンというやつです。 [続きを読む]
  • プロレスLOVE
  • WRESTLE-1の年間最大のビッグマッチ、9.2文体が迫ってまいりました。ここ一ヶ月、身の回りがバタバタしてて、今年の文体は行けないかなぁと思っていましたが、なんとか観に行けそうで良かったです。楽しみなのはメインイベントの芦野祥太郎vs征矢学のタイトル戦です。去年に続き、今年も芦野選手が主役をかっさらうのか非常に注目です。個人的には芦野選手にチャンピオンに返り咲いてもらいたい。彼がチャンピオンになると未来が開 [続きを読む]
  • ファイプロワールド【芦野祥太郎】
  • プレステ4でついにファイヤープロレスリングシリーズの最新作が発売されました。ファイプロを遊ぶ為にプレステ4を持っていたといっても過言ではないわたくし。o(≧ω≦)o発売が発表されてから一年、あれこれ想像を膨らませながら辛抱強く待っていました。これまでのファイプロといえば、実在するいろんな団体の選手に似せて作ったキャラが多数登録されていました。例えば「三沢vs武藤」であるとか、プロレスファンが夢だと思って [続きを読む]
  • 「WRESTLE-1 TOUR 2018 SYMBOL」7.18東京・後楽園ホール大会
  • あのマサ斎藤さんが亡くなってしまったんですよね。今日、WRESTLE-1後楽園大会にて追悼の10カウントゴングが鳴らされました。ちょっと前にもベイダー選手が他界されてしまって。なんとなく寂しい気分になりますね。なんだか"死"について考える事が多くなってきたなぁ。(つω-`。)この日はWRESTLE-1グランプリの準決勝と決勝が行われました。準決勝は土肥vs羆嵐、芦野vsイケメン。やはりというか、予想していた通りの4人が準決勝に [続きを読む]
  • 夢があった『POWER HALL 2018』
  • 『POWER HALL 2018』後楽園大会を観に行ってきました。見所はなんといってもセミファイナルとメインイベントの初遭遇対決です。 いろんな団体のトップ選手が集結。組むのも初めて、対峙するのも初めて。これはプロレスファンにとって唾涎ものなんですよね。 セミの芦野選手と鷹木選手の初対決もゾクゾクっと来たし、秋山選手と長州選手の緊張感のあるマッチアップも見どころでした。 特に興味深かったのは黒潮"イケメン"二郎と長 [続きを読む]
  • ウェルカムボードの見本
  • 先週は仕事で描いてるイラストがテンポよく進んだので、楽な気分で今日月曜日を迎えられました。はかどらない時は徹夜状態もしばしば。(T_T)せっかくなので空いた時間に描きかけだったイラストを仕上げることに。描きかけのものは、期間が空いてしまうと続きを描く気分が失せてしまうんですね。このイラストは人物がある程度描き終わっていたので、なんとか最後まで描ききる事が出来たましたけどね。ヽ(≧∀≦)ノ [続きを読む]
  • WRESTLE-1の砦
  • 何やらWRESTLE-1のリングが混沌としてまいりました。CIMA率いるユニット"STRONG HEATS"(ストロングハーツ)が突如として現れ、W-1のリングを席巻しています。W-1のリングに刺激をぶち込んでやると。昨日の新木場大会で組まれた試合も、W-1勢は全敗だそうで。前回の後楽園大会同様、いいように掻き回されてしまってますね。でもWRESTLE-1にはこの男がいます。芦野祥太郎。ホームリングをどかどかと踏みにじられて黙ってられるはず [続きを読む]
  • 「WRESTLE-1 TOUR 2018 OUTBREAK」6.13東京・後楽園ホール大会
  • WRESTLE-1を観に行ってきました。つまらない日常の喧噪から逃れたい時は、やはりプロレス観戦に限ります。ヾ(・∀・)ノ特に楽しみにしていたのは、後半の3試合。〈タッグマッチ〉 黒潮“イケメン”二郎&田中 将斗 vs 芦野 祥太郎&新井 健一郎/Enfants Terribles〈WRESTLE-1クルーザーディビジョンチャンピオンシップ〉 吉岡 世起 vs 児玉 裕輔/Enfants Terribles〈WRESTLE-1チャンピオンシップ〉 征矢 学/new Wild order vs 羆 [続きを読む]
  • THE 多忙
  • 最近、ブログの記事がプロレスの事ばかりで。これでも、毎日ちゃんとイラストを描いているんです。仕事のものなのでアップは出来ないですけどね。昼間は普通に定時まで働き、帰ってきて一休みしてから寝るまでの数時間イラストを描く、みたいな感じ。土、日の休日もほとんどイラストの制作に充ててます。得意分野を仕事にするというのもなかなか大変ですね。まあ後々、何の仕事に携わったかぐらいの事はご紹介出来ればと思います。 [続きを読む]
  • 【長州力プロデュース】POWER HALL 2018
  • 7月10日、何やら興味津々な大会が行われる模様。長州力プロデュース興行「POWER HALL 2018〜Battle of another dimension〜」スマホをいじってたら急に目に飛び込んできた。Σ(゚Θ゚)いろんな団体からトップ選手が集結しており、なんとWRESTLE-1からも芦野、イケメン、土肥の3選手が参戦。ついに芦野も長州力の目にとまったのか、と。しかも発表されたセミとメインの対戦カードが非常に興味深い。【藤波辰爾&丸藤正道&芦野祥太郎 [続きを読む]
  • WRESTLE-1後楽園大会&国立新美術館
  • 5月6日、WRESTLE-1後楽園大会を観に行ってきました。GWで出掛けたのはこの日だけ。連休もあっという間に終わっちゃいます。注目の黒潮"イケメン"二郎。この日は、【観客持ち込みアイテム使用可 GWスペシャルハードコアマッチ】そう銘打たれた対戦が組まれた。う〜ん、お客を喜ばすために努力しているのは理解出来るけど・・・でも真の強敵が現れた時、"エンターテインメント"だけでは決してWRESTLE-1は守れないからね。イケメン [続きを読む]
  • ムキムキ!女戦士
  • 明日からまた休みだ、嬉しいな♪でも描かなければいけないものが無限にあるので、そんなにのんびりは出来ません。6日はWRESTLE-1観戦と、あと美術館にでも行こうかなと思ってます。完成しそうなイラストがあったのでササッと仕上げました。ドラゴンズクラウンというゲームのアマゾンというキャラクターをリアルイラストで描きました。ボディービルダーのような体が特徴。ゲームでは自分よりデカい斧をぶん回します。こちらが元の [続きを読む]
  • "王道"全日本プロレスを観に行ってきた
  • WRESTLE-1以外のプロレスを観に行く事は中々ないので、純粋にプロレスを楽しんでこようかなと。まず驚いたのが、会場内の熱気。凄いんですよね、盛り上がりが。毎月行ってる後楽園ですが、ファンの層が違うだけでこんなにも変わるんですね。WRESTLE-1は、選手だけじゃなくファンも大人しいのかな?(笑"明るく楽しく激しいプロレス"。昔の全日本プロレスは、たしかそんなキャッチフレーズがありましたけど、まさにそういう感じでし [続きを読む]
  • 「WRESTLE-1 TOUR 2018 CHERRY BLOSSOM」4.18東京・後楽園ホー
  • 仕事の方で描くものがたくさんありまして、しばらく趣味でイラストを描く時間は取れそうにない。とてもありがたい事ですけどね。イラストの仕事が落ち着くまでは、WRESTLE-1観戦日記とかがメインになってしまうかな。昨日、W-1後楽園大会を観に行ってきました。平日の仕事帰りに後楽園まで行くのは結構大変です。(´д⊂)でも好きだからしょうがない。出た、芦野。第1試合目。ずっとメインを張ってきたのに。(笑それが理由かわか [続きを読む]
  • THE 主張
  • 最近、プロレスを観ていて大いに学んだことがあります。我々一般人は、日常や会社の中で、親に楯突いたりとか上司に楯突いたりとか簡単には出来ません。会社で上の人間に面と向かってものを言える人なんてそうはいないでしょう。後先の事を考えて踏みとどまる。でもプロレスラーというのは特別な存在で、それが出来るんですね。WRESTLE-1というプロレス団体を観に行くようになってもう数年になるかな。これまでレスラーを雲の上の [続きを読む]