sydney日記 さん プロフィール

  •  
sydney日記さん: シドニーリアルタイム情報日記
ハンドル名sydney日記 さん
ブログタイトルシドニーリアルタイム情報日記
ブログURLhttp://sydneydiary.go-jin.com/
サイト紹介文シドニー在住者が語るリアルタイムシドニー
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供27回 / 139日(平均1.4回/週) - 参加 2010/09/30 16:16

sydney日記 さんのブログ記事

  • 外国にいることを思い出す香りと、夢の先。
  • Happy Friday for everyone世間はクリスマスですね。これからどんどん暑くなり、夏本番のシドニーでさえ、街中にはいたるところにデコレーションやツリーが昨日はショッピングサースデーというわけで、シドニーでも遅くまでショッピングが楽しめたのですが、某ショッピングセンターをプラプラしていたら・・・。突然、懐かしさに胸を掴まれる想いがしました。何だろうと思っていると、その懐かしさの正体は恐らく・・・、香り、でした。 [続きを読む]
  • 一期一会の寿司は“おまかせ”で味わう@四季。
  • 和食をオーストラリア人にPRする、そんな面白いプロジェクトに参加するようになったご縁で、日本料理「四季」でヘッドシェフ巧氏が直々に握ってくれる、“おまかせ”寿司コースにご招待いただきました。そんな願ってもないお誘いに、半返事くらいで秒速「YES!」。私にとってはシドニーで、初の本格寿司。“おまかせ”コースゆえ、何が出てくるかはお楽しみまずは、「四季野菜のおひたし」は懐かしい素材と優しい味しめじ、タケノコ、ほ [続きを読む]
  • スパニッシュタパス×居酒屋が1軒に【スパニッシュ居酒屋】!
  • 世界の米エキスポ、“World Rice Festival”の数週間後の打ち上げは、こちらにお邪魔しました。“Spanish Izakaya / スパニッシュ居酒屋”料理、ドリンク、店の設えなど・・・。ノースシドニー“Big Stone Tapas”時代からのアイデアがウィロビーでさらにパワーアップ!ぶつ切りオックステイル入りラーメンや、イカ墨のパエリヤ、焼き鳥、カツバーガーなど、思わずワクワクするようなラインナップ!スペインと日本の要素がどちらも本 [続きを読む]
  • 世界に日本のお米を発信ー【事後報告】!
  • 【World Rice Festival】直前にさらっと告知させてもらった通り、去る10月7日・8日(土・日)に、 世界のお米エキスポで日本米をPRしてきました!シドニーでは初開催だという記念すべきイベントに、チームWasholu Loversマーケット部門で、参加!Washokulovewrsの告知ページはこちら↓。Sydney World Rice Festival日本のメデイアへの告知プレスも書きました↓。【シドニー初開催】日本の米文化をオーストラリアで発信!私たちのテー [続きを読む]
  • 今週末はダーリングハーバーで世界の米祭り♪
  • 来る、10月7・8日(土・日)は、ダーリングハーバーで、「World Rice Festival」が開催されます!しかも本拠地がメルボルンのこのイベント、初めてシドニーで開催されるそうです。そんな記念すべき機会に私たち、【Washoku Lovers】のマーケット部門も、なんとパートナー出店をいたします!《ここからその全貌が覗けます← !》当日は・・・、世界各国のお米に関する屋台ブースが立ち並ぶ中、私たちは、シドニーで歴史ある日本食レスト [続きを読む]
  • 「3連休の初めだからさ。」
  • Happy Friday for all!そして、ロングウィークエンドに!今日ね、帰り道の電車で、私の後ろでおじさんが、女性に道を譲ったんですよ。「お先どうぞ。」ま、もちろんそれだけならよくあること。ただその後ね、おじさんはこう続けた。「だって僕たちは今、3連休が始まって、この先たっぷり時間があるんだからさ。道をゆずるのに、十分良い理由でしょ。」その後、2人の間では会話と笑いがまだ続いていたけど、そういう心のゆとりから生ま [続きを読む]
  • マーケットに自ら立って故郷の味を焼く!
  • “【Washoku Lovers】キリビリでマーケットデビュー!”↑こちらの記事を覚えていただいてるでしょうか。和食をオーストラリア人に広めるをコンセプトに活動している【Washoku Lovers】のマーケット初出店。じ・つ・は。このマーケット出店、ご縁をいただいて、第2回目から私もマーケットに立ち、餃子やらたこ焼きやら、色々焼いています!私のデビュー戦は、餃子と料理人が目の前で握ってくれる寿司。3度目の出店では、餃子(鉄板 [続きを読む]
  • いつだって心動くのは人の情熱に触れるとき。
  • 先日、某ウェブサイトの記事執筆依頼を受け、いくつか候補を出した中で、「元バリスタが選ぶシドニーのカフェ3店」をテーマにしよう、となりました。※はい、私約4年ほどバリスタをしておりました3店にした理由は、すぐ思い浮かんだのが、“元同僚が次々と自身のカフェをオープン!”“店主のこだわりをカタチにしたカフェオープン!”と、“海に浮かぶノースのカフェ。”だったから。そこで、ブログで主観を交えて書くのとはまた違 [続きを読む]
  • オージーの優しさが身に染みる。
  • オーストラリア人って、どういうイメージですか?明るい、陽気、ビール、優しい・・・?先日ね、イメージ通りだけどやっぱりそうだよなー!と痛感した出来事があったので、ここで共有させてくださーい。去る、3th,SEP。オーストラリアのファーザーズディ。春がすぐそこまで来ている、ぽかぽか陽気の日曜日。私はアルゼンチン人の友人たちと、ブロンテビーチで落ち合い、まったりと昼下がりを楽しんでいました。私は徒歩で向かったので [続きを読む]
  • シドにーにもこんなに可愛い訪問者たち。
  • シドにーはオーストラリアで一番の都会です。が、日本の東京や大阪とは比べられないほど、やはり長閑な空気が流れています。この間はお庭で洗濯をしているとき、(うちには洗濯機なるものがないので手洗いw)ギャーギャー、ギャギャギャと賑やかな声。見てみると庭のプルメリアの木に、この存在感たるや・・・!レインボー・ロリキート!近付いて行っても全く逃げる素振りがない。w人間に安心し切っているこの野鳥たちに癒され、さっき [続きを読む]
  • 店主のこだわりをカタチにしたカフェオープン!
  • “元同僚が次々と自身のカフェをオープン!”本当に、あの古巣のカフェから、これほどに独立を果たすとは!はい、別のメンバーも、しかもチームを組んでオープン!その名も、“AGAINST THE GRIND”インドネシア人とイタリア人の2人。どちらも持ち前の陽気なキャラクターと、確実な腕前で愛されるバリスタたち。一緒に働くと、お客さんも巻き込んでいつも和気藹々、小さな店舗はいつも笑い声に溢れ、どれだけ忙しくてもお互いを労る [続きを読む]
  • ビザに翻弄される人々。
  • 別の場所で書いた記事で、少し反応があったので、こちらでも共有させてください先日、最近知り合った人が、ビザの延長が拒否されて、敢え無く28日の猶予を残し、日本への帰国が決まりました。その人は学生ビザでなんと、5年以上もオーストラリアにいたそうで、その先にどういう希望を抱いていたかはその人にしかわからないけれど、結局、そういう人々の何割かがそうであるように、現地人と結婚したり、ビザのスポンサーがついたり [続きを読む]
  • いつまでもID提示を求められる日本人。
  • つい先ほど、近所のリカーストアで、懲りずにIDを求められたア、アラフォーです・・・そのお店は巨大スーパーに、巨大なお酒コーナーがある、個人的にお気に入りのショップ。つまり、何度か足を運んでいることは、間違いない。なのに、また、ID提示を求められました。ザ・日本人あるあるちなみに、そのショップで3度目。wでも、今日みたいにIDを持っており、さらに爽やかイケメンに(キミ、若く見えるね)「IDは?」と聞かれる分には気分 [続きを読む]
  • 潮風の届く街に住む、贅沢。
  • 先週は、それはもう怒涛のように日々が過ぎていきました。日中の仕事は佳境を向かえ、緊急案件のライター業務も何本も抱え、社交的なイベントも相次いだり・・・。絶え間なく続く緊張感と、ストレスが畳み掛けてくる、恐怖はい、そんな一見大変そうな、私の暮らしですが。w私は何とか日々生きております。wこの暮らしがいつまでも続くわけじゃないと、わかっているからこそ、というのもあるけれど。この息詰まった日々に風穴を開け、 [続きを読む]
  • セカンドハンドで服を買うコツ♪
  • 日本では(というか今までの私は)、古着・セカンドハンドって、何となく個性派なお洒落さんが、私のような一般庶民には思いつかないような、奇抜なファッションの一部として活用している・・・、というイメージ・・・が、シドニーでの私の家族のような存在の、洗練されたお洒落が似合う友人。彼女に教えてもらってから、私の中でそのイメージが、ガラリ!変わりましたシドニーに限らずだと思いますが、寄付で成り立っているセカンドハンド [続きを読む]
  • シドニーの通勤バスの怪 !?
  • 私は通勤に、ときどきバスを利用しています。オーストラリアのバスは、手を上げないと止まってくれない、バス停の名前もアナウンスもないから、初めての地で降りるときは一苦労。などは良く知られていますが、ほかにもいくつか興味深い、シドニーの通勤バスあるあるを※人から聞いたものも含む①よく遅れる②ゆえに一向にバスが来ないと思ったら、 次の瞬間数珠繋ぎのように連なって来る③バスが混んでいると人が待っていても通過 [続きを読む]
  • 元同僚が次々と自身のカフェをオープン!
  • “元同僚が色々すごい!”の記事の続きです。当時私が働いていたそのカフェは、軽やかだけど強めの苦味とかすかな酸味が特徴の、Campos / カンポスの豆を扱う、その界隈ではほとんど唯一の店でした。小さな小さなそのカフェは、いつも人気で行列を作る人が絶えず、へとへとになりながら働いていた私。wだけど、私が何より合わなかったのは、そのボス。彼がねー、あまりにもあんぽんたんで、人を機械のように扱い、無茶難題を吹っか [続きを読む]
  • 【Washoku Lovers】キリビリでマーケットデビュー!
  • 去る、22th / Jul (Sat)。初めて訪れたのはノースの入り口にある、Kirribiri(キリビリ) マーケット。訪れた理由はただひとつ、【Washoku Lovers/和食ラバーズ】が初出店するという知らせを聞きつけたからなのです。共通の友人を通して最近知り合った女性が、和食(=日本の食文化)をオーストラリア人にもっと知ってもらいたい!という想いではじめた、オーストラリア人を対象にした、日本食分化(=和食)を広める、コミュニティなので [続きを読む]
  • 本好きにはたまらない集い。
  • 去る某・TGI Friday。吟味して選んだ赤ワインボトルと、お気に入りの本を2冊携えて、仕事後に嬉々として向かったのは、シドニー在住日本人の心の拠りどころ、ほんだらけさんこの日は私がかねてから楽しみにしていた、ビブリオ読書会が行われる日だったのです。ひとり1冊、そのときの勝負本を用意し、5分という制限時間の中でプレゼンをし合う会、だとか。以前は、その中で一番秀逸な一冊を決める、という趣旨が盛り込まれており、 [続きを読む]
  • 海に浮かぶノースのカフェ。
  • ひとつ前の記事(→★)の続きです。その、私の愛したマリーナのカフェは、一旦立ち退きを余儀なくされました・・・。・・・が!やはりボスのカフェへの情熱や愛の灯が、小さくても消えることはなかったんですね。あの日から数年たった今、今日ご紹介するノースの一軒を中心に動かしながら、会員メンバーのみが入れるヨットクラブなどでも最近オープンし始めたみたいです。その素敵なノースのカフェは、こちら。“The Flying Bear Cafe“GO [続きを読む]
  • 元同僚が色々すごい!
  • 2年越しにシドニーに戻ると、カフェの元同僚たちが、さまざまな展開をしていたので、ビックリしてしまう・・・。と、同時に、いやー、当時からすごいとは思っていたけれど、それほどのポテンシャルのある同僚たちと働けていたことが、まるで夢のようだと思う。シドニーでは3つのカフェを経験したけれど、一番愛していたカフェは、海辺のマリーナにあった。雨が降ると店閉めなきゃいけないとか、潮が満ちるときは足元水浸しだし、波が [続きを読む]
  • 翁さん自ら腕を振るう「煮干中華そば」を食べに!
  • 私が日本に戻っている間、こちらの記事の、http://sydneydiary.go-jin.com/e57978.html“翁さんラーメン”が、以前“麺一究”のあった場所に、移転オープンしていました!こちらです↓https://www.facebook.com/osanramensydney/看板に「元祖・久留米豚骨ラーメン」を引っ提げ、こだわりが感じられる一杯がずらり目白押し!実は、本日17日(月)。翁さん自らが腕を振るってくれる15食限定、永福町大勝軒風「煮干中華そば」を食べたくて仕 [続きを読む]
  • 突然の再会がもたらしたこと。
  • シドニーは最近、快晴。心地良い気候が続いています。ただ、寒さに耐久のないオーストラリアの建物。恐ろしく建て付けが悪く底冷えするシドニーの冬は、ともすると日本の寒さよりも、堪えます。それはさておき、本日は土曜日!・・・、と、ここまで書いて。何気なく開いてしまったFB(フェイスブック)。そこに、カルフォルニアに住んでいるはずの、友人が何とシドニーのQBVの写真をup!???となって、思わず「Wow」のスタンプを。すると、 [続きを読む]