T−埼玉 さん プロフィール

  •  
T−埼玉さん: T−埼玉の陸上備忘録
ハンドル名T−埼玉 さん
ブログタイトルT−埼玉の陸上備忘録
ブログURLhttps://ameblo.jp/yoshinobutakahashi/
サイト紹介文陸上ネタが中心だと思いますが 普段の事、業務の事を書いていければ いいなと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供216回 / 365日(平均4.1回/週) - 参加 2010/09/24 00:52

T−埼玉 さんのブログ記事

  • ベルリンマラソン 結果
  •       ベルリンマラソン  1位 E・キプチョゲ(ケニア) 2,01,39  4位 中村 匠吾(富士通) 2,08,16 PB 6位 佐藤 悠基(日清食品G) 2,09,18 8位 上門 大祐(大塚製薬) 2,11,07 16位 村山 謙太(旭化成) 2,15,37  キプチョゲ選手が、世界新記録を達成しました。 前半よりも後半の方が速いラップで異次元です。 30キロから14分27秒、14分20 [続きを読む]
  • ベルリンマラソン 女子結果
  •         ベルリンマラソン 女子  5位 松田 瑞生(ダイハツ) 2,22,23 PB 7位 前田 穂南(天満屋) 2,25,23 9位 上原 美幸(第一生命G) 2.25.46 PB 10位 小原  怜(天満屋) 2,27,29   松田選手が、2度目のマラソンで自己ベストを更新の、  22分台でしたが、本人は悔しかったようです。  2本連続22分台なので、現状日本で一番強いマラソン  ラン [続きを読む]
  • シドニーマラソン 結果
  •             シドニーマラソン  5位 加藤 徳一(ヤクルト) 2,19,53 6位 本田  匠(旭化成) 2,20,50 7位 渡邉 清紘(NDソフト) 2,22,16 8位 小田 俊平(茨城陸協) 2,23,33   飛躍を期待したい選手が、出場したと思います。  延岡西日本マラソンで、優勝した本田選手ですが、  もう一歩だったでしょうか。  2度目のマラソンでしたので、注目していまし [続きを読む]
  • 2018年 ニューイヤー駅伝回顧 32位 トーエネック
  •       32位   トーエネック   (過去5年間の順位 32位、30位、36位、35位、34位)  1区 服部 弾馬(東洋大)  区間2位(1秒差)  初出場 2区 中川 智春(明治大) 区間30位 19位通過  出場7回目 15年2区30位、16年1区19位、17年1区34位 3区 西澤 卓弥(順天堂大) 区間14位 19位通過  初出場 4区 河合 代二(麗澤大) 区間33位 28位通過 [続きを読む]
  • 北海道マラソン 結果
  •             北海道マラソン  1位 岡本 直己(中国電力) 2,11,29 PB 2位 ポール・クイラ(コニカミノルタ) 2,11,58 PB 3位 谷川 智浩(コニカミノルタ) 2,12,02 4位 大塚 祥平(九電工) 2,12,07 5位 中本 健太郎(安川電機) 2,12,54 6位 早川  翼(トヨタ自動車) 2,14,05 PB 7位 岩田 勇治(MHPS) 2,15,09 [続きを読む]
  • 北海道マラソン 女子結果
  •         北海道マラソン  女子  1位 鈴木 亜由子(JP日本郵政G) 2,28,32 PB 2位 前田 彩里(ダイハツ) 2,30,56 3位 谷本 観月(天満屋) 2,31,34 PB 4位 沼田 未知(豊田自動織機) 2,34,35 5位 床呂 沙紀(京セラ) 2,37,16 6位 加藤  岬(九電工) 2,37,36 7位 猪原 千佳(肥後銀行) 2,40,32 8位 九嶋 映莉子 [続きを読む]
  • 日本最北端わっかない平和マラソン 結果
  •         日本最北端わっかない平和マラソン  1位 塩谷 桂大(SUBARU) 2,24,00 PB 2位 川内 優輝(埼玉県庁) 2,24,55 3位 口町  亮(SUBARU) 2,31,03  今年から新しく始まったようです。 SUBARUの塩谷選手が、後半逆転して初マラソンで 優勝したようです。 タイムよりも、川内選手、口町選手に勝ったというのを 自信にしてほしいです。  中央学院大時 [続きを読む]
  • 2018年 実業団新加入選手 15
  •    HPの更新があったので、久しぶりというかラストになると   思いますが、書いていきたいと思います。            中国電力(ニューイヤー14位)            森宗  渚(宇部鴻城高)  監督交代があった中国電力。 世代交代を進めたいですが、若手に元気がないイメージがあります。 そこで、指導経験のある田幸監督を招いたと思います。 若手も、箱根で活躍した選手も多く、力はありますの [続きを読む]
  • ジャカルタアジア大会 女子マラソン 結果
  •            ジャカルタアジア大会 女子マラソン  1位 ローズ・ケリモ(バーレーン) 2,34,51 2位 野上 恵子(十八銀行) 2,36,27 3位 キム・ヒソン(北朝鮮) 2,37,20  9位 田中 華絵(資生堂) 2,42,35  女子マラソンも、野上選手が銀メダルを取ってくれました。 ケリモ選手は、持ちタイムも抜けているうえに、世界陸上優勝者 という事で、速さと強さを持っている [続きを読む]
  • ジャカルタアジア大会 男子マラソン 結果
  •      ジャカルタアジア大会 男子マラソン  1位 井上 大仁(MHPS) 2,18,22 2位 エルアバシ(バーレーン) 2,18,22 3位  多  布傑(中国) 2,18,48 4位 園田  隼(黒崎播磨) 2,19,04 5位 セルオド・バトオチル(モンゴル/NTN) 2,23,42  これぞ勝負にこだわったマラソンという印象で、 観ている方は、素晴らしいレースになりました。 東京五輪にも [続きを読む]
  • 十和田八幡平駅伝全国大会回顧 3
  •   (選手の横は、区間順位)     6位 警視庁 A      松田6−佐藤5−小根山4−迫田12−柱4     8位 警視庁 B      市田9−氏原8−宮川6−安島10−森14   警視庁が2チーム出してきました。  Aチームが主力のようです。  松田選手、佐藤選手、小根山選手、柱選手ともきっちり   区間上位で走っています。  小根山選手が特に良かったでしょうか。  大隅選手とほぼ差があり [続きを読む]
  • 十和田八幡平駅伝全国大会回顧 2
  •    (選手の横の数字は区間順位)  3位 東日本実業団連盟  川端3−小針6−大隅3−有井2−金子1  実業団連盟の各選手も収穫が多かったと思います。 コニカミノルタの新人川端選手は、日本人2位の細川選手を 1分以上突き放し、小森のドゥング選手と10秒差で繋ぎました。 コニカミノルタでも、充分チャンスがありそうです。 NDソフトの小針選手も、しっかり走っていると思います。 JR東日本の2人も区間上 [続きを読む]
  • 十和田八幡平駅伝全国大会回顧 1
  •   十和田八幡平駅伝の実業団チームの結果を  簡単に振り返ってみます。  1位 小森コーポレーション  ドゥング2−金森2−的場1−柴田1−郡司5  優勝したのは、小森コーポレーションでした。 ニューイヤーを逃しましたが、この十和田八幡平駅伝の結果は 非常に良かったと思います。 ドゥング選手は、八千代工業のアビネット選手26秒差でした。 金森選手は、コモディイイダのキプセレム選手と6秒差で、日本人2 [続きを読む]
  • 2018年 ニューイヤー駅伝回顧 31位 サンベルクス
  •      31位  サンベルクス  (過去5年間の順位 不、不、不、37位、不)  1区 折居 卓哉(東京農業大) 区間32位(1分2秒差)  初出場 2区 イェゴ・エバンス 区間22位 28位通過  初出場  3区 上條 記男(國學院大) 区間36位 34位通過  出場11回目 14年1区30位、15年4区32位、16年1区36位 4区 山下 侑哉(順天堂大) 区間25位 31位通過  出場2回 [続きを読む]
  • 2018年 ニューイヤー駅伝回顧 30位 大塚製薬
  •          30位  大塚製薬    (過去5年間の順位 19位、19位、13位、36位、22位)  1区 岡田 竜治(徳島東工業高) 区間27位(53秒差)  出場5回目 13年3区35位、15年1区22位、16年1区18位 2区 松本  葵(山梨学院大) 区間32位 33位通過  出場4回目 15年2区29位、16年2区32位、17年2区30位 3区 上村 和生(東洋大) 区間21位 2 [続きを読む]
  • 2018年 ニューイヤー駅伝回顧 29位 中央発條
  •     29位   中央発條   (過去5年間の順位 33位、不、29位、30位、30位)  1区 坂田 昌駿(法政大) 区間35位(1分29秒差)  初出場 2区 ジェームス・ルンガル 区間18位 30位通過  出場2回目 17年2区22位 3区 石井 格人(順天堂大) 区間33位 31位通過  出場4回目 15年3区33位、16年6区26位、17年7区36位 4区 小島 大明(龍谷大) 区間2 [続きを読む]
  • 2018年 ニューイヤー駅伝回顧 28位 マツダ
  •       28位   マツダ    (過去5年間の順位 25位、29位、17位、16位、15位)  1区 圓井 彰彦(法政大) 区間34位(1分18秒差)  出場8回目 14年5区10位、16年4区9位、17年3区5位 2区 テレッサ・ニャコラ  区間15位 24位通過  出場3回目 16年2区11位、17年2区6位 3区 延藤  潤(東洋大) 区間16位 24位通過  出場2回目 15年1区3 [続きを読む]
  • 2018年 ニューイヤー駅伝回顧 27位 ヤクルト
  •         27位  ヤクルト    (過去5年間の順位 不、11位、16位、23位、20位)  1区 浅石 祐史(駒澤大) 区間36位(1分37秒差)  初出場 2区 デビッド・ジュグナ 区間28位 34位通過  出場2回目 17年2区12位 3区 川口 将宏(青山学院大) 区間27位 32位通過  出場6回目 12年4区24位、14年5区23位、15年5区18位 4区 高久  龍(東洋大) [続きを読む]
  • 2018年 ニューイヤー駅伝回顧 26位 YKK
  •        26位  YKK    (過去5年間の順位 14位、14位、31位、15位、27位)  1区 鈴木 大貴(東京国際大) 区間26位(52秒差)  初出場  2区 アレックス・ムワンギ 区間27位 27位通過  出場8回目 15年2区23位、16年2区25位、17年2区22位 3区 及川 佑太(中央学院大) 区間28位 26位通過  出場3回目 16年6区5位、17年5区37位 4区  [続きを読む]
  • 2018年 ニューイヤー駅伝回顧 25位 トヨタ紡織
  •       25位  トヨタ紡織    (過去5年間の順位 7位、12位、26位、27位、19位)  1区 大池 達也(順天堂大) 区間20位(30秒差)  出場4回目 14年3区16位、16年1区23位、17年3区18位 2区 エバンス・ケイタニー  区間14位 15位通過  初出場 3区 塩田 好彬(京都外大西高) 区間11位 13位通過  出場7回目 13年1区7位、15年3区16位、17年 [続きを読む]
  • 2018年 ニューイヤー駅伝回顧 24位 黒崎播磨
  •      24位 黒崎播磨   (過去5年間の順位 31位、33位、24位、33位、14位)  1区 小西 祐也(鳥栖工業高) 区間30位(55秒差)  出場7回目 13年3区2位、15年3区34位、17年1区18位 2区 ジョエル・ムァゥラ(倉敷高) 区間23位 25位通過  初出場 3区 久井原 歩(国士舘大) 区間32位 27位通過  出場4回目 13年7区23位、15年1区19位、17年6 [続きを読む]
  • 2018年 ニューイヤー駅伝回顧 23位 プレス工業
  •    23位  プレス工業   (過去5年間の順位 29位、26位、21位、26位、29位)  1区 池田 紀保(大東文化大) 区間18位(26秒差)  出場3回目 16年3区23位、17年2区33位 2区 大谷 卓也(駒澤大) 区間36位 35位通過  出場3回目 16年2区36位、17年1区12位 3区 福島 弘将(上武大) 区間23位 33位通過  出場4回目 15年2区26位、16年4区2 [続きを読む]
  • 函館マラソン 結果
  •           函館マラソン  1位 山下 侑哉(サンベルクス) 2,18,27 PB 2位 坂本 智史(RUNVENT) 2,19,42 3位  星  創太(富士通) 2,19,42 PB  4位 中村 泰之(スズキ浜松AC) 2,19,52 5位 大西 淳貴(サンベルクス) 2,22,02 6位 南雲 翔太(SGHグループ) 2,24,45 PB 8位 松本  翔(日税ビジネス) 2,31, [続きを読む]
  • 函館マラソン 女子結果
  •              函館マラソン 女子  1位 森川 千明(東京陸協) 2,46,37 PB 4位 小山 愛美(コモディイイダ) 2,54,17 PB  スターツ、ユニクロで活躍した森川選手が、 マラソンで優勝しました。  今は、ランニングクラブのスタッフもしているようです。  コモディイイダの小山選手も自己ベストは出しています。 [続きを読む]