Art-de-vivre さん プロフィール

  •  
Art-de-vivreさん: Atelier Charmantのボタニカル・水彩画ライフ
ハンドル名Art-de-vivre さん
ブログタイトルAtelier Charmantのボタニカル・水彩画ライフ
ブログURLhttps://botaniqart.exblog.jp/
サイト紹介文ボタニカルアート・風景や花水彩画、そしてフランス四方山話や植物にまつわる話、美しいフォトエッセイです
自由文爽やかな風、光、緑を感じながら描くボタニカルアート・水彩風景画・額装・その他様々な作品、そしてフランス四方山話と共に綴る美しいフォトエッセイどうぞご覧ください。自宅アトリエ、東武、西武カルチャー生徒募集中。お気軽にお問い合わせください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供114回 / 365日(平均2.2回/週) - 参加 2010/10/05 13:37

Art-de-vivre さんのブログ記事

  • ツルニンジン
  • ツルニンジンキキョウ科真夏に可愛らしい蕾をつけて何とも言えない空間をはらんだ紫の釣鐘状の花をつける花の中を覗くと斑点があってその為呼び名はジイソブ(ジイのそばかす)それは…老人のシミの事かな?こんなに可愛いのに。。。と敬老の日に思う*****************ボタニカルアートの決定版「自分時間を楽... [続きを読む]
  • 野口さんの昔のトマトのタネ
  • 野口さんから購入した昔のトマトの品種「世界一」と食用ほおずきの種が届きました〜昔 私が小さかった頃トマトは美味しいおやつでした学校から帰って冷蔵庫を開け良く冷えた赤いトマトを取り出して塩をかかけて食べるのが日課でしたトマトの中の種の周りのゼリー状の液をじゅるじゅるすすり果肉は柔らかくサクサクしており とても美味しかったのですしかし時代は代わり ... [続きを読む]
  • サルスベリ
  • 夏の終わりに美しい花を咲かせるのはサルスベリ木ですから高い所に咲いてているのとウェーブ状の分かりにくい花形から私は描く気になった事は無かったけれど生徒さんが描くというので台風の後落ちた花を見つけて観察することに遠くからでもわかる円錐花序でも一つ一つはこの様な小花描く前はいつも花を分解観察し写真に収めます花弁6枚雌蕊1本・短い雄蕊多... [続きを読む]
  • コオニユリ球根・食べるか?描くか?
  • 初夏に描きかけて放置していたコオニユリの続きを描くべくユリの球根を掘り上げてみました秋になって葉っぱが枯れてきたら掘り上げる時期です球根は掘りあげてみないと土の中でどうなっているのかわからないのでドキドキですユリの球根は球根の上に根っこが付くのがユニークです掘り上げてみるとちゃんと大きくなっていました木子(き... [続きを読む]
  • グループ展Mille Fleure 
  • 12月3日(月)〜9日(日)東京芸術劇場にてグループ展を開催することになりました元々生徒さん発案のグループ展の予定でしたのでグループ展「Mille Fleure」ミルフルール「千の花」という意味の素敵な名前を付けて頂きました結局参加者を募っていくうちに今回はほぼ教室展になってしまいましたがゆくゆくはボタニカルアート愛好者仲間の集い的な... [続きを読む]
  • 幻の蝦夷アジサイ
  • 谷川岳に登ったものの途中下山登りは必死すぎてリュックも降ろせなかったけれどせっかく持ってきたカメラを使わずには降りられない可愛い高山植物との出会いは楽しみの一つ写真の花は真ん中大きいのから上左周りにジョウシュウオニアザミガマズミトリカブトヨツバヒヨドリノリウツギエゾシモツケハクサンオミナエシナナカマド何より嬉しいのが 私を悩ませ... [続きを読む]
  • 山ガールデビュー
  • この年になってついに山ガールデビュー!!登山靴を買いストックを買いリュックにおやつや水筒を詰めカメラも置いてはいけませんそうして上ったのはあの「谷川岳」一番死者が多いという事でギネスに登録されている山ですそんな山にこの筆しか握ったことがない私が登って大丈夫なのか?しかし夫は「大丈夫 初心者コースだし 5時間ぐらいだから」と簡単そうに言う... [続きを読む]
  • 大地の芸術祭
  • 新潟県十日町にて行われている「大地の芸術祭」自然とアートがコラボ!がテーマで棚田の広がる大地のあちこちに200ものアートが点在しているという3年に一度の芸術祭です日本3大渓谷の清津渓谷→★ではトンネルの見晴台がアートになっていましたこれが一番人気のインスタレーションアート建築家マ・ヤンソン率いるマッドアーキテクツが仕掛けた不思議な鏡面... [続きを読む]
  • 夏旅・里山十帖その②
  • 里山十帖でお食事時に出されたメニューの1ぺージ日本画をたしなむ方が描かれたそうです箸置きは「あぶらちゃん」というクスノキ科の植物の小枝です器は惜しげもなく骨董品或いは作家物の陶器とても素敵です里山十帖のある新潟の野菜を中心としたメニューシェフのサービス遊び心のあるプチプチハンバーガーも出されます... [続きを読む]
  • 夏旅・里山十帖
  • 夏の旅お泊りは「里山十帖」→★名前の通り里山にある古民家をリノベーションしたお洒落でアートな宿ですエントランス入るといきなり大きな木づちが現れます「お、いきなりアート!」と嬉しく思い「どなたの作品ですか?」と尋ねると 「ド忘れしました!」とスタッフの返事後ほど教えてくれる?かなと思ったけれど結局教えてくれずじま... [続きを読む]
  • 夏の高原の花屋さん
  • 八ヶ岳のお友達の別荘の帰りに寄ったお花屋さん「Flowers for Lena」→★夏がすごく似合うお店でしたところで 西日本の豪雨被害から1か月まだまだ助けが必要に思います。少しでもできることがあれば協力したいものです。サザエさん募金★日本赤十字社募金★宜しくお願いいたします。****... [続きを読む]
  • 植物の形には意味がある
  • 今読んでいる本「植物の形には意味がある」植物の事を知れば知るほど不思議な探求心が生まれますところで 西日本の豪雨被害から1か月まだまだ助けが必要に思います。少しでもできることがあれば協力したいものです。サザエさん募金★日本赤十字社募金★宜しくお願いいたします。*****************ボタニカルアートの決定版... [続きを読む]
  • 絵具作り
  • 透明水彩絵の具は自分で作れますクサカベさんではワークショップにて実際に絵具を作らせてくれます顔料とメディウムを足して板の上でガラスで擂る結構力仕事〜すりすり〜〜すること数十分でき上がったらチューブのお尻からたらっし入れますそれから万力のような機械に挟み込んで3回ほど折ると出来上がりです同じ顔料... [続きを読む]
  • 絵の具メーカー見学&WS
  • 日本の絵の具メーカーさんの中で唯一関東にあるのがクサカベさんです工場見学と絵の具を自分で作るワークショップに行ってきました夏休みはお客さんが一杯なのですが通常は結構空いていて私が行った時もお客様は2人だけでした写真は絵の具を入れる前のチューブの筒です水彩絵の具は主に①顔料②体質顔料③アラビアゴムの3つで出来ていますこれはアラビアゴム水に溶けます... [続きを読む]
  • 生徒さん作品②
  • こちらは薔薇「ジプシーボーイ」「くちなし」白い花は難しい「柏葉紫陽花」撮影した時はまだ道は遠かったけれど間もなく仕上がりそうですデビットオースチンの薔薇「モーティマン サックラー」*****************ボタニカルアートの決定版「自分時間を楽しむ花の水彩画」アマゾンよりお申し込みはこちらか... [続きを読む]
  • 生徒さん作品①
  • 12月にグループ展を開催することになりました生徒さん達はそれぞれ素敵な作品をとてもとても丁寧に描いていらっっしゃいます皆さん途中経過ですがちょっと作品をのぞかせていただきましたI・Aさん作品「カラー」Mさん「アジサイ」Sさん 「サンキライ」I.Mさん「マロウ」描き始めたばかりですピンクの陰影に苦戦〜*****... [続きを読む]
  • 百合根の茶わん蒸しは・・・
  • 畑に植えたコオニユリが美しく咲いています小さい頃関西に住んでいたので母が作ってくれる茶椀蒸しには必ずゆり根が入って入てホックりとした味がとても美味しかったのです関西ではどこでも売っていた百合根は関東ではほとんど見かけませんこの市場で売っている百合根が大好きなコオニユリの球根だと知ったのは植物画を始めてから... [続きを読む]
  • ハイブリッドひまわり
  • ご近所の小学校脇にたくさんヒマワリの苗が植わったので皆で花を楽しみにしていたら咲いたのは八重のヒマワリでした・・・がっかり・・・最近は紫陽花でも何でも花弁の数を増やす品種改良がされている子供達の夏休みの絵のヒマワリが八重になるのだろうか?だとしたらショック〜!!*****************... [続きを読む]
  • 遂に壁に穴
  • インテリアプロジェクトにハマってしまいましたが遂に洗面台の壁に穴を開けました!元々の備え付けのプラスチックの棚をを取り外し壁の穴をきちんと作り穴の奥の壁を塗りかまぼこ板を沢山作ってペイントし 穴にパズルのようにはめていくだけ洗面台まわりのこまごましたものを入れれます壁の厚みって無駄なスペ... [続きを読む]
  • お家プロジェクトは続く
  • インテリアの話続きますが我が家が建った時のこと輸入住宅なのに 出来上がってみると日本の土地に日本のメーカーが建てたという事でそうは言ってもおかしな点が多々ありましたそのうちの一つが階段でしたでも最初は気付かなかったのですおかしいな。。。何かがおかしい。。。何だこの違和感?何かが和風 。。。そして遂に気付きました階段が違う!和風だ!... [続きを読む]
  • チョークペイントその②
  • チョークぺイントにハマった!捨てるにはもったいない不要の物・・・ゴロゴロしている我が家!全部塗ってリメイクしちゃえ〜!イヤリングboxです*****************ボタニカルアートの決定版「自分時間を楽しむ花の水彩画」アマゾンよりお申し込みはこちらから→★ランキングに参加していますポッチッと押していただける... [続きを読む]
  • チョークペイントで遊ぶ
  • 国際薔薇とガーデニングショーで購入したチョークペイントを使ってペイントしてみました捨てようと思っていたプラスチックのプランターどうせ捨てるならひと遊びしてからにしよう〜〜〜・使用したのはアニースローンさんのペイントです→★これは あの藤田嗣治が乳白色の肌の色に使っていたのと同じ炭酸カルシウムでできていますしっとりした乳白色の... [続きを読む]
  • 今年もアーティチョーク
  • 今年もアーティチョークの花が咲きました苞を入れると直径20センチもはや描く事はあきらめて観察するためと食べるために育てているようなもの花糸の真ん中付近で白い粉を吹いたようになりこの後下部が膨らんで花糸のなものが出てくる最終的に秋になると秋には巨大なタンポポの綿毛のようなタネが出来ます今年はつぼみを食べました蕾上部を三分の一ほどカットしてゆがきます... [続きを読む]
  • 装飾花と両性花
  • 紫陽花の装飾花ピンクとブルーどうしてこの湯な色になるのか不思議な色の組み合わせです。そして両性花は小さな花弁と雄蕊と雌蕊が出てくるこちらが本当のお花*****************ボタニカルアートの決定版「自分時間を楽しむ花の水彩画」アマゾンよりお申し込みはこちらから→★ランキングに参加していますポッチッと押していただける... [続きを読む]
  • ロイヤルベイビー?
  • 娘がベイビーを出産しました勿論可愛いモデルになってもらってお写真を撮りまくりたい私早速洋服を買いに走りゲットしたのはこのビクトリア調のドレス〜〜〜しかし生まれたのは純和風顔の男の子驚いたことに着せてみたら全く似合わず しかもフリルがチクチクするのか嫌がって大泣き!!!(爆笑)「自分本位のイメージで遊ばないで!」と娘におしかりを受け確... [続きを読む]