半農半不動産屋 さん プロフィール

  •  
半農半不動産屋さん: 半農半不動産屋のブログ
ハンドル名半農半不動産屋 さん
ブログタイトル半農半不動産屋のブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/asset-hanno/
サイト紹介文自宅兼事務所と隣接する農地で半農半Xな生活を過ごしています。
自由文ある私鉄の終点より徒歩十数分のところに事務所(http://asset-p.co/)兼自宅を構えストレスの無い半田舎生活を送っています。
半農生活の中心は親から相続した1反の農地と自宅周りの植栽管理などです。
主な事業は自分が実際に体験した事を基にした不動産コンサルティングです。「相続対策」「土地売買」「借地借家問題」「物納」「収益物件購入」「土地有効活用」等を得意としています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供43回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2010/09/23 14:36

半農半不動産屋 さんのブログ記事

  • マンションの定期総会
  • 本日、所有するマンションの定期総会に出席してきました。 総会の議題が、シェアハウスや民泊、託児所等の利用を禁止する特別議決をするという事でしたので、この議案に反対する立場から発言してきました。 反対の理由として、 本マンションは築30年を超えていること。物件所有者が誰も居住していないこと。店舗利用の3つを除くと主に事務所系の利用が多いことから、 本マンションの組合員は、私を含め収益を最大限にするのが第 [続きを読む]
  • 市民登山3
  • 昨夜、北アルプス後立山連峰の爺ヶ岳から戻ってきました。 この山の由来は、安曇野から「種まき爺さん」の雪形が見られることからとか・・・ 名前と雰囲気が・・・なにか私にピッタリの山です(^_^)v これは山岳連盟主催の一般参加の市民登山なのですが、今回で3回目の参加となります。 昨年と同じ集合場所の市役所でバスに乗り込むと・・・ 車中は毎年参加しているメンバーが大半で、私より年配と思われる方々が多くてとても安 [続きを読む]
  • 茶畑の仕事
  • 今日、やっと我が家の生垣の剪定に取りかかれました。 。 そう、此の所この仕事にかかりっきりだったのです。 1町歩(10000?)もの畑の、お茶の木伐採及び除草と防草シート撤去作業です。 製茶工場を経営していたご主人が亡くなった後、奥さんがその茶畑を引き継いで営農を続け、防草シートを敷いたり、柿の木を植えたり、なんとか畑としての体裁を整えてきたのですが・・・ 手伝ってもらっていたお茶農家から畑を返さ [続きを読む]
  • 手製のおはぎ
  • 彼岸の中日なので、母が「おはぎ」を作りました。 母の「おはぎ」の味は昔から変わりません。 さらに、作りたては格別です。ヽ(゚◇゚ )ノ 私が子供の頃は大人の握り拳ほどありましたが・・・ この通り、今は4分の1の大きさに変わっています。 ところで、 つい一週間ほど前、我が家の近くを天皇皇后両陛下が行幸啓(ぎょうこうけい)に来られるという回覧板が回りました。 近くにある「高麗神社」や彼岸花の群生地「巾着田(き [続きを読む]
  • 十五夜
  • 我家の「十五夜」は、新暦の今日9月15日です。 いつものように、 月見団子、里芋、サツマイモ、果物を供え、ススキと女郎花を飾りました。 そう、 「十五夜」には、収穫された芋を供えることから「芋名月」なんていう別名もあるくらいなんですが・・・ 今年は雨が多かったためなのか、 「つるぼけ」でサツマイモは大きくなってないし、 里芋も、 葉っぱは立派なのですが、芋の育ちが悪いし・・・ さらに、 いつもなら祭壇に [続きを読む]
  • ブワップリアム
  • タイの友人からいただいたブワップリアム(???????????)の種を育てた結果、 こんなに大きく育ちました。これは「トカドヘチマ」とも呼ばれますが、タイ、インド、ベトナムあたりでよく食べられるヘチマの一種です。 友人から、 「皮を剥いてから油で炒め、その後玉子を入れ一緒に炒めたら美味しいよ。」と言わていたので・・・ 早速、調理してみました。(*^ー^)ノ まず、ピーラーで皮を削り取り、 乱切りにして、 [続きを読む]
  • 会津駒ケ岳へ
  • 学生時代の先輩と2人で会津駒ケ岳に登ってきました。 檜枝岐温泉にゆっくり一泊して、翌日の朝早くから出発する往復約8時間余のコースです。 ずっと雨が続いていたので天候に不安があったのですが、都心が35度というのに20度を下回る気温で、とても快適な山旅を楽しむことができました。 それに、雨が続いて気温が低かったせいか、高山植物がまだまだ目を楽しませてくれます。 ニッコウキスゲ コバイケイソウミミヤマリン [続きを読む]
  • プロとアマの違い
  • プロとアマはこんなに違います。 左側がプロの巨峰で、右側が我家で作った巨峰です。 今年から我が家ではブドウ作りにジベレリンを使うことにしましたが、 その効果がまったく無く、いつもと粒の大きさが変わらずタネも残っています。 ジベレリン処理のやり方が悪かったのか、または他に原因があるのか・・・ 来年に向け、まだまだ研究の余地がありそうです。    <つまみ食いしながらの収穫です。> 今の時代は、ネット等で [続きを読む]
  • お盆のお迎え
  • ご先祖を迎えるために精霊棚を作りました。 まず、庭の茅萱(チガヤ)で縄を作り、 ミソハギを飾り、 ホオズキを吊り、 そして、ご先祖様をお迎えに行ってきました。 我が家にご先祖様が帰ってきました。 ところで、 仏壇を整理していたら、父が出征時に戦地に携えた寄せ書きが出てきました。 そう、今の幸せはご先祖様がコツコツと積み上げてきたその上にあるのです。 私は、 ご先祖様を大切にしない人は、何をしても上 [続きを読む]
  • 超特大スイカ
  • 超特大のスイカを収穫しました。 なんと、過去最大の15.8キロでした。 大きすぎると、通常は型が悪くなったりするものですが、色も型も叩いた音も抜群です。 そこで、早速スイカ好きの娘に送ることにしました。 昨日の日経新聞には、「夏の風物詩、スイカが高い。7月下旬の東京市場の卸値は1キロ240円と前年同時期に比べて2割上がった。主力の山形県産の出荷が遅れている。JA全農山形(山形市)によると、「春先と6月 [続きを読む]
  • スイカの試し切り
  • このところの暑さでスイカが成熟したようです。 いつも人工受粉後50日を適期としているのですが、 雨が少なく比較的日照時間も長かったので、今年はもう収穫時期を迎えたようです。 野菜作りの雑誌に、 大玉スイカの収穫適期は「受粉後の平均気温の積算値1000℃が目安」とあったので、 気象庁のHPで今年のデータをアップロードしてみたのですが・・・ <温度のある一定値を超えた分だけをある期間にわたって合計したもの。で [続きを読む]
  • 久しぶりのドライブ
  • 妻と、千葉外房で働く娘の様子を見に行ってきました。 時計回りに圏央道を走って4時間あまり・・・そこで、娘の作ったランチプレートを食べました。 榎の大木の下で、 娘の元気な姿を見ながら・・・風に吹かれての食事はとてもとても美味しく感じました(*^ー^)ノ ここは玄米菜食料理家が住まいを構えながら、カフェ・宿泊・イベントなどをおこなっているところで、 自然と繋がった暮らしをしたいと考える人が集まって、自家製 [続きを読む]
  • ジャガイモ掘り
  • うだる暑さの中、母とジャガイモ掘りをしました。 通りかかった人には「ずいぶん収穫するのが遅いですね。」と言われましたが・・・ な〜に、 葉がすっかり枯れて、土が乾いた頃に収穫するのが一番良いんです。(・`ω・´)キリッ 昨年は、腐っていたり極端に玉の大きいジャガイモが多かったのですが、 今年は、大きさも揃ってそこそこの出来となりました。 農作業が終ってから、 シャワーを浴びてボ〜ッと大相撲中継を見ている時に [続きを読む]
  • 雑草を食す
  • 畑の雑草「スベリヒユ」を食べてみました。 山形あたりでは普通にスーパーでも売っている食材ですが、我が家では駆除すべき雑草のカテゴリーに入っています。 スベリヒユは、一枚の葉からでも芽が出てくるほど生命力が強い植物ですから、 母などは、徹底的に畑から排除しないと気が済みません。 そう、同じスベリヒユ科のマツバボタンは畑で大切に育てているというのに・・・ ワラビ・ゼンマイなどの山野草は、食べられるよう [続きを読む]
  • 雑野菜
  • 自然に生えてきたミニトマトに支柱を立てました。 去年収穫したトマトのこぼれ種から生えたものです。 さて、 自分の育てようとしている野菜以外に畑に勝手に生えてくる植物を「雑草」と呼びます。 では自然に生えてくるこの野菜たちを何と呼んだら良いのかと考えたのですが、勝手に「雑野菜」と名付けてみました。 雑菜だと韓国のチャプチェという料理と間違えますからね。。。 今の時期、我が畑にある雑野菜は、 大葉チョット [続きを読む]
  • スイカの人工受粉
  • スイカの人工受粉をしました。 梅雨に入って花が濡れてしまうと受粉が難しくなります。 スイカの雌花に雄花の花粉をつけ、 ラベルに受粉日を書いて収穫時期の目安とします。 我が家では、 玉を大きくするのために最初の雌花は摘果し、16節から22節間の雌花に人工受粉しています。 ですから、 勿体なくても一番果のこれは取り除いて。。。(つ∀ 自然受粉から1週間くらい経ったものです。 同時に、整枝作業も行ないます [続きを読む]
  • 新ジャガの季節に
  • 毎年、収穫したジャガイモが翌春まで残って腐らせてしまうのが常なので、 新ジャガのうちに食べて少し減らさないといけません。 茎を持ち上げたら新ジャガが顔を出しました。 今年も、そこそこの出来です。(⌒▽⌒) 茎には、萎れて黒くなった種芋がまだ残っています。 なぜか、 これを見ると母の姿を想像してしまいます。 子供を育ててシワくちゃになって・・・ たぶん、 親の役割というのは、これなんでしょうね。 そし [続きを読む]
  • ジベレリン処理
  • 我家の巨峰にジベレリン処理をしました。 毎年ブドウを収穫しても、種を取るのが面倒くさいと言って家族が食べてくれないものですから ┐(´∀`)┌ヤレヤレ まずは、 ぶどう園を経営するゴルフ仲間から種なしブドウを作る「ジベレリン処理」の方法を聞いて・・・ 近くのホームセンターで「ジベレリン」を買ってきました。 ジベレリンは、植物の成長を人為的にコントロールする「植物ホルモン」です。 濃度25ppm(25?/1ℓ)の水溶 [続きを読む]
  • エコな除草
  • 先週、地元の区画整理審議会に出席しました。 その際、保留地に雑草が蔓延って困っているという審議委員の意見に対し・・・ 事務所側から「業者に依頼しているからそのうち行くでしょう。」という蕎麦屋の出前的な回答が返ってきました。 そこで私は、 「ヤギを飼ったらどうだろう?」と提案したのですが、 冗談だと思われたのか誰も話に乗ってきませんでした。 ヤギが空き地の除草に活躍している例は各地で増えているようです [続きを読む]
  • 古畳の解体
  • ずっと畑に積んでいた古畳を解体しました。 解体に使った道具は鎌とプライヤ、それに建築現場で鉄筋の結束に使用するハッカーです。 いや〜、昔の畳は丁寧に作ってありますよね。 一枚解体すると、バケツ一杯のナイロン糸やタコ糸が出てきます。(´д`lll) そうそう、今や藁は貴重品です。 コンバインで稲刈りすると、藁は細断され田圃に撒かれてしまいますから・・・ 農協で買うと1束で三百円もします。 知り合いが稲わらを [続きを読む]
  • 種まき
  • 我が家では、裏庭の藤の花が咲いたら… 色々な野菜の種を蒔く目安にしています。(*^ー^)ノ 今日は、 タイ人の友達からタイ野菜を作るように頼まれ ブリックキーヌ (唐辛子)トゥアプー (四角豆)プワップリアム (食用ヘチマ) をポットに播きました。 しかし、タイから持込の種袋ですが検疫とか無いのでしょうか? それから、マメトラで畝を作って 落花生の種まきも・・・ やらなければならない作業がまだまだ残っています [続きを読む]
  • スイカの畝作り
  • 鮮やかな緑が眩しい六条大麦の季節になりました。      ところで、 仕事の合間に少しづつ天地返しをしてきたのですが、 何とかスイカの畝が完成に近づいてきました。≧(´▽`)≦ そう、 腰痛持ちの私に20mもの畝を一気に作ることはとても出来ませんから。。。(´д`lll) 天地返しとは、 連作障害や土壌病害のリスクを避けるため、畑を深く掘って表層と下層の土を入れ替える作業です。 種からスイカを育てるようになって [続きを読む]
  • ウドの天ぷら
  • ウドの芽が出てきたので少しだけ収穫してみました。 毎年、掘り出した根を室に入れ白うどを作っていたのですが、去年から畑に植えっぱなしにしています。 ウドの根は広く深く伸びるので、株の周囲1メートルくらいを掘り下げなければならず・・・ 腰痛持ちの私には荷が重くなってきたからです。(´д`lll) まあ、山にある自生のウドは植え替えたりしませんから、これで良いのかも知れません。 そうそう、 このウド。。。朝鮮人 [続きを読む]
  • 野菜をたっぷり
  • 健康のため野菜を食べなさいと言われ始めたのはいつ頃なのでしょうか? 私が子供の頃にそんなことを聞いた記憶はまったく無く、タンパク質や脂質をもっと多く摂取するようにと言われていた気がします・・・ その頃の我が家といえば収入が少ないので、私のタンパク質等の摂取はもっぱら学校給食に頼っていて、脱脂粉乳などは友達の分まで飲んだものでした。 ところで、 近頃、コンビニで購入する飲み物はほとんどこれです。 コピ [続きを読む]
  • スミレの花
  • 玄関先に植えたスミレが盛りとなりました。 遠い昔に学校で習った芭蕉の句  山路きて 何やらゆかし すみれ草  を思い出します・・・(^O^)/ 黄色いスミレの花言葉は、 「田園の幸福」「つつましい喜び」だそうです。 今日は何位かな?にほんブログ村 [続きを読む]