We love motorsports. さん プロフィール

  •  
We love motorsports.さん: Haste makes waste.
ハンドル名We love motorsports. さん
ブログタイトルHaste makes waste.
ブログURLhttps://ameblo.jp/welovemotorsports/
サイト紹介文日々いろいろな話題や真実をテレテレとお伝えしていきます。
自由文日々いろいろな話題や真実をテレテレとお伝えしていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供132回 / 365日(平均2.5回/週) - 参加 2010/10/02 11:33

We love motorsports. さんのブログ記事

  • 夜に咲く花
  • 「あの公園に夜だけ咲く花がある」とご近所の方が教えてくださったので、昨夜見に行ってきました。カラスウリといって、夜決まった時間に咲いて、夜明け前には閉じてしまうそうです。 事前に咲く時間を確認してくださった方がいて、その探究心には驚きと尊敬しかありません。 上の写真の4枚目は「キカラスウリ」でわずかに黄色です。 レースのようにこんなに細かく美しいのですが、明朝には再び細かく折りたたんでしまう。身近には [続きを読む]
  • お盆と蝋燭
  • 今年は2回目のお盆です。ご近所の方から、こんなに美しい蝋燭(ろうそく)をいただきました。白い無表情な蝋燭から変えるだけで、こんなに華やかな炎になります。 老舗の鳥居ローソク本舗の商品だそうです。動画を拝見すると、1本1本丁寧に制作されているのがよくわかります。 お盆というのは亡くなった方々が帰ってくる貴重な時間です。毎年帰ってくるわけですから暗くなるよりはむしろ明るくお迎えして送りたい。このろうそくは [続きを読む]
  • 変化する銀座
  • 写真を整理していたら、昭和58(1983)年の国会議事堂と日比谷公園の雲形池、そして銀座の風景が出てきました。 国会議事堂や池と比べて、銀座には見慣れない建物や看板があります。左端の赤い看板の「micom BASE GINZA」は、なんとマイコンベース銀座という、パソコンショップだったそうです。 ちなみに、こうして写真を整理しているのは、台紙に貼るタイプのアルバムがとても重くがさばるので、思い切って剥がして、箱に入れる [続きを読む]
  • 簾で夏を乗り切る。
  • 簾(すだれ)は去年の夏まで、部屋の内側に下げていましたが、今年は部屋の外、フックで網戸に固定しました。網戸を開けると一緒に動くので邪魔になりません。 ここからは個人差がありますが、なによりも風の通り方が変わったような気がします。先人の方々は、実に賢く夏を乗り切る知恵を残してくださいました。 日除けの布(シェード、オーニングなど)は試したことはありませんが、(メーカーにも違いはあるのでしょうが)薄手の [続きを読む]
  • 名は体を表す?
  • ある日の新聞の、こどもの名前に関する読者投稿欄です。 親御さんが愛情を注ぐあまりに、なにかすごい名前になってしまった、というこどもたちが確かにいます。 自分はありふれた苗字と名前なので、幼少時は見たことのない漢字であふれた名前や苗字に憧れました。 しかし最近は、公私ともに人から覚えられやすい名前というのはとても都合がよいと実感しています。 極端ですが、非常時:例えば緊急事態で、名前を大声で呼ばないとい [続きを読む]
  • 真ヒルの決闘
  • 先月末、雨上がりの日曜日は、毎月恒例の山登りでした。 紫陽花を撮る手をふと見ると、軍手の上を、伸縮自在のギラギラした虫が這っていました。蛭(ヒル)です。 そしてこの日は滑らないように、登山靴ではなくスニーカーにしたのですが、メッシュ部分からヒルが必死で入り込もうとしていて大声を上げそうになりました。いずれもあわてて叩き落しました。 登山靴が厚くごっついのはそれだけの理由があります。次回は登山靴、と固 [続きを読む]
  • ボンネットを開けてみよう
  • ひさびさにボンネットを開けてビックリ。ほこりとは異なる、長い毛がべったりと。 ガソリンスタンドにお勤めの方から、ボンネットを開けたときにかわいそうな姿の猫に出くわすことがあると、昔聞いたことがあります。 季節柄少なくなったとは存じますが、乗る前にバンバン!と車体を軽く叩いたり足音立てて近づいて追い払うようにしてください。大事な車がいわくつきにならないように。 ボンネットといえば、たまにインターネット [続きを読む]
  • スポンサーとは
  • 国営放送から請求書が来ました。封筒に書かれた文章を見て、「オヤ?」と感じたのは自分だけでしょうか。 スポンサーとは、確かに、テレビの番組を製作する費用を広告宣伝費などの名目で負担することです。 スポーツ選手が練習や海外遠征に行く費用を拠出する方々もスポンサーです。 しかしどんな裕福な企業や人でも、見知らぬ多くの人々にむやみに大金を投じることは少ないでしょう。 仕事をすることが、どこかで苦労している誰か [続きを読む]
  • 交通ルールを守る理由
  • 6月22日のドライブレコーダーです。 対向車線(右折レーン+2車線)を逆走して、強引に合流するプリウスです。冒険心と度胸のある方ですが、仕事や遊びで付き合うとめんどうなことになりそうな気がいたします。 なぜ交通ルールを守るのでしょうか?違反の取り締まりに引っかからないため? ではなぜ違反を取り締まるのか。それは公務員が実績を上げるためではなく、誰でも無事になにごともなく、出た場所へ戻るためです。 万一事故 [続きを読む]
  • ハッピーセット分解
  • ハッピーセットで話題だったのがトミカの働く車シリーズです。自分は消防車を希望していて、それが最初に来たので、早々に満足していました。特に消防車は、赤色灯部分が点灯します。 きっと電源があって変えられるハズと確信しましたが、他国製造ですからネジの形状が異なります。そこで同じ国から三角ネジ用のドライバーを購入しました。 安価で不安でしたが、先端部分はマグネットになっています。ここがなにげに重要だったりし [続きを読む]
  • 障害者用駐車スペース
  • 先日、某店舗の駐車場で見かけた風景です。もはやあまり珍しくはないのですが。 多少車にご興味がある方なら、車の価格や乗る人の特徴をすぐに想像できると存じます。 「車が大きいから」「急ぐから」というのは個々の理由です。客観的に眺めた方々が、その理由に気づいて理解/納得できるでしょうか。 どういう経緯で車椅子生活を余儀なくされたのか、それにも個々の理由があります。しかしご本人は受け入れるしかありません。 そ [続きを読む]
  • 不法投棄の始まり
  • 14日、巡回兼散歩中に見つけたのがこちらです。 前日に同じ場所を歩行した際には存在しなかったものが、道路と山を仕切るフェンスの向こうに見えました。道路といっても先は行き止まりなのでほとんど車が来ません。 これがウワサ?の不法投棄かと、ホームページで見たとおり、市の担当部署へ電話してみました。 自分は過去に苦情処理の電話対応をしていたことがあります。電話というのは最初のでかたひとつで明暗が分かれます。 第 [続きを読む]
  • 詐欺からハガキが届いた。
  • 本日届いたはがきです。いわゆる「架空請求詐欺」です。ついに来たか、というかんじです。 はがきを購入して、プリンターで表と裏を印刷して投函する。はがきは62円ですが人件費その他経費を含むと1枚当たりの投資金額は意外と高額です。印刷時にインクの不具合などで失敗もあるかもしれない。そしてデタラメと判明したら終わりです。大赤字です。 それでも黙々と、善悪を考えずに作業する。「恥」を知らないか、または厚顔無恥で [続きを読む]
  • 犬や猫との出会い
  • 夕方ときどき、それもごく個人的なご近所巡回パトロールを兼ねてウォーキングに行くときには、散歩中の犬や猫と出会います。 自分はまず、離れた場所から笑顔で手を振ります。 こんな昨今ですから、犬なら飼い主さんに安心いただくために、また犬や猫には手に何も持っていないことを示すためにおこなう、大切な動作です。 相手が興味を示して近づいてきたら、手のひらを上にした状態で、においを嗅がせます。そして顔から遠いとこ [続きを読む]
  • 伊勢山皇大神宮と勝守
  • 先日は外出時、目的の場所の近くに伊勢山皇大神宮があるので、早めに出て寄って行くことにしました。 じつは七五三のお参りで行ったところです。ウン十年ぶりの訪問です。 寄って行くと決めた割にはあっさり御朱印帳を忘れました(恥)用紙でいただけますか、と恥をしのんで質問したところ、やはりお忘れの方々がたまにいらっしゃるらしく、そのうえほとんど待つことなくすぐにいただけました。 お守りはその神社のセンスが光りま [続きを読む]
  • 八丈島に闘牛があった
  • 過去に身内が八丈島に行った際に、カメラを持って行った方からいただいた写真が出てきました。 現地では現在では見られなくなった「闘牛」です。かすかな記憶では、テレビで放送された際、勝負がはっきりしてきたら闘いが熱くなる前に(どちらかが怪我をしないうちに)人が引っ張っておさめているのを見た気がいたします。 他国でいう闘牛は、お祭りとしてさらに10頭前後の牛を肉としてさばき、期間中に大量に販売すると知りました [続きを読む]
  • 訪問営業
  • きのうは自宅に、ひかり回線の訪問営業がありました。はっきりと営業、とは言いませんでしたが、工事開始の件で説明するので玄関まで出て来てください、ということでした。 自分は音声の対応だけで、ついに玄関には出ませんでした。 何か夢を抱いてそのお仕事に就かれたのでしょうし、なにかのマニュアルもあるのでしょうが、初めて会う人に対して「出てこい」は無謀で失礼な言動です。 さらにこちらの言葉に、「ハァッ?!」と顔 [続きを読む]
  • 神様が見ている
  • 残念ながら、最近はよく見かける光景です。 過去に運転中に見たのが、白いビニール袋(それも大きめの)をいきなりドサッと地面に落とした(置いた)人です。堂々とゴミを捨てる姿に驚き、あきれました。 なぜ平然とゴミを捨てるのか。それは、拾う方々がいるからです。 他人に依存した生き方ってどうでしょうか。その一方で、共存や平和を声高に叫んでいませんか。 そして先日、地元で訪問した神社で、思わず二度見した掲示です。 [続きを読む]
  • 往復はがきで失敗したら
  • 世間に「自分は大丈夫」という事象が1個もない、という事実は、年齢を重ねるとだいたいわかってきます。必要なのは落ち込むことではなく、失敗したらしたで、いかにうまく早く回復して次に繋げるか、次はその失敗をいかに回避するかです。 先日はうっかり(案の定)往復はがきの表と裏を間違って記載しました。 インターネットで調べたところ、手ではっきりと往信と返信を書き直せば投函できます。先日、そうして無事に返信はがき [続きを読む]
  • トイレに置けないトイレ用品
  • トイレは毎日掃除してますが、2週に1度くらいの頻度でスプレー式の洗剤を使用します。 しかし本日、触った瞬間になぜかベタベタするのでよく見たら、なんと錆! わずかに中身が漏れている雰囲気もあります。買ってからそんなに使用していないのになぜこんなにウン十年も経ってしまった風になってしまったのか。 注意書きには「湿度が高いところに置くと缶のサビの原因になります」とあるので、トイレのような水気/湿気のあるとこ [続きを読む]
  • 「後援」の意味
  • たまにポスターやチラシなどで、後援:市町村/教育委員会という一文をごらんになったことがあると存じます。どういうイメージを抱かれるでしょうか。 厳密には「主催」「協賛」「協力」とは異なります。後援とは金銭的または労働的支援ではなくその団体が社会的信用を得るために、単に名義を貸すということです。 「後援 名義」で検索すると、各市町村や教育委員会の、「後援」の申請方法が各公式サイトで閲覧できます。 たとえ [続きを読む]
  • 傘の持ち手再生DIY
  • 風の強い雨のときに頼りになる16本傘をホームセンターで買ったものの(←そもそもここが間違い)樹脂の持ち手部分がなぜかベタベタと手に張りつきます。そんなに使用していないのに持ち手だけがダメになっていきます。 持ち手を外して交換しようとしましたが、これがシッカリはまっていてムリでした。 ビニールテープで巻いたらベタベタ感はなくなり、グリップも効くようになりましたが、基本的に色に限りがあり、いかにも応急手当 [続きを読む]
  • 山草と山歩き
  • 先月に引き続き、自治会のイベントで地元の山へ行ってきました。登山、と申しましても丘のような標高で、自治会のある場所が高台なので帰り道のほうが汗だくです。それでも老若男女、ゆっくりですが確実に往復するので、励ましながら(逆に励まされながら)参加しています。 頂上へ向かう山道では、多くの草木や花が咲いています。毎月異なる風景を見せてくれるのでこっそり感動しています。 こちらはキンランとギンランです。珍し [続きを読む]
  • 親父の小言
  • いろいろ整理していたら格言的な用紙が出てきました。まず1点めはベンジャミン・フランクリンBenjamin Franklin の十三徳ですが、読みにくい部分があったので、インターネットの記事を引用します。 ↓ すると該当ページへジャンプします。いまどきネット上の記事は時期が来る(または都合が悪くなる)と削除されますが、こちらは10年前でも残っていました。 十三徳が難しい、という場合はこちらのほうがわかりやすいかもし [続きを読む]
  • 白笹稲荷神社と天井絵
  • 先日は白笹稲荷神社で御朱印をいただいたのですがカメラを持参していなかったので、近くへ寄った際に再度訪問してきました。 中からいきなり神主さんが出てきてビックリ(汗)「中に入って、写真も撮っていいですよ」と、ありがたいお言葉をいただいて、初めて見学させていただきました。 歌舞伎舞台芸術の第一人者、後藤芳世(ごとう よしよ)画伯が7年の歳月をかけた赤誠の天井絵です。 別件ですが後日、亡くなった身内の遺品か [続きを読む]