珍樹ハンター さん プロフィール

  •  
珍樹ハンターさん: 樹木の顔そっくりフォト集&ハント術
ハンドル名珍樹ハンター さん
ブログタイトル樹木の顔そっくりフォト集&ハント術
ブログURLhttp://chinjunomori.blog130.fc2.com/
サイト紹介文東京の森や公園で、珍しい樹木を見つける「珍樹ハンター」。人間の顔や動物に似た樹木の写真がいっぱい!
自由文「珍樹ハントで健康ハント」珍樹ハントは樹木の中にあるさまざまな表情を人間の顔や動物にたとえながら探します。右脳を使うことで頭が活性化、緑の中に身を置くことで心身ともにリフレッシュ。ウォーキングで日頃の運動不足も解消です。まさに珍樹ハントで健康をハントしましょう!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供62回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2010/09/28 16:10

珍樹ハンター さんのブログ記事

  • 人面樹「蝶野正洋」
  • JR新木場駅前にあるカレーうどんの専門店・千吉で腹ごしらえをした二人は、以前、バナナマン設楽の人面樹を見つけた夢の島緑道公園へ。弟子「師匠!! 黒カレーうどん、スパイシーでおいしかったです」珍樹ハンター「ワシが食べたタイ風赤カレーもなかなかじゃったぞ」弟子「今度は、冷やしの夏カレーでも食べよーかなー」珍樹ハンター「おっ、2号。あれを見ろ」弟子「うわっ、サングラスをした蝶野さんの顔ですね。師匠、しかもこの [続きを読む]
  • 動物樹「シカ」
  • 第三京浜玉川インター付近にある玉川野毛町公園で珍樹ハント。園内に大きな山があるぞ。これはいったい何!?弟子「師匠!! 何ですか、あの山は?」珍樹ハンター「2号、これは山ではない。野毛大塚古墳じゃ」弟子「あっ、あそこに案内板がありますね。なになに、これは全長82mの帆立貝式の前方後円墳で、中から大量の武器や武具が出土した、と書かれていますよ」珍樹ハンター「よし、古墳の上に登ってみよう。何かあるかもしれんぞ」弟 [続きを読む]
  • 珍樹「ハート型」
  • 多摩川と浅川の合流地点へやって来た二人。土手の上から樹木を眺めた後、河川敷へと歩き出したぞ。弟子「師匠、川に何の用事ですか? ひょっとして河原の石でロックバランシング?」珍樹ハンター「2号、何を言っとる。樹木のある河川敷も絶好の珍樹ハントエリアじゃ。とくにこのあたりは、オニグルミやサワグルミなど樹木が多いぞ」弟子「確かに。川がなければ、とても河川敷とは思えませんね。森みたい」珍樹ハンター「おっ、これは [続きを読む]
  • 人面樹「ロナウジーニョ」
  • JR大船駅から湘南モノレールに乗り換えて目白山下駅へ。駅を出てすぐに、線路沿いの坂道を上り始めたぞ。弟子「師匠、どこへ行くんですか? こんな知らない駅に降りて」珍樹ハンター「片瀬山公園じゃ。この坂道の上にある。狭い公園だが樹木は多いぞ」弟子「なんだ、あと1駅で江ノ島だったのに。海、見たかったなー」珍樹ハンター「2号、江ノ島へはここで珍樹ハントしてから歩いて行こう」弟子「あっ、師匠。あそこに人間の横顔が!! [続きを読む]
  • 動物樹「コアラ」
  • 江東区亀戸のごっつ本店で、モチモチ麺がたまらない背脂ラーメンを堪能。食後は隣駅の錦糸町へ移動し、スカイツリーが見える猿江公園で珍樹ハント開始。弟子「師匠、今日は背脂を増して極太麺にしてしまいました!!」珍樹ハンター「ちょっと変わっとるが、みそチーズラーメンも濃厚でうまいぞ」弟子「3階にアミューズメントコーナーがあるのには驚きました」珍樹ハンター「ラーメン屋には珍しく、食後に漫画を読んだり、ダーツや麻 [続きを読む]
  • 人面樹「バナナマン設楽」
  • 夢の島公園でハントするも、珍樹はひとつも見つからず夕方に。帰り道、せっかくなので近くにある緑地公園を通り、新木場駅へ向かう。弟子「師匠、夢の島公園は工事中のスペースが多くて見つかりませんでしたね」珍樹ハンター「ここは2年後の東京オリンピックのアーチェリー会場になるところじゃ。とうぶん工事が続きそうじゃな」弟子「それにしても、この緑道は節の多いマテバシイの木がたくさんありますね」珍樹ハンター「という [続きを読む]
  • 動物樹「サイ」
  • 京浜急行のお得なマグロ切符を使って、神奈川県の三浦半島へ。城ヶ島の魚音でマグロ三昧丼を食べた後、最南端の城ヶ島を散策。弟子「師匠、マグロ三昧丼とてもおいしかったですね」珍樹ハンター「飯の上にのっかったマグロの卵、胃袋、心臓も珍味じゃったな。ビールも飲んだし、満腹満腹。電車の旅は酒が飲めるから、いいのぅ」弟子「あっ、大きな穴が開いた岩が見えてきましたよ。あれが馬の背洞門ですか?」珍樹ハンター「そうじ [続きを読む]
  • 人面樹「香川真司」
  • 新緑のポプラ並木と、メタセコイアの森の写真を撮りに、水元公園へ。到着早々、駐車場付近のヤマモモの幹に香川真司の人面樹を発見!!弟子「師匠、しょっぱなから香川さんの顔を見つけて今日は幸先良さそうですね」珍樹ハンター「2号、今日の目的は珍樹ハントではないぞ。しかし、こういう時に珍樹は良く見つかるもんじゃな。人面樹に見透かされているようで不思議じゃのぅ」弟子「さっ、師匠。先を急ぎましょう。メタセコイアの森 [続きを読む]
  • 動物樹「コウノトリ」
  • 江ノ島で島散策を楽しんだ後、海岸沿いを鎌倉方面へ。途中、江ノ電・鎌倉高校前駅の踏切から坂を上り、鎌倉広町緑地へ。弟子「師匠、ここは先月ひふみんの人面樹を見つけた広町緑地じゃないですか」珍樹ハンター「このあいだは湘南モノレールの西鎌倉駅からだったが、鎌倉高校の裏の道からでも園内に入れるんじゃよ。意外と近いじゃろ」弟子「海のそばにこんなに緑豊かな場所があるなんて、驚きました」珍樹ハンター「おっ、2号。 [続きを読む]
  • 人面樹「アブドーラ小林」
  • あきる野市にある五ノ神精肉所で、究極の豚骨ラーメンを堪能。食後はバラ園がある秋留台公園で珍樹ハント開始。弟子「師匠、あの豚骨ラーメン、クセになるおいしさですね」珍樹ハンター「あの店は青梅いつ樹の支店でな、仕上げのニンニク油が決め手じゃ。本店で29(にく)の日に出してた肉系ラーメンが進化してあの味になったんじゃ」弟子「師匠、では今度、青梅の本店にも連れてってくださいね」珍樹ハンター「おっ、2号。あの木を [続きを読む]
  • 珍樹「ピグモン」
  • 今日は弟子の2号の家で、アラフィフ師匠の誕生日会。酒を飲んでケーキを食べて、さて誕生日プレゼントはいったい何だ!?弟子「師匠、誕生日おめでとうございます」珍樹ハンター「2号、ワシの誕生日は5月じゃぞ」弟子「昨年は忘れてしまったので、今年は早めにと思いまして。はい、師匠。これはボクからのプレゼントです。覆ってあるシートをとってみてください」珍樹ハンター「おっ、これはアオギリの鉢植えじゃな」弟子「そうです [続きを読む]
  • 珍樹「yの文字」
  • 大宮花の丘農林公苑で珍樹ハントするも、珍樹の発見は一つもなし。しかたがないので場所替え。車で約15分のところにある上尾丸山公園へ移動。弟子「師匠、花の丘では珍樹を発見できませんでしたね」珍樹ハンター「ハーックション!! 今日は花粉がひどくてハントに集中できんな」弟子「ついに師匠も花粉症ですか。ワシは絶対にならん!!と言い張ってたのに。花粉もいろいろ種類がありますけど、もうピークは過ぎたみたいですよ」珍樹 [続きを読む]
  • 人面樹「加藤一二三」
  • JR大船駅から湘南モノレールを乗り継いで江ノ島方面へ。西鎌倉駅で下車し、鎌倉広町緑地で珍樹ハント開始。弟子「師匠、湘南モノレール、初めて乗りました」珍樹ハンター「このレールから吊り下がった車両はフランス発祥のサフュージュ式といってな、日本でも2か所しか運行していない形式のモノレールじゃ」弟子「なんだかガタガタゴトゴトして、テーマパークのアトラクションに乗ってるようで楽しかったです。ところで師匠、この [続きを読む]
  • 動物樹「カラス」
  • コンビニで酒やつまみを買い込んで、花見の名所・水元公園へ。芝生広場のはずれにレジャーシートを敷き、二人だけで宴会開始。弟子「師匠、花はもう全部散ってしまって葉桜ですね」珍樹ハンター「2号、そんなことは来る前からわかっとる。今日はフラワーじゃなくてノーズ、おまえの鼻を見ながら酒を飲むんじゃ、はっはっは!!」弟子「師匠、最近なにか嫌なことありました? それとも、もう酔ってます?」珍樹ハンター「2号、あれを見 [続きを読む]
  • 動物樹「ゾウ」
  • JR豊田駅にある毘沙門天で、コクのある鶏そばを堪能。食後は以前出会ったゾウの珍樹の安否確認をしに、浅川土手へ。弟子「師匠、テリーヌのような鶏チャーシュー、おいしかったですね」珍樹ハンター「あの店は、あおさのりラーメンもおすすめじゃ」弟子「へぇ〜。磯の香りが鶏スープに合いそうですね。今度ボク、それにしよー」珍樹ハンター「ところで2号、ゾウの状態はどうじゃ」弟子「そうですね。少し右目が欠けてきたようです [続きを読む]
  • 人体樹「モデル立ちポーズ」
  • 秋川渓谷からの帰り道、あきる野市で秋留台公園にさしかかる。運転する弟子の2号が、園内にちょっと変わった樹木を発見したようだ。弟子「師匠、秋川渓谷で一つも珍樹を発見できませんでしたね」珍樹ハンター「まあ、こんな日もある。日を改めてまた探しに行くぞ」弟子「渓流沿いはまだ肌寒かったし、もう少し暖かくなってから行きましょう」珍樹ハンター「そうじゃな。今度はテントを持って、のんびり行きたいもんじゃな」弟子「 [続きを読む]
  • 生物樹「カミツキガメ」
  • 久しぶりに国営昭和記念公園へ。年間パスポートが切れたので、今回は無料エリアで珍樹ハント。弟子「師匠、年パスが切れたみたいですけど、継続しないんですか? ここの公園は定期的によく来ますし、購入して損はないと思いますけど」珍樹ハンター「2号、パスポートは4月に入ってから買うことにしたんじゃ」弟子「4月から? なぜですか?」珍樹ハンター「2号はまだ知らんのか。実は4月1日から少し値段は上がるが、パスポートを使える [続きを読む]
  • 珍樹「海老天丼」
  • 路上園芸が盛んな東京スカイツリー周辺の押上界隈へ。裏路地に入ると、家の前に置かれたたくさんの植木鉢に目を奪われる。弟子「師匠、ビール箱や発泡スチロールのトロ箱に、たくさんの植木鉢が置かれていますね。道路まではみ出てるものもあって、これじゃあ車が通れません」珍樹ハンター「2号、ワシの実家がある江戸川区も昔はこんな感じじゃった。今はそんな面影もないが、東京の下町ではどこでも路上園芸が見られたもんじゃ」 [続きを読む]
  • 人面樹「室井佑月」
  • 独創的な鶏塩クリーミーラーメンを食べに、上尾市の麺屋GAKUへ。食後は上尾花火大会の穴場スポットでもある水辺が多い丸山公園を散策。弟子「師匠、生クリームを溶かしたスープ、おいしかったですね」珍樹ハンター「あの店のオーナーは確か焼き鳥屋も経営しておってな、鶏の味にはとくに自信があるそうじゃ。国産100%の鶏のスープがたまらんのぅ」弟子「今度また行きましょう!!」珍樹ハンター「チーズ鶏トマトつけ麺もおすすめじゃ [続きを読む]
  • 珍樹「コアラ弁当」
  • 以前東京都庁付近で発見した珍樹と同じアングルのコアラを撮りに多摩動物公園へ。しかしコアラは木の上で顔を見せず寝てるばかり。1時間待っても起きないぞ。弟子「師匠、コアラ館に来てもう1時間経ちますけど。いっこうに起きませんね」珍樹ハンター「2号、何を言っとる。コアラは赤ちゃんと同じ寝るのが仕事じゃ。1日20時間以上寝るといわれとる。顔の写真が撮れるのは宝くじを当てるより難しいぞ」弟子「では、いつ起きるかわか [続きを読む]
  • 珍樹「怪力エノキ」
  • 車とオートバイを持ち上げる「怪力エノキ」を見に、上尾市へ。石川レッカーという自動車修理解体場の敷地の奥に、この木はあるぞ。弟子「師匠、人の敷地内に黙って入り込んでいいんですか?」珍樹ハンター「ワシはここの社長と面識がある。先日、名刺交換したばかりじゃ」弟子「うわっ、あれですか? 怪力のエノキは」珍樹ハンター「どうじゃ、すごいじゃろ。軽自動車とオートバイ、それと車のドアを数枚飲み込んで、約30年の成長と [続きを読む]
  • 生物樹「ウマ」
  • 狭山市駅の麵屋たつみ喜心で、イチ押しの鴨出汁つけそばを堪能。食後は近くにある狭山稲荷山公園を散策。弟子「師匠、鴨のダシが効いたスープ、うまかったですね」珍樹ハンター「本店は秩父にあってな、地元のそば粉を使用した麺も自慢じゃ」弟子「どおりで。麺は秩父のそば粉を使っているんですね、うまかったー」珍樹ハンター「おい、2号。うまい、うまいと言ってたら、ウマが出てきたぞ」弟子「えっ!? どこです?」珍樹ハンター [続きを読む]
  • 珍樹「数字の“8”」
  • 新宿から埼京線に乗り換えて、浮間舟渡駅にある浮間公園へ。大きな風車を眺めながら、ひとまず池のほとりを一周する二人。弟子「師匠、釣りをする人やバードウォッチングをする人がたくさんいますね」珍樹ハンター「この池は近くを流れる荒川をせき止めてできたものじゃ。コイやヘラブナを狙いに釣り人がよく訪れ、双眼鏡片手に水鳥を観察する人が多いぞ」弟子「池のほとりにある風車が、とても絵になりますね」珍樹ハンター「よし [続きを読む]
  • 珍樹「アリエル」
  • 3月13日まで開催されている干支(戌年)の企画展を見に、多摩動物公園へ。暖かくなった午後からは、弟子の2号と園内で珍樹ハント開始。弟子「師匠、干支の企画展で何故タヌキとオオカミがテーマになっているのか不思議だったのですが、来てみてよくわかりました。ともにイヌの仲間だったんですね」珍樹ハンター「タヌキもオオカミと一緒、イヌ科とは驚きじゃのぅ」弟子「師匠、では珍樹ハントの前に、本物のタヌキとオオカミを見に行 [続きを読む]
  • 生物樹「恐竜 (エオドロマエウス)」
  • もうすぐ2月も終わり。今年は横浜中華街でかなり遅めの珍樹ハンター新年会。予約時間まで少し間があるので、横浜港を眺めながら山下公園で珍樹ハント。弟子「師匠、延び延びになっていた恒例の二人だけの新年会、やっとできますね」珍樹ハンター「2号、すまん。やっと原稿料が入ってきた。今夜は思う存分、喰え」弟子「はい、楽しみにしてます」珍樹ハンター「ちなみに今夜は、萬珍楼のフルコースじゃ。フカヒレもでるぞ」弟子「う [続きを読む]