ドリーバーデン さん プロフィール

  •  
ドリーバーデンさん: オショロコマの森ブログ5
ハンドル名ドリーバーデン さん
ブログタイトルオショロコマの森ブログ5
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/dollyvardensalvelinus
サイト紹介文渓流の宝石オショロコマの分布、生態、変異の調査を軸に北海道の自然と美しい渓流魚たちを紹介します。
自由文渓流の宝石オショロコマを中心に北海道のヤマメ、アメマス、虹鱒、ブラウン、カワマスなど渓流魚を鮮明な水中撮影画像で紹介します。多くの渓流で激減ないし消滅しつつあるオショロコマの画像を今のうちに記録し、このすばらしい渓流魚の存在を皆さんに知っていただきたいと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供106回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2010/09/28 21:31

ドリーバーデン さんのブログ記事

  • 雨の釣り。ニジマス大繁殖。オショロコマ激減。
  • にほんブログ村にほんブログ村雨の釣り。ニジマス大繁殖。オショロコマ激減。201X-9-14 (土)  曇り のち雨 のち曇り 28度C。なま温かい風が吹いている。雨が降りそうで降らないイヤな天候だ。ニジマスが圧倒的パワーで繁殖してオショロコマを駆逐しつつある北見市近郊の渓流に入った。釣り始めると、まずオショロコマ5匹。しかし、そのあとはニジマス幼魚〜若魚が ワンキャスト ワンニジマスといった感じで釣れに釣れた [続きを読む]
  • イワナ (アメマス) が群れで移動した?北海道天塩川水系支流の思い出
  • にほんブログ村にほんブログ村イワナ、北海道と本州の違い  イワナ (アメマス) が群れで移動した?北海道天塩川水系支流の思い出                 田中 篤日本各地に生息するイワナはそれぞれの環境で隔絶されて生息しているため、地方によって変異が大きい、つまり見た目で違う姿をした個体群が多い。北海道のアメマス( エゾイワナ ) は大きな白点が特徴だが、中部太平洋側に棲むヤマトイワナは大 [続きを読む]
  • 初夏の美しい渓流、美しいオショロコマ
  • にほんブログ村にほんブログ村初夏の美しい渓流、美しいオショロコマ201X-7-2 (土)  晴れ  暑いこの日はいくつかの渓流で渓流魚の撮影を行い、午後、最後にこの日の本命の十勝川水系支流へ入った。ここは十勝川水系の多数の支流群のなかでも私が最も好きな渓流だ。新緑のオショロコマの森につつまれた渓流はことのほか美しく水は限りなく澄んで冷たい。 越冬後の錆もすっかり落ちて、初夏の落下昆虫、水生昆虫など豊富な食 [続きを読む]
  • 硫黄流入で白濁した魚住まず川の源流にオショロコマ調査  その弐
  • にほんブログ村にほんブログ村硫黄流入で白濁した魚住まず川の源流にオショロコマ調査  その弐201X-9-6 (金) 晴れ のち曇り のち 小雨ダムの下流で釣り始めると、エゾイワナ型アメマス良型2匹がまず釣れた。その後も入念に釣り登りながらさぐるとアメマスがパラパラと釣れた。アメマスの魚信が遠のき、その上流で初めてオショロコマが釣れ始めた。 ここからはオショロコマしか見られず、明らかに棲み分けている。さらに [続きを読む]
  • ヤマメ、北海道と本州の違い
  • にほんブログ村にほんブログ村ヤマメ、北海道と本州の違い              田中 篤   私は北海道出身、現在は関東在住です、なので北海道でも、本州でもヤマメを釣った経験があり、両者の違いを感じている。ヤマメの特徴はパーマーク(幼魚班)があり川の上流部の水の冷たい流域に棲む。しかしその生態は複雑で、ヤマメの一部が降海してサクラマスになって帰ってきたり、 ヤマメのまま渓流で一生をすごしたり色々だ [続きを読む]
  • イワナの腹部着色に関する一私見
  • にほんブログ村にほんブログ村イワナの腹部着色に関する一私見                     田中 篤水深の深い所に棲むイワナは腹が白い、水深の浅い所に棲むイワナの腹は着色する、水深は浅ければ浅いほど色は濃くなる。底石の色が明るい色の所は薄い黄色、石が普通の明度の所は黄色、暗い色、あるいは赤茶けた色の場合はオレンジ、底石が黒い場合は赤になる。これに水深の法則が合わさって腹の色が決まる。なぜそ [続きを読む]
  • キノコは一週間以内に勝負がつく
  • にほんブログ村にほんブログ村キノコは一週間以内に勝負がつく201X-9-14(土) 曇り 28℃なま温かい風が吹いている。 午前11時、北見市を出発。1週間前、おいしいキノコ筆頭のボリボリ(ナラタケ)の幼菌がたくさん生えているところを発見、1週間後の今日、ボリボリが丁度よい大きさになって大漁することを夢見て出撃したのでした。おいしいソバ屋さんで海老山菜ソバを食べ、そのあとコーヒーを飲んだりしてのんびりしたあと、 [続きを読む]
  • 良質のラクヨウとボリボリ幼菌を発見
  • にほんブログ村にほんブログ村良質のラクヨウとボリボリ幼菌を発見。201X-9-7(土)   高曇り 小雨 寒いこの日釣り場に向かう途中、適当なところでカラマツ林にはいり林縁で、出始めで良質のラクヨウキノコかなり採ったがキノコ発生地の規模はあまり大きくなかった。 ここで、おもいがけず おいしいキノコ、ボリボリ幼菌群落を発見。すこし先のカラマツ林でも ボリボリ幼菌群落を発見。ボリボリ幼菌はそうとう広範囲にみら [続きを読む]
  • ラクヨウキノコ(ハナイグチ)大漁
  • にほんブログ村にほんブログ村ラクヨウキノコ(ハナイグチ)大漁201X-9-8(日)曇り〜ゲリラ豪雨〜雨〜曇り晩夏から初秋はオホーツクもキノコのシーズン。この時期に発生するおいしいラクヨウキノコ(ハナイグチ)を採りに11時30分、自宅を出発。 途中のレストランでオホーツク塩焼きソバの昼食後、ラクヨウキノコの発生するカラマツ林へゆく。北海道では冬に落葉するカラマツをラクヨウと呼ぶ。このとてもおいしいキノコは北海道 [続きを読む]
  • 大きなヒグマと接近遭遇して........
  • にほんブログ村にほんブログ村大きなヒグマと接近遭遇して........2018-9-8(土)    晴れたり曇ったり 27℃東胆振大地震後の北海道大停電で、まだ世の中は落ち着いていない。この日北見市近郊の渓流でオショロコマの撮影を行った。唯一コンビニで売っている塩むすびの昼食。帰路、昨年林道崩壊した沢の補修工事が終わっていたので何となくそこに入ってみた。     補修された林道はほどなく終わるが小さな砂防ダムが一基あ [続きを読む]
  • 湿原のオショロコマと降海型ニジマス
  • にほんブログ村にほんブログ村湿原のオショロコマと降海型ニジマス  新緑、クロユリと水草が美しい超美麗渓流、 201X-6-11(土) 曇り のち晴れ 暖かいこの日、N川水系のとある支流に湿原のオショロコマを見にいった。文字通り、超美麗渓流、心が洗われるようなたぐいまれな美しい渓流である。いっぽう初夏の木々の緑が茂り草丈も高くなり早春のころよりは歩きにくい。美しい金魚藻がびっしり川面を覆ってで水面が見えないと [続きを読む]
  • エゾイワナとニジマスとの闘い
  • にほんブログ村にほんブログ村エゾイワナとニジマスとの闘い    2017-10-20 (金)  晴れ 14℃ 朝9:00起床。 よく晴れている。外へ出るとぶるっと寒いが青空がひろがっている。昨夜入念に地図上で検討したA川水系のとある支流の支流の支流へオショロコマを捜しに出かけることにした。A川水系は多くの支流がありそれらの多くはすでに調査済みだが、これまでオショロコマを発見できたのは僅か3本のみ。ほとんどはアメマス [続きを読む]
  • 空知川水系支流のカワマスとアメマスのF1 は確認できていない
  • にほんブログ村にほんブログ村空知川水系支流のカワマスとアメマスのF1 は確認できていない。K.I さんからの空知川水系のカワマスに関する貴重な情報第2弾です。        前回のブログにカワマスとアメマスとの F1のお話がありましたが 2017年まで 私が釣り上げたカワマスにそのような魚体特徴は確認できていません。また、カワマスの釣れる区間でカワマス以外の魚(ニジマス・オショロコマなど)が釣れたこともありません [続きを読む]
  • 北海道空知川水系の純系カワマス鮮明画像
  • にほんブログ村にほんブログ村北海道空知川水系の純系カワマス鮮明画像      オショロコマの森ブログ5の読者である K ,I さんから 2015年8月〜9月にかけて釣った北海道空知川水系のカワマスのすばらしい画像が送られてきました。北海道空知地方では過去に養殖池でカワマスの飼育が行われていたことがあり、その子孫が空知川水系の一部で今日まで命脈を保ってきたものとおもわれます。そのような空知川水系のカワマスについ [続きを読む]
  • 北海道大停電、北見市の夜空。
  • にほんブログ村にほんブログ村北海道大停電、北見市の夜空。2018-9-6( 木)晴れ 深夜午前2時過ぎころマックをやっていると急にスッと電源がおち、部屋の電気が消え停電だ。同時にゆらゆらとゆれがあり軽い地震が一分ほど続いた。停電か。 すぐ電気は戻るだろうと、しばらく待つがダメ。 真っ暗けでどうにもならずマックのコンセントを抜いて布団にはいる。 三時過ぎ娘が寝室のドアを叩くのでめざめた。ラインの連絡網では札 [続きを読む]
  • 北海道胆振地方震度7大地震と北海道大停電
  • にほんブログ村にほんブログ村2018-9-6〜7 北海道胆振地方震度7大地震と北海道大停電以下はすべて2018-9-7 (金) の 地元北海道新聞朝刊の見出しです。恐らく本州の新聞とは迫力が違うとおもいます。このあと 未曾有の北海道大停電になりました。                              続くにほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • うなぎ祭り
  • にほんブログ村にほんブログ村うなぎ祭り2018-7-19 (木) 晴れ北見市のしにせホテル黒部の毎年恒例ウナギ祭りの食券を今年も知人の方からいただいたので夕食にかみさんと二人で出かけた。午後7時までとのことで、この日は大急ぎで早めに仕事をかたづけて帰宅。車を飛ばしてホテルへ向かった。7時少し前に到着でギリギリセーフ。 ホテル駐車場まで、あたり一帯ウナギを焼く臭いがたちこめていた。まだたくさんのお客さんがいま [続きを読む]
  • ムハンオショロコマと錦鯉オショロコマ、およびその他の斑紋異常
  • にほんブログ村にほんブログ村ムハンオショロコマと錦鯉オショロコマ、およびその他の斑紋異常知床半島のとある閉鎖的渓流には以前からムハンオショロコマがみられる。この渓流は流呈が短い上に海との交通を遮断されているため遺伝的には血が濃くなる一方の環境であり、種々の斑紋異常がみられるが、今回はムハンオショロコマの画像をしめすにとどめる。ヒレの色彩に異常をきたすものも多い。もうひとつ、オショロコマの特徴的斑紋 [続きを読む]
  • ムハンニジマスから偽自然が自然へ移行してゆく未来の話へ
  • にほんブログ村にほんブログ村ムハンニジマスから偽自然が自然へ移行してゆく未来の話へ養殖場では数万匹に一匹程度でムハンニジマスがみられるといい、ムハンニジマス同士の交配では100%ムハンニジマスがでるという。昭和40年に発見され、その後種苗化されたムハンニジマスは発見地の 愛知県蓬莱町にちなんでホウライマスと呼ばれるようになったという。北海道各地ではごく稀に釣られるようです。しかし本物はそう多くはなく画 [続きを読む]
  • ムハンイワナ(後篇、ムハンモドキと特殊斑紋)
  • にほんブログ村にほんブログ村ムハンイワナ(後篇、ムハンモドキと特殊斑紋) 先に紹介したムハンイワナはムハン遺伝子が発現し、普通の紋様のイワナの集団の中に一定の出現率で現れるものです、 しかし、世の中にはこの出現メカニズムとは違うメカニズムで発生するムハンイワナが存在します、 斑紋が無いので確かにムハンイワナと呼びたいのですが、このメカニズムの違うものを私はムハンモドキと呼んでいます。 (発現のメカニズム [続きを読む]
  • ムハンイワナ(前編)
  • にほんブログ村にほんブログ村前回、衝撃的な 毒キノコアマゴ の情報をいただいた田中篤さんから、このたびイワナの斑紋の謎として知られる ムハンイワナ の寄稿をいただきました。ムハンイワナのまとまった総説のようなものを見る機会はほとんどありません。とても貴重な記事になるとおもいます。         ムハンイワナ(前編)           田中 篤サケ科の魚には時としてイレギュラーな斑紋の個体が発生し [続きを読む]
  • 悪魔の絵筆コウリンタンポポ、北海道で大繁殖の衝撃
  • にほんブログ村にほんブログ村悪魔の絵筆コウリンタンポポ、北海道で大繁殖の衝撃2018-6-23 (土)  晴れ 30度C久しぶりに晴れた。 この日、女満別空港から高速道路美幌バイパスを通って北見へ向かったが、高速道路沿いにびっしりとオレンジのじゅうたんみたいにコウリンタンポポの花が満開で衝撃を受けた。花が咲く前には、こんなことになっていることにはまったく気づかなかった。正直なところ、ああ美しい。ラベンダーなん [続きを読む]
  • 屈斜路湖のウチダザリガニ採り
  • にほんブログ村にほんブログ村屈斜路湖のウチダザリガニ採り201X-7-24 (日)  北見快晴 屈斜路湖は曇引き続き、帰りに屈斜路湖のウチダザリガニ繁殖地へよってザリガニすくいを試みた。はるか昔、ニジマスやウチダザリガニが最悪の攻撃的外来種とは誰も知らなかった頃のこと。摩周湖と同じくニジマスのエサとしてウチダザリガニも放流されたものと考えられる。ハサミの付け根の 白斑がウチダザリガニの特徴です。今では、人 [続きを読む]
  • アマゴ朱点の異変と サトウマス との関連。
  • にほんブログ村にほんブログ村アマゴ朱点の異変と サトウマス との関連。近年、各地のアマゴの朱点にあたかも同時進行的に顕著な変化が起こっていることは驚きでした。以前このブログでもご紹介したことのある異常朱点が顕著なアマゴの種苗 サトウマス が広まった可能性はないか、田中篤さんのご意見をうかがってみました。以下のようなご意見をいただきました。あれから色々とアマゴ養殖業者の事を調べてみました。サトウマス [続きを読む]