ことまろ さん プロフィール

  •  
ことまろさん: 豊かなふりをしている裸の王様
ハンドル名ことまろ さん
ブログタイトル豊かなふりをしている裸の王様
ブログURLhttps://ameblo.jp/kotomaro-kq/
サイト紹介文テーマはありません ペットの写真や日々考えている事をフィクションで書いているブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供55回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2010/10/01 23:28

ことまろ さんのブログ記事

  • こころ
  • エベレストに降った雪も高きから低きに流れ大西洋や太平洋の海に流れ出る それが水の性質どんな雨でも最終的に海に行き着くそれが自然の法則 日本の伝統的な合言葉である山と川が一夜のうちに大切なものを奪い去った 多くの人の命と昨日まで暮らしてきた家を跡形もなく圧し潰し流してしまう 突然の災害に襲われる人々の光景が東日本大震災以降増えて来ているように思う 東京であんなに雨が降ったら 地下が沢山あって地下鉄だって走 [続きを読む]
  • 自分らしさ
  • 人の好みは千差万別だから世の中には色んな人がいる 例えばマイナス要素が無い人でも隙がないところが嫌だとか 欠点だらけでだらしない人でもそこがかえってホットするとかね 美形で性格も良くて誰もが好きになりそうな人でも それがかえって近寄りがたく感じたり ちょっとした妬みから反感を覚える人もいる 誰からも愛される人は少ないかもね 世の中には色んな人がいるから好みも色々相手がどう感じるかわからない だけど前向きに [続きを読む]
  • 習慣性
  • 今までの家庭料理はお母さんから煮炊きを教わったとか でも今は色んな情報を知りたければ マーボ豆腐の美味しい作り方とか ネットを見れば調理方法から調味料の分量まで直ぐにわかる もう自分は体得者だと思っているけど瞬間的に見ても実際は忘れちゃう つまり時間軸とか体験とか失敗や感動とか嬉しさとか通り越して 聞いたことや見た事とか自分自身の体感がない短期間のこと全てがインスタント的なんだよ 表面的に知恵がついたよ [続きを読む]
  • こころ
  • どんなに努力し続けても上手くいかないこともあるよね 怠けている訳じゃないけど努力が足りない何て言われたら 気分は沈みやる気まで失せちゃう そんなんで頑張って努力してもいい結果は期待できないよね 人間はこころと体のバランスが大切なんだよ 意に沿わないことを無理に努力し続けてもこころが痩せて折れちゃう時もあるもう限界だよ 同じ頑張るでも好きなことに夢中になる方がいいよね 何かに熱中できることがあれば充実感や [続きを読む]
  • 紫陽花のころ
  • 入梅の時期は紫陽花が咲くころ 雨が続いて土中の酸性度が変わると花の色まで変わって来る 根から吸収される養分の度合いが アルカリ性ならピンク色酸性ならば青色 水質の酸化現象で白、青、紫、ピンクと花の色が変わるまるで七変化 同じ場所で咲いていても根が吸い上げる質量により 個々の花の色の濃さが微妙に違うけど 紫陽花の花は寄り添って仲良く咲いている 春には春の花が咲き 秋には木の実がなるというように その時期がこ [続きを読む]
  • 陽射し
  • 今の季節午前中の時間帯は紫外線が強いから日焼けする率も高くなる だから植物にとっても有効な働きをする時間帯でもある 太陽からの陽射しの角度によって光のサイクルが違ってくる 午前中の陽射しは暑くないけど 程よい殺菌力のある光が届くから 殺菌する作用が高い時間帯なんだよね だから暑くもなく寒くもない午前中のこの時間帯に 毛布や寝具を干すと夜もぐっすり休めるから不思議 午後から夕刻は陽射しも強くなるから 布団を [続きを読む]
  • 水無月
  • 氷を模して三角形に切り分けた白いういろうに 厄除けの意味を込め甘く煮た小豆を乗せる 水無月という和菓子がある 1年の半分が過ぎて 六月梅雨過ぎた半年の穢れを祓い 残る半年の無病息災を願って食べる風習がある いたずらに時間が過ぎて あとになって後悔しないため 今年の前半はどうだったのか 時の流れに区切りをつけることも大切だね  ことまろ  ランキングに参加中  に感謝 ('-^*)/  にほんブログ村 [続きを読む]
  • 余韻
  • スポーツでも競技の最後にとっても良かったって そんな感覚を持てる人って次の競技の時も上手くいく だからそういう余韻と言うか 良かったって思う考え方はいいよね だって上手くいかない人達は不満が多いから 例えば少しでも前進して上達したなら 良かったって思えばまた知恵もわいてくる だけど不満があると何をしていいか分かんなくなっちゃう だからアイデアも出てこないんだよ だって何もなければそれが当たり前になって 人間 [続きを読む]
  • 公園でパンくずを落とすと 小鳥はどこで見ているのかパンを見つけて集まってくる 見てない様で遠くからこちらを観察している 誰も見ていないと思っても誰かが遠くから行動を見ている 人の為になる事をすれば良い結果が訪れ 人に対して悪い行為をすればその報いを受ける 蒔かぬ種は生えぬ 被害者も加害者も過去の経験の中にこころの闇を抱えている こころの奥底に眠る原因という小さな種があることが切っ掛けで蘇える そしてさらに [続きを読む]
  • 良くも悪くもない
  • 勉強には難しい勉強と優しい勉強がある だけど全然勉強してないと優しいも難しいも関係ないよね だから何も関係なければ良くも悪くもないと言う言葉と同じ インターネットを見てわかった電話で説明を聴いてわかった情報は得たけど まだ良く解らないだけど実際に操作してみて実感できた だから知っているようで解ってないのが現実だよね 例えばお湯は温かいか冷たいか触れてみれば解るもの だけどお湯にも温度差が色々あるから熱い [続きを読む]
  • シンギュラリティ
  • 2045年頃にAI(人工知能)があらゆる面で人間を超えるとレイ・カーツワイルは予言した 人類史上最大の変革期なんて言われると 確かにそうかなと思うけどまだ先の話 SFの世界みたいに永遠に人間が機械に管理される時代がやって来るのだろうか 便利になる事だけが未来とは思わないけど 人間には不便や不快も時には必要かも知れないよね 人間は何千年もの昔から人と人との狭間で生きて来たのに 経済成長主義の弊害だろうか 人間は技 [続きを読む]
  • IOTとAI
  • IOTとはモノをインターネットにつなぐこと これからAIスピーカーが家庭の中で普及してくる 家電の中にセンサーと通信機能を持ったモノたちが増えてくる テレビやエアコン玄関のドアまで意識があって 個々に何をしてどんな状況か把握できるから たとえば鍵を開けるよ調子悪いよ故障しそうだよもう電池がないよと 身の回りのあらゆるモノたちがつぶやき始める インターネットと家電が繋がることでモノたちは相互通信して遠隔からで [続きを読む]
  • こころの門番
  • 誰にでもこころに門番がいます そしてネガティブな感情が潜在意識の中に流れ込まないよういつも見張っていますそれにこころの門番はわたしが考えていることに何の意見も反対もしない そのかわりわたしの思うことをすべて真に受けますから 自分の為になることを思い浮かべ望むことが大切なんです 人生は無意識に選択してきたことの表れだから 自分が考えていることが結果に結びついていく そのためには頼もしい門番をこころに持つこ [続きを読む]
  • 老桜
  • 桜の花の色が年々白っぽくなっていくような感じがする 樹齢を重ねて来ているからだろうか だけど老いることは決して哀しむことではない 花びらの色が褪せるが如くその存在感も薄らいでいくのだろうか 永い年月を生きて来たから いまさらそんなことはどうでもいいこと 今年も桜は精いっぱい咲き誇り そして花びらが春風に舞い全てが散りゆく その姿は見るものを魅了する 今年は桜の開花が例年よりも早かった 連日のニュースでも咲き [続きを読む]
  • 達成感
  • 小熊の赤ちゃん見ているだけで可愛くて幸せな気分になる 人間の赤ちゃんだって同じ 赤ちゃんが幸せそうな顔をしている時は 周りの大人達が気持ちよくしてくれるから その為には泣きわめき暴れたりして 空腹や寒さ不愉快な状況を伝えること 周囲に愛情の欠如を訴える必要がある 他人に頼るしかないからね その代償として赤ちゃんは世話する大人に満面の笑顔で答えるから 大人は幸せな気持ちになるんだね 飼われている猫や犬も同じで [続きを読む]
  • 幸せの感覚
  • 美味しいものを食べたり 可愛い服を買ったり 花を育てたり動物を可愛がったり 愛でたりするのが好き 自然と親しみ旅行やハイキングもしたいから健康でいたい ごく普通の生きる楽しみや小さな幸せ 美しさを味わい感動したり心からの笑顔がほしい その積み重ねが生きている生き物としての感覚だよね 最近の社会は効率最優先だとというけど 人間は機械やロボットと違うから 機械は均質で同じことが良しとされるだけど生きることは結 [続きを読む]