列伝 さん プロフィール

  •  
列伝さん: きょうのもののふフォト列伝
ハンドル名列伝 さん
ブログタイトルきょうのもののふフォト列伝
ブログURLhttps://ameblo.jp/yamazakibakufu
サイト紹介文熱く散って逝った源平・南北朝・戦国・幕末のもののふ達の、フォト・レクイエム列伝です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供133回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2010/09/28 22:44

列伝 さんのブログ記事

  • ●伊予愛媛紀行終章 岡山城にて小早川秀秋に思いを馳せる
  • 伊予松山からの帰途、岡山城に寄る。かつて仕事がらみで2度来たが、あまり記憶なし。烏の城も、後楽園もなつかしく、ときどき見覚えのある景色を思い出した。岡山城では、関ケ原後に岡山55万石の太守となった小早川秀秋を思った。かつては特に考えたことなかったが。……「日本国中に人が住み続く限り、裏切り小早川の名は語り継がれるぞ! 聞こえたか、金吾(秀秋)!」 と、ドラマ内で後ろ手に縛られながら叫ぶ三成の姿に、「快 [続きを読む]
  • ●伊予・松山にて、初めて凄い子規を知る!
  • 正岡子規について、授業で一度も話したことはなかったなぁ。しかし松山へ来て、「こんなすごい人だったとは!」と初めて知る。一番驚いたことは、壮絶な闘病生活の中での執筆活動、そして多彩な人物交流。 正岡子規ミュージアムを設けるほどの人物だったんだと、恥ずかしながら初めて知った。「子規の忌日を『獺祭忌(だっさいき)』というと聞きましたが、その由来を教えてください」「……ウーン、しばらく待っていただけますか」 [続きを読む]
  • ●宇和島にて、感激の2人に出会って感激〜ううう
  • 宇和島〜。大洲から南へ40キロほど。 ホテルから暮れゆく中に、宇和島城の天守が。この城の築城にも藤堂高虎が関わったとか。石垣が堅固。写真で見た感じはそんなでもなかったのに。天守台から海が見える。城のほかに、見たかったのは「高野長英居住の地」幕末の開明藩主・伊達宗城は逃亡する高野長英を密かに招き、藩士らに蘭学などを学ばせたという。その居宅が残されていた。高野長英には吉村昭著「長英逃亡」に感涙して以来 [続きを読む]
  • ●伊予城郭紀行3 大洲城 なんと近江聖人に会うとは!感涙にむせぶ
  • 来たぞぉ、大洲城。松山から南西へおよそ50キロ。 肱川に沿った盆地の街の中心に高々と大洲城天守閣あり。「おお、石垣もいい」「なんとなく松本城に似た感じだよな」 内部はすべて木造で、残されていた図面を忠実に復元したらいい。 「これもそのうち国宝だな、しっかり作ってある!」江戸城木造復元を力説していた建築家の亡き従弟が、かつて盛んに大洲城を見学して絶賛していたことを思い出すなぁ。 あれれ、なんと中江藤樹像 [続きを読む]
  • ●松山の「坂の上の雲」の秋山兄弟生家へ、松山城の石垣がまたすごい!
  • 今治城から松山へ。 ン十年前松山に来たのだが、ほとんど記憶なし。「路面電車がなつかしいわ、松本も昔あったのになぁ」 「坂の上の雲ミュージアム」へ。近くの秋山兄弟の生家がよかった。 兄弟の像が立っていた。「おめぇ、『坂の上の雲』、読んだか」「あたりまえじゃねか、全部読んだわ。おめぇ(列伝)は?」「読んでねぇ、テレビドラマちょっと見た」「ダメじゃん!」「…シュン」 そしていざ松山城に登城。あの賤ケ岳七本槍の [続きを読む]
  • ●急遽、伊予国城郭めぐりへ出立 まずは今治城へ 築城者藤堂高虎の指が…
  • 「おい、復興割引で愛媛・岡山あたりの西日本を旅すると、宿泊費がぐんと安くなるってよ、行くぞ四国へ」「四国は来年って云ったじゃねぇか」「それがよ、11月までだってさ、復興割は」「ふんとか、そりゃ行かねばなぁ」 てなわけで6月に北海道へ行った高校時代の旧友Yと、いざ、四国城郭漫遊の旅へ。因みにYとはテニスダブルスで県優勝コンビ、シングルスは私優勝、半世紀以上も前(ヤレヤレ何度同じこと書いてんだか!) 松本を朝7時に出 [続きを読む]
  • ●信州の錦秋を追って満喫そして哀し 29年前のあの事件
  • 碧空!ピーカン!錦秋の頃へ行くぞ! 安曇野から北の大北地区へクルマをとばす。ああ、爺ケ岳、鹿島槍あたりはもう雪か。ここはあの佐々成政一行がアルプス越えをした時のゆかりの西正院。瀕死の一行を救ってくれた現大町市の地元民に、成政は感謝をこめて守り本尊の大姥尊像を授けた。それがこの寺に安置されている。 すごい、すごい、錦秋が次々。そうだ、あの温泉へ行こう!初めて800円の湯舟。高くなかった、正解だった。写真 [続きを読む]
  • ●信州 咆哮するつわもの達 二十九将星 諏訪頼水、戦国武将の片鱗が
  • 諏訪頼水伝 下の巻頼水は諏訪宗家の出身で、6歳の時諏訪大社の大祝(神職)を父・頼忠から譲られた。しかし諏訪頼重(頼忠の従兄)が武田に滅ぼされて以後、諏訪の領国は武田に支配されたままだった。 その後武田が滅び信長が急逝して、信濃がまさに無主動乱の地と化した時、諏訪家は「好機至れり!」と、大名としての諏訪家再興を画策した。 しかし東から北条、南より徳川による諏訪への侵攻は激烈で、結局諏訪家は、徳川に臣従するこ [続きを読む]
  • ●剣豪・荒木又右衛門は、いったいどのくらい強かったのか
  • 一路、めざす岡山県津山城までは、まだまだ遠い。鳥取まで来たんだから、荒木又右衛門の墓参をせねば、せねばならぬ! あぁ、ついにここ玄忠寺の墓所へ来た。門前に、荒木又右衛門墓所を示す標柱あり。説明板も。そしてなんと境内にはこじんまりした記念館も。これがまたよかったなぁ。 ……「ところでさ、又右衛門とやらは、いったいどんなに強かったっていうんかいな〜?」① なんてったって、あの伊賀の鍵屋の辻にて、義弟・渡 [続きを読む]
  • ●ついに天橋立へ、岩見重太郎、大仇討ちの現場なり…
  • 来た、来た、来たぞ! 天橋立。 何年振りか、なんか懐かしいような。まさか岩見重太郎=薄田隼人正兼相を「咆哮する信州つわもの達」(仮題)に書けるとは思わなかった。幼き頃の我が絵本の英雄よ。 でも天橋立一帯の様相にあまり記憶がない。こんな立派な文殊堂があったんだ。橋立の道に入る手前に鎮座。橋を渡っていよいよ天橋立の松並木の道へ。日本三景、日本三公園、幕末三剣豪、維新の三傑、御三家、三筆、三蹟……、クイズに [続きを読む]
  • ●谷性寺(光秀寺)にて、光秀が祈ったこととは
  • 京都市街を抜けて、丹後宮津の天橋立へ向かう。薄田兼相こと岩見重太郎の仇討ちの碑の写真を撮りに行かねば。 だがその前に、ちょっと寄り道。亀岡市の谷性寺へ、別名桔梗寺、光秀寺とも。昔来た時は、桔梗の花が境内に咲き乱れていたなぁ。再来年の大河ドラマは光秀が主役、待ち遠しいね。このお寺さんもきっと賑わうね。 光秀の首塚が。そして明智門が。 この谷性寺に、光秀は信長を本能寺に攻める直前詣でたという。 そして「谷 [続きを読む]
  • ●1枚の写真を求めていざ 天橋立仇討ち事件の現場へ、 ちょっと京都で寄り道
  • 次回作「信州 咆哮するつわもの達」(仮称)を、只今頑張って書き込み中!とはいえ、めっきり集中力なくして遅々進まず苦戦(泣)。 されど泣いてばかりではいけない!登場する一人、「岩見重太郎こと薄田隼人正兼相」は、信州山中で狒々を退治、その後天橋立にてみごと父の仇を討ち本懐を遂げた。その記念碑が立てられているという天橋立の現場の写真を撮りにいざ! というわけで、姉川古戦場から京都宮津の日本三景の一つ、天橋立へ [続きを読む]