山本 けい さん プロフィール

  •  
山本 けいさん: 大阪府議会議員 山本 けい のブログ
ハンドル名山本 けい さん
ブログタイトル大阪府議会議員 山本 けい のブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/keiyamamoto0312/
サイト紹介文元学生ベンチャー起業家 大阪 交野から 大阪を変える!!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供89回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2010/09/21 00:00

山本 けい さんのブログ記事

  • 交野市長選出馬により議員辞職することが明らかな私への議員辞職勧告について
  • 私への議員辞職勧告をめぐり、私を誹謗中傷するビラが交野市長選前に配布され、交野市民の皆様にご心配をおかけしておりますことをお詫び申し上げます。私の見解を公表すると言い訳がましく思われますから、これまで、私から何も見解を公表しませんでした。しかし、交野市長選も終わりましたので、私の見解を公表します。※星田北エリアの開発の見直しを求める市民団体が私を擁護するビラを配布してくれました-------平成30年7月4 [続きを読む]
  • ご報告
  • 今回の交野市長選挙について、私の不徳のいたすところにより、支援してくださった皆様には申し訳ない結果となってしまいました。交野市民の皆様には3年間交野市議会への代表者とし続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』 [続きを読む]
  • 平成30年9月8日活動記録
  •  7日間の選挙戦で交野市内を全力で駆け抜けて参りました。「廃校や倉庫のまちの全面見直し」を全力で訴えて参りました。街頭演説には多くの交野市民の皆様がお越し下さりました。支えてくださるスタッフ、支援者、と連携し、できるこ続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』 [続きを読む]
  • 平成30年9月7日活動記録
  •  交野市内数十箇所で、私の考えを訴えました。 自然環境豊かで良好な住環境の交野市であるにもかかわらず、星田北エリアが税金37億円で「倉庫のまち」になろうとしております。学校教育審議会答申によると小中一貫校の設置にともない、交野第一中学校、交野小学校、長宝寺小学校、が事実上の廃校になります。公共施設の再配置計画によりますと、青年の家を閉鎖し、交野市役所をつぶして税金35億円で移転するそうです。一方で、 [続きを読む]
  • 平成30年9月4日 交野市に台風21号が接近
  •  平成30年9月4日、交野市に台風21号が接近する見込ですので、選挙活動を一旦中断し、①〜⑩の通り、交野市民の皆様への情報提供に励んでおります。①概況 台風21号は非常に強い勢力で、平成30年9月4日午後3時ごろに交野市に最接近する見込みです。猛烈な風が吹くおそれがあり、暴風、大雨、洪水、土砂災害、に厳重な警戒が必要です。②水害の状況 過去に水害被害にあった地域はご注意ください。 大阪府では、交野市内で管理す [続きを読む]
  • 平成30年9月3日活動記録
  •  本日は、JR河内磐船駅からスタートしています。多くの支援してくださる皆様が、お手伝いに駆け付けてくれました。 本日は、交野市内の自転車街宣、交野市内随所でのスポット演説です。また、朝日新聞朝刊に私の第一声が掲載されました。  私は、ベットタウンの交野の良さ続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』 [続きを読む]
  • 平成30年9月2日交野市長選挙に出馬
  •  平成30年9月2日、星田北エリアが「倉庫のまち」になろうとしている故郷交野を救うために、学校教育審議会答申によると小中一貫校の設置にともない事実上の廃校になる交野第一中学校、交野小学校、長宝寺小学校、を守るために、青年の家の閉鎖・交野市役所の移転を阻止するために、全てをかけて、交野市長選に出馬しました。  交野の未来を変えるためには、この選挙に勝たねばなりません。どうか、お知り合いの方にお声がけの [続きを読む]
  • 政策
  • まちがった交野の行政運営を私たちの手に取り戻す市政改革 公正・公平・適正な行政運営の実現   市長の個室・公用車・交際費・退職金廃止   徹底した情報公開の実現 市役所改革 市民負担と職員負担の公平性確保   市役所職員の勤務評価と報酬を連動   市役所職員の応対・服装・頭髪を適正化  市役所職員のレベルアップ適正なまちづくり   コミュニティーバスの早期導入   星田北・星田駅北の開発の是正   市民・ [続きを読む]
  • 平成30年8月19日 決起集会
  •  平成30年8月19日、午後6時より決起集会を開催いたしましたところ、約200名の交野市民の皆様が駆けつけてくださいました。次の約束の実現のためがんばります。・倉続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』 [続きを読む]
  • 平成30年7月28日台風12号が接近
  •  平成30年7月28日、交野市に台風12号が接近し、7月29日未明に最接近しましたので、交野市内の状況を①〜⑤の通りまとめました。①水害の状況 幸い、水害は発生しませんでした。 大阪府では、交野市内で管理する河川の洪水リスクについて開示しております。どの地域が洪水の被害にあう可能性が高いかを示しておりますのでお役立てください。画像を すると詳細を見ることができます。なお、交野市は、洪水リスクの調査を [続きを読む]
  • ポスター貼替
  •  諸般の事情により、顔写真といった氏名類推事項を含むポスターを交野市内で掲示できなくなります。そのため、新しいポスターに貼替えます。新しいポスターの利用法は、時期が来れ続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』 [続きを読む]
  • 平成30年7月20日カルガモのコガモを保護
  •  平成30年7月20日、郡津4丁目の郡津小学校近くの道を通過すると、呼び止められました。川にカルガモのコガモが落ちたので、保護してほしいとのことでしたので、ハダシで川に入りました。コガモは私が近づくと全力疾走し、なかなか保護できませんでしたが、郡津小学校の先生がアミを持ってきてくれて、私がコガモを追い込んで逃げたところを、アミで保護しました。保護したコガモは、親ガモの近くで離したところ、親ガモのところ [続きを読む]
  • 平成30年7月6日 土砂災害発生 避難してください
  • 土砂災害により被災された交野市民の皆様に心よりお見舞い申し上げます。 平成30年7月5日午後3時50分、交野市の土砂災害特別警戒区域や土砂災害警戒区域に住む2615世帯、6474人に対し、避難準備が発令され、「災害・避難情報」が携帯電話に配信されました。一般的に避難準備の情報が出たら、対象者は、①情報収集、②持ち物の準備、③避難所の確認、④近所への声かけ、をするものとされております。避難所として、私市小学校、倉 [続きを読む]
  • 山本 けい 事務所
  • 山本 けい 事務所(新)※市政相談及び後援会活動のための事務所  住所:大阪府交野市私部2-11-30プライムコートA 営業日:不定休  営業時間:午前9時〜正午 午後1時〜午後5時  電話:072-895-5570(転送機能付)  FAX:072-895-5571 交通(電車):京阪交野線交野市駅東口から徒歩10秒             交通(車):1台あり 交通(バイク・自転車):あり 山本 けい 事務所(旧)※市政相談及び後援会活動のための事務所  住所 [続きを読む]
  • 平成30年6月18日 大阪北部を震源とする地震 交野は震度5強
  • 被災された交野市民の皆様にお見舞い申し上げます。交野は震度5強です。余震にはご注意ください。1.公共施設①6月20日まで、交野小学校、倉治小学校、旭小学校、私市小学校、寺会館、森区民ホール、を避難所とし開設しています。②青年の家の武道館の屋根が壊れていました。去年改修していましたが・・・③交野市役所の窓ガラスが壊れましたが、交野市役所の職員は、復旧作業をなさった上で、災害対応及び平常業務に励んでおり [続きを読む]
  • 交野市立中学校 硫化水素発生実験で生徒2名を病院送り
  •  平成30年6月1日、交野市立中学校で、硫化水素発生実験にて生徒2人を病院送りにする事故が発生しました。交野市教育委員会は、学習指導要領や教科書に基づいていると主張していますが、あたかも、学習指導要領や教科書が生徒の救急搬送を前提に作成している、ともとられかねないとんでもない主張だと考えます。 私は、生徒の一日も早い回復を祈りますとともに交野市教育委員会に、次の点は確認します。①有毒な硫化水素が発生す [続きを読む]
  • 5月23日倉吉視察
  •  5月23日、ある地域の区長等と鳥取県倉吉市の防災センターに行って参りました。人口5万人未満ながら、3年前に独自で防災センターを建設して周辺1市4町で消防を広域連合化した鳥取中部ふるさ続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』 [続きを読む]
  • 交野の人口動態は自然減が定着 まちづくりを変えねば未来はない
  •  交野市では、平成29年の一時的な転入超過をもって、あたかも人口増に転じたともとられかねない施政方針がなされておりますが、全く、交野市の人口動態をふまえないものであると考えます。 そもそも、人口増減は、転入と転出との社会増減と出生と死亡との自然増減から構成されており、これまで、交野市では、自然増であったものの、高齢化により自然減に転じております。すなわち、転入超過が自然減を上回らなければ、人口は減 [続きを読む]