カーネギー さん プロフィール

  •  
カーネギーさん: 成績110番
ハンドル名カーネギー さん
ブログタイトル成績110番
ブログURLhttps://ameblo.jp/seiseki110/
サイト紹介文受験勉強だけでなく、普段勉強している方法を子どもの将来に役立つ勉強に変えていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供635回 / 365日(平均12.2回/週) - 参加 2010/10/03 11:38

カーネギー さんのブログ記事

  • できない子の指導の仕方
  • 成績の良くない子の指導の注意事項についてです。その前に質問です。あなたは子どもが次のテスト「80点」をとってきたらどんな声をかけますか?「30点」だったら?どんな子をかけるのか?実は当たり前の話ですが、ついつい親は子どもの「がんばりに対する評価」ではなく、「何かと比べての評価」になっているのです。また、親御さんの子どもの評価は「絶対評価」でもないのです。「80点だったからよかった」「30点だったから悪 [続きを読む]
  • 成績が上がらない子の親の電話
  • 指導していると「これは上がらないな」というのがわかるときがあります。もちろん勉強の話です。最近では「ムリだな」と思ったときにはその場でお断りをしています。それはどんなときなのか・・その話をします。私のところでは「論理エンジン」を使って国語の指導をしています。もう17年やっていますが、何年間か指導をしていると「成績が上がらない子」というのがわかってきました。そして、そういった子はすぐに辞めてしまいま [続きを読む]
  • 我が家の夫婦喧嘩
  • 今回は我が家の会話から始まります。仕事の内容ですが出来事を家内に話す場合です。仕事であった話をする場合。通常は時系列に【1】【2】【3】【4】【5】【6】【7】という流れで起きています。これが前提で。私達夫婦の会話私「今日仕事があって【5】のことがあって」家内「ふーん。【5】ってどういうこと」私「【5】っていうのはまずは【4】があって」家内「ふーん。【4】がよくわからない」私「【4】というのは【3】があってね [続きを読む]
  • これ解けますか?
  • 昨日は「論理 de 国語」という塾向けのセミナーに参加してきました。全員で100名近くの塾の先生が参加していました。どこの先生もそうですが今の課題は「国語」です。何度も話を聞いていますが、こんな話は知っているでしょうか?「AI vs. 教科書が読めない子どもたち 」この中で衝撃的なのが以下です。====================================全国2万5000人の基礎的読解力を調査3人に1人が、簡単な文章が読めない================ [続きを読む]
  • 勉強は役に立たない?
  • 先日「塾長向けの出口先生セミナー」をやりました。50名近い申し込みがあり、すごい内容で終わりました。実はずっと「成績については興味がない」状態が続いていました。というのも「今習っている内容がどれだけ社会に出て使えるのか?」ということに疑問を持っていたからです。たとえば、中学で使うものに「解の公式」というものがあります。これは高校になっても使いますので「学生の間ではとても重要」です。ですが、それが社 [続きを読む]
  • 上がるだけでなく、下がります
  • 昨日は2つのタイプの話をしました。「この子は成績が上がる」と思っていても親が途中で挫折してしまうと子どもは伸びません。実際にそういう子はたくさんいました。実は昨日3件の会員さんからメールをいただきました。3件の内容は「中学受験」「高校受験」「大学受験」の3名です。実はこの3名に共通しているのは「途中で成績が下がっている」「途中で結果が出ない時期があった」ことです。今日授業をやっていた子は「偏差値30台 [続きを読む]
  • 子ども2つのタイプ
  • 子どもを受け持つと大きく分けると2つのタイプの子がいます。どういったタイプの子かというと「成績アップがイメージできる子」と「成績アップがイメージできない子」です。不思議な話ですが、どちらも「結果が出る子」と「結果が出ない子」がいます。「成績アップイメージできる子」というのは普通の成績以上か、自分が今まで教えた経験のある子です。普通に指導した通りにやると成績は確実にアップします。確実にです。実際に成 [続きを読む]
  • 子どものやる気を引き出した方法
  • 今回は「子どものやる気を引き出した方法」について書きますね。この内容は8年前に書いた内容に加筆したものです。子どもに対しして、親や先生が抱える一番の多い悩みが、「勉強気に対してやる気を起こすのにはどうしたらいいのだろう」ということです。 私は毎年アンケートをとっていますが、やはり、多い悩みがこの「やる気」に関する悩みです。 本当に「やる気」を起こさせるのにいろいろとみんなが苦労しています。そして、 [続きを読む]
  • 理解の遅い。バカにされ続けた子の逆転の話
  • 以前にも「理解の遅い子がトップ校へ」という記事も書いていますね。詳しくは以下です。https://ameblo.jp/seiseki110/entry-11790033591.html最後に理解の遅い子は「自己肯定感が低い」です。実はこれが結構子ども「さらにできなくしている」のです。たとえば、指導している子の中には「理解が遅い」「スピードが遅い」=「できない子」と思っている場合があります。ですが、そうではない子もたくさんいます。というのは「自分の [続きを読む]
  • 理解力の遅い子・スピードの遅い子3
  • 「理解の遅い子」「スピードの遅い子」は親も根気強くやらいないとダメなんですね。本当に親も「待つ姿勢」が必要なんです。そうしないと「大人になっても状況は変わらない」のです。特に「大人が優秀であればあるほどそれができない」のです。それが次です。2.経験させる一番簡単なようでお母さんができないのがこの「経験させる」です。たとえば、塾の面談などでもよくあるのが、「親が経験を奪ってしまう」ことです。塾で指導 [続きを読む]
  • 理解力の遅い子・スピードの遅い子2
  • 昨日の続きです。「理解が遅い子」「スピードが遅い子」に必要なことは「目標を持つ」「経験をさせる」「自己肯定感を高くする」です。これはすべての子どもに当てはまることかも知れませんが、特に重要です。1つ1つ説明していきますね。1.目標を持つ理解が遅い子や、スピードが遅い子はそれだけ見ると大変に思いますが、目標を見つけると力を発揮する子も多いです。「勉強はできないが、自分の好きなことではすごく力を発揮する [続きを読む]
  • 理解が遅い子・スピードが遅い子
  • 今回の話は「理解が遅い子の話」です。学生の頃、子どもが勉強していてできないととても心配ですね。勉強していなかったら「うちの子は勉強したらできる」と思えるかも知れません。ですが、やっているのに成績が上がらないと「この子は大丈夫かしら」と心配になってしまいます。特に「勉強のスピードが遅い」と。実はこういった子は数えきれないほど指導してきました。もちろん、うまくいった子もいますし、中々うまくいかなかっ [続きを読む]