桃の葉 さん プロフィール

  •  
桃の葉さん: ももちゃんと、二人三脚。
ハンドル名桃の葉 さん
ブログタイトルももちゃんと、二人三脚。
ブログURLhttps://ameblo.jp/nurture-oneself/
サイト紹介文光の世界に帰った娘の仕事を、こちらの世界からサポートしたいと思っている母のブログです。
自由文光の世界へ旅立った娘、ももちゃんから届いた言葉。
“自分の仕事をするのに 愛のエネルギーが必要だったので、世界中で一番自分を愛してくれる両親を選びました。三年間で十分に愛されて、エネルギーをチャージできたので帰ります。”

あの世でせっせと仕事に励んでいるらしい娘に、こちらの世界からエールを送るためのブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供75回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2010/10/05 18:26

桃の葉 さんのブログ記事

  • りりさんに贈る古事記⑦ 〜天界から 追い払われて〜
  • 前回は、スサノオさまの乱暴狼藉に ぶち切れたアマテラスさまが、天の岩屋に引きこもってしまい、困り果てた神さま方が 岩戸の前で宴会を開き、 無事にアマテラスさまが 岩戸から出ていらっしゃって、世界は光を取り戻し、怒りの収まらない神さま方が スサノオさまを天界から追い払った。 というところで終わっていました さて。 今回は、その後のスサノオさまのお話です。 スサノオさまは、これに懲りて大人しくなられたのでし [続きを読む]
  • 見えないものを見る、聞こえない言葉を聞く、ということの意味。
  • 光の世界へ旅立たれたお子さんからのメッセージを受け取りたいという天使ママさんは 結構多く いらっしゃるのではないか?と思います。 また、メッセージとまではいかなくても、 「そばにいる気配を感じたい」「あちらの世界は本当に存在するのだ、ということを確信したい」 という方もいらっしゃると思います。 受け取る力を高めていくためには、パワーストーンを身に着ける、とか瞑想をする、とか、 そういうアプローチも もち [続きを読む]
  • リーディングブレスレットのお申込みにつきまして
  • 一昨日は はじまりの風のお茶会でした また、詳細ははじまりの風の方のブログに書かせていただこうと思いますが、 今回は、参加者さん同士が 『子どもたちに導かれて出会ったのだ、この出会いは 決して偶然ではないのだ』 ということを、とても強く感じて下さっていたように思います。 私には、そのことが本当に嬉しくて ぼかして書きますが、会自体だけではなく、参加者さんが何気なく座った席も、りりさんが 何気なく手に取っ [続きを読む]
  • チャネリングができるようになる、ということ。
  • たまに 天使ママさんから、見えない世界とのコンタクトの取り方を訊ねられることがあります そんなときには、わりと お気楽に ホイホイ お伝えしておりました(一応、私は チャネリングスクールの講師の資格を持っています)。 ですが 昨日、Jupiter さんの記事を拝読して、私も ずいぶん考えさせられることがありましたので、 少しチャネリングについて、私の思うところを 書かせていただきたいと思います。 私の個人的な意見 [続きを読む]
  • 月読さまに会いに行く。
  • 昨日の地震の件で、心配して下さったみなさま、みなさんのお気持ちが とても嬉しく、心強かったです 本当に ありがとうございましたm(_ _)m さて。 ずいぶん間が空いてしまいましたが、伊勢の旅、最後に参拝したのは、月読宮(つきよみのみや)です。 古事記や日本書紀によりますと、ツキヨミさまは、アマテラスさまの弟で、スサノオさまのお兄さまでいらっしゃいます。 アマテラスさまは 慈悲のエネルギー、 スサノオさ [続きを読む]
  • 誤字だらけのメール
  • 2月の終わりに 台湾へ行ってから、すっかり台湾が大好きになり、 言語交換サイトに登録して ちょこちょことやり取りをしているうち、台湾に 何人かの友人ができました その中の一人がHさんという方です。 日本に留学した経験があって、今は台湾に帰国されています。 私の中国語は まだまだ怪しいので、Hさんに 中国語の間違いを直してもらいながら、ほとんどのやり取りは、日本語で行っています。 「私の日本語が 間違ってい [続きを読む]
  • 誕生日。
  • 昨日 6月8日は、百花の9回目の誕生日でした 百花が亡くなった日の4日後に 1歳の誕生日を迎えた次女。 その次女の誕生日の2週間後が百花の3歳の誕生日でした。 小さかった次女は、今年7歳になり、昨日は 百花のために、自分でケーキを作ってくれました。 もちろん 私も手伝いましたし、見た目は 微妙な感じのケーキになりましたが 次女の作ったケーキが、ももちゃんにとって、何よりのプレゼントになったのではないか?と思いま [続きを読む]
  • 猿田彦さま
  • 神話の館を出たあとは、井田さんのお父さまに 赤福をごちそうになりました 餡子の中の おもちが柔らかくて、とてもおいしかったです 至福のひとときを過ごしました。 そして向かったのは、猿田彦神社です。 猿田彦さまは、細やかな気配りをして下さる神さまだなあ・・・と、感じます。 癒しの神さまではない気がするけれども、 これはな、こう考えてみてはどうだな。 ・・・ん?分からんのか・・・そうか。 それでは、こ [続きを読む]
  • 内宮の神さま
  • オーダーメイドブレスレットのお申込みを、多数いただきまして、本当にありがとうございますm(_ _)m このブレスレットは、お申込み下さった方の 守護天使さまに、その方にとって一番必要な石をお聞きし、その石でブレスレットを作る、というものなのですが、 まだ 天使に聞いてもいないのに、いきなり その方のことが大好きな おじいちゃん神さま が 「この子に 必要な石はのう・・・」 って、 教えてくれたり、 その方の亡くな [続きを読む]
  • 外宮の神さま
  • 先日、井田東吾さん ご家族と、りりさん、私と、うちの次女、という 大人数で、伊勢神宮へ参拝させていただいてきました そのときの 記事です。 この旅を企画した きっかけは、東吾さんのお母さまと 私の、共通の愛読書である、『神様の御用人』シリーズに、月読(ツキヨミ)さまが 登場されたことでした。 神様の御用人7 (メディアワークス文庫)680円Amazon アマテラスさまや スサノオさまに比べて、どこか 影の薄いツキヨミ [続きを読む]
  • ガーネット
  • つい先日、親しくしていただいている方から、 「ガーネットのブレスレットを作って欲しい。」 というオーダーをいただきました 光の世界にいらっしゃる お子さんからのメッセージの受け取りは、今は お休みさせていただいているのですが、 その方に必要な石を 天使にお聞きして お作りする、オーダーメイドブレスレットの制作は、のんびり マイペースに続けています。 ですが、最初から 石の指定があるブレスレットを お作りす [続きを読む]
  • 桃の神社 ② 〜吉備津神社〜
  • 今日は、百花の6回目の命日です 百花に助けてもらいながら、(ときには ダメ出しされながら・・・)6年が経ちました。 もう6年。 まだ6年。 どちらも感じる 不思議な 6年間だったように思います。 百花が見えなくなってしまって喪失感で おかしくなりそうだったときも あるけれど、 今、振り返ると、やっぱり ずっと ももちゃんと 二人三脚で生きてきたんだな・・・と思います。 二人三脚って、あうんの呼吸が必要です。 う [続きを読む]
  • 桃の神社 ① 〜吉備津彦神社〜
  • 昨日は うちの娘と りりさん、井田東吾さんと そのご家族とで、伊勢神宮に参拝して来ました 内宮の神さまの言葉は、以前に参拝したときも、とても難しくて、井田さんと共に 『うーん・・・???』 と うなってしまったのですが、 今回も やっぱり 難しいなあ・・・と感じました。 そうしたら、内宮のあとに参拝した、猿田彦神社の神さまや、月読宮の神さまが、 「あの言葉はな、こういう意味なのだよ。」 って、助け舟を [続きを読む]
  • りりさんに贈る古事記 ⑥ 〜天の岩戸〜
  • 古事記の方、しばらく間が空いてしまいました じつは 今、私は 心の中に ひそかな野望を抱いていて、時間を見つけては、中国語の勉強をしています 中国語の発音って、世界の言語の中でも トップクラスに難しいんだそうです。 でも、難しいからこそ、気が付けば 無心になっています。 心の中が空っぽ。 勉強を終えて、ふっと一息ついたとき、心に溜まっていた モヤモヤしたものが、すっきりと 消えてしまっていることも多いです [続きを読む]
  • いかつい神さま
  • GWは、愛媛県周辺を旅していました その主な目的は・・・ 大山祇(おおやまづみ)神社に参拝することでした 大山祇神社のご祭神は、大山積(おおやまつみ)の神さまです。 この大山積の神さまは、ものすごく いかつくて、ドスのきいた かっこいい神さまですので、前回 大山祇神社へ参拝したときの 記事 もよろしければ 読んでみて下さいね 最近 更新できていない、古事記のお話も 書いてますので 前回は、 大山積の神さまの [続きを読む]
  • 愛も悲しみも、見えにくい。 ”癒し手として”
  • 先日の記事に、一つのコメントがつきました。 どのように、コメントを お返しすればいいのだろう・・・ と、ずいぶん悩んだのですが、とてもコメント欄に まとめきることができないので、新たに、このコメントを受けて、記事を書くことにしました。 アホみたいに長い記事です スミマセン・・・ 扱うテーマの関係上、少し、毒の多い記事になりますので、お読みになる際には、どうか ご注意くださいね。 また、プライバ [続きを読む]
  • 癒し手の役割。 ”死別の悲嘆ケアに携わる方へ”
  • 今朝、リブログさせていただきました はじまりの風のお茶会が現在までに お申込み下さった方をもって、満席となりました。 早々のお申込み、本当にありがとうございましたm(_ _)m さて。今日、二つ目の記事です。 Jupiterさんの、この記事は、今さら、私がリブログするまでもないほど、多くの天使ママさんが お読みになり、共感されています。 ですので 私は、今回、天使ママさんではなく、 ヒーラーさんやセラピストさん、 [続きを読む]
  • ”イベントのご案内”
  • 記事の途中ですが、イベントのご案内です はじまりの風 のお茶会を7月1日(日)に開催します。 本日から 参加者さんを募集いたしますので、よろしければ、ご参加くださいね 【追記】12時11分、満席となりました 今回のお茶会は、天使ママさん・パパさん限定となりますが、 次回(開催日未定)は、配偶者さんを亡くされた方にもご参加いただけるようにしようか?と、昨日、りりさんと 話していました。 決まり次第、詳細をアッ [続きを読む]
  • 安全に、依存する ①
  • 百花を亡くしてから、悲しくて悲しくて、心が痛くて痛くて、積極的に 死にたいというわけではないのだけれども、 あまりの心の痛さから逃げ出すために、この世から消えて無くなりたい、あるいは、自分の心を取り出して、どこかに捨ててしまいたい。 ・・・と、強く願っている時期がありました。 そういう気持ちを なだめて、なだめて、何とか 生きているのに、 外の世界に出て、人と接すると、あっという間に地雷を踏んづけて、 [続きを読む]
  • 家庭訪問
  • 今日は、次女の小学校の家庭訪問でした 次女に関しては、とにかく生きてて、笑顔で過ごしてくれれば、勉強や運動は できても できなくても、全然オッケーなので。 楽しく小学校生活を送ってくれたらいいな・・・ と思っていますが、さて、担任の先生は、どんな感じなのかな? ちょっとドキドキしながら、先生がみえるのを待っていました。 そうしたら、いらっしゃった先生の言葉は。 「お母さん、Mちゃんが次女っていうこと [続きを読む]
  • 家庭訪問
  • 今日は、次女の小学校の家庭訪問でした 次女に関しては、とにかく生きてて、笑顔で過ごしてくれれば、勉強や運動は できても できなくても、全然オッケーなので。 楽しく小学校生活を送ってくれたらいいな・・・ と思っていますが、さて、担任の先生は、どんな感じなのかな? ちょっとドキドキしながら、先生がみえるのを待っていました。 そうしたら、いらっしゃった先生の言葉は。 「お母さん、Mちゃんが次女っていうこと [続きを読む]
  • 宗教の勧誘
  • 今日、ぶらぶらと 地元の神社へ参拝した、帰り道に・・・ 宗教の勧誘に あいました (私、普段から めちゃめちゃ 宗教の勧誘を受けるんです) この世界に 神さまは 大勢 いらっしゃると知っていますが、 『絶対的な神さまがいて、その下に、その神さまの言葉を受け取って伝える救世主的な人間がいて、その下に、それを信じるしかない 大勢の一般人がいる。』 そういう図式は、私が一番苦手とする ものなので、宗教は 私には向 [続きを読む]
  • 古事記から飛び出して ① 〜ヒルコ神〜
  • りりさんに贈る古事記 ② で、 イザナギさま、イザナミさまのお子さまで、障害があったため海に流された神さま、ヒルコ(蛭子大神)さまが登場しました。 この神さまに どのような障害があったのか、古事記には、詳しいことは何も書かれていませんが、 日本書紀には、 三歳になるまで 足が立たなかった と、書かれているそうです。 そして、古事記にも、日本書紀にも、この神さまのその後については、一切書かれていません。 [続きを読む]
  • りりさんに贈る古事記 ⑤ 〜誓約(うけい)〜
  • りりさんに贈る古事記、5回目です イザナギさまに、地上の世界から追い出されてしまったスサノオさまです。 「じゃ、お母さまがいる黄泉(よみ)の国へ行く前に、高天原(たかまのはら)の姉さまに ご挨拶をして来ようっと。」 と、天に かけ上がって行きました。 すると、その勢いに、山も川も荒れ、大地が揺れ動いたので、天界の神さま方は 大慌て。 アマテラスさまも、 「スサノオが来るなんて、どうせ よからぬことを考え [続きを読む]