g_kato さん プロフィール

  •  
g_katoさん: 正直ブログ
ハンドル名g_kato さん
ブログタイトル正直ブログ
ブログURLhttp://syoujiki.com/archives/category/blog
サイト紹介文ネット古本屋正直堂の店長がオノレの価値観で日々の感想をもっちゃりと語ります。本来の毒は80%オフです。
自由文高血圧にもめげず、食べたラーメンをご紹介。ラーメン・つけ麺時々カレー。
昭和プロレス(活字プロレス)・格闘技・宗教学・映画・美術・音楽・・・なんか、ん、これはと思ったら覗いて下さい。80年代サブカル野郎のひとりごとです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供33回 / 199日(平均1.2回/週) - 参加 2010/10/02 09:47

g_kato さんのブログ記事

  • 巨大クサガメ
  • ほぼ夏日の本日、近くの池で甲羅干しをしているカメの集団を発見。 カメ好きの血が久々に騒ぎ、見物に行きました。 どうせアカミミガメと思いつつ、群れているところを眺めると。 やっぱりこのデカさはアカミミガメだ。 うん・・・  … 続きを読む 巨大クサガメ → [続きを読む]
  • 胃がん その12 低血糖?
  • このブログエントリーシリーズは備忘録として書き留めておくことを主眼としており、尚且つ同様の人たちの目に触れ、何らかのお役に立てればと思ってます。 今回は単純に胃切除について起こる症状について書き留めます。 いろいろな後遺 … 続きを読む 胃がん その12 低血糖? → [続きを読む]
  • 映画レビュー:blank13 
  • 前にも書きましたが、私は長い映画が苦手です。 長さを感じさせない面白い映画は良いのですが、2時間半を超えるとかなると、少し観るのをためらいます。 本作は一般劇場公開の商業映画としては異例の短さ。 70分しか … 続きを読む 映画レビュー:blank13  → [続きを読む]
  • 胃がん その10 闘病その後〜マラソン
  • 抗がん剤治療が終わってしばらく経ちます。 備忘録として書いていたブログを読み直しても、結構いろいろなことがあったなあと思い出されます。 元々が喉元過ぎれば熱さを忘れるタイプなので、あんなに辛かったことが綺麗サッパリ残って … 続きを読む 胃がん その10 闘病その後〜マラソン → [続きを読む]
  • 映画レビュー:「あったまら銭湯」
  • この作品は一般映画館での公開はされていません。 淡路島の岩屋にある、扇湯という銭湯が舞台です。 私が良く参加する「関西てくてく銭湯」の銭湯ツアーに組み込まれています。 このツアーでなくとも、神戸からフェリーで気軽に行ける … 続きを読む 映画レビュー:「あったまら銭湯」 → [続きを読む]
  • 映画レビュー:キセキの葉書
  • 鈴木紗理奈の主演映画。 大阪府摂津市出身の鈴木紗理奈だけど、摂津市に映画館がないので、隣の直近映画館でもある茨木市のイオンシネマで舞台挨拶を行ったらしい。 名のある俳優は鈴木とその母の赤座美代子、そして特別出演の雪村いず … 続きを読む 映画レビュー:キセキの葉書 → [続きを読む]
  • 映画レビュー:あゝ荒野 後編
  • んー、なんでこうなっちゃったのかなあ。 前編◎後編×という評価もちらと見たので、イヤな予感はしていたのですが・・・。 前編でいろいろ広げて後編でどうなるのかと思ったら、全部投げっぱなし・・・という感じです。 原作小説が未 … 続きを読む 映画レビュー:あゝ荒野 後編 → [続きを読む]
  • ありがとう!ノートン先生 -ブラウザの表示速度不具合について-
  • 久しぶりにブログを書いてみます。ブラウザの読み込みが超遅くなった時の対処憶え。元々、フレッツ光の回線が不具合っぽく、なんか干渉してるような感でした。Windows7でCPUはCorei3ですが、すでに7年ほど使っており、かなりへんなものが溜まってきているような状態です。あんまりしてはいけないのは分かっていながら、「システムの復元」を繰り返し行い、だましだまし使っていました。ここ2日ほど、ほんとに具合が悪く、通信速度 [続きを読む]
  • 読書レビュー:儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇
  • 儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇 (講談社+α新書)著者 : ケント・ギルバート講談社発売日 : 2017-02-20ブクログでレビューを見る?ケント・ギルバートさんはたまに書かれているものを見ると、結構過激だなあ、右よりだなあと思っていました。かなり以前から「自虐史観」という言葉は意識していたのですが、矢面に立っていたのが小林よしのりで、うざかったのでスルーしていました。こういうこともあるのですね。武田鉄矢が [続きを読む]