列伝 さん プロフィール

  •  
列伝さん: きょうのもののふフォト列伝
ハンドル名列伝 さん
ブログタイトルきょうのもののふフォト列伝
ブログURLhttps://ameblo.jp/yamazakibakufu
サイト紹介文熱く散って逝った源平・南北朝・戦国・幕末のもののふ達の、フォト・レクイエム列伝です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供112回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2010/09/28 22:44

列伝 さんのブログ記事

  • ●越前にて光秀が密かに示した蹶起の予兆?
  • 「大河光秀」に関連してもうひとつ…。 越前・一乗谷城址から西へ3?ほど。明智光秀を祀る明智神社(福井市東大見)がある。光秀が娘・ガラシャ夫人の誕生地でもある。 光秀が朝倉家に仕えていた頃、光秀の屋敷がこの東大見にあったことからここに神社が建てられたという。 しかし京近郊で落命した光秀がなぜ、この越前の地で祀られているのか。「福井市明智神社奉賛会」の堂守り・土井内儀太夫さんから直接伺った話と、奉賛会発行 [続きを読む]
  • ●なんと、明智光秀が大河の主役に!やっと、ついに、とうとう!
  • かくして、「逆臣・光秀」などという語がなくなるといいなぁ。これできっと福井の明智神社あたりも、どっと見学客が。嬉しいなぁ。 かつて、信州諏訪の法華寺が、信長の光秀殴打事件の現場と知ったときは、なかなかの衝撃だった。伝承とはいえ、光秀VS信長模擬合戦が諏訪の地で行われ光秀が勝つ、また江戸時代には隣接の茅野市に「明智屋敷」の地名が残っていたり。そんなことで、グググーンと光秀が身近に。 一昨年は福知山城へ、 [続きを読む]
  • ●「信州 もののふ達の咆哮 三十三将星」 樋口兼光 其の二
  • 樋口兼光伝 其の二・完結編(昨日の続きです) ?利伽羅峠一帯の平地は桜の公園になっていて、木々の間に平家本陣跡の碑や顕彰碑などが数多く立ち並んでいる。秋の風情もまた楽しかった。兼光が討ち取ったという平為盛の苔むす供養塚も、「源平供養塔」の近くにひっそりとたたずんでいる。 兼光の勇猛ぶりは20日後、平家が背水の陣をしいた加賀・篠原の合戦においても如何なく発揮された。  ?利伽羅峠の敗戦から南へ敗走して2 [続きを読む]
  • ●大坂の陣 閑話休題 信州にて大相撲「雷電」場所開かれる
  • 大相撲の巡業が、昨日信州の東御市にて行われた。東御市は、あの無敵・雷電為右衛門の出身地。 因みに、雷電は史上最強の力士なれど、いまだ我が信州に横綱なし。現在、関脇・御嶽海は、久々の信州出身の力士。東御市の「雷電場所」でもやんやの喝采を受けたという。 雷電の生涯戦績254勝10敗、勝率9割6分2厘、優勝35場所中28回、本場所中2敗したことは一度もなかった。単純に比較出来ないが、双葉山は8割強、大鵬でさえ8割3分 [続きを読む]
  • ●三人の敵と格闘! 我が岩見重太郎に讃!
  • 「そのとき、ひひはまっかな口をあけ…」私は祖父の膝に乗って「絵本・岩見重太郎」の話を得意げにスラスラしゃべったという。祖父は「ほんとだ、そう書いてある!」と感心していたとか。「するとさらに大きな声でおまえは…」亡き母が時々語ってくれた昔話。 ………この絵本の岩見重太郎が、薄田隼人正兼相とは快哉であった。 大坂夏の陣・道明寺の合戦。道明寺駅前に、合戦碑が。後方に小松山が。小松山で後藤又兵衛が落命した頃 [続きを読む]
  • ●「家康が命、頂戴仕り候」、後藤又兵衛咆哮す
  • 堺市・南宗寺。ここに、なんと家康の墓があるという!墓所は、かつて東照宮と称されていたという。元和9(1623)年には、秀忠も家光も墓参に自らここに来ているという。 この唐門の向こうに家康の墓塔が。 ……話はこうだ。後藤又兵衛は、道明寺・小松山の戦いで生き残った。翌日、茶臼山の激戦。真田信繁に追われ、一目散に逃げる途中の家康に又兵衛が遭遇。その駕籠を一突き! 家康一行は懸命に逃れて堺の南宗寺まで来た。しか [続きを読む]
  • ●後藤又兵衛の突撃 「討ち死をもって秀頼公の恩に報いん!」
  • 大坂夏の陣、元治元(1615)年5月6日深更、後藤又兵衛基次、道明寺へ出陣。前日、毛利勝永、真田信繁と訣別の盃をかわし、この地で合流の手はずだったが。あまりに深い霧にて真田・毛利隊は道に迷い遅参。 「仕方なし」又兵衛は、後藤隊二千余にて単独で、東から大和川沿いに進撃してくる東軍に相対することと覚悟を決めた。 「後藤又兵衛基次奮戦之地」の碑は、小松山とは少し北に離れた石川と大和川の合流地点近くに立っていた。 [続きを読む]
  • ●「わしはまだ家康公・秀忠公の首級を挙げてはおらぬ!」と叫ぶ木村重成
  • 感動! ついに念願の「木邨(村)長門守重成表忠碑」と対面、いやぁ、感動感涙した!大阪・中之島の一角に忽然と巨大な石碑。あまりに巨大、しかも周囲が空まで広いのでよく目立つ。 まさか21歳で若くして散った武将の石碑とは思わないだろうな。 「木村重成とは、かくかくしかじか…」というよりは、「討たれる覚悟で出陣、兜の中に香を焚きこめていた人」この一点で決まり! しかし返す返す悔いる、この重成の話、高校生たちに [続きを読む]
  • ●大坂夏の陣 木村重成 「その首級はなはだ薫ず」
  • 大坂夏の陣で、弱冠21歳にて戦死した木村重成、その名は家康への使者のふるまいのみならず、多くのよき逸話を残した花の若武者だった。 一昨年大河ドラマ「真田丸」で白石隼也さんが重成役で登場、ウーン、かくもイケメンだったろうか(笑)。 「拙者(重成)、初陣ゆえ、どうか存分にご指図をお願いいたしまする」冬の陣でのこと。後藤又兵衛に出陣の際に申し出た謙虚さに、歴戦の勇者・又兵衛も感じ入ったという。 しかも初陣ながら東軍 [続きを読む]
  • ●「わしは腹を切らぬ」は三成だけではなかった、知らなかった
  • どうしても見つからない。……「聞いたことないなぁ、すみません」……「ちょうそがべ? どういう人ですか?」……「山の細い道に関ヶ原の死者が石仏になってるとは聞いてますが」 関ヶ原古戦場、南宮山の西麓の栗原山のあたりをクルマと徒歩でをあちゃこちゃ彷徨。このあたりに「長宗我部盛親陣所跡」があるというのだが見つからない。 盛親は、関ヶ原の後、大坂夏の陣に参陣、捕縛されものの自刃を嫌ったという。嘲笑する徳川方 [続きを読む]
  • ●大坂の陣 敗将たちの咆哮「血判の血が薄うて見えませぬが…」
  • よくぞ、かくものたもうた重成!当時「たぬきじじい」と私などはののしっていた家康に対して、重成は堂々とこう言ってのけた。 挿絵のりりしい姿がまぶたに残る。 大坂冬の陣の和平交渉で家康のもとへ使いした時の話。城に持ち帰る交渉文書の家康の血判がうすくてよくみえないというのだ。さすがにむっときた家康だったが、凛々しい重成のふるまいに押され、血判をやりなおしたとか。まさに快哉!このとき重成19歳、あっぱれなる [続きを読む]
  • ●関ヶ原・大坂の陣 負けても負けぬ武者たちの咆哮を追わねば
  • 関ヶ原で、毛利勢の後詰にいた長宗我部盛親は、ほとんど戦うこともなく戦線を退き、敗軍の将となった。毛利勝永は、なんと毛利輝元の陣中・南宮山に、まったく戦闘しなかった。 石田方の大谷吉継隊に、一子・大谷吉勝が。敗戦の戦場を抜け流浪、大坂の陣で真田隊へ。 長宗我部盛親は、京都にて浪人、いざ大坂城へ。 明石全登は関ヶ原で宇喜多隊に在陣敗戦、もう一度、家康と戦うために大坂へ。 この他、後藤又兵衛、薄田兼相、塙団 [続きを読む]
  • ●蒲生氏郷と信州は、ちょちょっとした縁のみにて御座候
  • 我がお抱え絵師、「氏郷さんはこんな兜でよかったでしょうか?」と。それにしてもなかなかのイケメンにて。泉下の氏郷さんも満足かな。大河ドラマではかつて「伊達政宗」にかなり登場していた気がするがあまり記憶が無い。それより氏郷さんは大河ドラマの主役として文武両面で描けて、いいドラマになりそうな。 面白い逸話が多かったのに、ほとんど書けなかった感じ。ともあれ「信州往来もののふ列伝 最終巻 蒲生氏郷」、かくの [続きを読む]
  • ●乱軍の中、よく生き残った蒲生氏郷だったのに、40歳の死はあまりに…
  • 戦場で率先して陣頭に立ち、討ち死にして逝った猛将。森長可、依田信蕃などは、その最たる将領といえようか。 長可は常に真っ先に出撃するため、家臣らはいつもあわてて後を追ったという。ついに小牧長久手にて討ち死。信蕃は、信州・岩尾城攻めで、まるで家臣の盾となるように先陣を進み、銃弾を浴び戦死した。家康はその死をひどく悲しがったという。 同じように氏郷も常に先陣で突き進む将であったという。 氏郷は、新参の家臣 [続きを読む]
  • ●信州往来もののふ列伝・最終章は「蒲生氏郷」にて候
  • さてもさても、「信州往来もののふ列伝」いよいよ最終章にて候。6月ぐらいからまた、新たなシリーズを展開する見通し。 その最終回は、将来を嘱望された大物大名なれど、無念、40歳で散った蒲生氏郷。「もし関ヶ原のとき蒲生が生きていたら…」「大坂の役に、氏郷もし存命ならば如何に?」などと、例え話がよく語られるほどの武将。 派手派手しい武勇伝はないものの、そこがまた氏郷らしいところ。 信長・秀吉の麾下にあって、主だ [続きを読む]
  • ●大河「西郷どん」でもぜひ描いてほしい西郷の泣かせる2つの言葉
  • その1 「山岡どん、朝命ですぞ、こんは!」と、西郷はギョロリと幕臣・山岡鉄舟をにらみつけた。 「朝命は絶対です。だが西郷先生、君臣には情というものがあり申す。4箇条はよく分かり申した。だが第5条めは、山岡、命に替えても絶対に承服出来申さぬ!」 その5箇条とは、 一、 江戸城を明け渡すこと一、 城中の人数を向島へ移すこと一、 兵器を渡すこと一、 軍艦を渡すこと一、 徳川慶喜を備前へ預けること しば [続きを読む]
  • ●大河「西郷どん」楽しく見て懐かしい20年前
  • 大河ドラマ「西郷どん」は、いかがでしょうか。けっこう楽しい、面白い。そして私は懐かしい。 20年も前、一路薩摩・鹿児島へ、飛ぶ。目的は西郷・大久保?うんにゃ〜、鹿児島ラサール、甲南、鶴丸高校の見学視察!がそれは早々に切り上げて、いざ。 薩摩は何がよかったって? その1 西郷さんの墓、西南戦争戦死者墓地から眺めた雄大な桜島。桜島がいちばん良くみえるところを墓所にしたとか。 その2 西郷蘇生の家。ちゃんと残さ [続きを読む]
  • ●吉良の里 続き 華蔵寺から正覚寺へ そして…
  • 吉良家菩提寺・華蔵寺(愛知県西尾市吉良町岡山)の門前に句碑が。 ●行く春や 憎まれながら 三百年  鬼城 吉良さんを主役とするドラマ・小説はいつか大作となって登場するのだろうか。このままずっと悪役・憎まれ役というのも、何か…。 円融寺(吉良町宮迫)に清水一学の墓所を参拝して、少し離れた正覚寺へ。同じ名の正覚寺が華蔵寺のそばにあって間違えた。 吉良町吉田石池の正覚寺へ。 ここに中小姓・左右田源八郎が眠ってい [続きを読む]
  • ●吉良の里へ 吉良殿の墓参はそこそこにして
  • 吉良の里のあちこちに、「悪役・上野介」の騎馬像が。ところが、いい顔してる。こりゃ、悪役じゃないわな〜。 吉良さんの墓所。しかし今回は、吉良家の菩提寺・華蔵寺にて、吉良殿の墓参はそこそこに、まずはここ、これが吉良家家臣供養塔。 「桐の花影」として、28人の、討ち入りの日に討たれた家臣の名が列挙、刻まれている。左端に、   ●忠死でも 吉良の家臣の名は 知れず   28人をみて際立つのは、吉良義周さんの付け [続きを読む]
  • ●きょうは四十六人の義士の命日 きっと泉岳寺は…
  • 泉岳寺は線香の香りが一段と深かっただろうな、今日は。 行くと、みんな肩を並べて眠ってるから、それがまたジーンくる。 かつて5年も前「信州の忠臣蔵」という座談会を催した。参加者30人、会は盛り上がって延々3時間も。さまざまな意見、質問,感想がバンバン、その楽しかったこと!赤穂浪士のファンは実に実に多い。 信州としての話のきっかけは、四十七士の一人・赤埴源蔵(あかばねげんぞう)が信州・飯田の出身というこ [続きを読む]