nakagawahiroka さん プロフィール

  •  
nakagawahirokaさん: 不登校・引きこもりコンサルタント日記
ハンドル名nakagawahiroka さん
ブログタイトル不登校・引きこもりコンサルタント日記
ブログURLhttps://ameblo.jp/lastpray/
サイト紹介文不登校・引きこもりに特化した学習コンサルタント・生活改善アドバイザーのなかがわひろかの日々日記です。
自由文人材紹介、塾講師を経て、不登校・引きこもりに特化した学習コンサルタント(家庭教師)・生活改善アドバイザーをしているなかがわひろかの日記です。プロフィールはこちら↓↓
http://ameblo.jp/lastpray/theme-10013555144.html

高校進学・大学進学はもちろん、昼夜逆転の直し方、親と子のあり方、生徒さんたちと接することで見えてきた、高校、大学情報を掲載しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2010/10/01 14:00

nakagawahiroka さんのブログ記事

  • ●親が仕事を「楽しい」と言うこと
  • 私には、私が勝手に講演の師匠と呼んでいる方がいます。時折テレビなどにも出演されています。個人的にもお食事にご一緒させていただいたりしてさまざまなことを学ばせていただきました。 その方の講演会で娘さんの前で意識的にやっているということをお話しになられました。 それは仕事から帰ってきたら「あー今日も仕事楽しかった!」と娘さんに言うことでした。 娘さんからも「パパはどうしていつもそんなに楽しそうに仕事 [続きを読む]
  • ●自分なりのやる気の発見方法を知る
  • 勉強にしろ仕事にしろときに趣味にしろやる気を失ってしまうときはあります。 頑張らないと行けないけれどどうしてもやる気が起こらない。時間が経って「ああ、またやらなかった」と後悔し焦り自分にイライラする。 そして余計にやる気が出なくなるというスパイラルに陥ります。 ここで大事なことは「やる気が出ないことは『悪』ではない」ということです。 「やる気がない=だめ」という認識が一般的だと思います。 ただ、 [続きを読む]
  • ●親御さんお子さんに対して怒りの感情を感じたとき
  • 感情的になったときに思わぬ言葉を言ってしまったり暴力的な行為に走ってしまう場合があります。そのときはスッキリするかもしれませんが後から大きな後悔が襲い掛かります。 またやってしまったこと言ってしまったことで取り返しがつかなくなることもあります。 感情的になったとき一番いいのは「まずその場を離れること」です。相手がいない状況であれば感情をぶつける人がいないのでやがて気持ちは収まっていきます。 ただ [続きを読む]
  • ●勉強が苦手な方が集中する方法
  • 勉強のことを考えたときに「集中力」の問題にぶつかる方も多いのではないでしょうか。 「勉強をしたいけれど、長く続けられない」「やり出しても他のことに気を取られてしまう」 こんな悩みを持たれる方は多いでしょう。かくいう私もこの悩みをずっと持ち続けていた一人です。すぐに他のことに気を取られ読書をしていてもページが進まないということもよくありました。 今日は集中力についてお伝えしたいと思います。 集中力 [続きを読む]
  • ●親だから完璧にしないといけない、ということはない
  • お子さんが不登校になったら引きこもりになったら発達障害と診断されたら 親御さんたちは必死になって情報を集められます。 カウンセリング教育論傾聴の仕方子育てに関して 本や講演会中には大学に行って学ばれる方もいらっしゃいます。 学べば学ぶほど自分の「できていないところ」が明らかになり落ち込まれる方もいらっしゃいます。 情報過多になり疲弊してしまう方もいます。 子育て本などに書かれていることは「理想論 [続きを読む]
  • ●不登校や引きこもりのお子さんの頭のストレスを解消する方法
  • ネガティブなことを考えたり悩みが多い状態が続くと脳が疲弊していきます。 毎日私たちは脳が働いています。使い続けていると疲れることもあります。 では、どういうことをすれば脳の疲労を取ることができるか? それが「会話」です。 もちろん会話と言ってもネガティブな話を延々とするのは逆効果です。 楽しい話気楽な話が効果的です。 趣味の話などはついつい夢中になってしまうのでなお良いものですね。 自分が好きな [続きを読む]
  • ●必死に取り組んでいる人にしか挫折は訪れない
  • 「挫折」という言葉があります。就職活動の面接などでは「挫折したとき、どのように克服しましたか?」という質問をされることが多いです。 挫折の意味を辞書で調べると"目的をもって続けてきた仕事などが中途でだめになること。くじけ折れること。"とあります。 頑張ってやってきたことがだめになり気持ちが折れてしまうという状態ですね。 挫折はおそらく多くの人は積極的には経験したくないことでしょう。挫折して「あーよ [続きを読む]
  • ●大人も子どもも自分が好きなものを肯定されたら嬉しい
  • 私は映画を観るのが好きです。揺らぐことのないベスト3というものがあります。それは本でも、漫画でも、音楽でも存在します。本当に大好きなもので「オススメは?」と聞かれたらぜひ体験してほしいと思ってお伝えするものです。 「よかったよ!」と言ってもらえたらすごく嬉しいです。ただ「ひどかった」「面白くない」と言われたらとても悲しい気持ちになります。「この人とは合わないのかな」と思いもうオススメするのを遠慮 [続きを読む]
  • ●手柄はお子さんのものにする
  • 「手柄を部下のものにする上司は出世する」と言われます。 部下の方が頑張って取り組んだことを上司の手柄にするのではなく部下が頑張ったものとして周りにも伝える。そうすることで部下は、嬉しい気持ちになり上司のことをより信頼しさらに良い仕事をするようになる。 結果、優秀な部下を持ったこと、育てたことが評価され上司が出世していくということです。 これはご家庭にも当てはまることです。例えば親御さんがアドバイ [続きを読む]
  • ●お子さんにあった勉強法を適宜判断していく
  • 私は中学生や高校生の学習コンサルティングも行なっています。勉強の仕方をお伝えしたりスケジューリングをしたりもちろんわからない問題なども教えます。 長年やっていると「ここはちょっと説明するだけで十分だな」というところや「ここは腹を据えてじっくりやる必要がある」ということがわかってきます。 例えば過去には数学20点台しか取れない中学生がいました。しかし一緒に勉強をしてみると結構スムーズに解きます。ただ [続きを読む]
  • ●お子さんの特性によって考え方がまるで異なることを理解する
  • 人はそれぞれ考え方が違って当たり前です。 と頭では分かっていても根本的に自分と考え方が異なる人を目の前にすると困惑するものです。 特にASD、やADHDなど発達障害があるお子さんはそれがより顕著に現れます。 「こういう場面ではこういう考え方をするだろう」と考えていると全く想定していなかったような答えや行動が出てくることがよく起こります。 恥ずかしながら私も「こういうときはさすがにこうするだろう」と思い込 [続きを読む]
  • ●不登校の子どもたちは「根性がない」のか?
  • 不登校をされているお子さんに対して「根性がない」と思われる親御さんや学校関係者の方はいらっしゃるのではないないでしょうか。 「他の子達はしんどくても行っている。 行けないのは怠けているからだ。」 さすがにこのブログを読み続けてくださっている方の中にはいらっしゃらないかもしれませんがお子さんが不登校になって間もないご家庭だとこのように思われることもあるかもしれません。 親御さんからしたら朝眠くても [続きを読む]
  • ●落ち込むことがあったときの対処法
  • 誰しも心から落ち込んでしまう経験はあります。 受験に落ちた人から嫌なことを言われた人間関係で失敗をした・・・ そんなとき私はこうするようにしています。 「とことん落ち込む」 「カウンセラーだからすぐに元気を取り戻す 方法を知っているんじゃないの?」と思われたかもしれません。 そんなに大したことのないことであれば比較的すぐに切り替えられます。 ただ予期せぬことが起こり相当に落ち込んでしまうことは私 [続きを読む]
  • ●子どもたちへの対応で「難しい」と思ったことについて
  • 子育ての本や不登校や引きこもり、思春期に関わるものを学ばれていて、さらに講演会やカウンセラーからアドバイスをもらって 「それができればいいのだけれど、実際は難しい」と思われることは多いと思います。 私も娘ができ、子育てをする中でいくつか本も読みましたが「そう簡単にはできないものだな」と痛感している毎日です。 確かに難しいです。 「お子さんの話を聴きましょう」一つをとってもついあれもこれもと言いた [続きを読む]
  • ●「なぜそれが必要なのか?」についてきちんと伝える
  • お子さんが昼夜逆転をしていたり勉強をしなかったりお手伝いをしなかったりという状態があったとき親御さんとしては「どうにかして改善させたい」と思われるでしょう。 そこでお子さんに「規則正しい生活をしなさい」「勉強しなさい」と言ったらおそらくお子さんからこう返されます。 「なんで早く起きないといけないのか?」「どうして勉強しないといけない?」 そこで親御さんはこう返されます。 「規則正しい生活をしない [続きを読む]
  • ●素敵な友達がいるお子さんに伝えてほしい言葉
  • お子さんからお子さんの周りの友達のことを「自分の周りにはすごい人がたくさんいる」「自分は人に恵まれている」という言葉があったときぜひ伝えてほしいことがあります。 それは「人に恵まれるのも『才能』だよ」。 自分の周りに魅力的な人が集まってくるのはその人達から見てお子さんが魅力溢れる人だからです。 きっとお子さんは人のことを大切にされる方なのだと思います。だから相手もお子さんのことを大切にしようと思 [続きを読む]
  • ●気分のムラが大きなお子さんは「ルーティン」で気分を切り替える
  • 人には誰しも気分のムラはあるものです。 機嫌が良い日もあればイライラしやすくなる日もあります。 一日の中でも調子が良いタイミングやイラっとしやすい時間というのもあります。 毎日常に同じ状態でいることの方が難しいものです。それは誰とて同じです。 ただ、このムラが「大きすぎる」人もいます。 ちょっとしたことですぐに機嫌が悪くなってしまい周りの空気も悪くしてしまう人もいます。かといって気分がいいときは [続きを読む]
  • ●お子さんとのルール作りは最低でも「一ヶ月」はかける
  • お子さんとルール作りをする際「最初から完成したルールはない」と思っておくことが大事です。 国会で作られる法律もそうですが最初に「たたき台」を作ります。それを土台にして「ここはいい。ここはだめ」というように議論しながら法律を固めていきます。 この作業だけでも年単位の時間がかかることもあります。しかし、議論しながら作っていかないと不十分な点があったり誰か特定の不利益を被ったりする内容になってしまいま [続きを読む]
  • ●お子さんと話をする際にやっぱり大事なこと
  • お子さんとのコミュニケーションにおいて私が言い続けていることがあります。 何度言ってもいいくらい重要なことなのでこの辺りでまたお伝えしたいと思います。 中高生のお子さんと話をしていてつい喧嘩になったり言い争いになったことはないでしょうか? お子さんが不登校や引きこもり状態にあるなしに関わらず一度や二度はご経験があるかもしれません。 言い争いになる理由としては「自分の言い分を受け入れてもらっていな [続きを読む]
  • ●傾聴は「話し切った」と思ってからが勝負
  • お子さんと話をしているときにいつも最終的には言い合いになってしまうというご家庭もあるのではないでしょうか。 「話を聴くことが大事」と一生懸命に聴かれるのですが結局は喧嘩になってしまう。 「どうしたらいいのだ?」と途方に暮れてしまいます。 しっかり「聴いて」いるつもりなのに言い合いになってしまう要因は一つです。 「実はしっかり聴けていない」のです。 お子さんは本当に最後まで話を言い切っているでしょ [続きを読む]
  • ●心より尊敬する人
  • 昨夜本当に悲しい訃報が入りました。「ちびまる子ちゃん」の作者であるさくらももこさんが08月15日に乳がんでお亡くなりになられました。 ちびまる子ちゃんは私が幼稚園の頃に始まり大人気となりました。一度休止し、また復活して今に至ります。 小学校の頃付録目的で買っていた妹の「りぼん」はいつしか私がちびまる子ちゃんを読むために購入されるようになりました。漫画も全巻持っています。 私が一番影響を受けているのは [続きを読む]
  • ●二学期が近づいてきたときのお子さんの心境を理解しておく
  • 早いところではもう始まっていますが二学期が始まろうとしています。 夏休みというのは不登校を経験されているお子さんにとっても「安心して休める期間」になります。 周りの同級生達も学校に行っていません。自分だけが学校に行っていないという状態では無いのでそれが安心して休めるという状況を生み出します。 その期間が終わりますのでお子さんとしても気持ちの波が大きくなりがちな時期になります。 この時期ご家族にと [続きを読む]