san telmo54 さん プロフィール

  •  
san telmo54さん: アルゼンチンタンゴと献血そして地ビール
ハンドル名san telmo54 さん
ブログタイトルアルゼンチンタンゴと献血そして地ビール
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/felicia51ta
サイト紹介文タンゴのブログと云うと殆ど、ダンスばかりなので、聞く 為のタンゴのブログを立ち上げました。
自由文献血の、ローテーションは、今、月に2回、
青春18キップが発売されますと、遠出して、献血に
出掛けます。時刻表と、にらめっこしますので、
決して、鉄道マニアでは、無いのですけど自然と、
鉄道の知識も、身に付きました。

その副産物として、今、ブームの秘境駅も、献血のついでに訪ねております。


参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供353回 / 365日(平均6.8回/週) - 参加 2010/10/02 17:50

san telmo54 さんのブログ記事

  • フランシスコ、カナロ#122
  • 曲目  NOCHE CALLADA 静かな夜読み  ノーチェ、カジャーダ録音  1927年  原盤番号4284フリオ、デ、カロとクリスティーノ、タピア合作のタンゴ、前者は著名なタンゴの巨匠、後者の方はどのような人かは不明、殆ど無名のタンゴですが、親しみ易いメロディーでお薦めです。かって、アルフレッド、アンジェリスの楽団のレコードも有ったそうです。 [続きを読む]
  • SIEMPRE TE RECUERDO 18-1208#550
  • 演奏者  ロベルト、フィルポ四重奏団曲名   SIEMPRE TE RECUERDO読み   シエンプレ、テ、レクエルド録音   1937年7/4 原盤番号3509B SP盤のB面です。ロベルト、フィルポ作曲、アルゼンチンのヴァルス(ワルツ)です。読みは多分、間違っていないと思います。シエンプレとは、「いつも」と云う意味、レクエルドは「想い出」  さて、どう訳すか?「想い出と、ともに」では如何でしょうか? 無名のワルツながら、なか [続きを読む]
  • ドン、パンチョ五重奏団#69
  • 曲目  LO QUE ESTA BIEN…ESTA BIEN それならそれで良い読み  ロ、ケ、エスタ、ビエン…エスタ、ビエン録音 1939年4/13 原盤番号4115Aロベルト、フィルポ作曲、恐らく1910年代に作られたのではないでしょうか? かなり長いタイトルのタンゴ訳は、これで良いのかはっきりしません。解説一切無し。思わず、赤塚不二夫氏の「これで、良いのだ」の台詞が浮かびました。調子の良い曲で、まあまあ佳曲と云って差支えないでし [続きを読む]
  • 横浜 二俣川献血ルーム その2 11/22
  • 問診室          事前検査 気分の悪くなった方は、こちらで休みます。          全景                コンビニの脇に看板有り       近道ですが、上り坂です。      坂の途中に、案内が有ります。 私の足で駅から徒歩20分程度    右下隅クリッ [続きを読む]
  • GUARDIA VIEJA DEL TANGO#103
  • 演奏者  ORQUESTA FRANCISCO CANARO オルケスタ、フランシスコ、カナロ曲目   LA YERRA読み   ラ、……録音   1916年S,CASTRIOTA作曲、これは、サムエル、カストリオータ(ピアノ)で間違いないでしょう… 無名の人では有りません。タンゴ最初の歌曲と云われる、1916年に作った「ミ、ノーチェ、トリステ」の作者として著名であります。しかし、この曲は全く無名です。演奏するのは、何とフランシスコ、カナロ、フル [続きを読む]
  • フランシスコ、カナロ#121
  • 曲目  CANTA EL ZORZAL つぐみの歌読み  カンタ、エル、ソルサール録音  1929年  原盤番号4528V,D,サンガーロ作曲、解説者も、どのような人かは不詳との事、所謂、無名の人の無名のタンゴ出足は、一瞬ですが、「ラ、クンパルシータ」に似ております。なかなか、変化に富んだ曲で、聴き込む必要があります。最後のバンドネオンの、バリアシオンはさすが…   [続きを読む]
  • 横浜 二俣川献血ルーム その1 11/22
  •    全景      待合室  受付    横浜のルームと同じロッカー     ランプが良い雰囲気、醸し出してます。  窓際  ランプの色が違います。 ランプの灯影              暗くした状態   かって、ブログ開設前、H15.6.29に旧ルームを訪ねております。今回、訪ねたのは今 [続きを読む]
  • LA HUELLA 18-1128#549
  • 演奏者  ロベルト、フィルポ四重奏団曲目   LA HUELLA読み   ラ、……録音   1939年2/2 原盤番号3517AM,ANIBAL VILLANUEUA作曲、どのような人かは全く不明、曲のタイトルの読みも不明、おまけに解説一切無し、云わばお手上げの無名のタンゴ、ここは、黙って聴くのが賢明では?只、出だしのフレーズは、良い感じ… これは度々出て来ます。 [続きを読む]
  • 横浜 Leaf献血ルーム その2 11/21
  • 採血室への入り口         こんな雰囲気    スタッフの方が数人おります。    事前検査       採血前検査とも云います。    私の採血したベッド  右のトリマではなく、左のCCSで採血  採血が終わったなら、こちらから出ましょう…     会員登録は [続きを読む]
  • ドン、パンチョ五重奏団#68-★
  • 曲目  ENTRADA PROHIBIDA 立入禁止読み  エントラーダ、プロイビーダ録音  1938年8/4 原盤番号4111Aルイス、テイセイレ(フルート)作曲、1918年に、作者が加わった、アウグスト、ベルト(バンドネオン)四重奏団がキャバレ(ラベイ)で初演しました。この店は、高級店でしたが、不潔な娼婦が出入り禁止になったのをテーマにしたそうです。 [続きを読む]
  • 奥多摩 Beer Cafe VERTERE その1 11/14
  • 入り口 看板     古民家? 戸を開けます。      左半分 右に客がいたので…    取り敢えず、私の好きな麦酒      ヴァイッェン 6.2% IBU10 お馴染み フイッシュ&チップス        10タップが見えます。     メニューの一部    ペルシカリア 6. [続きを読む]
  • 鹿児島本線 肥後伊倉→玉名→大野下→長州 8/19
  • 肥後伊倉発7:55→………長州着8:08 熊本発7:31 熊本駅を離れます。遠くに、熊本駅が…崇城大学前駅を出たところ列車と遭遇肥後大津行き 列車番号393M崇城大学前駅を離れます。西里駅に到着 これは何の建物?西里駅を出たところで熊本行き 列車番号395Mに遭遇長州に到着青春18きっぷでの旅血です。熊本発7:31 これから岡山に行き1泊します。到着時間は20:02尚、この時点では、広島→三原間は災 [続きを読む]
  • 横浜Leaf献血ルーム その1 11/21
  •     広い待合室    こちらも広い… 右下隅を、 して下さい。    ご覧下さい。         こちらも拡大すると見易い。           献血前に、受けました。    豆から挽くコーヒー      是非、お試しを…      漫画、本、雑誌類 多彩 [続きを読む]
  • ロベルト、フィルポ#7
  • また、彼のタンゴに描写曲やユーモラスな曲が多い事も良く知られている。口が重くマジメ人間だったというフィルポの性格からは、ちょっと信じにくいところであるが、「エル、ラピド(急行列車)」 「ラ、カルカハーダ(大笑い)」あたりは、その最たるものといえよう。さて、ロベルト、フィルポが、エル、ターノ、ヘナロ、スポシトのもとをはなれてトリオを組織したのは1913年であった。メンバーは、ピアノのフィルポを中心に、バンド [続きを読む]
  • GUARDIA VIEJA DEL TANGO#102-W-★
  • 演奏者  QUINTETO CRIOLLO ATLANTA キンテート、クリオジョ、アトランタ曲目   EL POLLITO ひよこ読み   エル、ポジート録音   1916年お馴染み、フランシスコ、カナロ作曲、1915年の作品で、母親から貰ったバッジに描かれていた、ひよこの絵を想い出して作ったと、カナロ自身が後に述べております。カナロ楽団の演奏も、過去に紹介しております。演奏者  ドン、パンチョ五重奏団録音   1947年7/31 原盤 [続きを読む]
  • フランシスコ、カナロ#120-W-★
  • 曲目  PIMIENTA 胡椒読み  ピミエンタ録音  1940年 タンゴ界の巨匠、オスバルド、フレセド(バンドネオン)作曲、1930年末に発表、ダンス向きの曲のようです。 ここでも、カナロは多彩な楽器を使っております。トランペット、クラリネット等、他の楽団ではまず 使わないでしょう… 演奏者  アリエル、ペデルネーラ五重奏団録音   1951年  原盤番号PG11004 PGとはパテレーベルペデルネーラは、コントラバス奏 [続きを読む]
  • 黒部峡谷鉄道 鐘釣 その2 10/9
  • 周辺の地図     韓国語が有って、中国語が  無いのは何故?           ここを降りて行きます。    万年雪 展望台    滝の左に有るのが万年雪?  5月頃までは、雪がかなり  積もっているようですがこの時期は  さすが、寂しい  富山の方言を学びましょう…    「こんにちわ」→「まいどはや」   これ [続きを読む]
  • 国立駅 CRAFT! KUNITA-CHIKA その3 11/11
  • カウンター      上にビール瓶が有りますが、空瓶? うちゅうブルーイング BLACK HOLE IPA 8.2% IBU70 山梨に新しく出来たブルワリー   メニューには未掲載   苦味70は、かなり強烈    友人が飲みました。 ピンボケ   サンクトガーレン アップルシナモン 5% IBU18    メニューの一部 右下隅を すると見易い。  [続きを読む]
  • LA MOROCHA 18-1117#548-T-★
  • 演奏者  ロベルト、フィルポ四重奏団曲目   LA MOROCHA 褐色の肌の娘読み   ラ、モローチャ録音   1938年7/22 原盤番号3516A「フェリシア」の作者、ウルグアイのエンリケ、サボリード(ピアノ)作曲、1905年、レコンギスタ、イ、ラバジェ街に有ったバー「ロンチェッティ」で歌っていた女性歌手に、心を奪われ夜を徹して書いたと云われます。この年の暮に、楽譜となりアルゼンチンの練習艦サルミエント号に積まれ、 [続きを読む]