yumi さん プロフィール

  •  
yumiさん: 子どもの夢を実現させる親になる!
ハンドル名yumi さん
ブログタイトル子どもの夢を実現させる親になる!
ブログURLhttps://ameblo.jp/tulip-city/
サイト紹介文「自分の将来は自分で決め、実現できる子どもに育てたい!」私の子育て・教育感を書いています。
自由文「豊かな心」「生きる力」「思いやりの気持ち」大切なのは分かるけど、実際、具体的にどのような働きかけ、関わりを子どもにすればいいの?それらを育む具体的なヒントを書いています。

参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供120回 / 365日(平均2.3回/週) - 参加 2010/09/25 17:47

yumi さんのブログ記事

  • 失敗を「人のせい」にする子どもにしない為、親が気をつける事
  • なにかと「人のせい」にする人、いますよね。 ダイレクトにその場で、責任を転嫁してくる人、また過去のことを持ち出してきて、「あの時、○○さんから、△△されたから、今も、自分の人生は上手くいかない」など言う人。 結局は自分自身の問題なんですが、すぐに人のせいにしてしまう人。 子どもの場合も、そのようなことがあります。子どもの場合は、まだその転嫁の仕方も幼く、かわいらしさが残るものです。 ですが、それが習 [続きを読む]
  • 12月は「師馳す」から「師走」
  • 12月、今年も1年の最終の月に入りました。本当に早いですね。12月の旧暦は「師走」と書き、「しわす」と読みます。 これはよく耳にする言葉ですね。「僧侶が仏事で12月は走り回る」ことから「師馳す」そして「師走」というのが有力な説だそうです。又は「師」を「先生」という説もあり、年末は先生も忙しくて走り回る、とも言われています。他に1年の最も最後の月であることから、「歳果つる月」(しはつるつき)「極月 [続きを読む]
  • 教科書やプリントを断捨離できる気持ちのコツ3つ
  • 子どもの教科書やノート、プリント類など、どうしていますか? 教科書やノート、プリントやレポート類は、過去に習ったことを調べたり、復習に必要になるかもしれない。 頑張って勉強した証しだし、、、そう思っていると、捨てるに捨てられない、ってことないでしょうか。 私も、子どもが中学生頃までは、そうでした。ですが、高校生頃からは、処分ができるようになりました。 理由のひとつは、子ども自身が「もう見ることはな [続きを読む]
  • 1記事2分!読むと子どもの学習力のUPにつながる
  • 11月も残り1週間、12月も目の前と思うと、何だか慌ただしい感じがします。 さまざななサイトや雑誌に執筆の機会を頂き、今年も感謝いっぱいの1年、 自分の記事をまとめようと、思いつつ、「いつでもできる」と、思って、今年も1年が過ぎようとしています。 「いつでもできる」は、永遠にやらない、、、。 いつやるかを決めるのは、自分の気持ち。 やっと、こちらもまとめました。 こちらは、子どもの学習力アップにつながる子 [続きを読む]
  • 子どもの能力を伸ばす個別幼児教室@上本町
  • 個別幼児教室ココママ今月はクリスマスのブーツを制作 就園児カリキュラムは知育ワーク未就園児カリキュラムは語彙力を増やすワークを行いました。知育ワークは、大人が見ても難しい、、。最初は苦戦したKちゃんも、一度説明すると、2問目からは、スラスラ解いたので、驚きでした。この頃の子どもの吸収力は、本当に驚くべきものがありますね。 来月も元気なお顔を見せてくださいね。 「ココママクラス」は個別の行っております [続きを読む]
  • 「叱らない子育て」は「叱らなくていい」ではない!
  • 「叱らない子育て」って聞いたことがないでしょうか。 ママ友どうしの会話の中でも「うちは、『叱らない子育て』で育てていますので」と言う方がおられます。 ですが、この「叱らない子育て」が誤った解釈で一人歩きしているように感じます。 例えば、「電車の中で、子どもが走り回っていても、親は注意をしない」 「公園で、子どもが他の子のおもちゃを取り上げ泣かせても、親は何も言わない」 「レストランで、子どもが大声で騒 [続きを読む]
  • 1記事2分!読むと子育てが変わる
  • 子育ての記事を一覧表にして、まとめてみました。 1記事、2分〜3分くらいで読めます。読むだけで、子育てが変わります。 子育てがしんどい、と持っている気持ちがふわっと軽くなり子育てに役立つ知識をたくさん得られます。 執筆順ですが、小さな関連写真もいれてありますので、興味ある記事が見つけやすくなっています。 是非、ご訪問ください。  1記事2分!読むと子育てが変わる 参加者と意見をシェアしあうセミナーを開催 [続きを読む]
  • ライフポジションから考える目標達成法
  • 年末恒例になってきています心理学セミナーを開催します。今年1年を振り返り、来年そして人生の目標を再度明確に見つめてみたいと思います。今の自分のライフポジションから、人間関係を見直し、目標達成のためには、どのような人と出会い、関係を築いていくか、等々心理学のワークを交えて進行していきます。... 精神科医のエリックバーンが提唱している集団心理学をベースとした設問に答えていき、自分のライフポジションに気づ [続きを読む]
  • 泣いて笑って悩んで喜んで…親子一緒に成長する人生
  • 赤ちゃんが誕生した瞬間その小さな手を握りしめ、生まれてきた命に心震わせた感動。 やがてその感動は「元気に育ってね」から、「もっと、頑張れ!」に。 「這えば立て、立てば歩めの親心」という諺がありますね。親になって実感できる諺です。 スポーツや勉強やいろいろな面で、子どもが頑張って、ワンステップ上ったら、更に上の子を見てもっと頑張って、と思ってしまう親心ってありますね。 でも、よくよく親自身の内面を見つ [続きを読む]
  • 子どもが親を超えたと思える瞬間
  • つぶやき 試合終了後、少し時間があったので東京をぶらり散策。 他の選手の保護者の方ともご一緒させて頂きました。 おのぼりさん状態でぞろぞろ・・・。 東京には仕事で、時々行く事はあるのですが、いつとんぼ返りです。 こうして、ぶらり歩きながら、周りを見渡す余裕なんて全くありません。 ママ友と、田舎者ぶりを発揮する言葉を笑いながら交わす時間は、とても楽しく和やかでした。 こういう時間や楽しみを息子が与えて [続きを読む]
  • 「全国青年大会」剣道と医学の道を目指して
  • 2018年度 全国青年大会剣道の部に県の代表として、出場させて頂きました。 この大会は「友愛と共励」を目指し、サンフランシスコ講和条約の発令を記念して1952年に第1回が開催されたそうです。地域で地道にスポーツに取り組んでいる35歳までの社会人であること。さまざまな試合結果や予選大会を経たりなど、総合的に選手に選ばれた者が出場できる大会です。 開会式のセレモニーにも皇室の方も出席され、念密にリハーサルも行われ [続きを読む]
  • 移動図書館にほのぼのした気持ちを味わう
  • 今日は、少し心に残ったことを呟きます。 もう50年以上も昔から、実家の近くにある公園。 公園と言っても、野球のグランドやテニスコート、アスレチック器具も有り、多くの樹木が茂り、かなり広い市民の憩いの場になっています。 もちろん小さな子どもが遊べるブランコやすべり台もあります。そこに移動図書館が毎月やってきます。先日、実家に帰った際、偶然出くわしました。 最近は、電車の中などで、スマホやタブレットで、本 [続きを読む]
  • 子どもに話す11月由来「雪待月」この美しい日本語
  • 今日から11月、早いもので、今年もあと、60日あまりです…さて、月初めにお届けしている子どもに話す月の由来シリーズです。11月は和名で「霜月」(しもつき)と言います。霜が降る月の意味で、「霜降月」(しもふりつき)が略された、という説が有力だといわれています。他に実ったお米の籾を摺る「摺籾月」(すりもみづき)の略や、または、満ちた一区切りの数なので、十月までを上月、それ以降は、「下月」とする説などが [続きを読む]
  • 子育てに手遅れはない!
  • ママ友同士で子どものことをお喋りをしていると、よく聞く言葉があります。 「うちの子はどうしてこんなにダメなのかしら」 「育て方を間違ったわ」 「もう一度初めから育て直したい」 「もう、うちは手遅れ・・・」 …もちろん、謙遜もあるかもしれませんが、ため息交じりで本当に辛そうに言われるお母さんもおられます。 確かに「三つ子の魂百まで」「三歳児神話」など、幼児期の関わりの重要性を言った諺などがありますね。 [続きを読む]
  • お友達の「メサイア」を聴きに
  • 久々に、メサイアの演奏会に足を運びました。写真は始める前、全員そろっておりませんが、本番が始まると撮影できませんので、今のうちにと。 合唱は森ノ宮ライゼコール。指揮は中安公則氏。演奏は管弦楽クランクレーデ。 昔、一緒に歌っていたお友達が出演しています。彼女自身も中学校の音楽の先生でなのですが、「ここに所属している皆さん、すっごくレベルが高くて、ついていくのが大変!」なんて言っていたのですが・・・ [続きを読む]
  • 「一瞬、詐欺に引っ掛かりそうになった」呟き
  • 久々のつぶやき・・・です。 先日、Amazonのカスタマーセンターから、「料金の未納が発生しています。本日ご連絡なき場合は、法的手段に移行します。」 等と書かれたメールが届きました。 差出人が、有名企業でAmazonって使った事あるし、、、 「絶対に未納なんてないはず!」と思っていても最近、何かと物忘れや、ウッカリも多くなってきた私、 「もしかしたら、、、、何かあったのかな、、」と不安になってきました。 一瞬ね、 [続きを読む]
  • 子どもは親の失敗も受け入れる力を持っている
  • 最近は情報機器の普及が目覚ましく、さまざまな情報が、一瞬にして、手に入りますね。もちろん、育児や子育ての情報も知りたいことが直ぐに分かります。ですが、知ろうと思っていなかったことでも、以前調べたことの関連記事が勝手に流れてきたりします。最近のPCは、すごいですね。見ている人が、どのようなことに興味をもっているか、分かるんですね。そこで、子育ても、あれもこれもと、情報がたくさん流れてきます。そして、 [続きを読む]
  • 交流分析協会全国大会で発表「社会に適応する我慢」の育み方
  • 先日、NPO法人日本交流分析協会の全国年次大会が富山で開催されました。私は、関西支部の代表として、発表をさせて頂きました。 会場は、大きなお部屋をご用意くださったのですが、満席となり、当日、飛び入り参加希望の方もおられたのですがいっぱいでお断りした状態でした。 「自己主張と自己抑制を調整しつつ、統合的に発達させる我慢の育み方」というタイトルで、子どもの「社会に適応する我慢」を身につけさせるには親はど [続きを読む]
  • 当たり前の日常を失って初めて感じる最も大切な事
  • 私の子ども達は、もう成人して、社会でそれぞれの道を歩み始めています。 子どもが幼い頃は、見えなかった事、今だから、見える事、感じる事ってあります。 特に大きな台風で被害を被り、電気や水道など、当たり前に使っていたライフラインが止まりいつもの日常が送れなかった今年、特に、思う事があります。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・今、振り返ればもっともっと子どもと向き合い抱き [続きを読む]
  • 子供に話す「10月神無月」の簡単由来
  • 今日から、10月。私はワンクール3ヵ月で、1年を4つの大きな区切りをつけて、考えることが多いです。もともと日本は、春夏秋冬四季があって、1年を4つに区切る感覚が身に付いているところからも自然に4つに区切って考えてしまうのかもしれません。そうすると、今日から、最後のクールに突入です。では、子どもと話す今月の謂れ……いきます。10月は旧暦では「神無月」と書き「かんなづき」と読みます。一般には、出雲大社に全国の [続きを読む]
  • 我慢ができない、待てない子供を変えるしつけのコツ5
  • 食事の時「いただきます」が待てない。おやつの時間を待てず、お菓子ばかりほしがる。公園などで遊具やおもちゃの順番を待てない。公共の乗り物で、降りるまで待てず騒いでしまう。「ママ、抱っこ!」とせがまれ、「ちょっと待ってね」と言っても聞き入れない。 子育て中のママには「あるある!」の悩みですね。 そして、子どもはこれから迎える入園・入学の集団生活に備えて、ルールや規則を守ることを身に付けて行かなければな [続きを読む]
  • 2020年小学校の新学習指導要領 何が変わる?
  • 2020年、学習指導要領が大きく改定されます。 「学習指導要領」とは、国が定める教育課程の基準をまとめたもので、これを指針として、各学校は授業を行い、また教科書の編纂や時間割なども決められていきます。 ですので、日々の学習はもちろん、各入学試験にも関わるとても重要な出来事ですね。 特に小学校に注目してみました。 今回の改訂で、小学校教育において大きく変更される点は、以下の3点。1.英語の教科化2.道徳の教科 [続きを読む]
  • 子どもが自立する「甘え」と「我慢」の育み方
  • 「健康教育」これは薬学博士 河合亀太郎氏が創業された河合薬業株式会社が発刊されているものです。子どもの健やかな成長を願い、全国の幼稚園、小学校に配布されます。それに執筆させて頂きました。子どもの自立をテーマに「甘えの受け止め方」「我慢の教え方」をお伝えしています。約半年前にご依頼頂き、この秋発刊となりました。全文をHPに掲載いたしました。...  子どもが自立する「甘え」の受け止め方と「我慢」の育み方 [続きを読む]
  • 「学校選択制」って何?この地区目指し転居も
  • 「学校選択制」って聞いた事があると思います。 子どもが小学校へ入学する際、 居住地に関わらず、市区町村内の公立小・中学校を自由に選べる制度のことを言います。 住んでいる地域により、学校が指定される「学区制」に対し、自由に選べる学校選択制、 東京都や大阪府の一部の地域をはじめ、いくつかの地域で、学校選択制を実施している所があります。 子どもの就学をめぐって、どちらの地域に居住するか、転居を考える家庭も [続きを読む]
  • 9月は夜が長くなり「夜長月」から「長月」
  • 今日から9月9月の声を聞くとなんだか秋を感じる空気になりましたね。2学期が始まります。通知表や、夏休みの課題や上靴など持ち物は準備OK!でしょうか…9月になると、急に日が暮れるのが早くなります。旧暦では9月は「夜長月」と書き「よながつき」と読むのが略され「長月」という説が有力だそうです。「稲刈月」「いねかりづき」から「かねづき」となり「ながづき」となった説もあります。他の稲が熟する時期から「稲熟月」 [続きを読む]