rakusun さん プロフィール

  •  
rakusunさん: 福岡県久留米市と甘木で楽我院・バランス研究所をして
ハンドル名rakusun さん
ブログタイトル福岡県久留米市と甘木で楽我院・バランス研究所をして
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/rakugain/
サイト紹介文腰痛、肩こり、頭痛、股関節、膝、スポーツケア、慢性病、原因不明の体調不良など日々の観察、気づきを提案
自由文福岡県久留米市で楽我院・バランス研究所を主宰している院長が日々の治療やその時々の発見などを投稿。
見方を変えると、体の持っている可能性は広がる。「三軸修正法」http://www.sanjiku.com/の考え方、見方を通し、快適で視野が広がる伸びやかなカラダを提案。
研究を進める中で、カラダの不思議さと可能性をますます感じている。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供76回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2010/09/30 16:00

rakusun さんのブログ記事

  • 今日の良かったこと3選
  • 早朝より、地域の一斉清掃にて2時間ほど草刈り、いつもより爽快。天候もよく疲れもない。とても得した気分。草刈りにて地域からいただいた「パンとお茶」。これがとても「おいしく感じた」。朝食をとらず草刈り清掃を続けた後だったこともあるけれど、うれしくなるほどおいしかった。ラッキー。月に一度の教室で、いつもより、参加者の方の要望を取り入れた内容にできた実感があった。これが、本日の良かったこと3選。「今日おこ [続きを読む]
  • 花は見ているだけで、救われます。
  • 曇りがちの朝、花をみる。蜂たちが、羽音を立てながら自分の役回りをひたむきにやっています。風のある中、自分に必要な花を探し当てるのです。蜂の頭、それは脳のシステムというより、神経の集合くらいの簡単な構造です。虫のカラダ、そのどこにメカニズムのカギが隠されているのでしょう人間のように、記憶したり、思考したりする場所が彼らの中にあるのでしょうか?ミツバチは、単独ではとてもシンプルな構造ですが、集団になる [続きを読む]
  • よき体験と思い出作り
  • 「5月15日が新月なので16日の午前中にマコモダケの苗を植えます」とのご案内をいただき、参加してみました。マコモダケとはイネ科の植物です。さまざまな活用法が提案されています。とても希望に満ちた植物です。新月と満月は地球と月と太陽との位置関係により発生する現象です。「満月」とは、太陽と月の間に地球が入る位置関係に起きる現象で、地球上で夜になっている地域から月が真円に近い状態で月が観測できます。一方「新月 [続きを読む]
  • 全体のつながり
  • 効率的にモノゴトを行う習慣を、私たちはいろいろなシーンで学びます。ある目的に向けて、最適で最短距離でたどり着ける選択をするよう練習している。例えば、モノを買う。同じ商品なら、安くて速い方がいい。ネット通販のアマゾンの独走はそうしておこります。つい、わたしもお世話になります。ところが、複雑系とよばれる「複数の要素が絡み合って現れる現象」についてはうまくあてはまらないことも多いのです。たとえば気象、気 [続きを読む]
  • 新しい仕事
  • 知らないことは多いもので、これも患者さんからの情報。世には、なくなる仕事もあれば、新しく生まれる仕事があります。プロゲーマーもその一つ。その頂点に位置する人や、隠れて愛好するヒトの存在や社会との関わりが興味深い。一方で、中毒になりる。学校に行けなくなる。社会適応ができなくなる。といったの社会現象もある。たばこの規制や今もある地域にはある禁酒法なども、不要とはいいがたいけれど、「正しさ」をく押し出す [続きを読む]
  • 珍味というより美味
  • 過日のお礼ということで、大師匠から「イナゴの佃煮」をいただきました。「信州では昔から、イナゴを食べていた。」会話の中でうかがったときは、イナゴって、バッタの一種です。ですから、東南アジアの料理かと想像しましたが、日本の話。とても良いたんぱく源というのは聞き知っておりましたが、肉を手に入れるよりも、昆虫であるイナゴははるかに生産効率がいいのだそうです。環境の変化にも適応性が高く、生物の歴史としても昆 [続きを読む]
  • 私でよかった・
  • 連休も終わります。ことしの博多どんたくは雨に合わず、思いっきり楽しめたのではないでしょうか。毎年、この時期、三軸修正法の講習会やらで濃密で、原点に帰るトキと位置づけている私。あらためて、自分自身の方向性を確認できた実りある日々でした。また、連休中にも普段と変わらずお仕事に励む方々も多くいらっしゃいます。陰で快適な社会を支えている方々です。表には出ず、発言するのが得意でなく、職場の環境もよくはないの [続きを読む]
  • 懐かしい、顔、かお
  • 今日は、卒業した大学のクラブの創部50周年記念式典に参加、懐かしい、顔、表情に触れることができました。思えば、30年前、20周年の式典を実行委員の一人として取り組んだ日々を思い出しながら、そして月日のおもみと、これからのことに感慨深い時間に浸ることができました。20年ぶりという後輩や仲間との交流もあらたな、明日への力になります。思えば遠くへきたもんだ、仰った先輩がいらっしゃいました。ほんの少し、わかる気が [続きを読む]
  • 講習会を終えて、
  • 今年の講習会を終えて、また新たな一日がはじまりました。創案者の池上六朗先生は、「私たちの身の回りにある自然界も、もともろある宇宙の秩序にしたがって形状が決定されてくるから、宇宙の秩序を知ることが私たち全員にとって大切なのだ」ということをお話されます。そして、導かれる仮説をもとに、カラダを修正して現象として表してくださいます。常識に囚われることなく、また否定することなく、「否」ではく「非」。柔軟であ [続きを読む]
  • 原点回帰
  • 昨日は三軸修正法の創案者、池上六朗先生をお招きしてアクロス福岡にての講習会に参加。和気あいあいとしたなかにも、気づきのある一日でした。テーマをあらかじめ設けず、参加者の状態や、質問、体験などから糸口をそのばで紡ぎだしてゆきます。傍から見ていると、どうして症状の原因が即座にわかるのだろうかと首をかしげたくなります。腰痛やヒザの症状、肩やのどの違和感など、同じ症状であっても、その状態や背景は皆それぞれ [続きを読む]
  • 患者さんとの会話
  • 農業をされる方で施術を定期的に受ける方は稀です。そんな偏見はいけませんが私のところでは事実。もっともこの方は農業をされるまえ、就農以前からのお付き合いですから。畑を借りながら、とても熱心に勉強されておられます。頭が下がります。耳寄りな情報を時々いただきます。中国の野菜がとても急激に改善されつつある。日本の野菜、青果も輸入が本格化しそうである。驚く品質の改善の速さ、完成度はすべて日本人が教えているか [続きを読む]
  • ゴールデンウイークです。
  • ゴールデンウイークに突入です。楽我院・バランス研究所は土曜は通常どおりの施術日になります。連休中、4,5日は午後のみ開院します。まことに勝手ながら、ご予約の方が終了次第、閉める可能性があります。ご検討中の方は、直接お電話ください。明日は、アクロス福岡で三軸修正法の創案者「池上六朗」先生をお招きしての講習会です。三軸修正法のアイデアは施術のみならず、あらゆる人に応用可能なアイデアの触媒のようなものがあ [続きを読む]
  • 運は動より生じる
  • 本日まで晴天ということで、朝が早く目覚めます。杖立の滝「慈恩の滝」の風にあたりに行きました。しりませんでした。ここ慈恩の滝は大分県の日田市と玖珠町との境。日田市にお住まいの自称「ガイド」の方にいろいろと滝の水源や地形、昨年起こった水害の影響などを興味深く伺いました。目には見えませんが、人心は所により異なるのです。日本は海に囲まれているお陰で、国としての感覚が安定していると感じるのですが、陸続きの国 [続きを読む]
  • 新年度スタート
  • 新年度がスタートして気候も暖かくなってきました。職場や職責の移動など慌ただしい日々をお送りの方も多いようです。慣れるまでとはいいながら、ヒトに対する気遣いも普段より多く、無意識に、気づかれや睡眠のリズムを壊しがちの方も多いようです。気付いている方も多いですが、急に気温が上がったり、朝冷え込んだりと体調管理にも神経を使います。肩こりや目の疲れ、アレルギーの症状が多く表れるのも特徴のようです。肩こりは [続きを読む]
  • ホットする出来事
  • それは、今から3週間ほど前、温かさが一転急激に冷え込んだ朝がありました。その日は、佐賀県からbikeにて久留米まで早朝来る予定にしていました。途中、外気温を示す表示がマイナス3度。防寒対策をしていても、手足が凍えます。だんだんマヒしてくるのでしょう、冷たさは痛みとして感じられます。やっとの思いで筑後川を渡り、目的地。ガソリンの給油をします。院の中を温め、確認すると、ガソリンスタンドのチケットを忘れてきて [続きを読む]
  • 神だのみ
  • 氏神さまにごあいさつしましたので次は、、神棚ということで家の中に神さまのお住まいを設けました。町内からの斡旋で伊勢神宮の御札ともう一つ十日恵比寿様。今までも見える所にありましたが、まったく知らないとは関心がない証ですね。室内の見えるところになんと”セロテープ”で貼り付けになられておりました。こんな処遇ではあまりに失礼、神さまにはお詫び申し上げました。本当に知らないとは怖いものというか、怖いもの知ら [続きを読む]
  • 氏神さまにごあいさつ
  • 知らないとは恐ろしいもので、知っている人は知っている。あたりまえのこと。「氏神さま」とは信仰とは関係なく、土地を守る神さま。この世に生を受けて初めて帰った家の場所を守る神さまが「産土神(うぶすなかみ)」。現在住んでいる土地を守る神さまを「氏神(うじがみ)」となるそうです。私が現在住んでお世話になっている土地を守る氏神さまは知ってはいましたが、それほどの思いがなかったのでしょう。改めて、足を運ぶこと [続きを読む]
  • 難病かもしれないといわれました
  • カラダの変化を促すことに専念して観察しているといろんな場面に遭遇します。ご本人も自覚していない、「負担や苦しさ」のようなものを感じることが実際あります。このことは年齢ばかりとは言えません。あるキッカケから、不調がはじまったという方もいらっしゃいます。たどっていくと、感情的な波があったようです。具体的対処はここによって違いますが、「不調はカラダからのメッセージ」ということを実感する日々です。今はもう [続きを読む]
  • 春ちかし
  • 人生の偉大なる「先輩」であり、「師」のひとりから教えていただいた山本光輝先生にお名前を揮毫(きごう)していただきました。とても高い波動がでています。お感じになる方もいらっしゃるでしょう。その「書」に恥じないように、わたしの「気づき」を深め、お役に立てるよう一歩一歩、あゆみを進めてまいります。久留米の治療院を開院しましてもうすぐ20年になります。みなさまのおかげさまで、ここまで来れました。お力になれた [続きを読む]
  • NHK 子どもたちに残したい美しい日本のうた
  • 久しぶりにTVを見ていると、「子供たちに残したい美しい日本のうた」番組にぶち当たる。童謡をはじめとする、とにかく懐かしい「うた」。そのオンパレード。「あの町、この町」「しゃぼんだま」などを作詞した野口雨情、「月の砂漠」や「蛍の光」「仰げば尊し」。僕の知らない「花の街」S23年戦後の歌など。何気に聞いていても、細胞に届いてくる感じ。柳川の北原白秋の7「この道」も久しぶりに聞きました単に年を重ねたからで [続きを読む]
  • 偶然とは思えない
  • 施術の後、なかには施術中、質問してくる方はいらっしゃる。「何か、気になっていることでもあるのですか?」私の問いに、「実は探し物がでてこなくて、重要なのなので、今週ずっとさがしている」とのこと。カラダ全体の施術後、頭蓋骨、全身を取り巻くエネルギー場を調整。気になったところを重点的にアクセスしていると、施術テーブルの上で「あっ!」という声。「思い出しました!!」「キット、あそこにある!!」と言われるの [続きを読む]
  • 野菜どろぼうは私です。
  • 私の友人です。サラリーマンを辞して、農業を始めた方がいます。定期的に施術メンテナンスをされていたこともあり、会社を辞することにアドバイスを求められました。私は、正直に接するよう努めています。「おすすめしない」。「システム」が存在します。人がより良くするために構築してきた、システムが人の可能性を狭めています。その時のご本人の気持ちが「真剣」であり、「カッコいい」という印象が私の中に残っています。志( [続きを読む]
  • そうなんだ、。
  • 予定が変更、私の勘違いもかさなり、オリンピック、フリースタイルスキーを観戦。信じられないような動きをする人たちのいわゆる「強者」大集合がオリンピックなわけです。基本的に次元の異なる身体能力を開花させた方達です。同じ人間ではあるものの。フリースタイルというスノーボードのハーフパイプみたいなテクニカルな動きに驚くばかり。意外なことを解説者が語っていました。雪のない地域に住んでいて、この種目を始めた人も [続きを読む]
  • よかった、よかった。
  • カラダが整うと、いろいろ副次的に良いことがあります。常々、私はそのようにお伝えしています。単に、痛みや苦痛から離れるということ以上の効用を、身をもって体験しているからなのです。具体的には、「気分良く暮らせる」ようになる。現象的なことが伴うことも、もちろんですが、現象的に伴っていなくても「快適度」が確実に高まるのです。それはあなたの主観でしょ、と言えばそれまです。しかし、この「主観」はどこから来るの [続きを読む]
  • 県立美術館探訪
  • 本日は福岡での教室の日。雪もチラつくので、早めに福岡に到着し、県立美術館へ足を伸ばしました。県内の中学生の作品展が開催中で、物珍しさと懐かしさの空気の中、父兄の方々に混じって鑑賞いたしました。技術的に、大きな差があるのがこの時期。教える先生や学校の雰囲気によって、似たような作品の印象や完成度がまるで違ってくるのも見ていてとても楽しいです。このころを境に、ヒトは絵を描くことを続ける人と、まったく離れ [続きを読む]